日記・コラム・つぶやき

2024年2月26日 (月)

つぶやき日記 ~「左足首のやけど・その後」2024春~

前回「左半身がボロボロだよ2024早春」からのつづきーっ!

…やれやれだよね。

2024年1月17日(水曜日)だったか18日(木曜日)だったか

寒い外での仕事から帰って来て、温かい部屋で夕飯を食べていたら……連日の残業で寝不足もあって、食後すぐに寝落ちしてしまったようだ。
テーブルの下には電気ヒーターを置いておいて、ソファに座ったまま、ZZZZzzzz.......

寝ている間に体がずり落ちて来て、どうやら電気ヒーターの吹き出し口に左足首が接してしまったらしい。

夜中に目覚めると、何か左足首がピリピリする。

寝ぼけながら何の気なしにポリポリ引っ搔くと…

痛ててててててーーーーーーーっ

慌てて足首を見ると火傷(やけど)の跡が…

…あぁ、やっちまったよ。

でも、猛烈に眠かったので、すぐに手持ちの火傷の薬を塗って、絆創膏を貼ってそのまま寝た。

…で、翌朝。

絆創膏を貼った部分の下の方も、何かピリピリする。

布団をめくって見てみると…

オレンジの水まんぢうぅぅぅぅーーーーーっ

何とくるぶしの部分に、一口サイズの饅頭ほどのオレンジ色の水ぶくれが出来上がっていた。

…これはヤバいんでないかぇ!?

でも、仕事にも行かないといけないので、とりあえず水を「ぴゆぅぅぅ~~~っ」と抜いて、薬を塗って絆創膏を貼って仕事に行った。

それから2日間くらいは特に痛みはなく、薬を塗って絆創膏を貼って、なるべく患部に触らないようにして寝ていた。

…ところが日曜日(21日)。

目が覚めると、左足先がむくんでいて、立ち上がるとズキズキ痛い。

…あれひどくなっちゃった。

でも、とりあえず歩行は出来る状態だったので、特に何もしなかった。
ずっと部屋に籠って、安静にしていた。

…で、月曜日。

…結構痛い。

動く度にズキズキと痛みが走る。

…しまった、今夜は夜勤も入れてしまった。

日勤→夜勤→日勤という、ハードなスケジュールだ。
幸い、月曜の日勤は昼過ぎに終わり、夜勤は家の近くで夜遅くからスタートする。

とりあえず、夜勤に行く前にネットで火傷について調べると…オラの火傷の状態だと「すぐに皮膚科に行け」との事。
これは行くしかないねぇ…

いつもなら、近くなら歩いて現場に行くのだが、この夜はバスに乗る事にした。

バス停に向かう途中、何気なく周囲を見ると…

…あっ、ここにあるじゃん、皮膚科が。(笑)

毎日見ていたけど、当たり前過ぎて意識していなかったよ。
早めにここに来ますかのぉ~。

夜勤でヒーヒー言いながら仕事を終え、仲間にバイクで送ってもらい(わずか5分で到着)、とにかく寝た。
2時間は寝られなかったなぁ…)

…そして、翌日(火曜日)。

目が覚めると、左ふくらはぎから下がパンパンに腫れ上がってズキズキ痛い。

…もう限界だーっ

どうにもズキズキ痛いっ!!
おまけに左足首もパンパンに腫れ上がって、28cmの靴ですら辛うじて履けるかどうかの状態にまでなってしまった。
家にある最も大きい靴が28cmの安全靴なので、しばらくはこれしか履ける靴が無い状態に…
(つま先の鉄板の関係上、わざと大きい28cmの靴を履いている)

足を引きずりながら仕事をしていたら、仕事仲間にも「病院に行った方がいいよ」と言われたので、迷う事無く行く事にした。
近所の皮膚科についてネットで調べて、準備をした。

…で、水曜日。

現場の監督や職人さん達に「今から病院に行ってきますっ!!」と言って、仕事後にそのまま病院へ直行。
駅の階段をヒーヒー言いながら登って電車を乗り換え、バスに乗り込み、近所の皮膚科へ到着。

初診は予約なしで行けるので、受付で事情を説明して順番を待った。

オラの足を診た先生、思わず「うわぁぁぁぁーーーーーっ!!」と悲鳴を上げた。(笑)

何でもっと早く来なかったのーーーっ!!これ、重度の火傷だよ」と怒られてしまった。
真顔で「…どこから手を付けたら良いものか…」と悩みだした。

患部を見て、パンパンに腫れた足を触りながら先生が一言。
…これ、炭火の遠赤外線でこんがり焼いた焼き鳥と同じ状態だからね

…オラ、焼き鳥を食べながら、自分でも焼き鳥を作っていたというオチ(笑)

かなりの長期戦になるから、覚悟してね」とも言われてしまった。
…まぁ、自業自得なので、こればかりは仕方が無い。

とりあえず、化膿しないように抗生剤(飲み薬)と塗り薬をもらって、家でおとなしくしている事に。
(画像をクリックすると拡大するよん)
「左足首の火傷・その後」2024春-1001
毎日2回使うべぇぇぇぇ~~~~~っ

まずは、真ん中の黄色い飲み薬と、右上の緑色のキャップの薬「ゲンタシン(抗生物質製剤)」を使う事に。
患部は、左の「MELOLIN(メロリン)」と書かれたガーゼを当てて、紙テープで固定する方法を取った。
包帯代わりに、靴下でずれないように固定する作戦で行く事にした。
(看護師さんも「靴下で固定すれば大丈夫よ」と言っていたのでね)

仕事は休まないので、足を引きずりながら、毎朝ヒーヒー言って電車を乗り換えていた。
(帰りは超~ゆっくり歩いて帰れるので、それほどでもなかったが…)

数日後、飲み薬は終わって、塗り薬のみの処置になった。

今度は、右にある大きなチューブ「ゲーベン(外用感染治療剤)」で、火傷で死んでしまって黄色く堅くなった皮膚を溶かす作戦へと移行した。

この時点での患部は、こんな感じ。
画像をクリックするとモザイク無しで拡大するよん。閲覧注意
「左足首の火傷・その後」2024春-1002
象の足ぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~っ

パンパンに腫れ上がっているので、足首は無いに等しい。
全く小股が切れ上がっていないのだ。

証拠写真的にこれを撮って、職場のみんなに見せたら…「像の足だ」と言われてしまった。
…確かに、自分でもそう思う。(笑)

…で、この黄色い部分がかなり分厚く、カッチカチに堅い。

先生も「うぬぬぬぬぬ……」と言いながら、ハサミでチョキチョキと切れ目を入れて少しずつ切除していく。
最初は痛くなかったのだが、黄色い部分が薄くなるにつれて、ハサミを入れるとピキピキ痛みが走った。
先生や看護師さんは「痛くなるのは良くなっている証拠。痛くなかったら大変な事態だよ」と言う。

週に2回病院でチョキチョキしてもらって、家でも毎晩自分で出来る範囲でチョキチョキして、黄色い塊と戦った。
左膝から下のズキズキする痛みはだいぶ無くなり、腫れも引いて来た。

…そして1ヶ月後。

だいぶ黄色い塊は溶けてなくなって来た。

現在の患部は、こんな感じ。
画像をクリックするとモザイク無しで拡大するよん。閲覧注意
「左足首の火傷・その後」2024春-1003
月面クレーターぁぁぁぁ~~~~~っ

隕石が衝突したような感じになっている。(笑)

毎日2回塗っている「ゲーベン」ちゃん、これは殺菌しながら皮膚を溶かす薬で、黄色い塊は少しずつだが確実に溶けている。
逆に、正常な皮膚も溶けてしまうので、患部のフチの正常な皮膚や、黄色い塊の下の肉もピリピリと痛み出す。
最近は、このピリピリ系の痛みがずっと続いている。

家で歩く分にはそれほど痛くは無いのだが、靴を履くと患部に当たるので、どうしても痛みが出てしまう。
なので、夕方にはヘロヘロよ
家と現場の1往復で、もう疲れ切ってますわ…
(なので、残業も夜勤(連勤)も断っている。休日出勤は、治療費が欲しいので仕方なく月に1日くらいは…という感じ

毎日しっかりと患部を洗ってねたわしで洗ってもいいくらい(笑)」と言われているので、指でゴシゴシと洗っている。
患部は触っても痛くはなく、しみる事も無い。
チョキチョキした後とゲーベンちゃんを塗った後が、ピリピリと痛いだけ。
靴を履かなければ、もっと痛くないんだけどなぁ…

以前の写真と比べると、足首が少し細くなっているのが判る。
(休日に家にいると水分でむくむので、この時はちょっと太くなっているね…

…まぁ、こんな感じで治療は進んでいるのであった。

黄色い塊が完全に除去されれば、今度は削れた肉を盛り上げる薬を使っていくそうな。

いずれにせよ、「まだまだしばらくはかかるわよ」と言われているので、この火傷とは長~いお付き合いになりそうだ

また進展があったらレポートしますわん
(…えっ患部の写真なんか見たくない(笑))

では、またぁ~

| | コメント (2)

2024年1月29日 (月)

つぶやき日記 ~「左半身がボロボロだよ」2024早春~

…何だか最近、おかしいぞ。

この数年、左半身にやたらと負傷する。
さらに、この数週間でも負傷の連続…

どうなっているのぢゃ

あまりに多いので、ここで1回日記に書いておこうと思った次第。

まぁ、今回はあまり楽しいお話しではないので、サラッと読み流してねん

----------------------------

まず最初は、左膝関節がズレているという事。

小学校4年生頃の急に成長しだした時に、関節がちゃんと嚙み合わなくなったらしい。
骨が少し前面に出ているのだ。
これは外観でも判るくらいで、触るとなお一層良く判る。
通院してホルモン注射等も打ったが、根本的な解決にはならず。
手術はしなかった。
(当時の外科手術は、今ほどの高度な仕上がりは期待出来なかったからねぇ…)

治療後は、痛みは全然なかったのだが、前職で9年間もデスクワークをしていたせいで、関節周りの筋肉が衰えてしまい、痛みが出るように…。
関節に重みが掛かったりひねりが加わると、激痛が走ってパンパンに腫れ上がってしまうのだ。
そうなると、ひざを曲げる事が至難の業になり、歩く事も出来なくなってしまった。
杖をついて足を引きずりながら通勤して、職人さん達がビックリしていたよ…。

連日の立ち仕事と相当な距離を歩かされたお陰()で、今では激痛が走る事は年に1回あるかどうかまでに減った。
寝る時も、左膝関節に負担がかからないように考えて寝ている。
(もう体が本能で寝相を覚えてしまったよ。

次に、左足首もズレてしまっている事。

これは中学生時代に卓球部で反復横跳びを散々やった結果、「グキッ」と痛めてしまった為だ。
こちらも、くるぶしが少し外に出ていて、外観でもすぐ判る。

今は痛みは全くないが、左足がごく僅かに内側に向いてしまったので、冬のスポーツ(スキーやスケート等)は出来ない体になってしまった。
(足が前に平行に出せないので、真っ直ぐ進まないのだ…

3つ目は、口の左下が痺れてしまっているという事。

10年くらい前に、歯医者で左下の親知らずを抜いた。
その時に、歯が横向きに生えていたせいで、なかなか取り出せなかった。
歯が半分残った状態で、30分以上は戦っていたか…。
院長先生と交代して、院長先生が左下あごの神経の部分に麻酔を打った。
それ以来、唇の左下辺りに、じんわりとした微かな痺れが残ってしまっている次第。
(生活には支障ない)

ちなみに、歯は取り出せなくて、急遽大学病院まで移動して残りを取り出してもらったというオチ。
口の中が血だらけの状態で、中央線の快速電車に乗ったよ。

これがオラの「基本の状態」だ。(笑)

ここに、この1年間くらいで追い打ちが掛かった。

激務の後の夕飯後に、ソファに座ったまま寝落ちしてしまい、左足のかかとと指の関節に体重が掛かって痛めてしまう事がそれぞれ起きてしまった。
(計2回という事ね)
この時も、足を引きずりながら通勤して働いていたよ…

それが治まってしばらくした後、去年の5月末左耳が中耳炎になった。

今までは耳垢は乾燥した物だったのが、急に左耳だけ湿った物に変わって来た。
(乾燥しているか湿っているかは、遺伝の影響が大きいらしい)
なので、こまめに耳掃除をしていたら、どうやら耳の中に小さな傷が付いたらしい。
そこに、工事現場で土を触った手で耳を触った時にばい菌が入ったらしく、数日後に腫れて、左耳が全く聞こえない状態に…

6月に入ってすぐに耳鼻科に行って薬(点耳薬)をもらって治療した。
耳掃除のし過ぎです」と言われてしまった…
治ってからも、耳垢が湿っているのは変わっていなかった。

そして、3週間前ほどだろうか、朝目覚めたら左人差し指の先端部分の感覚が無かった
何かが刺さって痺れているかのような感じで、超不思議な現象が起こっている。

何を触っても判らないのだ。

ひょっとして、指先の神経が切れたか!?
(まさか、ダニとかじゃないだろうなぁ…)

原因は全く判らずで、日が経つにつれて少しずつ感覚は戻って来ている。

毎日ヘルメットをかぶっているせいか、肩が凝る。
それも、何故か左肩が凝るのだ。
右肩は、それほどでもない。

そんな最中、最大の悲劇が起きた。

1月中旬頃、凍える寒さの外から帰ってきて、暖房の効いた部屋で夕飯を食べていたら、またもやソファで寝落ちしてしまった。
そして、夜中に目覚めると…

…ん左足首がピリピリするぞ。

寝ぼけていたので、その部分を触った時に、皮がちょっと出ていたのでそれをめくってしまった。

その瞬間に、ピリピリと痛みが走った

おわっ!!」と目が覚めて、触った所を見ると、皮が剥がれているではないかっ

…火傷してしまった。

足元の少し離れたところに電気ヒーターを置いていたのだが、寝落ちしている間に少しずつヒーターの前に左足が伸びて行ってしまったらしい。
猛烈に眠かったので、とりあえず火傷の薬を塗って絆創膏を貼って、そのまま布団に入って寝た。

朝目覚めると、絆創膏を貼った場所の少し下(くるぶしの部分)も何かピリピリ痛い…。

布団をめくって左足首を見ると…

水まんじゅうぢゃぁぁぁぁぁーーーーーーーいっ

何と一口まんじゅうサイズの水膨れが出来上がっているではないかっ!!

…これはヤバイぞ。

とりあえず、まんじゅうの中の水を抜こうと、小さな穴を開けると「ぴゅぅぅぅぅ~~~~」と中の水が噴水のように飛び出した。

火傷の時は皮を剝いてはいけない」と聞いた事があるので、水を抜いただけで、そのまま薬を塗って絆創膏を貼って出勤した。
この時には、上部のピリピリ以外は、痛みはほとんど無かった。
なので、毎日薬を塗って普通に通勤していた。

そして数日後の日曜日

朝、目覚めると…

…んちょっと足先がむくんできたな。
そして、痛みも広がってきた。

寝ている状態から急に立ち上がると、血圧(重力)の関係か、患部がズキズキと痛み出す。
ただ、30秒もすれば体か慣れるらしく、痛みはすぐに治まった。

なので、用心しながらも月曜日は慎重に通勤した。

そして、火曜日の朝。

腫れちょるぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーっ!!

左足のふくらはぎから下がパンパンに腫れ上がっているのだ

…これはヤバいって~もんじゃない!!

帰宅後、すぐにネットで調べて、翌日(水曜日)に近所の皮膚科に行く事に決めた。

仕事で本部から「残業出来ますか」とか「夜勤出来ますか」と言われても全て断るのぢゃ
緊急事態なのぢゃ

仕事仲間にも「病院に行った方がいいよ」と言われていたので、迷う事無く行く事にした。

…で、水曜日。

常駐現場の監督にも職人さん達にも「今日は病院に行くから早く終わらせてねっ!!」とお願いをした。(笑)
そのせいか、結構早く終わったので、そのまま病院へGo!!
本部からも「残業~」の連絡は来ていない。
(オラの勤めている会社はブラックなので、早く終わると21時まで残業させられるのだ。早く終わった順に2~4名ほどが狩り出される)

家の近くの病院に行く。
初診は予約不要なので、そのまま受付へ。

少し待って、診察室に入る。

笑いも起きる和やかな雰囲気の病院内だったが、オラの火傷の具合を見た先生が、いきなり「うわぁぁぁぁぁーーーーーっ!!」と叫び出した。
どこから手を付けていい物やら…」と真顔で考え出した。

横にいた看護師さんも、それまでののらりくらりな気だるそうな表情が一変して「まぁ大変っ」みたいな顔になっている。

何でもっと早く来なかったのーーーっ!!これ、重度の火傷だよ」と怒られてしまった。

…だって、ブラック企業なんだもん。すぐに休ませてくれないんだもん。

とりあえず、今までの治療の仕方を聞かれたので答えると「おっ、そうかそうか」と、少しほっとした表情に。
オラの治療法(塗った薬)は、大きくは間違っていなかったらしい。

患部を見て、パンパンに腫れた足を触りながら先生が一言。

…これ、炭火の遠赤外線でこんがり焼いた焼き鳥と同じ状態だからね

…オラ、いつの間にか自分自身でビールのつまみを作っていた訳ね 

このシーズンで来た火傷の患者さんの中では、あなたが一番傷が深いよ。もうちょっと深かったら、即入院で手術だったよ」とも。

かなりの長期戦になるから、覚悟してね」とも言われてしまった。

…まぁ、自業自得なので、こればかりは仕方が無い。

不幸中の幸いだったのが、くるぶしより下は火傷していなかったという事。
もし火傷していたら、靴を履くのが不可能になっていたからねぇ~。

とりあえず、足を引きずりながらでも靴を履いて歩く事は出来るので、のてのてと歩いて通勤は続けている。

仕事仲間も、オラの腫れた足を触って「うわぁーっこれは働いちゃダメっ!!」と叫んでいた。
そのせいか、本部からはこの1週間は「残業~」「夜勤~」の連絡は一切来なかった。

2月は、週に2回ほど通院する事になりそうだ。

現在は、抗生剤を飲みながら、患部の要らない皮膚を溶かす薬を塗っている毎日。
(患部は、普通にボディーソープで水洗いしてOKだそうで)

高血圧の薬等も含めたら、毎日薬だらけだよ…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
左足首を火傷して「左半身がボロボロだよ」2024早春-1001
毎日2回使うべぇぇぇぇ~~~~~っ

抗生剤を飲んだせいか、左耳の湿った耳垢が減ったような感じが…
耳鼻科に行った時も抗生剤をもらう予定だったんだけど、「高血圧と高尿酸血症の薬を飲んでいる」という理由で見送った。
今回は、先生もオラの「おくすり手帳」を見ているので、飲んでも問題ないと判断したのだろう。

以前、歯医者で歯周病菌を減らす目的で、抗生剤をもらって飲んだ事がある。
その時、副次的な作用か、花粉症アレルギーが激減したのだ
腸内の悪玉菌もやっつけられて、腸内環境が良くなったからなのかなぁ~」と、今では思っている。
他の人に言うと「何それ~」と笑われるが、実際にかなりの効果があったのだから間違いはない。
(まぁ、個人差があるけどねぇ~)

とにかく、しばらくは慎重に生活せねば…。

まぁ、こんな感じで、オラの左半身はボロボロで御座いますわよ、えぇ。

…前世で何か悪い事でもやったか!?

街中でヘコヘコ歩いているオラを見掛けましたら、温かい手を差し伸べてやってくださいませ。

では、またぁ~

| | コメント (0)

2024年1月 1日 (月)

年始日記 ~「謹賀新年2024!!」~

みなさま、新年明けましておめでとーございますぅ♪

おめでとーん (*'(OO)')ノ~~ヽ('(OO)'*)ノ:・*。・+.゚・。

日頃のご愛顧のおかげで、2023年もオラ、何とかがんばれました
今年は世間が発展した年になるといいなぁ~

さてやっぱり「正月」と言えば「富士山」さんっ!!

…ってな訳で、本年も最初のおさしんは富士山さんから。
(画像をクリックすると拡大するよん)
謹賀新年2024-1001
(2010年富士宮で撮影)
ひのまるぅぅぅぅぅぅ~~~~~~ん

日の丸とおフジのコラボは、毎年のデフォルトでしょ

今年の年始のオラはグルメ三昧なので、グルメなおフジをご覧いただこう。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
謹賀新年2024-1002
(2016年4月17日静岡駅前で撮影)
お店の中で大噴火ぁぁぁ~~~~~っ

静岡県のお鍋の蓋は富士山なのだっ

一年中、山頂から噴煙(湯気)が上がっているぞ

最後に、去年撮影した最新の富士山をご覧いただこう。

ほれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
謹賀新年2024-1003
(2023年12月20日撮影)
さんせっとぉぉぉぉぉぉ~~~~~ぅ

小田急線の「世田谷代田(せたがやだいた)」駅の改札口で撮った、夕暮れの富士山。
日没間際で、おフジのきれいなシルエットが浮かんでいたので慌てて撮った次第。
周りの皆さんも撮影していて、人が正面に入らないように撮るのに時間が掛かったよ…
(この数分後には、もう暗くなっちゃった…)

東京都心から富士山を見ると、冬至の頃には山頂付近に太陽が沈むのだ

ちゃんとしたカメラを持っていれば、もっときれいに撮れたんだけどねぇ~。
レンズにひびが入ったスマホじゃぁ~こんな程度さ。

今年は時間に余裕が出来て、気軽に旅行が出来るといいな
(多分、今の仕事を辞めない限りは忙しいだろう…

---------------------

…という感じで、16年目の今年もよろしくぅ~ 

(今年の日記も、月に2記事くらいのペースで、ゆるぅ~く書いていくよぉぉぉぉ~~~~ん)

| | コメント (0)

2023年12月30日 (土)

年末日記 ~「さぁて、振り返ってみようぢゃぁないか、2023年とやらを…」の巻~

2022年版はこちら
2011年版)(2013年版)(2014年版
2015年版)(2016年版)(2017年版
2018年版)(2019年版)(2020年版
2021年版

今年も気が付いたらあと2日

なので、恒例の「この一年を振り返ってみようっかなぁ~」なんて思ったりする訳で。
では、今年も当ブログ的視点で見ていこう

年内に書いた各日記の詳細は、画面右側にある「バックナンバー」でその月をクリックして見てねん
(スマホ用画面は、右上の三本線アイコンを押して、現れた画面の中ほどにある「アーカイブ」をクリックして見てねん)

今年も超絶忙しい1年だったぞ

では、スタート

-------------------------

★ 1月

今年の元日は「新型コロナウイルスに罹る事も無く、無事に正月が迎えられた」という気持ちから始まった。

日常生活では、まだまだコロナウイルスが蔓延していて、昔のように気を抜く事は出来なかった。
なので、今年もお家でまったりしながら脳内でガンガン旅行しますわよん

…ってな訳で、今年も新春はおめでたい柄のビールからスタート。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230101
今年もよろしくだぴょん

2023年卯年なので、ウサギ君の絵柄のビールもご登場

これは、日本酒で有名な京都の「黄桜(きざくら)酒造」が造ったビールで、最近では都内のお店でも売っているようになった。
お味もお値段も高級よ
この数年は干支ごとに買い集めている(…と言う程のものではないけどぉ~

★ 2月

2月は、常駐の世田谷区下北沢界隈の仕事が無い日が多かったので、違う場所に飛ばされる日々だった。

そんな中、杉並区の「南阿佐ヶ谷(みなみあさがや)」駅近くの現場に行った。
休憩時間に、青梅街道の歩道に「のぼり」が立っているのが目に入った。

その文字を読んでみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230201
トントン拍子ぃぃぃぃぃ~~~~~っ

かつ食べて 人生すべて トントン拍子

何とも縁起の良い名言ぢゃ
とんかつ屋さんのキャッチコピーでしたとさ

中旬に、久々に常駐現場の職人さん達とお仕事。
…と言っても、いつものシモキタ界隈ではなく、少し離れた「上野毛(かみのげ)」駅近くが現場だった。
(同じ世田谷区内なんだけどね)

その休憩時間に環八通りを歩いていると、目の前に焼肉屋さんが…

あぁ、上野毛っていう名前のお店なんだね」と思って通り過ぎようとしたが、何かが変だ…

看板を、よ~く見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230202
ゴッドハンドぉぉぉーーーーーーーぅ

」の字が左右反転して書かれていて、「」を表現している。

…つまり「上野手(かみのて)」ね。

上野手」の文字の下に描かれている赤い手の中には「GOD HAND(神の手)」と書かれている。

うぬぬぬぬ……。

完全に1本取られたよ、完敗だよ。m(_ _)m

こういう「ひねりのある1ネタ」って、大好き
センスいいよね

下旬に、文京区の「小石川(こいしかわ)」でお仕事をした。
判りやすく言うと、地下鉄南北線「後楽園(こうらくえん)」駅の真上で、都営三田線「春日(かすが)」駅のすぐ横にある。

ビル風が吹いて寒い中、休憩時間に公園(…と言うか公開空地)に行って座っていると、目の前に小さなビルがあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230203
ちっこぉぉぉぉーーーーーーーーいっ

小さい」と言っても、この場所では小さく見えるだけの話で、他の場所では大きいほうだろう。

このビルを観ながら、ふと思った。

…このビル、全く日が当たらないんでなくね

隣の大きなビルに南側を完全に塞がれてしまっているので、全く日が当たらないのだ。
しかも、その大きなビルの南側には、もっと大きなビルが建っているので、何をどうやっても日が当たらない。

…まぁ、「寝るだけ」で良いのだったら、このミニビルの部屋でもいいんだけどね。
夏は涼しいかもしれない
(今年は暑かったからね~)

★ 3月

警備員…と言うか、工事現場のお仕事は、10月~翌年3月までが「繁忙期」となる。
なので、今月までは忙しいのよ。

シモキタ界隈の常駐現場も再開されたけど、それ以外にもあちこち行かされている日々。

この日は、JR山手線の「目黒(めぐろ)」駅前で夜勤があった。
作業は深夜に始まったが、2時間程度で終了。
真っ暗な目黒駅前に放り出された。(笑)

…さて、どうすっぺ

何も無い目黒駅前にいても仕方が無いので、とりあえず「渋谷(しぶや)」駅前にでも行こうかと歩き出した。

テコテコ歩いているうちに「おやここを曲がってまっすぐ行けば、世田谷に行けるじゃん」と気付いた。
なので、作戦変更で、次の現場である京王線の「明大前(めいだいまえ)」駅前まで歩く事にした。

その途中、「あと少しで世田谷区」という目黒区内の場所(駒場)で、変わった自販機を見つけてしまった。(笑)

ほれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230301
逆だろぉぉぉぉぉーーーーーーーーっ

一般的には、正面はこちらの広いほうを向いているよね
何故に狭っこい壁側を向いているの…か

人が1人入るのがやっとのスペースしかない。

売る気が無い」としか思えない。(笑)

これは、お隣の私有地との絡みで、こっち向きにしか置かざるを得なかったようだ。

深夜の東京散歩も、なかなか面白い
(何回もやりたくはないけど~)

常駐現場も、やっと通常通りに再開しだした。

なので、シモキタ界隈をまたうろうろする生活に。

そんな中、京王井の頭線「池ノ上(いけのうえ)」駅近くのアパートに、不思議な部屋があるのを発見した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230302
格安アパートぉぉぉぉ~~~~~~ぅ

一般的に、下北沢周辺は交通の便と知名度が高いので家賃も高いのだが、この右側のミニサイズの部屋だったら格安で借りられるのでは
ドアの左奥にも空間があるなら、たたみ1畳分くらいの生活空間は確保出来るだろう

左側の住人さんがドアを開けたら、外に出られないというのが唯一の難点。(笑)

実際は、何に使っているのかは判らない。

中旬から下旬は、お仕事のピークだ

年度末までに終わらせなければならない工事が多いからだ。
なので、常駐現場が無い日も、毎日あちこちに行かされる。

そんな中、渋谷駅近くの「南平台町(なんぺいだいちょう)」の現場に行かされた時、ちょっと変わったバス停を発見した。

ほれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230303
インテルナツィオナァ~~~~~レっ

何と日本語・英語の他に、アラビア語・マレー語・デンマーク語でも書いてあるっ

…と言っても、アラビア語以外は同じだけど。

アラビア文字が書いてあるバス停って、日本国内ではそうそう見掛けないよねぇ…
何とも国際的な…

逆に、ひらがなが書いていないので、小さい子は読めないのでは
…と思ったけど、最近は義務教育でも英語を教えているので、今どきのお子様は読めるのだろう。

何でこんなに色々な言語で書かれているのかと言うと、この付近には各国の大使館がたくさん存在しているからだ。
バス停の目の前にはフィリピン大使館があり、この大使館横の小さな交差点を右に進むと、エジプト・マレーシア・デンマーク等の大使館がある。
(エジプト大使館の前にはスフィンクスがいるよっ

実は、渋谷の界隈って超国際的な町だったのよ。

★ 4月

4月上旬から中旬は、多くの工事現場が稼働しないので、余裕がある生活に戻れた。
(新年度の入札が決まるまでは、工事が出来ないのだ)
他の警備隊員も、ほっと一息ついている今日この頃。

心にゆとりが生まれると、周りの景色にも目が行く訳で…

…そっか、もうこんな季節なんだね。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230401
満開ぃぃぃぃぃ~~~~~~~~~っ

見事な桜の木だ。
ちょうど満開の状態だったので、天気がイマイチだけど撮ってみた。

ここは京王線の「代田橋(だいたばし)」駅で、桜の木がある場所には「玉川上水(たまがわじょうすい)」が流れている。
(実際には、もう水道用には使用されていなく、イメージの再現で僅かな水しか流していない)

この代田橋駅、現在は高架化の工事中で、あと数年もしたらこの光景は全て無くなってしまうのだ
なので、今のうちに撮っておいた次第。

桜の木と京王線のコラボも、あと数回で見納めだね…。

…何だか話が違って来てるんですけどぉ。

お仕事、「3月下旬までは忙しいけど、4月に入ればゆっくり出来るよ」と言われていたのに、「今週(中旬)からまた多忙な日々が始まる」との事。

原因はいくつもあるのだが、一番大きいのは「従業員が一割近く辞めてしまったのに、受注数を減らさない」事にある。
つまり、1人当たりの働く時間が増えてしまったという事。

日勤→夜勤→日勤」という、24時間以上も連続して働かないといけない状況になっている。

なので、夜勤の終わる時間によっては、こんな場所で朝を迎えなければならない事も…
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230402
改札開いたよぉぉぉ~~~~ん

4時45分の、小田急線「下北沢(しもきたざわ)」駅の改札口だ。
まさに、改札のシャッターが開いた瞬間。
これは、駅前のベンチで寝ている時に撮ったもの。
地下のホームまで行ってベンチで寝れば、雨と寒さはしのげるけど、当然料金は掛かる。

この頃から、「どうすれば、より快適に夜勤をこなせるか」を研究しだした。
そして、段々と答えが見付かっていった。
それからは、日夜連続して働く(「連勤」と言う)のも、それほど苦痛ではなくなった。

…まぁ、連勤はしないに越した事は無いけどぉ~。

★ 5月

ゴールデンウィークはお仕事が無くて、たっぷりと休めた

だが、それ以降は怒涛の日々に…

なので、段々と日記の投稿も数が減っていく。

ゴールデンウィークに入る前、地元の「中野サンプラザ」を撮影しておいた。
駅前の再開発に伴い、解体されることが決定した為だ。

コンサートホールとして全国的にも有名で、多くのアーティストが「解体反対っ」を声を上げたが、解体される事に…
確かに、建物の中は老朽化が進んでいるのでねぇ…

周囲を何枚か撮ったが、中野区民ならではのアングルで撮ってみたのが、これだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230501
基本のキ~~~~~~~~~~~~っ

オラ…と言うか、中野区民がいつも見ている光景は、これなのだ。

中野サンプラザと関東バス」、これが中野駅北口駅前の日常なのだ

12月末時点では、まだ解体工事は始まっていないので、全体像を記録しておきたい方はお早めに~

ゴールデンウィークは半強制的に休まされたので、その反動で5月の出勤日数がギリギリの状態に…。
なので、雨が降ると常駐現場以外の現場に無理やり押し込められる事に。

雨が降って常駐現場が中止となり、世田谷区内の夜勤に回された時に、面白い落書きを発見した。

京王線「八幡山(はちまんやま)」駅の高架下(環八通りとの交差部分)で、世田谷区と杉並区の境目にある。

ほれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230502
へめへめくつじぃぃぃぃ~~~~~っ

へのへのもへじ」ではなく「へめへめくつじ」になっている。

すぐ横には「へのへのもへじ」もあって、青年風なお顔に描かれている。
へめへめくつじ」のほうは、女性的な顔立ちで、もしかしたらイケメン青年なのかもしれない。

センスが良いね
ちょいと芸術作品っぽい。

この日記を書いた数週間後には、この落書きは消されてしまいましたとさ。
撮っておいて良かった(笑)

またもや、夜勤だよぉ…

今年は夜勤の現場が多く、大勢の仲間が駆り出されている。

オラも、「新宿(しんじゅく)」駅周辺の現場にしょっちゅう行かされ(週1回程度)、睡眠時間との戦いに明け暮れる日々を過ごしている。
(だから、日記を書く時間と心の余裕が無いんだよね…

そんな中、「新宿アルタ」の裏側にある自販機に目が留まった。

以前から知ってはいたのだが、改めて見ると……何か変だ。

ほれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230503
値段も位置も高過ぎぃぃぃ~~~~っ

何だよ、この設置位置は…。

身長が170~180cmくらいの人でも、最上段のボタンに手が届くかどうか…だ。
子供や小柄な女性では、まず無理だろう。

上から目線の、高飛車な商売してまんなぁ~。

何か、今年は「売る気のない自販機」に出会う確率が高いなぁ~。

来月から、僅かながら(5千円)昇給する事となった。
突然発表されたので、ちょっと驚き
ここ最近の物価高に対応してくれたようだ。
まぁ、収入が増える事には異論が無い

下旬あたりから、左耳の奥が何か変な感じに…

今までは乾いた耳垢しか出て来なかったのに、急に湿った耳垢が出て来るようになった。
なので、こまめに耳掃除をしていたら耳の中に傷が付いたようで、そこに工事現場で指に着いた雑菌が耳に入ってしまったようだ。
段々、耳の奥が腫れて痛くなってきた…。
ある夜、突然耳の奥で「シャワ、シャワ、シャワワワワ…」と鼓膜が破れたかのような危険な音がして、わずか数分で左耳が聞こえなくなった

こりゃ、一大事ぢゃーーーーーっ!!

…という事になり、急いで耳鼻科に行く段取りを立てた。
病院に行くには、「日勤→夜勤→日勤」と仕事を入れておかないと、午後の自由な時間が全く取れなくなってしまうのだ。
(これがウチの会社の超ブラックな所で、従業員を時間的にとことん束縛するのだ

6月頭の午後に病院へ行けそうなので、そこを狙って準備をした。

★ 6月

5日に、予定通り強行突破で耳鼻科に行った。
診察の結果は「雑菌による中耳炎」との事。

…人生で2度目だよ。お子様の時以来だ。

翌週に結果の詳細を聞いて、薬(点耳薬)も追加でもらって、耳鼻科通いは2回で終了~
中耳炎ではごく一般的な、緑膿菌(りょくのうきん)でしたよ」との事。

10日後くらいに、やっと左耳がちゃんと聞こえるようになった
でも、それ以降は、ずっと湿った耳垢が出て来るようになってしまった…

…やれやれ。

梅雨の季節に入ったので、土曜日に出勤する事が多くなった。

土曜日に出勤しておけば、平日に雨が降って現場が中止になった場合に休む事が出来るからだ
なので、そう考えれば、それほど苦痛でもない。
(中止が無ければ給料も増えるしね

土曜日には、都内のあちこちに駆り出される。

そんな中、久々に東京の湾岸地区に行ってきた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230601
うぉーたぁーふろんとぉぉぉ~~~ぅ

目の前の青緑色のオフィスビルの所が、りんかい線の「品川シーサイド(しながわしーさいど)」駅だ。
運河上を走っている東京モノレールには駅は無く、右奥のほうに「天王洲アイル(てんのうずあいる)」駅が、左の先には「大井競馬場前(おおいけいばじょうまえ)」駅がある。
(羽田空港は左方向ね

これぞ東京(令和のお江戸)」という感じがして、結構お気に入りの1枚になった

雨で常駐現場が中止になって休めるのかと思ったら、「現場数が多いので出勤してくれ」との連絡が。
仕方ないので、東京都の品川区(JR山手線の「五反田(ごたんだ)」駅近く)まで行ってきた。
(雨でもやる現場はあって、植栽の剪定等が多い

東急池上線の「大崎広小路(おおさきひろこうじ)」駅に着いて、外に出て見上げてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230602
都会風ミニレイアウトぉぉぉ~~~ぅ

鉄道模型のジオラマにそっくりだ。

実物が模型にそっくりというのも、変な話しだ(笑)

それほど、細かいごちゃごちゃした建物や植え込みが無いという事。
光景の全てが直線で構成されているというもの、ポイントが高い。

この日は午前中で終わったので、まぁまぁラッキーな1日だった
(雨の日は、早く終わればそのまま帰れる事が多い。給料は1日分がちゃんと出る)

★ 7月

…何なんだよ、今年のこの暑さとお仕事の忙しさは。

連日の38℃の炎天下で、日なたに立って仕事していると、気が狂いそうになる。
夜勤も週1回くらいあるので、体調もおかしくなってくる訳で…

日中のお仕事中は、気分的にはこんな所にいる感じだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230701
東京砂漠ぅぅぅぅぅ~~~~~~~っ

…もうね、砂漠よりも暑い(熱い)のよ、東京の夏って。
この数年で沖縄よりも暑い地方になってしまったし(特に関東平野の熊谷付近)、海が近いせいで砂漠地帯よりも湿度があるので、毎日「低温サウナ」状態なのよ。

そんな灼熱地獄で働いて帰宅して、シャワーを浴びてクーラーの効いた部屋にいると、ビールを飲んだ直後には気絶しているのよ。
もうね、「寝落ち」じゃなくて「気絶

なので、今月は下旬まで何も日記を書かない状態になってしまった…

月末に、お江戸名物の「隅田川花火大会」に「お仕事」として行ってきた。

コロナ禍の影響で、4年ぶりに開催されるとの事なので、来場者数はとんでもない事になりそうな気配…
(結果的には103万人だそうで)

東武伊勢崎線や地下鉄銀座線等の「浅草(あさくさ)」駅の対岸(墨田区側)でお仕事をした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230702
ビール飲みてぇぇぇぇぇーーーーーぃ

このクソ暑い日にビールジョッキをオラに見せたらダメでしょ。(笑)

国内外からの大勢の見物人に対してひたすらアナウンスするので、声がガラガラになったよ。
6時間はしゃべり続けていたからねぇ~。

何故か、多くの外国人から「お疲れ様でぇ~す」と笑顔で声を掛けられた。
逆に、日本人は何も言わない。

…何か違和感。(笑)

確実に、日本文化は世界進出しているね

浴衣姿の中国娘達が可愛かった

この頃から、イベントの警備が増えていった。
イベントは休日が多いので、更に土日祝が休めない状態に…

…この先どうなる事やら。

★ 8月

7月からの酷暑と昼夜を問わない激務で、疲労し切って体調がおかしくなった。
なので、しばらくの間、日記の更新をお休みした。

お盆休みは何とか普通に取る事が出来たので(これも奇跡に近い)、その間に以前書いた日記をリニューアルしていた。
稚拙で説明不足な文章と、当時の貧弱なネット環境のためにサイズが小さかった画像を大きいサイズに修正。

既存の日記を書き換えるのはそれほど手間では無いので、時間のある時にサクサク進める。
一気に進めると精神的に疲れるので、少しずつこまめに作業した。

8月は香港を旅した時の日記「小心地滑(しょうしんじすべり)友の会」のシリーズを修正。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230801
ほあちゃぁぁぁぁぁーーーーーーーっ

改めて自分で読んでも面白いので、みなさんもお時間のある時に、のぉ~んびりと読んでくだされ

香港シリーズの「その1」はこちらをクリック

今年も何とかボーナスが出た。

だが、段々と金額は減ってきている。
業績悪化の原因は解るけど、それを激務で解消するというのも問題あるよね。
会社の経営の在り方を根本的に見直さなきゃいけないと思うんだけど、上層部達の性格がねぇ…

お盆休みで1週間休んだ時に、毎日クーラーをガンガンに効かせて「食っちゃ寝ぇ~」の日々を送った。

そして、お盆休みが明けて「リハビリ出勤」の初日、何か自分の体臭が異様に臭い事に気が付いた。

自分の周りがアンモニア(おしっこ)臭いのだ。

電車内で隣の人に「あれ何か臭い…」と言う感じでしかめっ面をしされる。
マスクをしている人も同じ反応するのだから、これはヤバい

学生達の夏休みが終わって電車が混む前に、早急に対策をせねばっ!!

★ 9月

8月中に体臭の原因をネットで調べると「ストレス臭です」との結論が出た。
対策方法も載っている。

なので、いそいそとスーパーやドラッグストアへ出向いて、各種アイテムを購入。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-230901
早速使うべぇぇぇぇぇ~~~~~~っ

この中での救世主は「オルニチン」というサプリメントだ。
まさに「救いのヒーロー」だ
(「ぶりぶりざえもん」ではない

体内にオルニチンが少ないからタンパク質が正しく分解されずに、血液中にアンモニアとして残ってしまう」のが原因なので、サプリで補給するという作戦だ。
あと「腸内環境が整っていないと、アンモニアが発生しやすくなる」為に、ヨーグルトも食べ続ける事に。
クエン酸は、アンモニア臭をすぐに消すのに効果的なので、これも迷わず購入。

全て揃ったので、すぐに対策開始っ

おかげで、何とか9月の初日までにはアンモニア臭も無くなって、安心して電車に乗れる日々に戻った。

35℃超えの酷暑」と「外とクーラーの効いた部屋との気温差」も、体のストレスに影響しているのだろう。
あと、夜勤時の寝不足もね。

まぁ、こんな感じで体調的に大変な1ヶ月だったので、日記のアップはこれ1つのみに留まった…。

…やれやれ。

★ 10月

いやぁ~、急に冷え込んだよね。

30℃超えの酷暑からの突然の10℃台……体調も狂うよ。

なので、コロナ禍以来、数年ぶりに風邪をひいてしまった…。
熱は無いんだけど、喉がイガイガするのと、鼻水の大放出祭りの今日この頃。

そんな感じなので、暖かくした部屋に籠ってパソコンをいじっている毎日。
おかげで、古い日記をリニューアルする時間がたっぷり出来た

今月は「西武鉄道」に関連するカテゴリーの日記をリニューアルした。
このブログの「旅と鉄道(16西武・秩父)」の日記達ね。

まず最初に、西武多摩川線の日記をリニューアル。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-231001
西武線と言ったらこのお顔ぉぉ~~ぅ

一昔前の西武線と言ったら、大半の車両がこのお顔だった。

いやぁ~、改めて読み直すと、懐かしいねぇ~

リニューアル作業も、結構楽しいのだ

★ 11月

リニューアル作業に熱が入り、新規の日記ををほとんど書かなくなった。

…まぁ、休日は外出しないで部屋に籠っているから、新ネタも無いしねぇ~。
平日は世田谷区内(下北沢界隈)ばっかりなので、ネタ切れに近い状態になっているしぃ~。

お仕事は、土日祝にイベント関連の業務が多く入るようになって、従業員全員がヒーヒー言っている状態に…。
体調を崩して倒れる隊員も数人出て、みんなの不満が溜まってきている。
大丈夫かこの会社…??

西武鉄道関連の日記のリニューアルが終わると、頭の中が西武線だらけに。(笑)
なので、「ついでに現在の西武新宿線でも取材しに行きますかいのぉ」と、久々に外出する事にした。

目的は、以前から取材を続けている「中井(なかい)」駅~「野方(のがた)」駅間の立体交差化(地下化)工事だ。

6年振りのちゃんとした取材なので、気合を入れて臨む。

まずは、「沼袋(ぬまぶくろ)」駅周辺の取材分を日記にした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-231101
何も無ぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~いっ

駅舎も以前にあった施設も送電線も、何もかも無くなった。
空が開けて見晴らしが格段に良くなったが、逆に、日が沈むと真っ暗なゴーストタウン状態になった…

以前と変わった所だけを「ダイジェスト」的にご紹介。
後でさらに追加する予定。

続いて、沼袋駅とお隣の「新井薬師前(あらいやくしまえ)」駅間の取材分を日記にした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-231102
定番スポットぉぉぉぉぉ~~~~~っ

この中野通りの踏切は桜並木で有名で、春には多くの人が訪れる。
なので、ここで多くの人が撮影をしている。

最近は、地下に潜るのが近付いて来たから、撮影する人が増えて来た。
鉄ちゃんよりも、地元住民のほうが多い感じが…

昔撮った写真と比較しながらの、想い出いっぱいの日記となった。

★ 12月

引き続き、地下化工事関連の日記を書く。

何とか年内に書き上げたいからだ

前回からの流れで、新井薬師前駅周辺の取材分を日記にした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-231201
何も無ぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~いっ

駅前広場を造るため、駅前にあった商店が全て立ち退いてしまった。
なので、この駅前も、沼袋駅同様にゴーストタウン状態に…
(老舗が全部消えた)

両駅で、「食事&買い物難民」が増えている。

工事完了まで、数年間はこの状態だ。
困ったねぇ…。

お隣の西武池袋線の高架化工事を見て来ているから、また賑わいが戻って来る事は理解出来るけど、かなり先の話しだよねぇ…。

今回の取材の締めとして、新井薬師前駅近くにある「崩壊中の住宅」も取材した。

これも昔から取材し続けているもので、続きが気になる読者も多い。
(他人事じゃないからねぇ~

最新の状態は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-231202
自然と一体化ぁぁぁぁ~~~~~~っ

完全に葉っぱに覆われている。
以前よりも防護フェンスが高く増設されたので、なおさら葉っぱに囲まれる状態に…

崩落した2階の壁の中は、それほど大きくは変わっていないようだ。

古い木造住宅って、昔の耐震基準だけど柱の数が多いので、何気に地震には強いのよ。
(柱が多いから部屋は狭いけどね)

東京都内では、このような「老朽化した家」と「空き家」が爆発的に増えていて、社会問題になっている。
オラの家も「予備軍」なので、気を付けていかないと…

…あぁ、諸行無常。(ー人ー)

来月から、更に僅かながら(3千円)昇給する事となった。
これも突然発表されたので、ちょっと驚き

逆に、年末ぎりぎりに支給されたボーナスは、減額となった。

…ちょっと経営的に無理し過ぎているんじゃないの

減額分と昇給分を計算すると、ほぼ同じ金額になる。

…そういう作戦か。(笑)

何か、会社の税金的にメリットがあるのかもしれない。
そういう事には敏感だからな、うちの会社は。
人事考課制度」を今更やっと導入したらしいが、それと関連しているのか…な

これで2023年の日記掲載はおしまい。

おつぅ~~~~

----------------------------

最後に、今回の年末年始は「グルメ三昧」で過ごす事に決めたので、ご紹介しよう

昨年末、スーパーでボイルされた「ずわいがに」の冷凍パックを買った。

年末になるとどこのスーパーにも並ぶ、定番商品だ。
確か、3500円程のパックを1つ買って、家で楽しく食べて幸せに満ちていた

年が明け、すぐにカニを買い足そうとスーパーに行ったら…

…あんなにあったパックが1つも残っていないっ

何と、店頭からきれいさっぱり消え去ってしまっていたのだ。
まだ三が日だぞ。

早過ぎでないかぇ!?

…悔しい。これは悔しい。

ケチって二の足を踏んだせいで、こんなオチになるなんて…。

あまりに悲しかったので、今年末は同じ悲しさを味わわないようにする事にした。

12月中旬から、スーパーに並んだ「たらばがに」のパックをGET。
今回は「ずわい」ではなく「たらば」で、何と1万円する豪華版だ

たまたま訪れた日が「冷凍かに2割引き」という日だったので、迷わず購入。
2千円引きなので、8千円で買えた事になる。
超ラッキー

居酒屋に2回行けば同じ金額使うしぃ~」という感覚で買ったので、それほど「高い物を買ってしまった…」という罪悪感は無い。(笑)

早速家に帰って、1つだけお試しで食べてみた。

…うんめぇぇぇぇぇぇ~~~~~~~いっ

何という美味しさだ
ずわいとは全然違う、濃厚なお味

なので、毎日1つずつ食べる事にした。

大きいパーツは、大晦日と三が日用に取っておいて、まずは小さなパーツから食べ始める。

この幸せを覚えて以来、家に帰るのが楽しみになり、お仕事が終わると速攻帰宅(笑)
職場の仲間にも「たらばがに様が待っているのでぇ~」と話しまくる。

下旬になり、かに様の数を数えたら……あれ足りない。

…という訳なので、再びスーパーに行って買い足す事にした。

今回は割引き日ではなかったので、7千円程度の少し小さめのパックを購入。
これで年始の分まで補充出来たぞ

…ところが、その数日後。

再びスーパーを訪れると「希少部位たらばがにの爪 大サイズ」と書かれたパックが売っているではないかっ!!

少し悩んだが、爪のあまりの大きさに目が釘付けになり、気が付いたら買い物かごに入っていた。(笑)
お値段、6千円なり。

合計で2万1千円ほど。

…居酒屋3回分だな

そう考えたら、意外と高くはないねぇ~。
鉄道模型を買うよりは、全然安い。(笑)

…ってな訳で、2024年の元日は、かに様まつり
(画像をクリックすると拡大するよん)
2023年を振り返ってみよう-231203
かにざんまいぃぃぃぃぃ~~~~~っ

キンキンに凍っているのを解凍する日が来るのが、楽しみでしょうがない

いやぁ~、今年は良い買い物をしたよ、うんうん

----------------------------

…ってな感じですぅ~

みなさんはどんな一年でしたか

本年も一年間「のんびり行こうぜ。」をご愛読いただき、ありがとうございました
2024年もよろしくお願い申し上げます

当ブログ、2023年12月で15周年を迎えました

では、また来年。良いお年を~~~~

(2024年版はこちら)
2011年版はこちら)(2013年版はこちら)(2014年版はこちら)(2015年版はこちら
2016年版はこちら)(2017年版はこちら)(2018年版はこちら)(2019年版はこちら
2020年版はこちら)(2021年版はこちら)(2022年版はこちら

| | コメント (0)

2023年10月 9日 (月)

つぶやき日記 ~「秋になったら風邪ひいたよ」2023秋~

いやぁ~、急に冷え込んだよね。

30℃超えの酷暑からの突然の10℃台……体調も狂うよ。

なので、コロナ禍以来、数年ぶりに風邪をひいてしまった…。

熱は無いんだけど、喉がイガイガするのと、鼻水の大放出祭りの今日この頃。
この3連休でガッツリ寝ていたら、少しは良くなったんだけどねぇ~。

仕事も、本部は気を利かせてくれているのか、自宅待機を2回も入れてくれた。
(緊急出動が掛かったら、出掛けなきゃいけないんだけどね)

そんな感じなので、暖かくした部屋に籠ってパソコンをいじっている毎日。

おかげで、古い日記をリニューアルする時間がたっぷり出来た(笑)

ここ最近は、「西武鉄道」に関連するカテゴリーの日記をリニューアルしている。
この日記の「旅と鉄道(16西武・秩父)」の日記達ね。

今までの小さなサイズ(470ピクセル)の画像を、大きいサイズ(1024ピクセル)に取り換えて、文章も解り易く直している。
地図も追加して、どこの事を書いた日記なのか解り易くもした。

まず最初に、西武多摩川線の日記をリニューアル。
(画像をクリックすると拡大するよん)
「秋になったら風邪ひいたよ」2023秋-1001
西武線と言ったらこのお顔ぉぉ~~ぅ

一昔前の西武線と言ったら、大半の車両がこのお顔だった。

これは、このお顔の最後の車両達(101系)が引退する直前に、府中まで出掛けて撮った日記。
確か、中野杉並から自転車で行ったよなぁ…

次に直したのが、この日記
(画像をクリックすると拡大するよん)
「秋になったら風邪ひいたよ」2023秋-1002
絶賛工事中ぅぅぅぅ~~~~~~~っ

現在、東京都が進める鉄道立体交差化工事の1つで、西武新宿線の「中井(なかい)」駅~「野方(のがた)」駅間を地下化するというもの。
これは、その中間にある「沼袋(ぬまぶくろ)」駅を詳細にレポートした時の日記。
西武鉄道の公式サイトがいつまで経っても更新されないので、自分で調べて皆様にご紹介した次第

地下化工事が発表された頃から撮り続けていたので、年を追うごとの比較写真が豊富にある、オラ的決定版だ

最近、また新たな進捗があったので、気力があったら撮影しに行こう…
(隣の「新井薬師前(あらいやくしまえ)」駅も変化があったのでね)

今回の3連休では、この日記をリニューアルした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
「秋になったら風邪ひいたよ」2023秋-1003
小江戸ぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~ぅ

小江戸(こえど)」こと、埼玉県の「川越(かわごえ)」にフラッと出掛けた時のものだ。
地元の西武新宿線を使えば、乗り換えなしで終点まで乗っていると、簡単にこのレトロな光景に出会える
休日のぶらり旅に最適だ

そして、今夜はこの日記をリニューアル。
(画像をクリックすると拡大するよん)
「秋になったら風邪ひいたよ」2023秋-1004
癒しの空間~~~~~~~~~~~っ

東京都を横断して流れている「玉川上水(たまがわじょうすい)」の日記だ。
多摩川の上流から分岐して、新宿の高層ビル群がある場所(都庁の周辺ね)まで流れていた、水道用の用水路だ。
現在は、途中までの区間は今でも使用されているが、都心に近い部分では使用されていない。
でも、当時の雰囲気が楽しめるように、一部の区間では水を流して再現されている。

この日記は、この玉川上水と「残堀川(ざんぼりがわ)」と言う川が直角に交差している、日本全国でも珍しい光景をご紹介したもの。
子供の頃からの謎が、この調査によって更に深まって、家に帰ってネットで調べたらあっさりと解決したというオチもあった。(笑)

リニューアルしたい日記は、まだまだたくさんあるんだけど、少しずつやってききますよ、えぇ。

とりあえずは、風邪を治さないと頭がボーッとして何も出来ないので、それからだね。
でも、元気になると出掛けちゃったりするんでしょ、オラってば。(笑)

コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたので、そろそろ遊びに出掛けても良さそうな感じだしぃ~
でも、仕事が忙しければ、休みの日に外出する気力も無くなるんだろうけどぉ~。

まぁ、気力・体力・財力のバランスを考えて行動しますよ。はい。

では、またぁ~

| | コメント (0)

2023年9月11日 (月)

つぶやき日記 ~「お盆明けたらストレス臭が出たよ」2023夏~

…何なんだよ、今年のこの暑さは。

今年は世界中で酷暑だとか。
うんざりだね。

お仕事も忙しく、日勤→夜勤→日勤という地獄の行程が毎週あるしぃ~。

でも、唯一の救いが「お盆休みが一週間取れた」という事。

休みの前にスーパーで食料を買い込みまくり、休み中は一切外出しないという作戦を決行。
この数年は、コロナ禍の影響もあったので、ずっとそうしている。

お盆休み直前の時点で、あまりに疲れていたので、休み初日だけは朝からスーパー銭湯に行ってきた。
世間のみんなも同じ考えだったのか、予想以上に混んでいた。

後は、毎日クーラーをガンガンに効かせて「食っちゃ寝ぇ~」の日々。

そして、お盆休みが明けて「リハビリ出勤」の初日…

一週間ぶりにいつもの職人さん達と会うし、初日はごく簡単な仕事内容だったので、気楽だ

家を出て、駅まで歩く。

そして、ホームで電車を待っていると…

…ん何か臭い。

自分の周りがアンモニア(おしっこ)臭いのだ。

すでに少し汗をかいているんだけど、一応それを簡単に拭って電車に乗り込む。

すると、目の前にいたマスクをした若い女性が「あれ何か臭い…」と言う感じでしかめっ面をした。
マスクをしているのに臭うのだから、相当だ。

…どうやら、オラの体から汗と一緒にアンモニアが出ているようだ。

乗り換えた電車内でも、同じような反応をされた。

…これはヤバイね。

お盆休み前から、少し臭ってはいたのだけど、ここまででは無かった。
シャワー後に体を拭いたタオルが、数分経つとツ~ンと臭くなった程度だ。
明らかにおかしいね。

現場に着いて、お仕事を始める。

炎天下の日なたで立ってお仕事をしていると、みるみる汗が噴き出してきた。
このお盆休みで体内に蓄積した水分や老廃物が、一斉に噴出しているようだ。

すると間もなく、シャツが臭くなりだした。
汗を吸収した布が、この暑さで体温以上に温まり、発酵しだしたのだ。

…く・く・く・臭いっ

モーレツに臭い。
自分でも嫌になるくらいに臭い。

これは大変だ!!

でも、何の対策も取れないので、この日は我慢して耐えた。

帰りの電車内でも、隣にいたブツブツ独り言を言い続けている男性に「…ん何かイカ臭ぇ~な」と言われる始末…

今までこんなにまで汗が臭くなった事は、一度しかないぞ。

それは、前職時代にストレスで暴飲暴食をした時に、10Kg以上太ってしまい、油分の摂り過ぎから来たであろう臭さだった。
内腿の一帯がおしっこ臭くなったのだ。
今回もそれに近い感じがする。

とりあえず、帰宅後にネットで調べまくった。

そうしたら…

汗がアンモニア臭いのは“ストレス臭”です」との事。

アンモニアが出る原因を見てみると…

1.ストレスが溜まっている。
2.寝不足や不規則な生活等が続いている。
3.アルコールを摂り過ぎている。
4.たんぱく質(肉類)を摂り過ぎている。
5.腸内環境が整っていない。
6.油っこい食事をしている。

…と言う感じで、どのサイトにも書かれていた。

…うん、全部当てはまっている(笑)

これではアンモニアが出ないほうがおかしいくらいだ。

簡単に言うと「腎臓と肝臓の機能が弱まっているから、たんぱく質が正しく最後まで分解されないでアンモニアの状態で血液に残ってしまっている」との事。
汗は血液から出て来るので、アンモニアも一緒に出て来てしまうので臭くなる…と。
なので、体の表面をきれいにしただけでは意味が無く、体内から改善していかないとダメだそうだ。

おまけに、血中の油分のせいか、ごく細い髪の毛が抜け始めてきた。

…おいおい、これでは「ゲーハー」になってしまう

まだ太い毛は大丈夫なのだが、時間の問題だ。
前職時のストレスでも毛が抜け始めた事があったので、本能で解る。

…では、どう対策すれば良いの

これも各サイトに書かれていた。

1.ストレスを減らそう。(あまり悩んだり緊張しないように)
2.規則正しい生活をしよう。(毎日同じ時間に同じ事をしよう)
3.お酒は控えよう。(適量を守ろう)
4.食事のたんぱく質を減らそう。(多過ぎるから肝臓で分解出来ない場合が多いので)
5.ビフィズス菌を摂って腸内環境を整えよう。(菌がアンモニアの発生を抑えてくれるので)
6.油分も控えよう。(血中濃度によって血流に影響が出るし、疲れやすくなるため)

…との事。

…これって、4以外は花粉症対策と一緒だね

やはり、「腸内環境」「腎臓」「肝臓」がキーポイントなのよ。

では、具体的に何をすれば良いの

各サイトの情報を総合すると…

1.ヨーグルトを食べよう。
2.オルニチンのサプリを飲もう。
3.しっかり寝よう。
4.ゆっくりお風呂に入ろう。
5.普段から汗をかこう。
6.アンモニア臭をすぐに消すには「クエン酸」が有効。
7.こまめに着替えよう。
8.肌着やシャツは雑菌が残らないようにしっかりと洗おう。

…だそうで。

…それじゃぁ、早速実行しよう

翌日、臭い体と一緒にお仕事して、帰りにスーパーへ駆け込む。
ビヒダス」と「クエン酸」を購入。

ビヒダスは花粉症対策で昔から食べているので、何の抵抗も無い。
最低でも一週間は食べ続けないと腸内環境は整わないので、これはすぐに始めないと
(1日100g程度を毎日食べてね)

クエン酸は、流しや電気ポットの洗浄用として売られている物で、飲んでも大丈夫な「食用」のタイプを購入。
水で溶いて(200mlに対して3g)アンモニアに吹きかけると、あっという間に臭いが消える。
(アンモニアはアルカリ性でクエン酸は酸性なので、化学反応で中和される)

クエン酸は、飲んでもあまり意味(効果)が無いとの事。
(「疲労時の回復」という事に対しては少し効果があるだけだそうで)
…で、カルシウムを容易に溶かすので、ヨーグルトと一緒に摂らないほうが良いとも。
酸性度が強いので、濃過ぎたり飲み過ぎたりすると、歯や胃を痛めるので注意が必要だそうだ。

ドラッグストアにも寄って「オルニチン」のサプリ(DHC製品)も購入。

この「オルニチン」が最終兵器で、アンモニアの分解には欠かせない成分だそうだ。
これが肝臓に足りていない(正しく機能していない)状態なので、アンモニアが分解されずに汗で出てしまうとの事。

さらに、クエン酸水用にダイソーでミニスプレーも購入。

とりあえず、対策用品が揃った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
体臭問題「お盆明けたらストレス臭が出たよ」2023夏-1001
早速使うべぇぇぇぇぇ~~~~~~っ

最初に買って来たオルニチン、あまり効果が出ないなぁ~と思っていたら、別の製品だった
(ちゃんと見なかったので「オルニチン含有」と書かれていたのを見落とした…)
すぐに、オルニチンがメインの、本命の商品を追加購入。

お仕事中は、汗が出始めたらクエン酸水をミニスプレーでシュッシュと噴射。
シャツと発汗部分に掛けると、すぐに効果が出て消臭出来た

これは凄いっ!!

でも、大量にアンモニアが出ているらしく、結構な量を吹きかけないと、すぐに臭くなってしまう…
オラの体、相当病んでいるようだ。

お仕事中は気軽にトイレに行けない」というのも、臭い汗が出てしまう原因だろう。
おしっこで出せなきゃ、汗で出すしかないもんね。

着替えもちゃんと用意して、帰りの電車は新しいシャツを着て乗るようにした。
(もちろん、汗拭きも欠かしてませんわよん

帰宅後の、楽しい楽し~い晩酌タイムでは、ビールの量を1本減らして肉を控えた。
肉の代わりに、刺身と豆腐料理(または枝豆)でビールを楽しむ。

この時になって初めて、今まで毎晩結構な量のたんぱく質を摂っていた事に気付かされた。
なるほどねぇ~

野菜もなるべく食べるようにしている。
(いつも少ないのは解っているけどね)

そして、数日後…

臭いが激減しちょるぅぅぅぅぅ~~~~~~っ

しかも、翌朝の疲れも激減しちょるぅぅ~~っ

ダブル効果だっ!!

今まで、食後や寝起きはいつも眠くて仕方が無かったのが、何か眠くなぁ~い(笑)
身が軽やか」とまでは言えないけど、確かに目覚めは良い。

クエン酸水も、しばらくは用心して持ち歩いていたけど、段々必要なくなってきた。
お仕事が終わったら汗を拭いて着替えれば、電車内でも問題ないレベルまでに臭いは消えた。

夜勤がある日は酒が飲めないので、翌日の消臭効果&疲労回復度はバツグンだった
やっぱり酒が一番の要因なんだよなぁ…
(解ってはいるけど、これだけは…ね。

ふぅ、とりあえずは一安心

35℃超えの酷暑」というのも、体のストレスに影響しているのだろう。
外とクーラーの効いた室内(電車内)との移動で、見えない疲労が蓄積していたのも事実。
あと、夜勤時の寝不足もね。

本当にオルニチンのサプリが効いているのかどうかは、飲むのを止めれば判るんだけど、あの臭さにはもう戻りたくない。
それに、気温も少しずつ下がってきているので、汗をかく量もだんだん減ってきた。
お仕事も忙しいが、お盆前の「理不尽な忙しさ」ほどでは無いので、ストレスも少しは減っているのだろう。

月に1回、掛かりつけの病院に行っているんだけど(健康診断で引っ掛かりまくって「医者に診てもらえ」と各機関から通知(警告)が来たので)、先生に「何か変わった事はありましたか」と訊かれたので「お盆辺りから汗がアンモニア臭くて…」と近況を説明したら……先生が一瞬「おっ」という表情をしたけどすぐに「でも、肝臓悪くないでしょ」と言われてサラリと流されてしまった。

う~ん、良いんだか悪いんだか。

これは大変だっすぐに精密検査をっ!!」と言われるのも嫌だけど「あ、そう。」だけで終わるのもねぇ~

まぁ、とにかく体内が平常運転に戻った(戻りつつある)ようなので、ビール・肉・油を控えながら、しばらく続けてみますわ。

みなさんも、ストレス臭が出たら、この日記を参考にしてくだされ~
(体質には個人差があるので、自分に合った方法を研究してね)

では、またぁ~

| | コメント (0)

2023年8月28日 (月)

つぶやき日記 ~「香港の古い日記をリニューアルしたよ」2023夏~

みなさま、お久しぶり。(笑)

7月からの酷暑と昼夜を問わない激務で、疲労し切って体調がおかしくなっておりました。
なので、しばらく日記の更新をお休みしていた訳で…

お盆休みは何とか普通に取る事が出来たので(これも奇跡に近い)、その間に以前書いた日記をリニューアルしていた次第。
稚拙で説明不足な文章と、当時の貧弱なネット環境のためにサイズが小さかった画像を大きいサイズに修正。
現地地図も追加したので、何気に時間が掛かっちゃった

今回は、香港の観光スポットやグルメに日常生活等をご紹介した「小心地滑(しょうしんじすべり)友の会」のシリーズを修正。
今のところ全18回シリーズで、今後香港に行く事があったら追加される予定。
(また書いていない話題もあるんだけど、もう5年も経ってしまったので「もう古いかなぁ~」と思って止めている状態)

改めて自分で読んでも面白いので、みなさんもお時間のある時に、のぉ~んびりと読んでくだされ

香港シリーズの「その1」はこちらをクリック

-------------------

タイトルの「小心地滑」とは何ぞや
ちなみに、現地の広東(かんとん)語では「しうさむ ていわーっ」と読む。

よく、トイレ等に掲出されていて、しょっちゅう目に入る。
日本人が最初に覚えなければならない広東語(中国語)かもしれない。(笑)

こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1001
うわぁぁぁぁぁーーーーーーーっちっ

これは上の写真のとおり、「小心(しうさむ)」=注意・用心、「地滑(ていわーっ)」=スリップという意味。
簡単に言えば「スリップ注意」や「濡れた床は滑りやすいので、足元にご注意ください」という意味になる。
(日本語だと、長っ

以下の文中のふりがなは、ひらがなが広東語読みで、カタカナは英語読みだよん。
(地名・道路名や駅名は、広東語と英語で全く違う時があるのでご注意を。)

-------------------

まずは、「その1」と「その2」で、世界的に有名な2階建て路面電車をご紹介。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1002
庶民の足ぃぃぃぃぃ~~~~~~~っ

100年以上の歴史があり、香港の下町に溶け込んでいるナイスな乗り物だ
一部の区間では、このように電車と一緒に歩く事も出来る。

その3」では、香港名物の夜景を、海沿いからと山頂の展望台からの2ヶ所でご紹介。

海沿いから見ると、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1003
ほあちゃぁぁぁぁぁーーーーーーーっ

偉大な「李 小龍(れい しうろん:ブルース・リー)」師匠の銅像と一緒に。
この銅像、現在では少し東側に移設されたので、全く同じ構図では撮影出来なくなってしまった…。
今や「貴重な1枚」と言えよう。

海の奥が香港島で、そこにある山の展望台へ向かった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1004
よいしょ、よいしょ、ひーこらひーっ

ものすごい傾斜の坂道をグングン登って行くケーブルカー「山頂纜車(さーん てん らむ ちぇー:ピークトラム)」に乗って移動。
これも香港を代表する観光アイテムで、連日多くの外国人観光客が乗っている。
(車両は数年前にリニューアル(大型化)されて、現在は緑色の車両になっている)

…で、山頂から見る景色は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1005
壹佰萬弗ぅぅぅぅぅーーーーーーーっ

100万ドルの夜景」と言われる光景で、ほとんどの観光客が観た事があると思う。

昔、一緒に行った仲間が、酔っぱらいながら「100万ドルっちゅ~のは香港ドルかぇ米ドルかぇどっちなんぢゃいっ」とグダグダ吠えていた。(笑)
まぁ、価値的には桁が一つ違うからねぇ~

その4」では、英国の植民地だった時代の名残りの光景を、「その5」では、香港の街中にある日本のお店や商品をご紹介。

1997年10月1日に、香港は英国から中国へ返還されて、現在の状況となった。
でも、文化的には日本文化がかなり浸透していて、日本は大人気だ

なので、香港には日本の食べ物もたくさん売られていて、中にはこんなシリーズも。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1006
でまえいっちょぉぉぉぉ~~~~~う

日清食品の袋めん「出前一丁(ちぇぉっ ちん やっ てぃん)」だ。

出前一丁は、もはや香港人の「国民食」と言うくらいに、当たり前に食されている。
どこの食堂でも、出前一丁に具をトッピングした物が、ごく当たり前にある。

オリジナルの日本よりも種類が多く、どれも美味しい
(「その6」で詳しくご紹介してるよん

もはや日本を超えた日本製品だ。(笑)

その6からは食べ物のご紹介が続く。

その7」では、街の一般的な庶民の食堂で「飲茶(やむちゃ)」を、「その8」では一般的な料理等をご紹介。

街の食堂は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1007
これぞ香港~~~~~~~~~~~っ

どのお店も基本的な造りは同じで、左右が線対称で逆になっているくらい。
持ち帰りも出来るように、店の入口に厨房がある。

その9」では、ちょっとお洒落な場所へ。
西洋人が多く集まる「赤柱(ちぇっちゅー:スタンレー)」の、海沿いのドイツ料理のレストランへ。

赤柱の海岸は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1008
りぞぉとぉぉぉぉ~~~~~~~~ぅ

小さなニース」のような、ちょっとフランスっぽい、お洒落な光景だ。
神奈川県の江の島も、島の中腹から海岸を見ると、こんな感じに見える。

正面の低い建物群はマーケット(赤柱街市)で、アウトレット製品や観光みやげがたくさん売られている。

その10」では、珍しいイベント(1600頭のかわいいパンダの置物の展示)を、「その11」では、香港で見掛けた日本の芸能人の広告をご紹介。
その12」では、香港人が普通に食べている朝食「お粥」のお店をご紹介。

その10からは、香港人の目線で見た日常をご紹介。
観光客が観た視点とはちょっと違った、「ごく普通の香港」と言う感じ。

その13」では、庶民の台所とも言える市場「街市(かーぃしー:マーケット)」をご紹介。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1009
にぎやかぁぁぁ~~~~~~~~~っ

どの市場も活気があって、眺めているだけでも楽しい
下手な観光スポットに行くよりも、ずっと楽しめる

市場の上階はフードコートになっている場合が多く、その8でご紹介した一品料理は、そこで食べた物も多い。

その14」では、香港の鉄道をご紹介。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1010
もにゅぅぅぅぅぅ~~~~~~~~ん

これは日本製の電車で、お鼻が下向きに伸びていて、かわいい

香港の鉄道やバスは、東京や大阪並みに発達していて、移動には何の不自由も無い。
あまりに便利過ぎるので、香港人はあまり歩かない(長距離を歩けない)ので有名だ。

中国本土へ行く直通列車や貨物列車も通るので、地上の路線(東鐵綫)は結構楽しい

その移動中に寄った、有名な道教のお寺「車公廟(ちぇーこんみう:チェーコン テンプル)」もご紹介。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1011
カァ~ッチョエェェェ~~~~~~ぃ

香港」というより「中国大陸」にいるみたいだ
国籍問わず、お参りする人が多い。(ー人ー)

その15」では、「香港文化博物館」をご紹介。

そこで期間限定で展示されていた「ブルース・リー展」を観に行ったら、何と偶然にも「スタジオ・ジブリ展」もやっていて、香港人のファミリーでいっぱいだった。
日本のスタジオ・ジブリ(東京・三鷹)からそれほどは離れていない所に住んでいるオラが香港でブルース・リー展を観て、ブルース・リーの生まれ故郷の香港人が東京のジブリ展を観ているという、この不思議

その16」では、香港の駅に貼られている各種ポスターをご紹介。

ここ最近、広告やマナーポスター類が日本っぽい画風になっている感じがする。

中には、ほぼ日本語でしか書かれていない広告も…
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1012
大福もちぃぃぃぃぃ~~~~~~~っ

Mochi」以外は、ほぼ日本語で、下に僅かに中国語で書かれているのみ。
日本語の文章も完璧で、制作に日本人が関わっているのは確実だ。

これでも、日本大好きな香港人は理解(解読)出来るので無問題(もうまんたい)だ
むしろ、「日本語で書かれている」という事が、ブランドイメージをアップさせているようだ。

まぁ、日本人が全てフランス語で書かれた広告を観て「おしゃれぇ~」と思うのと、そう変わらないだろう。(笑)

その17」では、オラが初めて香港に来た1992年から通い続けている、海鮮料理のお店をご紹介。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1013
にぎやかぁぁぁぁぁーーーーーーーっ

ここは、「廟街(みうかーい:テンプルストリート)」(通称「男人街(なーむやんかーい)」)にある、「堂泰海鮮菜館(とんたーいほいしんちょいくぅん:トンタイシーフードレストラン)」と言うお店だ。

昔は、日本人観光客がたくさん利用していて、ガイドブックにも必ず載っていた。
日本での香港ブームが韓国ブームに移り変わると、西洋人(主にアメリカ人)の団体が増えてきた。

その後、コロナ禍によって観光客が来れなくなったため、どうやら閉店してしまったっぽい。
現在のグーグルストリートビューで見ると、店舗の看板類が全て撤去されている。
ただ、隣の小さな店舗部分はそのままなので、もしかしたら細々と営業しているかもしれない…
こればかりは、自分で行って見てみるか、現地人の確かな最新情報を得るしかない。

オラの人生の半分も通ったお店なのになぁ…

このコロナ禍で、国内外を問わず、ほとんどの馴染みのお店が閉店してしまった。
世の中の時代が、突然に変わり過ぎた。
なので、あまり出掛ける気にもならなくなっている、今日この頃。

医者にも「暴飲暴食は控えるように」とクギを刺されているしぃ~。(笑)
(もうコロナ前のようなご乱心ぶりは、内臓的に出来ない。

現時点での最新作である「その18」では、香港に新しく出来た地下鉄路線をご紹介。
(画像をクリックすると拡大するよん)
香港の古い日記をリニューアルしたよ・2023夏-1014
カッチョエェ~~~~のぉ~~~~ぅ

上の写真は「南港島綫(なむこんとうしん:サウスアイランドライン)」の駅進入時に撮った物で、無人運転の列車なので最前面に被り付いて撮影。

…オラ、日本ではこんな事しないよ。(笑)

この他にも、「港島綫(こんとうしん:アイランドライン)」の新規開業区間(3駅分)も乗ってみた。
香港の鉄道網はまだまだ伸びるようで、計画図を見ると、鉄道だけで香港特別行政区内のほとんどのエリアに行けるようになる。

まぁ、2階建て路線バスの旅も面白いんだけどねぇ~

-------------------

…まぁ、こんな感じでお盆休みを過ごしていましたので、しばらくは新ネタの日記を書く時間と気力がほとんど無い状態が続くかと…。
なので、もうしばらくは、オラの過去の楽しい旅日記をお読みくだされ~

ではでは~

| | コメント (2)

2023年7月24日 (月)

つぶやき日記 ~「もはや日記を書く気力が無い」2023夏~

…何なんだよ、今年のこの暑さとお仕事の忙しさは。

連日の38℃の炎天下で、日なたに立って仕事していると、気が狂いそうになるよ。
しかも、週1回くらいで夜勤(日勤→夜勤→日勤の地獄の行程)もあるしぃ。

去年はお仕事に比較的余裕があって、それなりにのんびり出来たのにぃ…

ここ最近の日中のお仕事中の気分は、こんな所にいる感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
もはや日記を書く気力が無い・2023夏-1001
東京砂漠ぅぅぅぅぅ~~~~~~~っ

…もうね、砂漠よりも暑い(熱い)のよ、東京の夏って。
この数年で沖縄よりも暑い地方になってしまったし(特に関東平野の熊谷付近)、海が近いせいで砂漠地帯よりも湿度があるので、毎日「低温サウナ」状態なのよ。

会社支給の空調服を着たって熱風が入ってくるだけなので、屋外では完全に意味無し。
むしろ、着ていないほうが涼しいくらいだ。
(オラは、重機の排熱とアスファルト合材(約180℃)の間近にいるので、なおさらだ)

そんな灼熱地獄で働いて帰宅して、シャワーを浴びてクーラーの効いた部屋にいると、ビールを飲んだ直後には気絶しているのよ。
もうね、「寝落ち」じゃなくて「気絶

夜勤のある日は、1時間でも途中で寝てから出勤するようにしている。
そうしないと、確実にブッ倒れる。

毎日、涼しい小田急線に乗って通勤(新宿⇔下北沢)していると、車内には「箱根・小田原・江の島」の広告がたくさんある訳で。
それを見ていると行きたくなるけど、疲れ切っているので休日は家から一歩も出ない。
コロナ騒ぎになってから、もう3年近く外に遊びに行っていない。
涼しい部屋で「宅飲み」を続けている。

なので、一日で最高に幸せな時間「おビールタイム」には、今は涼しげな場所でロケをした番組(ほとんどが「ブラタモリ」や「元祖でぶや」なんだけどね)を観ながら楽しんでいる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
もはや日記を書く気力が無い・2023夏-1002
夏は海ぃぃぃぃぃぃ~~~~~~~っ

…あぁ、シモキタで降りないで、そのまま江の島や小田原の海に行きたい

そんな海の木陰に座って、まったりとビールを飲む姿をイメージ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
もはや日記を書く気力が無い・2023夏-1003
オリオンビールがまいう~さぁ~~~

今まで国内外の各地を旅行しまくったので、とりあえず「バーチャル旅行」の想像力は全く問題ない。
TV画面に各地の画像が映ると「行った、行った、懐かしいねぇ~」と、1人で盛り上がっている

…まぁ、こういう訳ですので、しばらくは日記を書く時間と気力がほとんど無いので、オラの過去の楽しい旅日記をお読みくだされ~
次回の日記は、「近況を書ければなぁ…」と、薄っすら思っている今日この頃。
書けるかどうかは、今週のお仕事次第だよ~ん。

ではでは。

| | コメント (0)

2023年4月17日 (月)

つぶやき日記 ~「ちょいと時間が無いのよ…」2023春~

…何だか話が違って来てるんですけどぉ。

お仕事、「3月下旬までは忙しいけど、4月に入ればゆっくり出来るよ」と言われていたのに、「今週からまた多忙な日々が始まる」との事。

原因はいくつもあるのだが、一番大きいのは「従業員が一割近く辞めてしまったのに、受注数を減らさない」事にある。
つまり、1人当たりの働く時間が増えてしまったという事。

日勤→夜勤→日勤」という、24時間以上も連続して働かないといけない状況になっている。

隙間の時間でちょこっとだけ寝る訳だが、体質によって大丈夫な人もいれば全然ダメで動けなくなってしまう人もいる。
オラは動けなくなるタイプだ。

…このような日々が今後も続くようでは、転職も視野に入れて生活していかねばならないねぇ~。

突発的に仕事を入れられて、計画的に生活する事がほぼ不可能な状態になっているので。
これでは、家庭を持っている人はすぐに辞めてしまうよ。
家族で遊びにも行けないし、入学・卒業式等の大事な行事にも行けない事が多々あるので。

だから、警備員はいつも人手不足なのだ。
労働環境が全然整備されていないのでね。
(休暇に関して、ちゃんと考慮されている会社も少しはあるでしょうけど…)

また今週からも、こんな時間にこんな場所で仮眠する事も増えるんでしょうねぇ…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ちょいと時間が無いのよ・2023春-1001
改札開いたよぉぉぉ~~~~ん

4時45分の、小田急線「下北沢(しもきたざわ)」駅の改札口だ。
まさに、改札のシャッターが開いた瞬間。
これは、駅前のベンチで寝ている時に撮ったもの。
地下のホームまで行ってベンチで寝れば、雨と寒さはしのげるけど、当然料金は掛かる。

これからの季節は、冬ほど寒くはないのでまだ辛くはないが、眠さは変わらない。
タクシーを使えば、いったん家に戻って仮眠して身支度を整える事も可能だが、そうすると、夜勤分の収入が全てタクシー代で消えてしまう。
それでは意味がない。
(まぁ、「体調管理」という面では効果があるんだけどねぇ…)

さて、どうしたもんだか。

…まぁ、こういう訳ですので、しばらくの間はオラの過去の楽しい旅日記をお読みくだされ~

ではでは。

| | コメント (0)

2023年1月 1日 (日)

年始日記 ~「謹賀新年2023!!」~

みなさま、新年明けましておめでとーございますぅ♪

おめでとーん (*'(OO)')ノ~~ヽ('(OO)'*)ノ:・*。・+.゚・。

日頃のご愛顧のおかげで、2022年もオラ、何とかがんばれました
今年は世間が安定した年になるといいなぁ~

さてやっぱり「正月」と言えば「富士山」さんっ!!

…ってな訳で、本年も最初のおさしんは富士山さんから。
(画像をクリックすると拡大するよん)
謹賀新年2023-1001
(2010年富士宮で撮影)
ひのまるぅぅぅぅぅぅ~~~~~~ん

日の丸とおフジのコラボは、毎年のデフォルトでしょ

今年は、おフジの頭上もご覧いただこう。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
謹賀新年2023-1002
(2018年3月撮影)
自由な世界へフライハぁぁ~~~イっ

ひこーきの窓から富士山を見下ろしたところ。
手前の大きな穴が宝永火口ね。

今年は安心して気軽に旅行が出来るといいな

---------------------

…という感じで、15年目の今年もよろしくぅ~ 

(今年の日記も、週1~2に1記事くらいのペースで、ゆるぅ~く書いていくよぉぉぉぉ~~~~ん)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧