グルメ・クッキング

2021年10月25日 (月)

グルメ日記 ~「長野のビール・軽井沢エール」2021秋~

前回「福岡・門司のビール・サクラビール 2021夏」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

東京オリンピック関連の仕事でバタバタしていたら、もうになっていた。(笑) 
朝晩は寒いよねぇ~。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね 

せっかくの休日も、新型コロナウイルスが完全収束するまでは、ワクチンを打ったとは言え、以前みたいに気軽に出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第38回目は世界的に有名な信州の玄関口、長野県の「軽井沢(かるいざわ)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
長野のビール「軽井沢エール」2021秋-1001-1001
あっさぁぁぁ~~~~~まっ

白と金色のボディに浅間山とキラキラ星の絵が目立つ、長野県軽井沢町のビール「軽井沢エール(Karuizawa Ale)」だ。
製造会社は、地元の軽井沢ブルワリー
完全なる「地ビール」ですな

エール」は原料の種類や製造法の1つ。
比較的苦味があるのが特徴。

さて、信州の玄関口「軽井沢」は、どこにあるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
長野のビール「軽井沢エール」2021秋-1001-1002
(2020年のグーグルマップより)
の位置だよん

日本のほぼ中央にある。

関東甲信部分をアップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
長野のビール「軽井沢エール」2021秋-1001-1003
(2021年のグーグルマップより)
信州のはじっこぉぉぉぉ~~~~ぅ

…東京
…軽井沢
…長野

東京から続く関東平野(地図の白っぽい部分ね)が終わって、アルプスの山脈が連なる高原地帯に入った所にある。
軽井沢の特徴は、お隣の町、群馬県の「横川(よこかわ)」とは標高が約550mも違っていて、暑い平野から突然現れた涼しい高原地帯という事。
なので、明治の昔から外国人達の避暑地として発展してきた。
そういう訳で、今ではハイカラでおしゃれな街として、世界的に知られている。

鉄道好きは人にとっては、横川~軽井沢間(通称「横軽(よこかる)」)にある「碓氷峠(うすいとうげ)」は、今や伝説の名所となっている。
日本有数の急勾配区間(国鉄・JRでは最急勾配)で、機関車が列車や電車を押しながら峠を登っていた。

ちなみに、地図のと「●甲斐駒ヶ岳」から左側はほぼ長野県だ。
それだけ長野県は広い。

では、出掛けよう

まずは「東京(とうきょう)」駅から脳内列車に乗り込む。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
長野のビール「軽井沢エール」2021秋-1001-1004
(2015年1月撮影)
あさからあさまでぇぇぇぇ~~~~~っ 

北陸新幹線の「あさま」号だ。

東京駅から「大宮(おおみや)」駅までは東北新幹線を、大宮から「高崎(たかさき)」駅までは上越新幹線を走り、高崎から先(現在は「金沢(かなざわ)」駅まで)がホームグラウンドの北陸新幹線となる。
将来的には大阪まで行けるようになるのだけど、何十年先の話やら…
オラ、まだ生きているか…な

高崎までは見慣れた景色の中を走り、そこからいきなりカーブして山の中に突っ込む。
そしてひたすらトンネル内の坂を登り、登り切った所に現れた駅が軽井沢だ。

昔に比べたらあっけないほどの速さと快適さで、列車は軽井沢駅に到着した。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
長野のビール「軽井沢エール」2021秋-1001-1005
(2015年1月撮影)
寒いどぉぉぉぉーーーーーーーーぅ

いきなり雪のお出迎えだ 

…まぁ、脳内旅行なので、今回は写真と違って紅葉がきれいな時期という事で。 

北陸新幹線に乗ったのは、実はこの写真を撮った2015年が最初だったので、オラが覚えている軽井沢駅とはまるで違っていて「浦島太郎」状態に…。

でも、駅前に出たら昔と変わっていなかったので、これなら安心して歩けるぞ

周辺をうろうろブラブラ歩いて、おしゃれで良さげなお店に入った。

席に座って「軽井沢の地ビールをくださぁ~い」と注文すると、「はぁ~~~~い」と持って来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
長野のビール「軽井沢エール」2021秋-1001-1006
キンキラキィーーーーーーン

光り輝いているぞ…。

名前はその名も「軽井沢エール(軽井沢ビール)」、これは良いね

側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
長野のビール「軽井沢エール」2021秋-1001-1007
ごくふつぅぅぅぅ~~~~

ごく一般的な事が書いてあるだけだ。

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
長野のビール「軽井沢エール」2021秋-1001-1008
傑作ぅぅぅぅぅ~~~~~っ

軽井沢を代表するエールの傑作です。浅間山・軽井沢の清らかな冷涼水で仕込みました」との事。

それで正面に英語で「ASAMA MEISUI(浅間名水)」って書いてあるのね

…でもさぁ、どこにも英語で「ALE(エール)」って書いていないんですけどぉ~。

エールビールの傑作」と謳うなら、一応英語でも「ALE」って書いておいたほうが宜しいのではないでしょうか

缶の容量は350mlで、日本では一般的なサイズだ。
アルコール度数は5.5%で、日本国内のビールではやや高め。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

意外とフルーティ~~~~~

最初は軽くフルーティで、後からエールならではの苦みがやって来る。
後味はさっぱりしていて飲みやすい。

これはゆっくり飲むと美味しいタイプだねぇ~

西洋文化の入ったおしゃれな街のビールなので、こんな料理が似合うかと。
(画像をクリックすると拡大するよん)
長野のビール「軽井沢エール」2021秋-1001-1009
ペロペロチィ~~ノぉぉぉ~~~~ぅ

フライドポテトをオリーブ油で揚げて、パスタのペペロンチーノ味のソースを絡めてみた。
そして、ソーセージもしっかり添えてね

これ、手前味噌ながら、ビールが止まらないわよ 

簡単に作れるので、皆さんも試してみて

…ふぅ、今回も堪能した

ワクチンを2回打ってもらったけど、世の中の情勢をよく見ながら、もうしばらくはお家で「味の世界旅行」をしていこう。
自由に出掛けられるようになったら、このシリーズは完結だね
(いつまで続くか???

さて、次回はどこに旅しよう

(つづき「」はこちらーっ!)

| | コメント (0)

2021年7月 5日 (月)

グルメ日記 ~「福岡・門司のビール・サクラビール」2021夏~

前回「静岡・沼津のビール・有機農法 Fuji Beer 2021夏」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、梅雨というイメージと違ってゲリラ豪雨だよね。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね 

せっかくの休日も、新型コロナウイルスが一向に収まらない状況では気軽に出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第37回目は九州の玄関口、福岡県の「門司(もじ)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1001
さくらぁぁぁぁ~~~~~っ

淡いクリーム色のボディに桜の花びらと大正時代風の工場の絵が目立つ、福岡県北九州市門司区発祥のビール「サクラビール(Sakura Beer)」だ。
製造会社は、日本を代表するサッポロ(SAPPORO)だ。
いわゆる「限定復刻版」って~ヤツでしょうな。

さて、九州の玄関口「門司」は、どこにあるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1002
(2021年のグーグルマップより)
の位置だよん

…東京
…大阪
…門司
…福岡(博多)

九州をアップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1003
(2021年のグーグルマップより)
北のはじっこぉぉぉぉ~~~~ぅ

関門海峡(かんもんかいきょう)を挟んで本州と九州が近接している港町で、海上交通の要衝だ。
大昔は、本州から来た列車は「下関(しものせき)」駅で船に載せられ、対岸の「門司港(もじこう)」駅で九州に上陸していた。
(貨物列車がメインで、旅客は連絡船に乗って往復していた)

今でもレトロな街並みが残っていて「門司港レトロ」として親しまれている。

では、出掛けよう

…と言っても。

オラ、今まで九州は2往復しかした事がなく、門司は列車で通過したのみ。
なので、出てくる画像は「あくまでもイメージ」という事でお願いしまぁ~す

…まぁ、すべてが「脳内旅行」なので、何でもありだけどね

まずは「東京(とうきょう)」駅から列車に乗り込む。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1004
(2006年5月撮影)
こちらもレトロぉぉぉぉ~~~~~ぅ

今は無き寝台急行「銀河(ぎんが)」だ。
東京~大阪間を走る夜行列車で、東海道新幹線の最終を逃した&始発よりも早く到着したい人達に愛用されていた。
晩年は、東京発の場合は途中の滋賀県にある「米原(まいばら)」駅で大半が下車してしまい、北陸方面や無料で速い新快速列車に乗り換えてしまっていた。

余談だけど、東京発は大船~小田原間で、後発の貨物電車「スーパーレールカーゴ」(M250系)に豪快に追い抜かれるイベントがあって楽しかった。
結構な速度で走っている銀河を、さらに高速で追い抜いていくのはなかなかの迫力
後方から真っ白でまぶしいヘッドライトが近付いて来たと思ったら、あとは真っ暗な長いコンテナ列車が余裕の走りで目の前を通り過ぎて行く。
通常は、貨物列車と言うと旅客列車より遅いので、途中駅で待避して追い越されるんだけどねぇ~。
銀河の列車内が暗いので、暗闇を走るレールカーゴの姿がはっきり見えて楽しかった

オラは、米原からガラガラになった車内で京都などの町並みを楽しみながら、終点の「大阪(おおさか)」駅で下車した。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1005
(2006年5月撮影)
朝ラッシュやでぇぇぇぇぇ~~~~っ

ちょうど朝の通勤ラッシュで、隣のホームには大勢のサラリーマンが。

こちらのホームだけが、旅情たっぷりの雰囲気を醸し出していましたとさ。

さて、乗り換えぢゃ

大阪からは山陽新幹線に乗って九州入りしよう
2006年に、本当にこの乗り方で鹿児島県の屋久島(やくしま)まで行ったのだ

せっかくオーサカまで来たので、たこ焼きくらい食わせろや。(笑)

…ってな訳で、当時よく通っていた「千里中央(せんりちゅうおう)」駅にあるたこ焼き屋さん「和楽路屋(わらじや)」に寄る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1006
(2009年9月撮影)
やっぱたこ焼きはここでしょ

このお店は住宅地(団地)のど真ん中にあるせいか、地元の住民に絶大な人気を誇っている。
せんちゅうのわらじや」と言えば、大体の人は「あぁ、あそこ美味しいよね」と答えてくれる。

店内に入って、お約束の「ビールセット」をご注文~
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1007
(2009年9月撮影)
おぉ、いぇい

相変わらずの絶妙なお味
当然、ビールもたこ焼きも「おかわり」をする。

さぁ、エナジーチャージも出来たので、まったりと九州入りしよう

千里中央駅から地下鉄でそのまま「新大阪(しんおおさか)」駅へ移動し、新幹線の改札を通る。

そして、ホームに上がると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1008
(2019年2月撮影)
スターにしきのぉぉぉぉーーーーっ

JR西日本の名物列車「ひかり Rail Star」だ

何だか光通信の商品名みたいだけど、「ひかり」の豪華車両版として人気だ
通常料金でグリーン車並みのゆったり感が堪能出来る。

今では列車本数はごく僅かだけど、今回は脳内なのでこれで行くのだ
最新列車がバンバン走っているというのにねぇ。(笑)

車内があまりに快適なのと、東海道に比べて山陽は揺れがかなり少ないのと、まほうのみず(ビール)の効果が相まって、うっつらうっつら…
まぁ、ほとんどがトンネルなので起きて景色を観ていても同じだけどね。

そして、あっという間に関門トンネルを越えて「小倉(こくら)」駅に到着ぅ~。

ここで在来線に乗り換える。
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1009
(2006年5月撮影)
真っ赤やでぇぇぇぇぇ~~~~っ

JR九州のコーポレートカラーはなので、列車や駅の看板はどれも真っ赤だ。

九州の電車は設備が格段に良い&おしゃれなので、通勤通学で使える人達が羨ましい。
東京の電車なんて、詰め込み設計の実用本位型なのでね。
まぁ、輸送人員が桁違いだから仕方ないけどね…

僅か3駅門司港駅に到着ぅ~。(地図の

レトロな駅舎を出て、街中を観光する。

良さげなお店に入って「門司の地ビールをくださぁ~~~~い」と注文すると、「はぁ~~~~い」と持って来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1010
サクラサクーーーーーっ

ほうほう、「サクラビール」と言うのか。
何かレトロなデザインだねぇ~。

何ねサッポロが造ってるの
地ビールじゃないんじゃなくね???
(九州まで来て「札幌」とは…

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1011
なるほど

大正2年より九州初のビール工場で製造されていた「サクラビール」を現代風にアレンジしたビール」とのこと。

さらに、「「サクラビール」は大正から昭和初期にかけ愛された歴史あるビールです」とな。

まぁ、昔の日本のビールはほとんどが「ラガー(Lager)」タイプなので、苦味とコクのバランスが期待出来よう

表と裏を並べて撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1012
二桜ぁぁぁぁ~~~~~っ

表側には「1913年のラベル」と書かれているね。
桜の花の下のイラストは、恐らく当時の工場だね。
下部には「世界で親しまれたビールが いま、生まれ変わる。」とも書かれている。
当時は海外にも輸出されていたのかな外国航路の船上で飲まれたのかな

側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1013
そうなのかっ

2000年まで工場だったけど、現在は観光施設になっているよぉ~ん」と書かれている。

ヱビスビールみたいな感じかな。

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1014
びっちり書いてあるぅぅぅ~~~~~っ

一般的な事が圧縮されて書いてあった。(笑)

缶の容量は350mlで、日本では一般的なサイズだ。
アルコール度数は5%で、これも日本国内のビールでは一般的。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

飲みやすくてコクがあるぅ~~~~~

コクがあってもすっきりしていて飲みやすい。
苦味は予想よりもかなり少なく、後味も良い。

これは何杯でも飲めちゃうタイプだねぇ~

やはり、九州のビールなので、こんな料理が似合うかと。
(画像をクリックすると拡大するよん)
福岡・門司のビール「サッポロ・サクラビール」2021夏-1015
(2006年5月撮影)
ぎょぎょぎょぉぉぉ~~~~~~~っ

九州名物の「魚ロッケ(ぎょろっけ)」ですな

簡単に言えば、さつま揚げの中身をコロッケと同じ衣を付けて揚げたもの。
外はカリカリ、中はフワフワの絶品だ

オラは大分県の「別府(べっぷ)」駅前で食べたけど、北九州の名物なのかな
鹿児島のほうでは見かけなかったような…

これ、ビールが止まらないわよ 

…さて、胃袋も満たされたので帰るとしますか。

さすがに九州なので、新幹線の「のぞみ」ちゃんに乗って帰ろうねぇ~。

九州・四国や鉄道旅行に興味がありましたら、昔書いた屋久島(九州)への旅日記も読んでみてねぇ~
(昔の日記なので、文章が荒いのは堪忍してクリ

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンを打ってもらうまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。
(ワクチン接種のクーポン券が来たけど、予約が取れなくて8月までおあずけぇ~)

さて、次回はどこに旅しよう…まぁ、オリンピックも始まって忙しいのでゆるゆると。(笑)

つづき「長野のビール・軽井沢エール2021秋」はこちらーっ!

| | コメント (0)

2021年6月21日 (月)

つぶやき日記 ~「お刺身のお菊ちゃん」2021夏~

毎晩の「ビールとお刺身」が、ここ最近の唯一の楽しみであ~る。

コロナ騒ぎになってから1年半、外食はほとんどしていない。

なので、お刺身の盛り付けにも少~し「色気」を出すわけで…

それは何かと言うと、「しその葉っぱ(大葉)」と「」の2つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
お刺身のお菊ちゃん・2021夏-1001
この2つね

しその葉っぱは、スーパーで刺し盛りを買うと本物が付いてくるけど、柵で買うと入っていない。
そこで、以前手に入れたニセモノの葉っぱを数枚キープしておいて、何度も洗って使い回している。

菊のほうはと言えば、以前本物を使っていたけど、数日で黒くなってダメになってしまった。
なので、これもニセモノを1個キープしておいて、大事に大事に使いまわしていた。

…ところが。

お菊ちゃんが、洗っているうちにポロポロと欠けだした。
気が付けば、全体の2/5は失われた悲しい状態に…

…かと言って、使わないと色どりが乏しくなってお刺身が映えない。
黄色い代替品を考えるも、良さそうな物は見つからない。

…新しいのを手に入れますかいのぉ~。

スーパーに行ってお菊ちゃんを探してみるも、どの刺身にも付いていない。
近所の何軒かのスーパーに行っても同じ。
本物なら入っているんだけどねぇ~。

今は作っていないのかなぁ~」と諦めかけたその時、仕事帰りの世田谷区内のスーパーでお菊ちゃんをハッケーーーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
お刺身のお菊ちゃん・2021夏-1002
おぉ、いぇい

早速GETだぁぁぁぁぁーーーーーっ!!

…だが、ちょいと待て。

よ~く見ると、900円以上の刺し盛りにしか入っていないではないか。
よく似た600円台の盛り合わせには何も入っていない。
世田谷価格(高級)ではない良心的なスーパーなのだけど、約1000円の刺身はチト高い…。

…数秒間悩む。

ここで手に入れなければまた別のスーパーで探すか、再びこのスーパーに来なければならない。

300円をケチって後悔するのであれば、今これを買ってしまえっ

…という訳で、980円の刺し盛りを買って、週末の1人自宅パーティーを開催する事に決まった。

そうだ、オマエの欲しがっていた物は刺身よりもお菊ちゃんだろ。
これでいいんだよ、これで。

…そう自分に言い聞かせて、小田急線に乗り込んだ。
(夏の陽気に、1時間近くも生ものを持って歩くのは危険なんだけどねぇ~

翌日からは、こんな感じに盛り付けているッス
(画像をクリックすると拡大するよん)
お刺身のお菊ちゃん・2021夏-1003
いい感じぃぃぃぃぃ~~~~~~っ

やっぱり、お菊ちゃんがいると料理が映えるよね

何気ないチャチな物でも、探してみると意外と売っていないという好例でしたとさ。

またお菊ちゃんを見つけたら、2つくらい増備しておこ~っと

ではでは。

| | コメント (2)

2021年6月14日 (月)

グルメ日記 ~「静岡・沼津のビール・有機農法 Fuji Beer」2021夏~

前回「静岡・御殿場のビール・MÄRZEN(メルツェン)2021初夏」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、梅雨の季節なのに晴れて暑いよね。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね 

せっかくの休日も、新型コロナウイルスの緊急事態宣言がさらに延長された状況では気軽に出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第36回目は前回のすぐ近く、日本のシンボル「富士山」の裾野にある港町、静岡県の「沼津(ぬまづ)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1001
あかふぢぃぃぃぃ~~~~~っ

クリーム色のボディに葛飾北斎の「凱風快晴(がいふうかいせい:通称 赤富士)」の絵が目立つ、静岡県沼津市の地ビール「有機農法 Fuji Beer(ゆうきのうほう・ふじびーる)」だ。
製造会社は「日本ビール醸造」と言うようだ。

さて、そんな富士山が拝める「沼津」は、どこにあるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1002
(2021年のグーグルマップより)
の位置だよん

…沼津駅
…東京駅
…新宿駅
…御殿場駅
…富士山頂
…三国峠の展望台(神奈川と静岡の県境)
…小田急線
…東海道線(熱海までがJR東日本・熱海からはJR東海)
…御殿場線(JR東海)

富士山の裾野と駿河湾(するがわん)に挟まれた町で、生シラスや深海魚等の魚介類が豊富に獲れるので有名。

東京都心からは、電車や高速バスで2時間ほど。
東海道新幹線を使うと、1時間ちょっとで行ける。

一般的には、「東京(とうきょう)」駅(地図の)から東海道新幹線で「熱海(あたみ)」駅まで行き、東海道線の普通列車に乗り換えて3駅乗る人が多い。
在来線の特急「踊り子(おどりこ)」号や高速バスも便利だ。

もう1つのルートとしては、「新宿(しんじゅく)」駅(地図の)から小田急線→御殿場線で行く方法がある。
これは、少し前までは直通の特急「あさぎり」号が走っていたので便利だったが、今では途中の「御殿場(ごてんば)」駅(地図の)止まりとなってしまい、乗り換えが必要になった。
理由は、御殿場~沼津間の乗客がかなり少なかったから。

では、出掛けよう

…と言っても。

前回、御殿場→箱根(はこね)で温泉に入る→小田急線のロマンスカーで帰るという計画を立てていたら、突然「沼津にも美味しいビールがあるから寄って(酔って)いきな~」と呼び止められた。
(あくまで脳内の話しね)

…ちっ、仕方無ぇ~なぁ~

箱根で一泊することにして、翌朝の~んびりと沼津駅に移動。

沼津へは路線バスがあって便利なんだけど、オラ「鉄ちゃん」だから、箱根登山鉄道と東海道線で移動したさぁ~

…で、着きましたよ、沼津駅。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1003
(2011年9月撮影)
惑星直列ぅぅぅぅ~~~~~~っ

まるで惑星直列のようにお顔が並んで停まっている。
(微妙に斜めにずれているのがポイント

カゲロウが大量発生する季節柄なのか、トンネル内での水滴が当たるのか、駿河湾の塩水を浴びるのか、どの車両も窓ガラスが汚れている。
海沿いなので砂も飛んでくるだろうしねぇ~。

そうそう、東海道線で沼津まで来る場合の注意点をば。

・Suica等は熱海駅までしか使えない。その先で降りる場合は改札の窓口で現金精算となる。
 熱海駅でJR東日本からJR東海に変わるので、ICカードは通しで(熱海駅をまたいで)使えないのだ。
 知らない人が多いので、観光シーズンは改札に長蛇の列が出来て外に出るのに時間が掛かるので、バスなどに乗り継ぐ場合は特に注意

・東京方面から熱海までは10・15両編成だが、その先は3~6両編成(トイレ無しの場合もあり)になる。
 この衝撃の事実を知っていないと、熱海駅での乗り換えの時に汗だくで走る羽目になる。
 青春18きっぷの時期は、みんな知っているので、座席の争奪戦となる。

・東京方面からの沼津直通列車は1日数本しかない。
 通勤客用なので昼間は無い。

オラは「小田原(おだわら)」駅から切符を買っているので、スムーズに改札を通過~

駅前に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1004
(2017年1月撮影)
ひろぉぉぉ~~~~~~い

駅前ロータリーは結構広めに造られているので見通しが良い

さて、沼津に来たからには漁港に行かねばっ 

バスもあるけど、ここは川沿いを歩いて行こう
前にも来た事があるから道は知っている。

…と言っても、今回は脳内なので、いくらでも自由に動き回れるけどね(笑)

まずは、右奥にあるアーケード商店街を通ろう。
右端の建物の裏側にあるよん。

アーケードはいくつかあり、それぞれデザインが違っているので面白い。

中には、こんな展示物も…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1005
(2011年9月撮影)
あじへぇぇぇぇぇぇ~~~~~い

このアジに向かって「アジ平」と大声で呼ぶと、網で焼かれているアジから煙が出てくる仕掛けがある。
なので、下で女の子が「あじへぇぇぇ~~~い」と叫んでいる。

アーケードを抜け、古い街並みを歩いて川沿いに出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1006
(2011年9月撮影)
良い眺めぇぇぇぇぇ~~~~

正面のビル群が沼津駅だ。

よぉ~~~~く見ると、左のマンションのすぐ右横(雲の上)に、富士山の山頂がほんの僅か顔を出しているのが判る。
最初は「手前の山と同じ」だと思って気付かなかった…

漁港は背中側にあるので、振り返って先に進もう。

ド快晴の中、少々汗をかきながら程なく着きましたよ、えぇ。
(脳内だから実は暑くない)

漁港の観光用の建物(沼津みなと新鮮館)の横に行くと、波止場が見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1007
(2011年9月撮影)
いいねぇ~~~~~~

奥に見える山は、伊豆半島だ。

右奥に水門らしき建物が見えるので、行ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1008
(2017年1月撮影)
おぉ、いぇい

巨大なコンクリートの水門が海面から持ち上がっている。

…これが落ちて来たら確実に死ぬな。

水門の上が見学出来るようになっているみたいなので、いそいそと登ってみた。

最上部のガラス張りの展望台から外を観てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1009
(2017年1月撮影)
おふじぃぃぃぃぃぃ~~~~~~っ

富士山がくっきりと見える

漁港と都市と富士山がセットで見えるというのも「いかにも静岡県」で良い

さて、沼津港を目で楽しんだので、お次は胃袋で楽しむ番だ

先ほどの海鮮市場をうろつき、良さげなお店に入って「沼津の地ビールをくださぁ~~~~い」と注文すると、「はぁ~~~~い」と持って来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1010
有機りんりんヴィーガンマーーーーン

有機農法(Organic:オーガニック)」を最大限に謳っているね。

お名前は「Fuji Beer(富士ビール)」なんだろうけど、「有機農法」の文字のほうが目立っている。

ちなみに、「有機農法」とは化学肥料や遺伝子組み換え等を使用していない栽培方法の事だそうで。

左上に貼られている丸い緑色のシールは「VEGAN(ヴィーガン)」と書かれている。
意味は「菜食主義者」の事で、卵・乳製品・蜂蜜も食べないそうで。
(「ベジタリアン」よりも制限が厳しい)

肉・魚を食べないだけで、アルコールは摂ってもOKなようだねぇ~。
(宗教の戒律じゃないからねぇ)

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1011
えげれす語ぉぉぉぉぉ~~~~ぅ

外国人観光客や輸出にも対応しているようで、しっかりと英語での表記も万全だ
これなら、日本語が解らない外国人も安心して飲めるね
(強いて言えば「Alc.5%」の表記が無いだけ…か)

日本のビールって、あれだけ「お・も・て・な・し」とか「インバウンド需要に応える」とか言っておきながら、缶に「Beer」と「Alc.●%」の英語表記がされている製品が僅かしかない。
ただのデザイン的な感じで、不要な英文がずらずら書かれているのがほとんど。

年齢的・宗教的な理由等でアルコールが飲めない、日本語が解らない(英語もよく解らない)外国人に対しての配慮が欠けているよね…。
丸い「お酒」の表記の下に「Alcohol」と書いておくだけでも全然良いのにね。
知らないで飲んじゃったら大変な人もいるんだからさ。
簡単な英単語で、一言でいいから書いておこうよ。

表と裏を並べて撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1012
ニコフジぃぃぃぃぃぃ~~~~~っ

どちらも同じデザインで、日本語か英語かだけの違いだ。

ちゃんと絵の左下には「HOKUSAI」(葛飾北斎の事ね)の文字も入っている。

側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1013
いろいろ書いてあるぅぅぅ~~~~~っ

有機栽培」に関する事がいっぱい書いてある。

とにかく、「有機栽培」と「国産」を全面アピールしているようだ。

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1014
びっちり書いてあるぅぅぅ~~~~~っ

一般的な事が圧縮されて書いてあった。(笑)

缶の容量は350mlで、日本では一般的なサイズだ。
アルコール度数は5%で、これも日本国内のビールでは一般的。
製造者も、ちゃんと沼津市内だね。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

飲みやすいのにコクがあるぅ~~~~~

最初に程よい苦みが広がり、その後にコクがある味がやって来る。
さっぱりしていて飲みやすく、かなり美味しい。

これはゆっくり飲むタイプだねぇ~

やはり、沼津のビールなので、こんな料理が似合うかと。
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1015
(2017年1月撮影)
おちゃちみぃぃぃぃぃ~~~~っ

やはり、静岡県名物の海鮮、特に生シラス桜エビアジは外せないでしょう

ビールが「静岡麦酒」なのはスルーしてね(笑)

そして、沼津ならではの名物と言えば、これでしょ
(画像をクリックすると拡大するよん)
沼津のビール「有機農法 Fuji Beer」2021夏-1016
(2017年1月撮影)
しんかいぎょーーーーーーーーーっ

店内にデカデカと貼ってあるのは「深海魚バーガー」のポスターだ。

深海魚」と聞くと「えっ!?」と驚くが、何の事はない、マクドナルドの「フィレ・オ・フィッシュ」も深海魚なのだ。
なので、味はそれほど大きくは変わらない。
2017年に書いた詳細な日記はこちらをクリック

…さて、胃袋満たされたので帰るとしますか。

さすがに沼津なので、新幹線の「こだま」ちゃんに乗って帰ろうねぇ~。

沼津の町に興味がありましたら、昔書いたこちらこちらの日記も読んでみてねぇ~

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンを打ってもらうまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。
(いよいよワクチン接種のクーポン券がウチにもやって来た)

さて、次回はどこに旅しよう…まぁ、行き当たりばったりで。(笑)

(つづき「」はこちらーっ!)

| | コメント (0)

2021年5月31日 (月)

グルメ日記 ~「静岡・御殿場のビール・MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏~

前回「横浜のビール・YOKOHAMA LAGER・2021春」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、雨が降ったり暑く晴れたりで、体調が狂うよね。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね 

せっかくの休日も、新型コロナウイルスの緊急事態宣言がさらに延長された状況では気軽に出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第35回目は日本のシンボル「富士山」の裾野にある町、静岡県の「御殿場(ごてんば)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1001
南ドイツな柄ぁぁぁぁ~~~~~っ

銀色のボディに水色と白の市松模様が目立つ、静岡県御殿場市の地ビール「MÄRZEN(メルツェン)」だ。
製造会社は「御殿場高原ビール」と言うようだ。

種類は缶には書かれていないが、柄と名前からして南ドイツ(バイエルン州:州都はミュンヘン)辺りのビールが元ではないかと想像出来る。
このラベル、印刷ではなくてアルミ缶にシールを張っただけで、手作り感たっぷり
季節限定」の少量生産だからかな

さて、実際はドイツっぽくはない「御殿場」は、どこにあるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1002
(2021年のグーグルマップより)
の位置だよん

…御殿場駅
…東京駅
…新宿駅
…富士山頂
…三国峠の展望台(神奈川と静岡の県境)
…小田急線
…JR東日本・東海道線
…JR東海・御殿場線

富士山の裾野にあって、関東・東海の民にはアウトレットモールや自衛隊の演習場等で有名なので、あまり説明する必要は無いよね。

東京都心からは電車や高速バスで1時間半~2時間ほど。

一般的には、「新宿(しんじゅく)」駅(地図の)から小田急線→御殿場線か、高速バスで出掛ける人がほとんど。
(アウトレットモールに行く人は、ほとんどがマイカーだけど)
東京(とうきょう)」駅(地図の)から東海道線→御殿場線経由で行く人は少ない。
昔(国鉄時代)は直通の急行列車があったけど、小田急線に負けたようだね…

ものすごい余談だけど、以前沖縄(那覇)に一週間ちょっと遊びに行った帰り、東京に戻って「御殿場」とか「御殿山(ごてんやま)」等の地名を見ると、どうしても「御殿場(うどぅんば)」や「御殿山(うどぅんやま)」と読んでしまって、ちょいと混乱したという経験が…
沖縄本島で行動していると、ウチナーグチ(沖縄口:琉球方言ね)を覚えないと、目的地にも行けないし好きなご飯も食べられないので…ね。

では、出掛けよう

オラも、一般的なルートの小田急線の特急に乗っていく事にした。
(あくまで脳内での話しね)

まずは、新宿駅に行って特急列車「あさぎり」に乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1003
(2010年8月撮影)
いつの時代だよぉぉぉぉ~~~~~~ん

この特急列車は、JR東海が誇った「371系」と言う、この世に1編成しかいなかった、2階建て車両(グリーン車)もあるスーパー列車だ
先頭のとんがり具合がカッチョエェ

一般車両は窓がかなり大きく、西武鉄道の「Laview(ラビュー)」や近鉄の「しまかぜ」くらいあった。
2014年で廃車となり、今は富士山の裏側の「富士急行」で装いも新たに第2の人生を送っている。

2階建て車両は、こんな感じだった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1004
(2010年8月撮影)
う~~~~ん、でっかい

車体の色が東海道新幹線と同じだったので、高速&高級感があった。

ホームの壁の向こうはJR東日本の駅なのに、JRの列車が私鉄の小田急線のホームに停まっているというのも、違和感ありありで新鮮だった

2021年の現在は、走行区間が新宿~御殿場間に縮小されて、列車名も「ふじさん」と変わっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1005
(2018年10月撮影)
ブルーメタリックがカッチョエェ~~~~

この特急車両「MSE(50000系)」は、東京メトロ千代田線にもJR御殿場線にも箱根登山鉄道にも乗り入れる、行動範囲の広いナイスガイだ

列車が発車した。

実際はとひた走るのだが、脳内なので一瞬で御殿場駅に到着。(笑)

ホームに降りると、今日もドッカンドッカンと戦車が大砲を撃つ音が聞こえて来る。
もはやこれは名物と化しているので、気にしないでおこう。

アウトレットモール行きのバスに乗り込んで、サックリと移動。
これも脳内なので一瞬だ

そして、モール内のおしゃれなお店に入って「御殿場の地ビールをくださぁ~~~~い」と注文すると、「では、こちらが宜しいかと」と持って来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1006
御殿場なのにドイツぅぅぅぅ~~~~~~っ

いかにもドイツ・バイエルンなビールがやって来た。

…これは期待出来るぞ 

側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1007
ごくふつぅぅぅぅ~~~~

ごく一般的な事が書いてあるだけだ。

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1008
いろいろ書いてあるぅぅぅ~~~~~っ

一般的な事が書いてあった。

缶の容量は350mlで、日本では一般的なサイズだ。
アルコール度数は6%で、これは日本国内のビールでは高めのほうだ。
製造者も、ちゃんと御殿場だね。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

おっ、色の割には飲みやすい~~~~~

色が紅茶くらい濃いので、味も濃いめかな~と思っていたけど、ほのかな香りで口当たりが良い。
苦味も少ないが、後からじんわ~りとやって来る。

これはゆっくり飲むタイプだねぇ~

やはり、ドイツ系のビールなので、こんな料理が似合うかと。
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1009
ぽてぇぃとぉぉぉぉぉ~~~~~ぅ

ドイツ定番の「ジャーマンポテト」や「ヴルスト(ソーセージ)」等がお勧めね

…さて、日も暮れて来たし、帰るとしますか。

そのまま帰ってもMOTTAI-NAIので、目の前に見える、静岡県と神奈川県の県境にある「三国峠(みくにとうげ)」の展望台(地図の)に行ってみた。
脳内なので、リッチにタクシーを使ったぢょん 

ちょうど日没の瞬間だったので、慌てて撮影。
(画像をクリックすると拡大するよん)
御殿場のビール「MÄRZEN(メルツェン)」2021初夏-1010
(2016年11月撮影)
ないすびゅーーーーーーーん

絶景が撮れたぞ 

右は富士山(地図の)で、その右下の裾野部分が御殿場の町(地図の)だよん。
立っている場所が県境で、背中側は箱根の「芦ノ湖(あしのこ)」がある。
左が沼津・伊豆方面ね。

ここまで来たなら、箱根で温泉に入って小田急線のロマンスカーで帰ろっと

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンを打ってもらうまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…近場を旅してみますかいのぉ~。(笑)

つづき「静岡・沼津のビール・有機農法 Fuji Beer 2021夏」はこちらーっ!

| | コメント (2)

2021年5月17日 (月)

グルメ日記 ~「横浜のビール・YOKOHAMA LAGER」2021春~

前回「サントリー・プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020・2021春」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、気温で言えば初夏だよね。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね 

せっかくの休日も、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の終わりが見えない状況では気軽に出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第34回目は日本に帰国して、東京のお隣の港町「横浜(よこはま)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1001
シックな色合いぃぃぃ~~~~~っ

紺色のボディに白の文字が目立つ、神奈川県横浜市の地ビール「YOKOHAMA LAGER(横浜ラガー)」だ。
製造会社は「横浜ビール」と言うようだ。

種類は「インディア・ペール・ラガー」と、英語で書かれている。
インディア・ペール・エール(IPA)」等、インディア系は大抵強い苦みがあるのが特徴。

さて、苦み走った港町「ヨコハマ」は、どこにあるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1002
(2021年のグーグルマップより)
の位置だよん

…横浜(中華街・山下公園周辺)
…東京駅

…まぁ、かなりの数の日本人は知っているので、説明する必要は無いよね。

東京(とうきょう)」駅からは電車で30分ほど。
ちょうど、大阪~神戸間とそっくりな配置になっている。
(偶然にしてはそっくり過ぎるんだよね…

では、出掛けよう

…と言っても、多くの人が仕事でも普通に通う距離なので、あまり「旅行」という感じはしない。
なので、普段着でぺろりんちょ~~~と、脳内電車で移動。

東急東横線で移動したので、こんな所に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1003
(2015年5月撮影)
歓迎光臨~~~~~~っ

いきなり中華街だぜ…

中華街は、横浜高速鉄道みなとみらい線の「元町・中華街(もとまち・ちゅうかがい)」駅がすぐ近くにある。
昔は東横線の終点「桜木町(さくらぎちょう)」駅からテコテコ歩いたもんだけど(東横線+徒歩だけで移動すると超安い)、みなとみらい線が開通してからは、すぅ~~~っかり直通で最寄り駅に直行よ 

一通り中華街を楽しんだ後は、日も暮れたのでお約束の「横浜デートコース」を歩いてみますか
(脳内おひとり様だけど)

まずは、すぐ近くにある「山下公園(やましたこうえん)」に移動。
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1004
(2007年5月撮影)
う~~~~ん、ヨ・コ・ハ・マ

やっぱりこの景色だよね

正面の光輝いているエリアが「みなとみらい」地区で、左の巨大なビルが「ランドマークタワー」。
ランドマークタワーの左下辺りにJRの桜木町駅がある。
そこまでテコテコ歩くのが、お約束のデートコース。

この場所から後ろに振り向くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1005
(2007年5月撮影)
豪華な船旅ぃぃぃぃぃ~~~~~っ

氷川丸(ひかわまる)」だ。
アメリカのシアトルへの航路用に建造した貨客船だけど、今はもう動かずに、ずっとここで博物館として展示されている。

岸壁沿いにみなとみらい方面に歩いて行くと、お洒落な建物が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1006
(2007年5月撮影)
大人の世界ぃぃぃぃぃぃ~~~~っ

昔は港の作業員達の詰所だったと思うんだけど(確か当時の写真を持っているはず…)、再開発時にきれいに直されてお店としてオープンした。

ここのお店は時々入れ替わっているようで、バーだったり雑貨屋だったり…
…賃料が高いのかな

さらに進むと、お約束の広場にやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1007
(2007年5月撮影)
やっぱ夜はここでしょーーーーーーーっ

泣く子も黙る「赤レンガ倉庫」だ。(笑)

昼と夜では雰囲気ががらりと変わって、大人な雰囲気が全開となる。

昔はここに貨物線の線路がびっしり敷かれていて、当時のドラマ等にもよく出て来た。
1989年の「横浜博覧会(YES'89)」の時は、期間限定でこの貨物線にシャトル列車が走っていて、一度だけ乗った事がある。
その後、線路が撤去され、広場として整備された。

…さて、ここで飲むかいな

どの店も結構混んでいるので、比較的空いているお店を選んでご入店~~~~

席に着いて「横浜らしいビールをくださぁ~~~~い」と注文したら、すぐに持って来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1008
シヴイ色合い~~~~~~っ

何とな~く、最近の相模鉄道(相鉄)のような色合い。(笑)

余談だけど、横浜市のイメージカラーはなのだ。
JRの鉄橋等が青く塗られているよん。

裏面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1009
ハイカラぁぁぁぁぁ~~~~~っ

幕末~明治の、横浜開港時の様子を描いた絵が元だね。
(左の側面下部に「横浜開港資料館所蔵」の絵と書かれている)

上半分には英文で説明文が書かれている。
横浜で最高のビール会社だ」とまで謳っているので、相当の自信があるようだ

表裏を並べて撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1010
やっぱシヴいぃぃぃぃぃ~~~~っ

…やはり、シックな路線を狙っているようで。

側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1011
ごくふつぅぅぅぅ~~~~

ごく一般的な事が書いてあるだけだ。

…が、「ヨコハマには横浜のビールがある」という、一見難解な文章が1行。
ヨコハマ」と「横浜」の解釈はご自身で考えてね

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜のビール「YOKOHAMA LAGER」2021春-1012
いっぱい書いてあるぅぅぅ~~~~~っ

一般的な事が、びっしりと書いてあった。

缶の容量は350mlで、日本では一般的なサイズだ。
アルコール度数は5%で、これも日本国内のビールでは一般的。

販売者も製造者も、ちゃんと横浜のようだ。
(横浜市の市内局番は045なので)

左には「柑橘を思わせるホップの強めの苦みと香り グイグイ飲みたくなる「旨苦さ」 ヨコハマスタイルのラガーここにあり」と書かれている。

自信が溢れまくっているのが判る(笑)

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

おっ、意外と飲みやすい~~~~~

インディア~」系だけあって初めは少し苦いが、コクがあって飲みやすい。
後味もすっきりしている。
色は少し濃いめだね。

これはゆっくり飲むタイプだねぇ~

グイグイ飲みたくなる」のも解るけど、ちょいとMOTTAI-NAI!か…な

やはり、コンセプト通りに、洋食に合う味ではないかと。

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンを打ってもらうまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…ちょいと足を延ばしてみますかいのぉ~。(笑)

(つづき「」はこちらーっ!)

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

グルメ日記 ~「サントリー・プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020」2021春~

前回「チェコのビール・ピルスナーウルケル2021春」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、花粉の飛散量がピークに達していて、電車の中で鼻水をすすっている人が多い季節になったよね。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね 

せっかくの休日も、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の延長のせいで出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第33回目は前回と同じチェコ共和国の、小さな田舎町「ジャテツ(Žatec:ザーツ)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
サントリーのビール「プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020」2021春-1001
爽やかな色合いぃぃぃ~~~~~っ

メタリックブルーに白と金と黄緑色という爽やかな色合いが特徴の、サントリー「プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020」だ。
2種類あって、右は「<香る>エール」と書かれている。
エール」は原料の種類や製造法の1つ。
比較的苦味があるのが特徴。

缶には「チェコ・ザーツ産」と書かれている。
ザーツ」はチェコ語では「ジャテツ」と言い、一般的にはそちらが使われているので、オラも「ジャテツ」で進めていく。

ジャテツは、世界的に有名な「ビールとホップの町」だそうで。
ビール好きには堪らない町だ 

そんな夢の町、ジャテツはどこかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サントリーのビール「プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020」2021春-1002
(2020年のグーグルマップより)
の位置だよん

欧州全体で見ると、ちょうど中央部にある。

東京(地図の)よりもかなり北にあるが、暖流が流れているので、冬でも北海道より北(オホーツク)ほど寒くない。

チェコは、1992年末まで「チェコスロバキア」と言う国名だったので、そっちで覚えている人も多いのでは
(ソ連の共産主義支配が崩壊した後、1993年元日チェコ共和国スロバキア共和国に分離)

チェコ国内をアップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サントリーのビール「プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020」2021春-1003
(2021年のグーグルマップより)
北西の端っこぉぉぉぉ~~~~ぅ

…ジャテツ
…プラハ(首都)
…プルゼニ

前回の「プルゼニ(Plzeň)」からは、北に少し行った所にある。
ジャテツは市だけど、日本の感覚からしたら、規模はかなり小さい。

では、出掛けよう

前回、プルゼニで楽しんだ後に日本へ帰ろうと思ったら、「お~いアンタ、日本人だろ」と声を掛けられた。
そうだよ」と答えると「日本人だったらジャテツにも行かなきゃ」と、半ば強引に勧められた。

…んそれならば行ってみますかいのぉ~

地図を見ると近いので、移動も楽そうだ。

直通バス(約2時間)があるらしいけど、オラは「鉄ちゃん」なので、敢えてローカル線の旅を楽しむ事に。
まぁ、脳内なのでいずれにしても一瞬で着くが。(笑)

とりあえず、ジャテツの街の北のはずれにある小さな駅に到着ぅ~~~

…と言っても、オラ、東欧は行った事が無いので、街並みが全く判らん。

グーグルストリートビューで見ると、ドイツの田舎町と大きく変わらないようなので、そんなイメージで行こう。

町の規模は小さいので、とにかく良さげなバーを見つけたら入ってみる事に。
…まぁ、「ビールとホップの町」だから、酒場には困らないだろうけど

お店に入って席に着いて「この町のビールをくださぁ~~~~い」と注文したら、すぐに「はいよぉ~おっ日本人かい」と言って、ビールを2種類持って来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サントリーのビール「プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020」2021春-1004
ニッポン人ナラ、コレヲ飲メーーーーーッ[ ● ]

あれ見慣れたサントリーの「プレミアムモルツ(The PREMIUM MALT'S)」だ。

…いやいや、チェコまで来てプレモルは無いっしょ。

陽気な店員さんに「良く見てみぃ~」と言われたので、缶をよく見ると…

CZECH ザーツ産 HOPS」に「限定出荷」と書かれている。

…そっか、地ビールなのね

ならば良し。(笑)

ちなみに、左の濃い青色のが一般的なプレミアムモルツで、右の薄い青色のがエールのプレミアムモルツだ。
一般商品でも、この2種類がある。(値段も一緒)

裏面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サントリーのビール「プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020」2021春-1005
ほぅほぅ

こちらには「チェコ・ザーツ産”初摘みホップ”をいち早く空輸し、特別に仕込んだこの時期だけのプレモルです」と書かれている。

調べてみると、日本のビールはジャテツ(ザーツ)産のホップがたくさん使われているそうで。
なので、サントリーはジャテツ市長に「ジャテツを日本で有名にしてくれた」との事で表彰されたという記事もあった。

…何か、急に貴重な感じが。

だから「プレミアム」なのか。(笑)

側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サントリーのビール「プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020」2021春-1006
ごくふつぅぅぅぅ~~~~

ごく一般的な事が書いてあるだけだ。

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サントリーのビール「プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020」2021春-1007
いっぱい書いてあるぅぅぅ~~~~~っ

一般的な事が、びっしりと書いてあった。

缶の容量は350mlで、日本では一般的なサイズだ。
アルコール度数は、左の一般版が5.5%で右のエールが6%で、日本国内のビールではやや高め。

製造法が違うので、カロリー等の数値も微妙に異なっている。

左には「溢れだす華やかな香りと深いコクをお楽しみください」、右には「フルーティーで豊かな味わいのエールビールです」と書かれている。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

香りちゃぁぁぁぁ~~~~ん

左の一般版は、香りが良く、初めはさっぱりしていて飲みやすく、少しすると苦みが広がる。
コクがあって、とても美味しい。

右のエールは、一般版とは違った香りが良く、初めはフルーティーで飲みやすく、すぐに軽い苦みが広がる。
こちらも、コクがあってとても美味しい。

どんな料理にも合うよね

チェコの名物料理は食べた事が無いから、この組み合わせもいつか実現させたい…

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンと薬が流通されるまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…また日本に帰りますかいのぉ~。(笑)

つづき「横浜のビール・YOKOHAMA LAGER・2021春」はこちらーっ!

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

グルメ日記 ~「チェコのビール・ピルスナーウルケル」2021春~

前回「ドイツのビール・ダルグナー・ヴァイツェン2021春」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、花粉の飛散量がピークに達していて、電車の中で鼻水をすすっている人が多い季節になったよね。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね 

せっかくの休日も、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の延長のせいで出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第32回目も海外へ出て、ヨーロッパのチェコ共和国西部の「プルゼニ(Plzeň)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1001
大人の色合いぃぃぃ~~~~~っ

メタリックグリーンに白と金と赤の色というシックな色合いが特徴の、「ピルスナーウルケル(Pilsner Urquell)」だ。
欧州の王家のような、高級感あふれるデザインだ
(え~っルーレット台の色ぉ~??

ピルスナー」は原料の種類や製造法の1つ。
軽めの味で、比較的飲みやすいのが特徴。

そんな、シックなデザインのビールを造っている街、プルゼニはどこかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1002
(2020年のグーグルマップより)
の位置だよん

欧州全体で見ると、ちょうど中央部にある。

東京(地図の)よりもかなり北にあるが、暖流が流れているので、冬でも北海道より北(オホーツク)ほど寒くない。

チェコは、1992年末まで「チェコスロバキア」と言う国名だったので、そっちで覚えている人も多いのでは
(ソ連の共産主義支配が崩壊した後、1993年元日チェコ共和国スロバキア共和国に分離)

チェコ国内をアップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1003
(2021年のグーグルマップより)
西の端っこぉぉぉぉ~~~~ぅ

…プルゼニ
…シュヴェーリン(旧東ドイツの小さな町)
…ベルリン(ドイツの首都)
…ニュルンベルク(ドイツの鉄道の町)

チェコの首都は「プラハ(Praha)」で、1000年以上も栄えている古くて美しい都。
そこから少し西へ行った所にあるのが、ボヘミア地方にあるプルゼニだ。
ドイツ国境に近いので、第2次世界大戦中はナチスドイツに占領されたりもした。

では、出掛けよう

前回は、ドイツ北東部の「シュヴェーリン(Schwerin)」(地図の)にいたので、そのまま列車で移動しよう

まずは、脳内列車に乗って「ベルリン(Berlin)」(地図の)に行く。
そして、乗り換えて国際特急列車で一路プラハへ

…とは行かずに。

オラ、一応「鉄ちゃん(飲み鉄)」なので、ドイツにいるからには一応「鉄道博物館」なんて~な場所に行ってみたい訳で 

なので、まずは特急列車(IC:インターシティ)に乗って、バイエルン州第2の都市「ニュルンベルク(Nürnberg)」(地図の)へ

脳内なので、一瞬で着いたぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1004
(1991年10月撮影)
いい天気ぃぃぃぃぃぃ~~~~

どうだい、このオラの満面の笑み
(モザイク掛けているけどね(笑))

今なら新幹線(ICE)で来れるけど、オラは機関車の牽く客車列車(IC)が好きなのだ

ちなみに、駅名板の「Nürnberg Hbf」は「ニュルンベルク中央駅」という意味。
「Hbf」は「Hauptbahnhof(ハオプトバーンホフ)」の略。
(「Haupt」=中央、「bahn」=鉄道・車専用の道路、「hof」=中庭のあるほど大きな建物・館)

さて、駅で荷物をコインロッカーに預け、駅の目の前にある鉄道博物館

中に入ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1005
(1991年10月撮影)
おぉ、いぇい

海外の鉄道好きには堪らない、ドイツの名車達の模型や実物がたくさん展示されていた。

わくわく、どきどき

中には、こんな珍車もいた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1006
(1991年10月撮影)
はーけんくろいつぅぅぅぅぅーーーーーっ

第2次世界大戦頃の、ナチスドイツ時代の機関車だ。
正面にナチスの飾りが…。

戦後のドイツでは、ナチス(ヒトラー)に関する紋章やロゴや仕草は法律で使用禁止されているが、この博物館の車両は「歴史を正しく伝える」という意味で展示されている。
鉄道模型でナチス時代の車両が発売される時は、鍵十字「(の左右反転した物ね)」は「」等のようにデフォルメされて表現されている。

余談だが、漢字の「(まんじ)」は、ナチスドイツよりもはるか昔に東洋で出来た文字なので、ナチスとは一切関係ない。

さて、博物館も見学出来たので、お次は名物で胃袋を満たそう

博物館の近くに商店街があるので、そこをテコテコ歩いていると…

おっ、美味しそうな屋台をハッケーーーーーーーン

漫画に出て来そうな、横に「ぴよん」と伸びた髭のおじさんが、鉄板の上でジュージューと音を立ててヴルスト(ソーセージ)を焼いている。
(これは1991年の実話)

…これは食べなかったら罪でしょ

早速おじさんに「く、く、く、く、くださぁぁぁぁぁ~~~~いっ」と興奮気味にお願いして、焼いてもらった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1007
(2014年6月に香港で撮影)
むふふのふ

これぞ、オラがご幼少の時に隣駅の商店街の肉屋さんで買って食べて衝撃を受けた「ニュルンベルガーヴルスト」だっ

今思うと、何であんな住宅街の商店街の小さな肉屋さんに、こんな本格的なドイツソーセージが売っていたのだろう…
それ以来、すっかり虜になってしまい、これ以外のソーセージは食べなかった記憶が。

それが今、本場中の本場で目に前にあるのだ

皮は厚めで、中の肉は粗挽きで、直火で焼くので……もう味は想像出来るでしょ

皆さんが普段食べている「ソーセージ」とは、全く違う絶品よ

最近は、日本で売っているのを見掛けないので悲しい…
(一度「ニュルンベルガー」と書かれたソーセージをわくわくしながら買ったが、全くの別物だった…

すぐそばで売っているビールも買って、ベンチに座ってドイツ満喫タイム

あ~~~~、し・あ・わ・せ

ドイツはオラをダメにする国だ。(笑)

よしっ眼も胃も満たされたぞ

では、チェコに移動しよう。

目の前の駅に移動して、プラハ方面の国際列車に乗って移動。

昔は社会主義国だったので日本人は行く事が出来なかったが、今では同じEU圏内なので楽勝で移動出来る。
しかも、脳内なので一瞬だ

プルゼニの町に着いたよぉ~~~~ん

駅前に出るも、今まで来た事が無い国なので、全く勝手が判らん。

なので、駅前の良さげなバーに入ってみる事にした。

お店に入って席に着いて「この町の有名なビールをくださぁ~~~~い」と注文したら、すぐに「はぁ~~~い」と言って持って来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1008
おぉ由緒ありげっ

すでに「1842」と書かれているので、由緒があるのは間違いない。

PLZEŇ ,CZECH(プルゼニ,チェコ)」とも書かれているので、間違いなく地ビールだ。

裏面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1009
なるほどっ

プルゼニ」は、ドイツ語だと「ピルゼン(Pilsen)」となって、「ピルゼンの(Pilsner)」で「ピルスナー」と呼ばれるようになったのね。
そして、「Pilsner Urquell(ピルスナーウルケル)」は、ドイツ語で「元祖ピルスナー」という意味になるそうで。

これが「ピルスナービール」の元祖かぁ~~~

THE ORIGINAL PILSNER」は、本当にそういう意味だったのね。

…何か、急にありがたみを感じる。(笑)

表裏を並べてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1010
ありがたや

シックな色合いもあって、歴史的な「重み」を感じるようになってきたぞ

側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1011
ごくふつぅぅぅぅ~~~~

ごく一般的な事が書いてあるだけだ。

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
チェコのビール「ピルスナーウルケル」2021春-1012
まぁまぁ一般的ぃぃぃぃ~~~~~っ

一般的な事が、まとめて大きな字で書いてあった。

缶の容量は330mlで、日本ではやや小さめの、欧米では一般的なサイズだ。
アルコール度数は4.4%で、日本国内のビールと比べるとやや軽め。

ちなみに、チェコのピルスナーウルケルの会社は、2017年3月に日本のアサヒビールが買収したそうだ。
なので、輸入業者がアサヒビールなのね。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

う~~~~ん、さっぱりぃぃぃぃ~~~~っ

初めは飲みやすく、すぐに軽い苦みが広がる。
後味は苦みが残るけど、全体的にさっぱりしていて飲みやすい。

どんな料理にも合いそう

チェコの名物料理は食べた事が無いから、この組み合わせはいつか実現させたい…

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンと薬が流通されるまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…もうちょいチェコを旅してみますかのぉ~。(笑)

つづき「サントリー・プレミアムモルツ・チェコ・ザーツ産摘みたてホップ初摘み2020・2021春」はこちらーっ!

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

グルメ日記 ~「ドイツのビール・ダルグナー・ヴァイツェン」2021春~

前回「サッポロ・開拓使麦酒仕立て2021新春」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、花粉が飛んでいて、鼻水が出たり目がかゆい季節になったよね。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね 

せっかくの休日も、新型コロナウイルスの緊急事態宣言のせいで出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第31回目は海外へ出て、ヨーロッパのドイツ北東部の「シュヴェーリン(Schwerin)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1001
いかにもドイチュぅぅぅぅ~~~~~

オレンジとクリームの淡い色の組み合わせが特徴の、「ダルグナー・ヴァイツェン(Darduner Weissbier)」だ。
欧州の建物っぽい色にドイツ独特の書体が、「いかにもドイツ」感を醸し出している

ヴァイツェン」は原料の種類や製造法の1つ。
簡単に言うと、「小麦がメインの白ビール」だ。

そんな、かわいいデザインのビールを造っている街、シュヴェーリンはどこかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1002
(2020年のグーグルマップより)
の位置だよん

欧州全体で見ると、ちょうど中央部にある。

東京(地図の)よりもかなり北にあるが、暖流が流れているので、冬でも北海道より北(オホーツク)ほど寒くない。

ドイツ国内をアップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1003
(2021年のグーグルマップより)
北の端っこぉぉぉぉ~~~~ぅ

…ベルリン(首都)
…シュヴェーリン(メクレンブルク・フォアポンメルン州の州都)
…プットガルテン(デンマークとの航送直通列車の玄関口)

ドイツ国内では北東部にあたり、第2次世界大戦後は共産国の「東ドイツ」だったエリアにある。
東西ドイツが統一された1990年までは、日本人はそう簡単には行く事の出来ない町だった。

このシュヴェーリンの町は「メクレンブルク・フォアポンメルン州(Mecklenburg-Vorpommern)」の州都で、ネットで画像検索すると、大小の湖に囲まれたとても美しい街並みが見られる。

地図のの少し左にある「ハンブルク(Hamburg)」は大きな都市で、資本主義の旧「西ドイツ」のエリアにあったので大いに栄えた。
少ししか離れていないけど、「西ドイツ」と「東ドイツ」という歴史の過程により、発展度合いはまるで異なっている。

首都の「ベルリン(Berlin)」(地図の)は、街の中に西ドイツと東ドイツの管轄地があったので、とても複雑な構造になっていた。
ベルリンの壁」は、その最たる産物だ。

では、出掛けよう

まずは、脳内で「成田空港(なりたくうこう)」に行く。
そして、ひこーきに乗って一路ベルリンへ

脳内なので、一瞬で着く。(笑)

ベルリンの空港から街中へ移動。

まずは、超有名なここに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1004
(1996年7月撮影)
ブランデンでんねん

ベルリンの顔」とも言える、「ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)」だ。

かつては、ベルリンにとっての凱旋門の意味もあり、色々な歴史を見てきた門だ。

ちなみに、当時のオラが立っている場所が、あの「ベルリンの壁」があった場所で、オラの手前側が旧西ベルリン。
壁があった場所には、その印が道路にず~っと埋め込まれていた。
この場所の印は車道上にあるために直接見ることが出来ないけど、少し移動すれば歩道上にも印がある。

この当時、わずか6年前までは絶対に入る事が出来ない場所だったので(射殺されても不思議ではなかった)、この位置から旧東側の門へ歩いて越えた時はドッキドキだったよ 
1996年当時のベルリンの様子を書いた鉄道旅日記はこちらをクリック

今は平和だし、今回は脳内なので勝手気ままに歩きまくろう(笑)

ソーセージとビールでお腹も満たされてベルリンも満喫出来たので、列車でシュヴェーリンへ行こう。

ドイツ北部と北欧方面に行く列車のターミナル駅へ移動。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1005
(1996年7月撮影)
りひてぇーーーーーーーーーん

ベルリン・リヒテンベルク(Berlin-Lichtenberg)」駅だ。

後ろに見えている、旧東ドイツ製の客車(しかも1等車)に乗ろう

今なら、おしゃれで快適な新幹線(ICE)や赤い特急列車が走っているけど、オラはこの旧型客車で行くのだ

ちなみに、客車の外観はこんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1006
(1996年7月撮影)
えのでーーーーーーーん

色的には江ノ電にそっくりなんだけど、どちらが先なのか

余談だけど、この写真は地図のの「プットガルテン(Puttgarden)」駅で撮影したもの。

この奥は港になっていて、ここから列車をフェリーに載せて対岸のデンマークへと航送する。
通称「渡り鳥コース」と呼ばれ、鉄道好きの間では有名な路線だ

列車は、森の中の単線をかなりの高速で走り、「シュヴェーリン中央(Schwerin Hbf.)」駅に到着ぅ~

オラ、この駅は実際に写真の列車に乗って通過したことがある。
(コペンハーゲン発ベルリン行きの列車は、多分通過しているようだ(笑))
でも、下車はしなかったので、街中の写真は似たような場所のでごまかすでぇ~

駅舎を出て、街中へ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1007
(1991年10月撮影)
う~~~~ん、良い感じぃ~~~

これはドイツ南部の「ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)」で撮影したものだけど、雰囲気は似ているので上手く脳内で変換してね(笑)

さぁ、もう我慢が出来ないっ

ドイツは、日本で言う「キリン・一番搾り」「サッポロ・黒ラベル」「アサヒ・スーパードライ」等の全国的に統一されたブランドのビールはほとんど売られていなく、各地ごとに地ビールがある状態。
なので、まずは移動したらすぐにその土地の地ビールを楽しまねばMOTTAI-NAI!!

なので、地元の人で賑わっているビアホールへご入店~~~~~

案内された席に着いて、店員さんに「みんなが飲んでいるビールをっ」と注文してみた。

すると「Ja~(ヤー:は~いの意味)」と言って、すぐに持って来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1008
…ほぅほぅ

淡い色合いの、かわいいデザインだね

WEISSBIER(ヴァイスビーア)」と書かれているから、「WEISS(WEIß:小麦)」な「BIER(ビール)」だね。
…という事は、白ビールだ。

中央上部のロゴには「Aus Dem Herzen Von Mecklenburg-Vorpommern」と書かれていて、意味は「メクレンブルク・フォアポンメルン州の中心部から」となる。
日本的に言い換えると「●●県の▲▲市(県庁所在地)から」という感じだね

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1009
色々書いてあるぅぅぅ~~~~~っ

一般的な事が、まとめてビッシリと書いてあった。

一番下には「中身の2/3をグラスに注ぎ、残り1/3は缶を優しく振り底に溜まった酵母をよく混ぜてから、グラスに注いでお召し上がりください」と書かれている。

…そう、これが酵母入りのビールの美味しい飲み方なのだ

日本酒のにごり酒と同じ飲み方ッス

缶の容量は330mlで、日本ではやや小さめの、欧米では一般的なサイズだ。
アルコール度数は4.5~5.5%で、日本国内のビールと大体同じ。

では、飲んでみよう

今回はキンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす
(本当は、ドイツではビールは冷さないのが一般的なんだけどね

ごくごく。

フルーティーで美味ぁぁぁ~~~~いっ

小麦のビールなので苦味はほとんどなく、味もフルーティーで飲みやすい。
色はジャスミンティーくらいに薄く、酵母入りなので少し濁っている。
味は、日本国内でも売られている「ヒューガルデン(Hoegaarden)」(第9回目)に近いかなぁ~。

これは、ガンガン飲めるけど、MOTTAI-NAIからゆっくり飲みたいね

一緒に注文した料理もやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ドイツのビール「ダルグナー・ヴァイツェン」2021春-1010
(2018年3月に香港で撮影)
芋とヴルストとビールはドイツの至宝ぉぉぉーーーーう

完璧な組み合わせだ

ドイツ料理の全てが収まっている」と言っても過言ではない。

ソーセージ(ドイツでは「ヴルスト」と言う)とザワークラウト(酢漬けのキャベツ)とじゃが芋は、ドイツでは基本中の基本。
…と言うか、それ以外にあまり無い。(笑)

写真のビールは別の銘柄だけど、色は大体同じなので、これで想像してね

小麦の白ビールはじゃが芋料理にとても合うので、お勧めよん

やっぱりドイツ料理は、ビール好きには定番の美味しさだね

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンと薬が流通されるまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…ドイツの近くの国でも行ってみますかのぉ~。(笑)

つづき「チェコのビール・ピルスナーウルケル2021春」はこちらーっ!

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

グルメ日記 ~「サッポロ・開拓使麦酒仕立て」2021新春~

前回「岩手のビール・キリン一番搾り・とれたてホップ2020年収穫・2021新春」からのつづきーっ!
第1回目はこちら)(第10回目はこちら)(第20回目はこちら

…もう、花粉が飛ぶ季節になったよね。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね

せっかくの休日も、新型コロナウイルスの緊急事態宣言のせいで出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第30回目は岩手県を巡った後に乗り換えで立ち寄った、東北地方の親分「仙台(せんだい)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1001
レトロぉぉぉぉ~~~~~ぅ

赤いメタリックな色合い特徴の、サッポロ「開拓使麦酒仕立て」だ。
限定で店頭に並んだもので、発売直前にちょいと世間を騒がせた物だ。(後述)

さて、今はどこにいるかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1002
(2020年のグーグルマップより)
の位置だよん

本州の北部、宮城県にある東北地方の親分的都市の「仙台」だ。

今まで岩手県内を巡って来て、新幹線に乗り換えるために仙台駅へ立ち寄った次第。

その岩手県内をアップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1003
(2021年のグーグルマップより)
いろいろ行ったぁぁぁ~~~~

…ほっとゆだ駅(西和賀町)
…いわて沼宮内駅(岩手町)
…遠野駅(遠野市)
…仙台駅(宮城県仙台市)

ちょうど十字架のような形をしたルートの中心にある、「北上(きたかみ)」や「花巻(はなまき)」をベースに、ちょこまかと脳内列車で移動した。
(脳内なので移動は面倒臭くない。(笑))

では、出掛けよう

…と言っても、前回も脳内の仙台駅にいたので、そのまま新幹線ホームに移動するだけだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1004
(2014年11月撮影)
帰宅ラッシュぅぅぅぅ~~~~

ちょうど帰宅時間になっていたけど、東京に比べたらガラガラよ(笑)
在来線ホームの階段を上がってコンコースに出ると、「あいやちょいと待たれぇぇぇぇ~~~~いっ」と声がして呼び止められた。

…何だべな

おっお前かっ

仙台在住の仲間で、帰宅途中に偶然オラを発見したので驚いて呼び止めたらしい。

お元気久しぶりよのぉ~~~

色々話しをした後、ファミリーマートに行って「新幹線の中でこれを飲めぇぇぇぇ~~~~い」と、缶ビールとおつまみを手渡された。

…仕方無ぇ~なぁ~~~(笑)

ぢゃぁ、これを飲みながら帰るよ。
サプライズなプレゼント、ありがとね

バイバイキ~~~~ン

…ふう、楽しかった

新幹線ホームに立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1005
(2014年11月撮影)
わくわく

東北新幹線の最速列車「はやぶさ」だ。

仙台駅を出ると、次の停車駅は埼玉県の「大宮(おおみや)」で、福島県と栃木県は完全に無視される。(笑)
東京~仙台間は東京~名古屋間と同じくらいの距離なので、東海道新幹線の「のぞみ」と似たような停車駅数と駅間距離だ。

はやぶさ:東京~上野~大宮~仙台
のぞみ:東京~品川~新横浜~名古屋

車内に入って、指定された席に着く。

そして、プレゼントされたビールを改めてゆっくりと眺める。

まずは正面のデザインをば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1006
かいたくしぃぃぃぃぃ~~~~~っ

普通のサッポロビールの発泡酒かと思いきや、「開拓使麦酒仕立て」と書いてあるではないか。
しかも、「麦芽100%生ビール」「明治9年から続く伝統製法」とも。

へぇ~、サッポロの赤い缶ビールなんて珍しいね。
コンビニの「ファミリーマート」との共同開発商品だそうな。

裏側のデザインは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1007
解説ガァ~~~~~ル

解説が書いてあった。

サッポロ」で「開拓使」だったら、これって「北海道」のビールだよね
何で仙台で手渡されたの???

解説には「本製品は札幌開拓使麦酒醸造所で製造しているビールをモチーフに」と書かれている。

モチーフ」って~事は、オリジナルの味ではないのね。

とりあえず、表裏を並べてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1008
赤くてレトロぉぉぉぉ~~~~ぅ

左上の「限定醸造」の青い部分以外は全て暖色系でデザインされている。

中央のイラストの建物って、札幌市内にあるサッポロビールの工場だよね

昔撮った写真と比べてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1009
(2007年3月撮影)
おぉ、やっぱり

この位置の右斜めから見ると、缶と同じ構図になるね。

少し右からのアングルで、アップで撮ったものがあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1010
(2007年3月撮影)
良いねぇ~~~~

このビール、やっぱり「北海道」のイメージだなや。

…あっ思い出したっ

この缶ビールって、発売直前に世間で騒がれたヤツ
そうか、これだったんだ。

何が騒がれたかと言うと、発売直前になって缶の表記文字に誤字があることが判明したので、サッポロから「全品回収する」という発表があった。
中身の味や品質には「全く問題がない」との事。
ビールの場合、「全品回収する」という事は「全て廃棄する」という意味でもあるので、世間が「食品ロス問題につながるもったいない!!」と騒ぎ出した。

その「誤字」とは何かと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1011
ちっこい一文字ぃぃぃぃ~~~~っ

イラストの左側に小さく書かれた英語の「ラガー」のスペルが「LAGER」ではなくて「LAGAR」になっているだけ。(緑の矢印部分ね)
複数人でデザインのチェックをしていたにもかかわらず、誰も発見出来なかったらしい。

英語はデザイン上のただの飾り」としか思っていない人が多かったのだろう。
コロナウイルスの問題はあれ、オリンピックや観光で外国人客を大勢呼び込もうとしているご時世なのにね。

たったこの小さな「A」の文字1つのせいで全品廃棄されるのを考えたら…

そりゃ、世間は騒ぐよね。

急遽サッポロ内で再検討され「政府にも確認した結果、法律上にも問題が無いので、このまま販売します」というめでたい結果に落ち着いた。
このビールを開発して一生懸命作ったマイスター達の苦労を、無駄にしてはいけない。

…こんな誤字なんて、海外のニセモノにはいくらでもあるよ(笑)

次に、側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1012
ごくふつぅぅぅぅ~~~~

…と思いきや、意外な一文が書いてあった。

「本製品は、サッポロビール仙台工場で製造しています」

だからかぁ~~~~~

仙台でプレゼントされた意味が、やっと解った。(笑)

つまり、「開拓使」と言う名の「仙台の地ビール」なのね

裏側は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1013
こちらはごくふつぅぅぅぅ~~~~

缶の容量は500mlで、日本ではごく一般的。
アルコール度数は6%で、これは国内のビールではやや高め。
しかも、100ml当たりのエネルギーが51Kcalと、ビールの中では高いほうだ。
お腹周りが気になる人は、ちょいと気にかけてね

列車が動き出した。

数分もすると、車内は落ち着いた雰囲気に…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1014
(2014年11月撮影)
まったり

…そろそろ「居酒屋はやぶさ」を開店しても良い頃だね(笑)

座席のテーブルに、缶ビールとおつまみを並べる。

では、飲んでみよう

今回はキンキンに冷やした陶器のジョッキが用意出来ないので、そのままいっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

美味ぁぁぁぁぁ~~~~~~~~いっ

コクが非常にあって美味しく、苦みは少なめで後味すっきり。
色も濃く、レモンティーくらいはあるかな…。

これは、ガンガン飲んでも、ゆっくり飲んでも良いね

でも限定品だから、大量に買い込んでおく訳にもいかないしなぁ…。
(缶ビールって、味が劣化しちゃうからね)

…ダメだよ、こんな逸品を廃棄しちゃ。

捨てるんだったら、オラがいくらでも飲んであげるよ

これ、美味いよぉ~~~~~

とにかく「コク」の一言に尽きる。

ヤヴェェェ~、ビールが止まらなくなった。

仲間がくれたおつまみも食べてみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1015
(2017年3月撮影)
超絶まいうーーーーーーーーっ

塩釜港で売っている「あぶりやき鰯」だそうな。
絶妙な味付けで、いくらでも食べられる。

両方の味が絶品過ぎるぅぅぅぅ~~~~っ

ビールも鰯も止まらないーーーーーっ
新幹線も停まらないーーーーーーーっ

1人で「うけけけけけ」と盛り上がっていたら、列車はあっという間に終点の「東京(とうきょう)」駅に着いてしまった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロ「開拓使麦酒仕立て」2021新春-1016
(2014年11月撮影)
お客さん、閉店ですよ~~

…あぁ、「居酒屋はやぶさ」、もっと居たかったのになぁ~。

まぁ、脳内旅行だからまた再現しよう…って、両方とも手軽に入手出来ないんだよなぁ…。

ご縁があったらまたお会いしまひょ

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンと薬が流通されるまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…また海外かなぁ~。(笑)

つづき「ドイツのビール・ダルグナー・ヴァイツェン2021春」はこちらーっ!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧