グルメ・クッキング

2019年12月12日 (木)

グルメ日記 ~「鍋ダイエットで大越冬」2019冬~

天高く馬肥ゆる秋」が過ぎ、また「天寒くオラ肥ゆる冬」がやって来た。

秋から冬にかけては、人間の本能上「冬ごもり」対策として食い貯めをする習慣が太古の昔からある。
でも、現代社会では冬でも食料には困らないので、この本能を乗り越えれば簡単にダイエットすることが出来るのだ。
(夏よりも冬のほうが寒いので、体温を上げようとして消費カロリーが大きくなるため)

そこで、秋の味覚をそこそこ楽しんだ後は、ダイエットしながら春まで大越冬するのだ

一般的な方法では面倒臭かったり辛かったりしてすぐダメになってしまうので、オラ的に簡単に楽しく安くお腹いっぱい食べて出来る方法をご紹介しよう

あくまでオラ的に上手くいっている方法なので、体質の違い等で皆さんにも効果があるとは限りません。
無理しないで試してみてね

-----------------------------

寒い冬の定番メニューと言えば「お鍋」や「おでん」や「シチュー」だ。

でも、「シチュー」はカロリー的に論外なので、ここではパス。
おでん」は味にあまり変化が付けられないので、飽きが来るのが早い。
なので、「お鍋」で勝負する。
おでんは「お鍋に飽きた隙間に時々食べる」くらいが良い配分であろう。

そうそう、毎晩鍋だけだと飽きるので、もう1品おかずを用意しよう
オラはお刺身を必ず用意しているッス。

さぁ、お鍋を作ろう

まず、用意するモノは…

・鍋(普通の金属のヤツね)
・鶏肉(ときどき 豚肉)
・白菜(ときどき もやし)
・きのこ類
・ほうれん草(冷凍モノを少々)
・にんじん(刺身のつまなどに付属していたら使う。特に用意しない)

基本はこれだけ。

スープの材料は、

・味覇(ウェイパー)
・ラーメンのスープ(粉でも液体でもOK)
・そばつゆ(まれに鍋用スープ)
・味噌汁(小さいパックのヤツね)
・一味唐辛子

これらを順番に組み合わせていく。
(詳細は後ほど)

締めの炭水化物が無いと死んでまうけん」と言う方は、

・ラーメン
・うどん
・そば
・きりたんぽ

これらのどれかを、少量用意する。
米粒は絶対にNG。白滝で我慢出来たらベストだね

まずは、鶏肉の皮と脂身を取り除いて、適度な大きさに切ってお鍋ちゃんにブッ込む。
そして白菜・きのこ・ほうれん草を入れて、水を適量(800cc前後)入れる。
(ほうれん草は緑色の色付けに使用しているだけ。人参もあるとなお色鮮やかになって食欲UP

水は、1人暮らしでも多いほうが良い。
食後にスープを「余らせる」のが最大のポイント

ここで、スープの味を決めよう。

最初は「味覇(ウェイパー)」等の塩味からスタートする。

これがオラ的「鍋ツアー」の基本中の基本だ

もし、塩味にも飽きてしまったら、そばつゆからスタートしよう。
塩味だと中国ツアー、そばつゆだと日本ツアーが始まる。

スープの味が決まったら、グツグツ煮よう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
鍋ダイエットで大越冬2019冬-1101
ぐつぐつ

お肉にもしっかり火が通ったら、お皿に移して食卓へ…

準備完了
(画像をクリックすると拡大するよん)
鍋ダイエットで大越冬2019冬-1102
美味しそぉ~~~~~う

ビールもしっかり用意して…
(ちゃんとカロリー控えめの「淡麗グリーンラベル」だよっ

では、いっただっきまぁ~~~~~っす

もぐもぐ。

はぁ~、毎晩のシ・ア・ワ・セ

ビールとお鍋と刺身とブラタモリがあれば、オラ、いくらでも冬の夜は過ごせる

具を食べ終えたら、スープは飲まないでそのままに。

もし、ここで炭水化物を摂りたくなったら、上記の麺類を別途茹でて放り込もう。
まぁ、中国ツアーだとラーメンうどんしか合わないけどねぇ~。
(中国国内で「拉麺(ラーメン)」と言うと、日本の乾麺のうどんにそっくりな白い麺が出て来る)

なぜ麺類かというと、「スープを吸わない」からだ。

ここで米粒を入れて雑炊にしてしまうと米粒がスープを吸い取ってしまい、全てのスープを飲んでしまうことになってツアーが続かなくなる。
おまけに、スープの塩分を毎晩大量に摂り続けることにもなるので、内臓にもよろしくない…
なので、麺類で攻めるのだ。
(春雨や葛きりもご注意を

鍋ツアーの最終日には、米粒をブッ込んでもモウマンタイ~(無問題)

ちなみに、秋田名物「きりたんぽ」は米粒だけどギュッと圧縮されているので、鍋に入れて数分ですぐに食べれば崩れないのでOK
煮たら5分もしないうちにグズグズになるのでご注意を。

残ったスープは冷蔵庫に入れて、翌日また使おう。

…さて、翌日。

まずは、冷蔵庫から出した時に表面で固まっている油を、スプーンで丁寧に取り除く。
これをしないと、3日目くらいには油の海となる。

塩味からスタートした場合は、水と醤油ラーメンのスープを追加して、再び新しい具を入れてグツグツ煮よう。
鍋用スープからスタートした場合は、そばつゆを入れる。
そばつゆからスタートの場合は、味噌汁を入れていく。

またまた残ったスープを冷蔵庫に入れて翌日に…

こうすると、出汁がどんどん濃縮されて、味が深くなっていくッス
(たまにアサリ等の貝類を入れると、もっと美味しくなる

醤油ラーメンの後は、味噌ラーメンのスープか味噌汁を入れていく。
(間にとんこつ醤油味の寄り道をしてもGood

翌日は、味噌が濃くなっているので、一味唐辛子を入れて味を変化させよう。
豚肉を使うと、豚汁っぽくなる。
刺身のつまを入れても良いね

ここまで来たらもう終盤なので、「どこでツアーを終わらせるか」が焦点になってくる。

オラ的には韓国の「辛(シン)ラーメン」や「台湾ラーメン」のスープを入れて、帰国前に寄り道する事もよくある。
この「辛うま」状態になったスープにきりたんぽを入れるのが、最近のお気に入り

そばつゆの場合は、味噌に行かずにカレーを入れて「カレーそば(うどん・雑炊)」で締める技もある。

さぁ、これで鍋ツアーが終わったぞ

これで1週間は味の旅行が出来るッス

次のツアーに出掛ける前に、2日間くらいは別のモノを食べよう。

洋食やスーパーの惣菜でも良いし、外食も良し。
たまにはパスタやハンバーグや焼き肉だって食べたいでしょ

-----------------------------

このツアーを繰り返していると食物繊維がタップリ摂れるので、数日もすると体調が良くなってくるッス

皆さんも、スープの味や具材を色々アレンジして、毎晩楽しみながら大越冬してねぇ~~~~
(でも、昼にバカ食いしていたらダイエットにならんでー

ではまたぁ~

| | コメント (6)

2019年10月17日 (木)

グルメ日記 ~「名古屋のみそかつ 矢場とん」2019秋~

2019年10月6日、中京地区の大都会「名古屋」へ遊びに行ってきた。

特攻野郎Bチーム」の「ヒロ」隊員が転職の為に静岡から名古屋へ引っ越したので、「ちょいと名古屋の町での生活のコツを伝授すっぺ~」と出掛けた次第。
その途中に寄った、名古屋めしの代表格「みそかつ」の超有名店「矢場とん(やばとん)」のお話し。

説明がしやすいので、まずは先に地図をご覧いただこう。

今回のお店の「矢場とん」がどこにあるのかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1101
(2019年のグーグルマップより)
だがねぇ~~~~

…名古屋駅
…名古屋城
…テレビ塔
…矢場とん本店
…大須のアーケード商店街

名古屋の繁華街の中心地に本店がある。
支店は付近や駅にもたくさんあるので、観光がてらの食事もしやすい。

まずは、東京から新幹線でぺろ~~~っと「名古屋(なごや)」駅(地図の)に昼前に着いて、ヒロちゃんと合流。
最初に名駅(めいえき:愛知では名古屋駅をこう呼ぶ)での名鉄の乗り方をレクチャーし、改良工事が始まる寸前の「西枇杷島(にしびわじま)」駅を見せた後、「大須観音(おおすかんのん)」までやって来た。
(驚異のお姿をした西枇杷島駅の日記はこちらをクリック

ここにある巨大なアーケード商店街(地図の)を一通り歩き、「さぁ、遅めの昼ごはんにしますかいのぉ~」と店を選んでいたら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1102
どどぉ~~~~~~~ん

横綱級のおブタ様が…

やっぱ、最初はここかいのぉ~~~~。

ここは矢場とんの本店で、2018年7月に入ったことがある。
その時は空いていたのだが、今日は店の外まで行列が…
大抵の休日は行列が出来る。

今日は無理っぽいねぇ…

なので、店の前を素通りして、このすぐ先にある超有名な中華屋「味仙(みせん)」に行くことにした。
味仙は、ニンニクたっぷりでピリ辛の「台湾ラーメン」で全国的に有名だ

矢場とんの前を過ぎると、今まで見た事のない光景が現れた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1103
ブヒッ

…あれ巨大なおブタ様がいらっしゃる。

交差点の三角形の角地をイベントスペースっぽくしてあり、そこにおブタ様が立っていらっしゃったのだ。

昔はこんなスペース無かったよなぁ…

気になったので、帰宅後に以前に撮った写真と見比べてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1104
(2015年1月撮影)
…やっぱりそうだ。

2018年7月に来た時は、まだこの三角の建物があった。

…どうりで、ビル側面のおブタ様が見えやすくなっていた訳だ。

この時はそのまま通り過ぎて、すぐ横にある「味仙」で約20年ぶりの台湾ラーメンを堪能。
寿がきや(スガキヤ)の袋麺と違って、やはり本物は美味い

満足して交差点に戻ってくると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1105
あれ人だかりが…

矢場とんのイベントが始まったようだ。

老若男女が立ち止まって観ている。
人が多くて奥まで行くのがメンド臭かったので、これ以上奥には進まず。

…気になる。

さっきから、目の前にいる人が着ている矢場とんの法被(はっぴ)が気になるのよ。

2人がちょうどいい感じに並んだので、撮ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1106
…欲しい(笑)

色も良く、ナイスなデザインだ

矢場とんは、店内や椅子・食器等に至るまで、全ておブタ様がデザインされている。
(後ほどご紹介~

法被まで持っていたのかぁ…

結局、この日は矢場とんのお店には入らなかった。
(栄の居酒屋で飲んでましたわん)

…翌日。

ヒロちゃんが「セントレアに行ってみたい」と言うので、名鉄の特急列車「ミュースカイ」で「中部国際空港(ちゅうぶこくさいくうこう)」駅へ…。

駅を出て、ターミナルビルの上まで行って、展望デッキに出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1107
いい眺めぇぇぇぇ~~~~~

お天気はイマイチだったけど、三重県の四日市方面まで見えるくらいの展望はあった。

…腹減ったね。

ビル内のお店を観ながら「みそ煮込みうどんでも食べようかぁ~」と話していたら、意外なことに超有名な「山本屋」のお店が無い。

…おぉぉ~~っ

ガッカリしながら歩いていると、見慣れたお姿が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1108
ブヒッ

…食べちゃう

結局、本店に入らずに空港まで来て矢場とんに入る事に…

まぁ、本店に比べたら格段に空いているので、落ち着いて食べられるから良いよね

席に着いて、ヒロちゃんに説明しながら注文をする。

そしてほどなく…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1109
お・や・く・そ・く

まずは中ジョッキでしょ

いやぁ~、平日の昼から飲むビールは美味しいね 

付け合わせの、肉そぼろっぽいのも美味しい

…ね、ジョッキや箸等にも全ておブタ様がいらっしゃるでしょ

このジョッキ、欲しいんだよねぇ~(笑)

そして、ヒロちゃんに食べさせたかった逸品がやって参りました
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1110
矢場とんではこれを食えーーーーーーーっ

オラが一押しの「焼き豚」様だ

みそかつが来るまでの間は、焼き豚の絶妙な味を楽しみながらビールを飲もう。
ヒロちゃんも「柔らかくて、これは美味ぁ~~~い」とご満悦

さぁ、ご本家の登場だぞ

注文後に渡されたエプロンをして待っていると、店員さんがジュージューと音のする皿を運んで来た。

それをテーブルに置いて、店員のおねぃさんが味噌のソースをかけると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1111
ぢゅーーーぢゅーーーーぅ

鉄板にソースが触れた瞬間、さらにジュージューと音がしだした。

続けて撮っていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
名古屋のみそかつ・矢場とん2019秋-1112
いやぁ~~~ん、湯気で見えなぁ~~~い 

最高のフェイシャルエステだ

矢場とんに来る観光客は、とりあえず普通のみそかつ定食を頼んでしまうけど、本当はこの鉄板焼きバージョンを頼むとさらに美味しくって楽しくってよ
(値段は100円くらいしか違わないよん)

味は当然、言うこと無しっ

オラはロースで、ヒロちゃんはヒレを注文したので、1切れずつ交換して食べ比べ。
脂身が好きな人はロースで、食後の胃もたれが気になる人はヒレだね。
(何気に、夜中まで空腹にならないくらいに重量感があるッス

いやぁ~、矢場とんは美味しいねぇ~~~~

名古屋だけでなく、東京にも銀座の裏道(昭和通りとの角)にお店があるので、気になる方は食べてみてねん
(東京駅の地下は狭くて混んでいるので、広い銀座店がおおすすめ)
矢場とんのサイトはこちらをクリック

また焼き豚食べに行こっと

ではまたぁ~

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その46:北京・王府井で食事~

前回「その45:北京・天安門と南池子大街」からのつづきーっ!
「その1」はこちら

このシリーズは、「香港」からスタートし、中国奥地にあるシルクロードの街「カシュガル」「トルファン」「ウルムチ」を巡って、無一文に近い状態で「北京」へ戻って来た、1ヶ月半の過酷な一人旅。

…では、スタート

この日は写真を激しく撮りまくったので、3回に分けてご紹介ぃ~

-----------------------------------

2006年7月26日(水):くもり 一時 雷雨

北京(ペイチン:Beijing)

腹減ったなぁ…

時計を見ると、そろそろ14時だ。

雷雨も止んで、外に出ても大丈夫そうなお天気に…

では、再び「王府井(ワンフーチン)」へ出撃しますかいのぉ~。

もう今日は歩き回らないで、ご飯を食べたらすぐに戻って来よう。
夜は、お菓子でも買って来て食べればOKっしょ

お出掛けの支度をして、お部屋の外に出る。
(一応、傘も持って行こう)

今から行く所は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4601
(2019年のグーグルマップより)
だよん

2006年と比べて、細かい部分は北京オリンピックの関係もあって思いっきり改築されていると思うので、大体の雰囲気で見てくだされ
(さすがに故宮は清朝時代のままだけど…)

…お宿(天倫松鶴酒店)
…王府井(繁華街)
…胡同の名残りの道
…屋台村(東華門美食坊夜市)
…美食街(ビルの地下のフードコート)
…王府井小吃街(巨大な軽食横丁)
…故宮博物院(紫禁城)
…天安門
…東華門(東門)
…北東の角楼
…神武門(北門)
…景山公園
…北西の角楼
…西華門(西門)
…午門(正門・南門)
…天安門広場
…南池子大街の入口
…北京協和医院(旧跡)

今日は、結果的にはと歩いた。

今回は最後から6番目のから最後のまでをご紹介~
この地図を開きながら日記を読んでね

距離は、からまでの直線が約2Kmなので、参考にしてちょ。

この地図を衛星写真で見ると、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4602
今回はビル群の中ぁぁぁぁーーーーーっ

グーグルマップの中国国内の衛星写真は、文字や道路の表記が全て右上にズレているので気にしないでね。
(米中間の政治的なやり取りの影響ッス…)

等の記号はオラが付けたので、1つ上の地図と位置が同じだよん。

では、話しを進めよう。

お宿を出て、だんだん見慣れた道を、見慣れた方向に向かって歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4603
ここは帰国日まで毎日歩くであろう…

すぐに王府井との交差点に来たので、今回も左折する。(地図の真ん中の

歩行者天国の入口の交差点まで来たぞ。(地図のの右の交差点)
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4604
さて、どこで食べようか…

右に曲がった所にある夜市(地図の)は、14時だからまだ本格的に営業開始していないし…

さっきの小吃街へ行くか…

王府井を真っ直ぐテコテコ歩いて、「王府井小吃街(ワンフーチン シャオチーチエ)」に到着。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4605
再び中に入るぢょん

余談だが、右の赤い看板のお店、麺屋さんだと思っていたら「筷子店」と書いてあるので「お箸(はし)屋さん」だ。
おみやげや贈り物用の、きれいなお箸を売っているみたいだ

中に入って見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4606
すんげーーーーーー混雑っ

東京・浅草の仲見世通り並みだ…

昼食を終えたので、ブラブラ見学に来ている観光客が多いのだろう。

ここはおみやげ屋さんのエリアなので、軽食のエリアに行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4607
混んぢょる…

昼食と夜食の間なので、休憩時間で入口を閉めているお店も多い。
なので、営業している店はどこも混んでいる。

座れそうなお店もあったけど、今食べたい料理のお店ではないんだよなぁ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4608
う~~~~~ん、どっしよっかなぁ…

やはり、昼に見た時と同じく、以前より規模が縮小されているのがはっきりと判ったので、ここで食べるのは諦めることに…

ちなみに、正面の奥に見える巨大なビルは、超有名な歴史あるホテル「北京飯店(ペイチン ファンティェン)」の後ろ姿だ。

まずは、元の入口まで戻る。

…さて、困ったね。

目の前の「国際ビール広場」で、飲んで食べるか
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4609
(7月30日に撮影)
いや、きっと高そうだな…

1日50元で生活しなければならないのに、ここで飲んだらビール2杯も頼めないだろう。
(多分、一般的な地元の缶ビールの10倍近い値段だと思う…

第七届北京王府井国際啤酒広場(第7回北京王府井国際ビール広場)」と書かれているので、来年にでも来て飲めばいいだろう。

ここで、右側に赤い看板で「食街」と書かれているのが目に入った。

色からして、最初はマクドナルドの模倣店かと思ったけど、右のビルに近付いて看板を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4610
びしょくーーーーーーーーーぅ

大きく「美食街」と書かれている。

地元の人達がみんな中へ入って行くので、オラも中へ入ってみることにした。

上の写真みたいに少女達も入って行くので、お値段も高くなさそうだ
少女の左上には「吉野家」の看板もあるので、希望の中華料理が無かったら牛丼で腹を満たす事も出来る

中に入るとすぐに階段を降りるようになっていて、どうやら美食街は地下にあるようだ。

階段を降りると、巨大なフードコートが現れた。
日本のショッピングモールで見掛けるのと同じ雰囲気。

まずは、座る場所を確保。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4611
…ふぅ

色々なお店があって、賑わっている。

…ここ、良いね

何か、久々にわくわくして来たぞ

右側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4612
ヨッシーーーーーーーーーっ

海外旅行をしている日本人にとっての最終兵器「吉野家」様だ

アジアではあちこちの都市にあり、日本の本家よりもメニューが多くてかなり美味しい。
それ故に、世界各地の地元の人達にも人気のお店なのだ
特に「チキンボウル(鶏の照り焼き丼)」は絶品よ 

お店の前に行って注文しようとすると「カードは」と訊かれたので「???」な顔をしていたら、お店の人が「まずサービスカウンターに行って、ICカードに現金をチャージして来てね~」と言われた。

…なるほど。

キャッシュレスなのね、この美食街は。

確かに、中国元はニセ札も多いし、本物でも雑菌等でかなり汚いものがある。
食品を扱うお店なので、衛生面からもICカードのほうが良いね

カウンターに行ってICカードを買う。

最低30元からだそうで、今回は50元を払った。
そのうちの5元がデポジット(保証金)で、ICカード返却時に戻って来るとのこと。

つまり、今は実質45元分が使えるという事

色々な店を見た結果、香港式のお店で「黒椒牛柳飯」(18元)を注文してみた。
この美食街は初めてなので、まずは様子見で1品だけにしておいた。
(昨日はお金を使い過ぎたしねぇ~

ご飯の上に黒コショウとオイスターソースで炒めた牛肉の細切りと野菜を載せるだけなので、すぐに料理がやって来た。

自分の席に戻って、いっただっきまぁ~~~~~っす

もぐもぐ…

まいうーーーーーーーーーっ

さすが中国だけあって、香港のお店と味は同じだ

…ここ、明日から通おう(笑)

大変満足したので、お宿に戻ることに。

帰るだけなので、王府井を真っ直ぐ歩けばすぐに着くんだけど、ちょいと違う道も歩いてみたくなった。
毎回同じ道じゃぁ~ねぇ~

…ってな訳なので、美食街のすぐ先にある横道を右に曲がってみた。

歩き出すとすぐに、目の前の突き当りにレトロな建物があるのが見えた。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4613
いふーどーどーーーーーーーぅ

実に威風堂々とした重厚な建物だ…

入口の門の脇に、建物の名前が書いてあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4614
きょうわーーーーーーーーっ

原協和医院」と書かれている。
奥に見える建物の入口の上の扁額には「北京協和医院」と書かれている。

原協和医院」の上には「北京市文物保護単位」と、下には「北京市人民政府一九八四年五月二十四日公布」と書かれているので、今は現役の病院としては使われていないっぽい。
(「」は日本語だと「」や「元祖」のような意味)

衛星写真をご覧いただくと判るが、この建物の奥(地図の右側)に現在の協和医院の大きなビルが建っている。

門から右を見てみると、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4615
非常に良い

人民服を着た人達を立たせてみたい

では、この道を北上して戻りまひょかぁ~

歩き出すも、またすぐに突き当りになってしまった。
この道の名前を見ると「金魚胡同」。(地図のの間ね)

とぉ~~~っても気になるお名前なのぢゃぁぁぁぁーーーっ

昔は金魚屋さんが並んでいた胡同(フートン:古い街並みの路地のこと)だったのかな

さて、ここからお宿までは、2019年の今となってはどこを通って戻ったのかの記憶が全く無い

ただ、何気に見た横道が超絶ナイスだったので、急いでカメラを取り出して撮影したのだけは覚えている。

これぢゃ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4616
北京 of 北京ーーーーーーーっ

これが本当の胡同ぢゃーーーーーーーーっ

中に入ってみたいけど、手前に鉄の門があるし……入っていいのかな

初回で1人なので不安だったので、アップでもう1枚撮るだけにしたようだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4617
いいねぇ~~~~~~

これは食品屋さん(日用雑貨屋さん)のようだ。
タバコも売っているようだね。

奥には「旅館」の文字も見えるけど、当然ながら外国人は泊まってはいけない、人民向けの安宿だ。
(中国では、外国人が泊まって良いホテルは指定されている)

…んで、どこをどう通ったか記憶に無いけど、途中の売店でポテトチップソーセージを買って(3.5元)、お宿の前に戻って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4618
ただいまぁ~~~~~~

本日2度目のご帰宅だ。

お部屋に入って、ベッドでゴロゴロ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その46・北京・王府井で食事-4619
TV観まくりぃぃぃぃぃ~~~~~

しばらく「NHK WORLD」等を観ていたら、23時頃になって急にお腹が空いたので、夕方に買ったポテチとコーラで腹を満たす。

またしばらくTVを観ながらゴロゴロ。

…あ、もう2時

もうこんな時間になっていたの!?
さっさと寝るべ、寝るべ。

今日は、疲れたけど良い1日だった

…んぢゃ、おやすみんみ~~~~ん

(つづき「その47」はこちらーっ!)

| | コメント (4)

2019年8月 5日 (月)

シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その40:トルファン・食べ歩き~

前回「その39:トルファン・バザールでござーる」からのつづきーっ!
「その1:香港へ」はこちら
「その10:カシュガル老城」はこちら
「その20:カシュガル駅」はこちら
「その30:トルファン艾丁湖」はこちら

このシリーズは、「香港」からスタートし、中国奥地にあるシルクロードの街「カシュガル」「トルファン」「ウルムチ」を巡って、無一文に近い状態で「北京」へ戻って来た、1ヶ月半の過酷な一人旅。

…では、スタート

-----------------------------------

2006年7月22日(土):晴れ

吐魯番(トルファン:تۇرپان)

おはよう

ただ今、9時半
今日はしっかりと眠れたぞ

昨夜は、いつもと違ってうるさい客がいなかったので、ヒジョーに静かで落ち着いていたのだ。

さて、今日は新疆ウイグル自治区内での最後の完全フリー日なので、悔いのないように街を観てウイグル料理を食べておこう。
(明日は、ウルムチ空港脇のホテルに泊まって、翌朝に首都「北京(ペイチン:ぺきん)」へ移動の予定)

支度をして、10時半に外に出る。

まずは、本屋に行って北京の地図を買おう。

これから歩くルートは、以下のとおり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4001
(2006年当時の地図を撮影)
最後のお散歩やでぇぇぇ~~~~ぃ

…お宿(トルファン賓館)
…John's Cafe
…トルファン博物館
…文化旅游広場
…屋台村(夜の飲食用)
…バザール(新拓商場)
…高昌路(メインストリート)
…解放路(旧市街地との境目)

結果的には、と巡った。
これって、バザールと食事処を2往復だね…。

まずは、お宿の前のぶどう棚を北上する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4002
この道をのんびり歩くのも今日で最後かぁ~。

幼稚園で、藤棚の下で遊んだ以来の快適さだったのになぁ…

最初の交差点で左に曲がり、そのまま真っ直ぐ歩いてバザールの横にある「新華書店」へ。

本屋に入って地図を探すも、北京の地図は売っていない。
売っていないのなら用はナイので、さっさと引き上げるのぢゃ

ひょっとしたらバザールの中の売店で売っているかも…と、そのままバザール(新拓商場)に入ってみた。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4003
ござぁぁぁぁ~~~~~~る

今日はもうバザール内の配置も解っているので、のんびり観て回ろう。

メインの道をテコテコ歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4004
今日も賑やかぁぁぁぁ~~~~

相変わらず、あの婦人服屋は大賑わいだ

一通りクルっと観て回ったので、裏口付近にあった小さな屋台でナンを買うことにした。
(地図は売っていなかった)

…おっ、ここは小さなナンがあるぞ

カシュガルでよく見た、ベーグルの形をしたかわいいナンが売っていたので、迷わずご購入~
1個5角(0.5元:約7円)で、値段もカシュガルと一緒。
かわいいナンは、このおばちゃんの店でしか売っていないようだ…

さて、お昼になったのでお宿に戻りまひょ。

移動日の前日なので、ここの衛生状態が良く判らない屋台で何かを食べるのは止めておこう。
リスクは少しでも減らしたほうが良いのでね。
(もうね、1996年にウルムチで食中毒にあたった「卵とトマトの炒め物」がトラウマになっている…

このまま裏口からバザールを出て、ウイグル人街を歩いてお宿に戻る。(地図のの下の道→経由)

お宿に入る前に、対面の「John's Cafe」でお昼ご飯~~~(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4005
ここは安定の品質と味で体調を整えておきましょう

店内に入ると、トルファンに来た初日にバスターミナルで声を掛けて来たイケメンのウイグル青年がいたので、同席した。

まずは、料理を注文。

・豆芽肉(もやしと豚肉の炒め物:18元)
・米飯(白ごはん:2元)
・雪碧(スプライト:4元)

定食っぽく注文してみた。

相変わらず店員さん達は無愛想だ。

料理が来た。

いっただっきまぁ~~~~~っす

もぐもぐ。

やっぱり、もやしは美味いねぇ~~~~
でも、カシュガルのお店のアッサリ塩味と違って、こちらは辛口だった。

…ご飯が進んじゃうぢゃないか。(笑)

ウイグル青年とカタコト(英語)で話しをする。
すると、ズノンさんに電話をしたらしく、ほどなくズノンさんもやって来た。

3人で色々ハナシをする。

おとといと昨日はどこへ行って来たの」とか「明日はどうするの」とか…

オラが他のタクシーの運ちゃんと仲良くなっていないかどうか、軽く気になっているようだ。(笑)

明日の予定を話したら「じゃぁ、11時にホテルのロビーに行くよ」という事になった。
バスターミナルまで送ってくれるらしい。
歩いて行ける、すぐ近くの距離なのにね。

そして2人はお店を出て行った。

すると、ほどなく、あの無愛想店員のおばちゃんが、オラに向かってしかめっ面で話し掛けて来た。

あなた、日本人でしょなのに何で我々漢民族とハナシをしないで、ウイグル人達とばっかりハナシしているのしかも我々には解らない言葉(言語)で

…おいおい、客に説教しだしたよ。

だってオラ、中国語はあまり話せないし、彼らは日本語と英語で話し掛けて来るからね。
そりゃぁ、話しやすい人と話すでしょ。
しかも、あなたは外国人相手の店の店員なのに、英語もあまり話せないで毎日無愛想な態度をしていたら、誰も話し掛けないよ…
カシュガルの同店とは、接客態度が雲泥の差だな。

この2006年当時は、まだまだ「サービス(と笑顔)」という概念が、一般の漢民族には浸透していなかった。
2019年の今、同じことをしたら(言われたら)漢民族に「ウイグル独立のテロを企てている」と勘違いされる可能性が高いので、充分にご注意を

…そう言われれば、トルファンに来てから漢民族と話したことが無かったよ

やはり、ズノンさん達の日本語の能力はスゴい。
ついつい甘えてしまっていたなぁ…

説教されては居心地が悪いので、お宿に戻ろう。

会計をしたら「22元」だった。
ごはん分の2元を伝票に記入していなかったらしい。

ラッキぃーーーーーっ

客に説教した罰だ。
(2元(27円)もらっても説教されたくはナイけどね…

目の前のお宿に戻って、お部屋に入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4006
ただいまぁぁぁぁ~~~~~

とりあえず、ベッドでゴロンしたい

荷物を置いてベッドに転がろうと思ったけど、さっき買ったナンを触ったら、まだ温かくて柔らかかったので一口かじってみた。

…う、美味ぁぁぁぁぁーーーーーーーいっ

こんなに柔らかいナンは初めてだっ
まさに焼きたてのベーグル状態。

気が付いたら、全部食べちゃっていた。
てへっ

夜に食べようと思っていたのに……お腹がいっぱいだ。

腹ごなしに洗濯をしよう。

…ってな訳で、Tシャツを洗う。

そしてベッドに転がって、ガイドブック等を眺めながらゴロゴロ…。

今日もここは静かだ。
昨日と今日は、漢民族の団体客がいないのかな

…時が過ぎた。

腹減ったな。

気が付くと、もう19時過ぎだった。
外が明るいから、まるで「夕飯時」という感覚がナイ。

では、トルファン最後の晩餐は、屋台村に行って食べまひょ

支度をして、お宿を出る。

テコテコ歩いて屋台村に到着ぅ~。(地図の
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4007
この明るさで20時だぜぇぇぇ~~~~~い

前回、ズノンさん達に連れられて来て勝手は解ったので、今日も同じように各屋台で注文をする。

右奥に瓶が高く積み上げられている屋台は、酒類の販売所。
当然、ムスリム(イスラム教徒)は買うことが無く、漢民族と外国人観光客用だ。

今夜は、

・豆の麺(3元)
・羊腰子(羊の腎臓(マメ):10元)
・シシカバブ(2元)
・烏蘇啤酒(ウースービール:3元)

を注文してみた。

新疆最後の晩餐なので、これくらい多めでも良いっしょ

豆の麺は、目の前のこの屋台で注文した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4008
イイねぇ~~~~~

麺の種類がいくつかあったけど、良く解らなかったので前回食べたのと同じにしてみた。

おばちゃんがいる場所で麺を茹でて、手前の花柄の器に入った各調味料や具を丼に入れて混ぜ合わせる。

そうして出来上がったのが、これ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4009
美味そぉぉぉぉぉ~~~~~う

生のトマトは苦手なのだが、まぁこれくらいならギリ許容範囲でしょ…

紫掛かった小さな丸い粒がお豆さまで、緑は香菜(シャンツァイ)だ。
(オラ、香菜も苦手なのよ…
底のほうに、細かく切った羊肉とピーマンも隠れている。
具だけで言えば、ウイグル名物「ラグメン」の汁ありバージョン。

麺は日本の乾麺のうどんと全く一緒で、一瞬「ここはシルクロードの中心地だ」という事を忘れてしまうくらいだ。

日本で作るとしたら、あっさり鶏ガラ醤油のラーメンスープと乾麺のうどんでOK。
そこに、羊肉・ピーマン・トマト・香菜を入れれば完璧だ

左の瓶は、烏蘇(ウースー)ビールね。
ウイグルでは定番の銘柄っぽい。

シシカバブと羊腰子は、この屋台から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4010
美味しく焼いてね

燃料は木炭かコークス(石炭)なので、ガスとは違ってゴーカイに焼けるのだ

やって来ました
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4011
おぉ、いぇい

手前が羊肉のシシカバブで、奥が腎臓(マメ)の羊腰子。

見た目は似ているけど、値段と食感はまるで違いましてよぉぉぉぉ~~~~ん
腎臓の程良いコリコリ感がまいう~~~
ビールに良く合う

これで晩餐の用意は整った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4012
質素だが内容は濃い。

いっただっきまぁぁぁぁ~~~~っす

はぁ~~~~、シ・ア・ワ・セ

これが、本格的なウイグル料理を食べる最後のチャンスなんだろうなぁ…
次はいつ来れるか判らないしぃ~~~。
(事実、その後は政治情勢がアヤシくなって、同じような体験をしにくくなってしまった…

しっかりと味わって、周りの雰囲気も記憶に留めて、オラの晩餐は無事に終了~

さて、お宿に戻りますか。

…おっ、そうだ

昼のナン屋さんに行こう
またあのナンが食べたくなった。

再びバザールに移動する。(地図の

そして、昼のおばちゃんの屋台に行き、大きいナン1元)を買った。

ウイグル語は全く解らないので、ジェスチャーで「周りのお店よりも、ここのナンが一番美味しいよ」と親指を立てて「Good!」サインを出しながら、とりあえず中国語で「好吃(ハオチー:美味しい)」と言ったら理解してくれたようで、ウイグル語で何かを言いながらすごく喜んでいた。

トルファンで、初めて純粋な笑顔に接した気がした。
何か気分がイイ

さぁ、お宿に戻ろう。

昼と同じく、バザールの裏口から出て、ウイグル人街の「解放路」をテコテコ歩く。(地図のの道)
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4013
いい夕日だ…

夕日」といっても、すでに20時50分だ。
夏の東京の感覚だと、17~18時くらいかなぁ~。

前を歩く女性の、買い物袋を持って帰宅する姿が「当たり前の日常」っぽくて、かなりお気に入りの1枚だ

ウイグル人街に漢民族女性が歩いているというのに、少し違和感を感じるが…。
まぁ、オラも日本人だし、ウイグル人から見ればどっちも一緒か。

お宿に曲がる角に、モスクがある。(地図の

昼はあまり気にも留めなかったのだけど、夕日を浴びてキレイだったので撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4014
あっら~~~~~~~~~~っ

何とも美しい光景ではないか
緑色が夕日に映えて美しい。

ここも尖塔が横に4本並んでいる、珍しい姿だ。

門の部分を、ちょいとアップで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4015
あれ珍しく漢字も書かれている。

門の上には漢字で「南関大寺 一九八六年六月」と書かれている。
それほど古くはないねぇ~。

見上げてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4016
4ヶ月ぅぅぅぅぅぅ~~~~~

イスラムの象徴の新月が4つ並んでいる。
(道路の電線の関係で5つ全ては収められなかった…

今回は、本物の月は一緒に撮れなかったねぇ…

お宿に入る前に、対面にある売店でコーラと「黒加侖汁(ヘイチアーロンチー)」を買う(計10元)。

黒加侖汁は、日本語だと「くろかりんジュース」と言う。
調べてみたら、中国原産のユキノシタ科の「フサスグリ」で、カシスの仲間らしい。
ペットボトルに入ってフツーに大量に売られている、こちらでは定番のドリンク。
味も濃くて甘過ぎず、暑い気候には合うッス
(今回の旅の途中で発見した、オラお気に入りの逸品

ぶどう棚の道路を渡って、お宿にご帰還~~~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その40・トルファン・食べ歩き-4017
ラストただいまぁ~~~~~~

このお宿「トルファン賓館」に「ただいま」と言うのも、これで最後だ。

お部屋に入って、シャワーを浴びて、ベッドでゴロゴロ。

今日はあまり移動しなかったけど、人とハナシが出来たので楽しい1日だった

さて、そろそろ寝ますかいのぉ~。
明日はウルムチへの移動日だから、体調を整えておかねば

…ぢゃ、おやすみんみ~~~~ん

(つづき「その41」はこちらーっ!)

| | コメント (2)

2019年7月 1日 (月)

シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その36:トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり~

前回「その35:トルファン・カレーズ楽園」からのつづきーっ!
「その1」はこちら

このシリーズは、「香港」からスタートし、中国奥地にあるシルクロードの街「カシュガル」「トルファン」「ウルムチ」を巡って、無一文に近い状態で「北京」へ戻って来た、1ヶ月半の過酷な一人旅。

…では、スタート

この日も写真が多いので、数回に分けてご紹介ぃ~

-----------------------------------

2006年7月19日(水):ウルトラ快晴

吐魯番(トルファン:تۇرپان)

さて、お次はどこに行くのかなぁ~~

今日の観光ルートは以下のとおり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3601
(2017年のグーグルマップより)
からまで移動だよぉぉぉぉ~~~~ん

…お宿(トルファン賓館)
…火焔山(かえんざん)
…吐峪溝(千仏洞)
…ピチャンの沙山公園(砂漠公園)
…艾丁湖(アイディン湖)
…高昌故城
…アスターナ古墳群
…ベゼクリク千仏洞
…交河故城
…カレーズ楽園
…葡萄溝
…蘇公塔

結果的には、と巡った。

この時は知らなかったけど、からへ向かうところ。

タクシーの中でズノンさんが「次の観光スポットでお昼ご飯を食べよう」と言った。
そうだよね、もう13時だもんね。
(新疆時間ではまだ11時だけどぉ~)

山間の道に入って少し進むと、いかにも観光地っぽい建物が並んだ集落に来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3602
イイ感じの所だねぇ~~~

ここがメインストリートのようで、街道から観光スポットの入口まで店舗が並んでいる。
この場所の名前は「葡萄溝(ぶどうこう)」と言うようだ。

車内でズノンさんが一言。
ここは入場料が60元もするけど、観る所はあまり無い。さっきぶどう畑を観て来たからねぇ~。どうする

…そっか、60元(930円)かぁ。

60元と言ったら2日分の食費だ。(笑)

それぢゃぁ、パス」と言ったら「では、お昼ご飯を食べに行こう」とのお返事。

なので、道の途中で左折して、食堂のある方向へ進みだした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3603
左に曲がりまぁ~~~~~っす

奥に見える建物が「葡萄溝」の入口のようだ。

駐車場を抜けると、生活道路のような小道をゆっくりと進む。
そしてすぐに、1軒のお店の前で停車。

車を降りて目の前を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3604
超~~~ナイスっ

雪山からの冷たい雪解け水が、勢いよく大量に流れている。

これだけ流れていれば、生活には困らないねぇ~~~
かなり良い場所だ

そして、振り返ってお店を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3605
ホントにお店???

看板も何もなく、フツーの住居にも見える。
でも、奥に人が何人かいて動いているのが見えたので、やはりお店のようだ。

ズノンさんに連れられて奥に入ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3606
おぉ、いぇい

何ともステキな、ナイス空間なのぢゃ

ズノンさんに席に案内されて、「ラグメンでいいね」と訊かれたので「OK」と返事する。
そしてそのまま調理場へと入って行った。
(奥にいる、赤地に白いストライプのポロシャツがズノンさんね)

そして、すぐに戻って来てテーブルに果物を置いて一言。

ここは1人でゆっくりしてね。この店は僕の奥さんの実家なんだ

おぉ!!そういう事かっ

それなら安心だ

周囲にはツアーでやって来た西洋人の団体さんがいて賑やかだ。
話している言葉を聞くと…ドイツ語だねぇ~。

ドイツ人の団体というのも、この地では珍しい。
(余談だけど、東京って滅多にドイツ人と出会わない(ドイツ語が聞こえて来ない)んだけど……観光地として人気がないのかな

順序が逆だけど、まずはスイーツから食べよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3607
美味しそ~~~~う

赤いのはスイカ、黄色いのはハミ瓜、黄緑色のが「馬奶子(マーナイズ)」と言うマスカットに近いぶどうだ。

ハミ瓜を1人でこれだけの量をじっくり食べるのは初めてなので、ちょっとドキドキ
ガブッと食べてみると…

…おっ、スイカとメロンの中間って感じぃ~~~

味も食感もほぼ中間という、日本人にはちょいと不思議な果物だ。
ハミ瓜は、この近くにある町「哈密(ハミ)」の特産品。

木陰の涼しい風を浴びながら、まったりと周囲を眺める。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3608
こんな庭が欲しい~~~~~っ

天井は全てぶどう棚だ。

…これなら、60元も払って葡萄溝の建物に入らなくてイイぢゃん

正面の時計を見ると、11:25になっている。
新疆時間の時計だね。
(北京時間だと13:25だよん)

ズノンさんは店員さん達(つまり親戚)とおしゃべりタイム。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3609
良い時間だ

このお店、半分近くが座敷席になっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3610
靴を脱いで足を延ばして、のんびりぃぃぃ~~~

ここで暮らしたい(笑)

正面に転がっている黄色っぽい果物が、ハミ瓜だ。
TVの右には、スイカさんも転がっているねぇ~。

そして、このお店の最もナイスなアイテムがこちら。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3611
ひんやりぃぃぃぃ~~~~

先ほどの流量豊かな用水路の分水が、座敷席のすぐ脇を流れているのだ。
手を伸ばせば触れて、水はとても冷たい。

木陰とせせらぎの音……あぁ、砂漠のオ・ア・シ・ス

そんなのどかな店内だけど、調理場は大忙しだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3612
いっぱい作れぇぇぇぇぇ~~~~っ

家族(親戚)総出で調理しているのだろう。
あれだけ団体さんが入っていれば、そりゃぁ忙しいわな。

手際良く調理が進んで行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3613
麺を茹でて具を炒めろーーーーーぅ

オラの勝手な推測だけど、右の男性が奥さんの父親で、中央のマダムが母親っぽい。
そして、左の女子2人が奥さんとその妹ではないかと思われる。

作っているのは「ラグメン」で、ほどなくオラにもやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3614
うんまそぉぉぉぉぉ~~~~う

ラグメン」とは、羊肉・ピーマン・パプリカ・玉ねぎ・豆等を醤油ベースの味付けで炒め、それを日本のうどんのような麺に載せたモノ。
羊肉以外はほぼ日本の食材と同じなので、とても日本人の口に合う。

ズノンさんも一緒に座って、お食事タァ~イム

では、いっただっきまぁ~~~~~っす

もぐもぐ。

うん、美味しい

ウイグルでは「ラグメン」と「ポロ」の2つの名前さえ覚えておけば、飢え死にすることはナイ。
(日本語読みで「ラグメン」「ポロ」と言えば、ビックリするくらいどこでも通じるよん)

ごちそうさまぁ~~~~。

座敷でまったりしていると、テーブルの下でもまったりしているお方の姿が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3615
すやすや

何と、子猫が寝ていた。

寝返りを打ったので、もう1枚撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3616
にゃぁ~~~~~~

完全にリラックスモード。

そんな写真を撮っていたら、オラのスイカを勝手につまんで食べている幼児がいた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3617
横取りキッズーーーーーーーっ

ズノンさんが笑いながら「彼、僕の息子ね」と。

そうだよね、パパが仲良く話していたら、お友達だと思ってフルーツをつまみに来るよね
(フルーツのお替りはいくらでもやって来るのでモウマンタイ(無問題))

ズノンさんが父親の顔で「写真を撮ってあげて~」と言うので、もう1枚撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3618
くりっくりですな

年齢を聞いたけど、残念ながら失念…

ほどなく、別の少年が現れた。
近所の友達のようだ。

子猫と一緒に遊びだしたので、それも撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3619
イイねぇ~~~~

のどかなお昼時だ。

日本の都会のランチタイムもこういう感じなら、と~っても働きやすいんだけどねぇ~。

お腹がいっぱいになったので「ちょっとだけ外を歩いてくる~」とズノンさんに告げて、カメラを持ってお散歩。

さっきの用水路がとても気になっていたので、少しだけ上流に歩いてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その36・トルファン・葡萄溝の食堂でのんびり-3620
うん、イイ感じぃぃぃぃ~~~~

静かでとても良い所だ。
さっきの「カレーズ楽園」がやかましかったので、なおさらだ

ここはまた来たいね

お店に戻ると、ズノンさんが「そろそろ行くかい」と言って来たので「うん」とお返事。

では、お次の観光スポットに行きますかいのぉ~~~。

ほな、れっつらごーーーーーーーーぅ

つづき「その37」はこちらーっ!

| | コメント (4)

2019年4月15日 (月)

グルメ日記 ~「金ちゃんヌードル・しお味とカレー味」2019春~

前回「金ちゃんヌードル2018春」からのつづきーっ!
「金ちゃんヌードル2016」はこちら
「金ちゃんヌードル2017」はこちら

2018年10月7日、またもや岡山県の「倉敷(くらしき)」に行って来た。

…で、昨年同様、再び人形劇団のお嬢様たちと会った。
一昨年、宝塚劇場に一緒に行った娘達ね)

オラが東京のおみやげを渡すと、「こちらからもおみやげ」と、紙袋を2つもらった。

…おっ、今回もか

紙袋を開けてみると……予想通り
静岡県から西では有名な、四国・徳島の名産「金ちゃんヌードル」だ。
どういう訳か、関東から東ではほとんど売られていない。

今回は、2種類の新作が入っていたので、大事に東京へお持ち帰りぃ~♪ 

そして、1つは翌月に食べたのだが、もう1つは2019年の春になってやっと食べた次第。
(緊急・災害時の非常食として取っておいたのでね)

やっとご紹介出来る準備が整った

今回ご紹介するのは、「しお味」と「カレー味」。
どちらも基本の味の感じがするが、今までの金ちゃんヌードルにあった「すっきりしお味」と「コク旨カレー味」とは少し違うようだ。
リニューアルしたのかな

まずは「しお味」から。

外観は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春-1401
あおいちゃぁぁぁぁーーーーーーん

青いカップになっていて、今までの「すっきりしお味」と似ているが、こちらのほうが青の色合いが濃い。

背中は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春-1402
食品には少ない青のカップぅ~~~~~~

原材料を見ると、他メーカーのカップラーメンと差はナイ感じ。

カロリーは375Kcal
基本のしょうゆ味(388Kcal)よりもカロリーはやや低い。

フタを開けて、中の袋を取り出すと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春-1403
2つ入っているぅぅぅぅ~~~

かやく(加薬)」と「粉末スープ」だ。

フタの説明書どおりに、かやくと粉末スープを麺の上に載せる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春-1404
パッと見は、他メーカーのと似たカンジぃ~

エビと卵が目立つ。
全体的に色白ですな

お湯を注いで3分待つ。

ピピッピピピッ

では、いっただっきまぁ~~~~っす

麺やスープをしっかり味わうようにモグモグする。

…おっ、普通の味

すっきりしお味」に似ているけど、「しお味」のほうが少し濃いのかな
同時に食べ比べてみないと判らないや…

かやくは一緒っぽいが、鶏肉らしきモノが入っているのが違う点。
エビに塩味が染みて、まいう~~

これ、信州や東北でも売れるよ

では、お次の「カレー味」をば。

外観は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春-1405
幸せの黄色いカレぇ~~~~~~~ぃ

鮮やかな黄色いカップになっていて、今までの「コク旨カレー味」よりも色が薄い。
カレー味は「レモンイエロー」で、コク旨カレー味は「山吹色」に近い。
(関東の電車で言えば、「西武線」と「総武線」の違いにかなり近い

背中は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春-1406
レモンサワーみたいぃぃぃぃ~~~~~~っ

原材料を見ると、他メーカーのカップラーメンと差はナイ感じ。
ただ1つ、「魚醤(ニョクマム)」が入っているのが特徴か。

カロリーは397Kcal
基本のしょうゆ味(388Kcal)よりもカロリー多め

フタを開けて、中の袋を取り出すと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春-1407
こちらも2つ入っているぅぅぅぅ~~~

しお味」と同様、「かやく(加薬)」と「粉末スープ」だ。

フタの説明書どおりに、かやくと粉末スープを麺の上に載せる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春-1408
こちらも、パッと見は他メーカーのと似たカンジぃ~

じゃがいもと肉が目立つ。
スープはカレーだから当然黄色だね

お湯を注いで3分待つ。

ピピッピピッピピピッ

では、いっただっきまぁ~~~~っす

麺やスープをしっかり味わうようにモグモグする。

…おっ、意外と和風

スープは、マルちゃんの袋麺「カレーうどん」に近い味。
とろみがあってコッテリ風だけど、比較的アッサリしている。

日清カップヌードルのカレー味とマルちゃんのカレーうどんの中間的な存在。

これは、冬のランチに最適だねぇ~
おにぎりでもサンドウィッチでも、何にでも合う

おっしゃコレで今回も食べ比べたぞっ

最後に、今まで食べた9種類を並べてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
徳島・金ちゃんヌードルしお味とカレー味2019春-1409
おぉ、いぇい

ついに3段目に突入だよ

オラ、今や東京でイチバン金ちゃんヌードルのカップを持っている奴と自認している…
2016年の食べ比べはこちらをクリック
2017年の食べ比べはこちらをクリック
2018年の食べ比べはこちらをクリック

東京で金ちゃんヌードルをココまで揃えるのは、至難の業なのよ…
(最も近くて静岡県だからなぁ~

もし、まだ他の味がありましたら、ご一報くだされ~~~

ほなまた~~~~

| | コメント (4)

2019年3月11日 (月)

旅日記 ~「しぞ~かで新年会2019」その3・しぞ~かおでんトレイン~

前回「その2・久能山東照宮」からのつづきーっ!
2016年版おでんトレインはこちら)(2017年版おでんトレインはこちら
(全3回シリーズ)

2019年2月16日、またもや静岡で「特攻野郎Bチーム」の濃厚な新年会を開いたぞ
今年も静岡鉄道の「しぞ~かおでんトレイン」に乗りに来たのだ

-------------------------

さぁ、「新静岡(しんしずおか)」駅に着いたぞ。

毎度の光景…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1301
しろぉーーーーーーーい

…あれ以前は壁が青かった記憶が。
過去の写真を見ると、確かに青い。
ライトアップしていたのかな

さて、今から乗り込む静岡鉄道の「しぞ~かおでんトレイン」は、今年で4回目
オラ達は4回連続で参加しているので、もはやスタッフ並みだ。

貸し切り列車内で「キリンビール飲み放題&特製の静岡おでん&エンターテインメント付き」が楽しめるのだ

これはもう「パラダイス列車」以外の何物でもナ~イ

…で、どこを走るかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1302
(2019年のグーグルマップより)
僅かな距離を2時間掛けるーーーーぅ

…新静岡駅
…県総合運動場駅
…新清水駅

の間を1往復、その片道距離は11Km
普通列車が21分で走るところを、おでんトレインは1時間掛けて走る。
並行するJR東海道線なら10分

途中のの両駅でおトイレ休憩がある。
…つまり、これで時間稼ぎをしているというワケ

なので、の駅で後から来た普通列車に何度も追い抜かれる。

…そう、同じ編成に何度も抜かれるのだ。

静岡鉄道の列車は、各種ラッピングがされていたり新車は編成ごとに色が違っているので、何回抜かれたかがすぐ判る。

では、集合場所の改札前に行こう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1303
今年もよろしゅう~~~~~

ここで、ノコnoko隊員とも合流。
改札の窓口で料金(1人5000円)を払って、受付を済ませる。

すでに列車は到着していて、中に入って飲める状態になっている。

すぐにも駆け込み乗車したいのだが(笑)、ココでボブちん恒例の「お召替え」の儀式が…

改札横のコインロッカーに荷物を入れて、着替えて戻って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1304
ごっつあんです

見事な土俵入りだ。

四股名は「ボブ麒麟」。

黄色いTシャツは、第1回目の車内ビンゴでGETしたキリンビールのTシャツで、ゲストで来た地元アイドル「ロザリオクロス」の直筆サインが入ったもの。
(サインを書き込んでいる詳細の日記はこちらをクリック
前掛けは、やはり車内ビンゴの景品だったのだがGET出来なかったので、ボブちんが自前で買ったモノ。

…もはや、スタッフ以上にスタッフだ。(笑)

改札を通り、ホームに入る。
周りにいたスタッフ達も、この姿を見て「…おぉぉっ」と低い声を発している。

…そりゃ驚くわな。

そうそう、このおでんトレインに乗るには、この特別乗車券が必要なのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1305
おさるさぁ~~~~~~~ん

毎年同じデザインなのだが、日付と運転ダイヤの時間が変わっている。
(そうだ、今年からメインイベントが「静岡おでん祭」と名前が変わったんだ。去年までは「静岡おでんフェア」だった)

今年のオラの指定席は「30」番。
毎年ヒトケタだったから、今回は車両の連結面(中央)のほうだね…
(一桁だと運転席の近く)

そして、「No.30」の左に小さくお猿さんのシールが貼られているっしょ。
これが後で車内イベントに使われるのだ。

簡単に言えば、我々は「お猿さんチーム」ということ

では、列車に向かおう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1306
レアな表示板~~~~~

静岡鉄道ではレアな「貸し切り列車」の立て看板が。
これも「イベント感」を盛り上げてくれるよねぇ~

…で、お約束の列車のお顔をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1307
毎年ブレるぅぅぅぅぅぅ~~~~

全体的に暗い時間なのと、カメラを置ける平らな部分が無いので、いつもブレてしまう…
この先もブレブレなので、ご容赦いただきたい。

この車両、今回の運転で現役最後だそうな。
遂に引退して廃車となってしまうとのこと。

東京の東急池上線等で走っていた車両(7200形)の兄弟分で、お顔以外はソックリなのだ
お仲間(7200形)は地方私鉄に譲渡されたので見かけることが出来るが、静岡からは消え去ってしまう。

…あ、大井川鐵道にいたっ(笑)

引退のせいか、乗客の他にも鉄ちゃんがやたらとカメラを持ってうろうろしている感じがするなぁ…

今年の特製ヘッドマークは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1308
安定のデザイ~~~~~~ン

毎年このデザインで安定したようですな。
列車の前後で配色が違うだけで、基本的には同じデザインだ。
これは新静岡寄りの、緑色のヘッドマーク。

では、過去のヘッドマークもご覧いただこう。

まずは2018年(第3回)。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1309
大体同じぃぃぃぃぃ~~~~

おでん祭」か「おでんフェア」かの違いが最大のポイント。
これは新清水寄りの、茶色のヘッドマーク。

2018年も乗っているけど、撮った内容が2017年とほぼ同じだったので、日記には書いていないッス…

続いて2017年(第2回)は、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1310
2018年と全く同じだ。

…いや、2018年が2017年と同じなんだよ。(ややこしい…

これも新静岡寄りの緑色のヘッドマーク。

そして、2016年(第1回)はこちら。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1311
しんぷるぅぅぅぅぅ~~~~

初回なので、とりあえず「手探り」状態だった感じも匂わせる、シンプルな一品。
これは新静岡寄りのモノで、新清水寄りのデザインも全く同じだった。

さぁ、乗り込むぞ

おぢゃましまぁ~~~~~~っす
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1312
あーーーっ!もう始まってるぅぅぅぅ~~~っ

我々も急いで参加せねばっ

座席配置は毎年同じで、食べ物の配置まで同じようだ。

指定された「30番」に座る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1313
おねいさぁ~~~~~ん、ビールくださぁ~~~~い

…おっ、今年は美人おねいさんがオラ達のエリア担当だぞ

ドアの左に設置されたビールサーバーから、「まほうのみず」がトレビの泉のように湧き出している
ビールはキリンの一番搾りで、ノーマル黒ビールの2種類がある。
(ハーフ&ハーフも出来るで

動き出す前から飲んでOKなので、まずは我々だけで遠慮なく…

カンパぁ~~~~~~イ

うんめぇぇぇぇぇぇーーーーーーぃ

久能山東照宮で太腿を酷使しただけあって、美味い

今宵も「酔い子」になるわよぉぉぉぉぉ~~~~ん

さて、酔っぱらう前に、目の前にある食べ物もご紹介しておこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1314
わくわく

この「しぞ~かおでんトレイン」のメインは、中央に鎮座まします「おでん様」だ
フタを開けると、そこには「静岡ドリームランド」が待っているッス

この静岡おでん、毎年「海ぼうず」と「おがわ」の2店舗のモノが用意されていて、乗車日によってどちらかになる。

おがわ」が観光客にとっては食べに行きにくい場所&営業時間なので、「おがわ」を楽しみたいんだけど…
初回と去年の2回、この列車内で食べただけだ。
(「おでんフェア」会場では激混みで諦めたッス…
海ぼうず」は静岡駅前に何軒かあって、新幹線に乗り込む前にサックリと食べることが出来るので、観光客にはおなじみの味だ。
どちらも別の味わいがあって、甲乙は付けられない。

それと、奥にはお弁当もある。
今年は去年までとは違う先生のプロデュースなので、外観も変わっているねぇ…。
(去年までは「キッチンスタジオmogu」の本田淑美先生だった)

まずは、おでん様のフタをオープン
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1315
…あ、あれ???

今年はパックに入っているぅぅぅ~~~

…まぁ、このほうが運搬には便利だしね。
中身は毎年同じような感じがするぅ~。
(一応、机におしながきが置いてあるけどね)

これは後で「儀式」があるので、今はこのままでスタンバイ。

そして、お弁当は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1316
なごぉぉぉぉぉぉーーーーーん

生消菜言弁当(せいしょうなごんべんとう)」と言うのか…

フタをオープン
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1317
おぉ、いぇい

色どりがキレイで美味しそうですなぁ~~~

…ってか、が入ってナイぢゃん

「生消菜言」の「」って、こういう意味か…

…ん

地産地消の野菜」ってコトかぇ

後で食べたらとっても美味しかったんだけど、この「おでんトレイン」用としては一言言いたい。
(お昼の会食用とかだったら、全くの文句無しに美味い

…肉を入れてご飯を減らしてくれ。

飲み放題にこのご飯の量はアカンでしょ。

呑んべぇの気持ちが解っていないなぁ…

車内は持ち込み可だったので、唐揚げでも買ってくればよかった…
まぁ、後で新清水駅でおトイレ休憩中に駅前のコンビニに行けるからモウマンタイ(無問題)だけどね

本田先生のお弁当はしらす桜えびも入っていて、「静岡まつり」状態で楽しかったなぁ~。
来年は期待したひ

それと、お弁当の横にはいつものアイテムが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1318
ぢゃぱん盛り(もり)ぃぃぃぃぃぃ~~~~っ

静岡の地酒「日本盛(にほんさかり)」の生原酒と記念の枡だ。
ビール飲み放題なのでこの列車内で飲む人は少なく、みなさんお持ち帰りしている。
(毎年「持って帰ってぇ~」とアナウンスされる)
枡の焼き印は毎年変わっているので、コレクションにいかが

お酒の左にサックリと刺さっているのは、おでん用のふりかけ
静岡おでんは、このふりかけをタップリとかけるのが特徴。
青のりや削り節が入っている。

もうビールもお替りしまくり
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1319
バブル絶頂期ぃぃぃぃぃぃ~~~っ

泡だらけで、まさに「泡盛」状態
これは発車後に撮影したもので、揺れる列車内でピッチャーから注ぐから仕方ないよね。
美人おねいさんだから、許しちゃう(←アホ)

ここで、車内にアナウンスが。

…出たな、今年も「あの男」が。

静岡では有名人(笑)の、「山田門努(やまだもんど)」氏だ。
しぞ~かのラジオでブイブイ言わせているそうで。

発車前の注意事項や食べ方の説明をしながら、2両編成の車内を巡回。

ボブちんの黄色い巨体を見た瞬間に、門努は固まった。(笑)

また来たのか…

彼の眼は笑いながらそう語っていた。

そして発車と同時に全員でカンパーイ

パラダイストレインのスタートです♥ 

全駅通過の臨時列車とはいえ、他の列車は各駅停車なのでチンタラ走る。
初回は各駅のホームにいた女子高生達にキョトン顔&大爆笑されたが、さすがに4回目では知れ渡っているようで反応は薄い。(笑)

動き出して10分ほどで「県総合運動場(けんそうごううんどうじょう)」駅に到着(地図の
20分ほどおトイレ休憩~。

この間に、先頭車両ではマジシャン「KISSER(キッサー)」さんによるパフォーマンスが行われているようだ。♥♦♠☘
時々「おぉ~~~~っ」と歓声が上がる。
我々の車両は後でね

そして再び動き出して、また10分ほどで終点の「新清水(しんしみず)」駅に到着ぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1320
毎度の光景ですな。

この両側に停まっている車両達の並びは、来年にはもう見られなくなるから貴重ッス

ここで、改めてヘッドマークを目の前で撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1321
ちとブレた…

今年は気合を入れて撮ったつもりだったんだけどなぁ…
まほうのみず 」の魔力も入っているから、難しいや。

この立っている位置は改札横の構内踏切なので、合法的にこのような写真が撮れるッス。

おトイレ様に行ったついでに、新清水寄りのヘッドマークも撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1322
こちらも定番~~~~~~

毎年、茶色の組み合わせで行くようだ。

おトイレ&ヘッドマーク撮影から戻って来ると、我々お猿さんチームの席でもマジックが行われていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1323
…えっえっどうなってんの???

すぐ横で観ていた人でさえもビックリするくらいに完璧でスゴいマジックだ
みんな食い入るように、前のめりで観ているのが解るっしょ

車内イベントは毎年違うものが用意されていて、毎回乗っても飽きないようになっているッス
(今思うと、初回のアイドルユニットのミニライブが一番スゴかった…)

ちなみに、左に座っている黄色いデカいのは、上から落ちてきた提灯ではナイ。念のため。

列車が逆向きに走り始めた。

ここからはお楽しみタァ~~~~イム

クイズに当たると、豪華またはレアな景品がもらえるのだ

さぁ、あの男もやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1324
モンドーーーーーーーーぅ

我々のカメラを見た途端、急にポーズを作ってカメラ目線に…
ナイスな男ぢゃ。

そして、数問の選択式クイズが出て、お猿さんチームのみんなで答えを選んでホワイトボードに書き込む。
それを門努氏が列車内の各チームを見て回り、スタッフが集計するというシステム。

そしたら、まぁ~、今年はスゴいわよ。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1325
当たったーーーーーーーっ

しかも、我々が「特攻野郎Bチーム」だと知っての狼藉か…いや、知っていたのかと思うくらいのジャストミートな逸品が(笑)

オラ、キリンビールのグッズが欲しかったんだよなぁ…
(毎年ハズれる。豊橋鉄道の「ビール電車」「おでんしゃ」でもハズれた)

他の3人は静鉄グッズが貰えて喜んでいる。
お猿さんチーム内の隣席グループは、つり革等の実物の部品を貰っていた。
(各種とも結構な数量があったので、みんなで山分けッスよ

門努氏が多少アセりながら急いで司会進行し、何とか新静岡駅到着直前に全イベントが終了した。

新静岡駅に到着ぅ~~~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1326
戻って来たでぇ~~~~

ちょうどお隣のホームには、今景品で貰ったBトレインと同じ色のブルーの編成が

さて、新幹線で帰る前の2次会に行きますかねぇ~。

他の3人はそれぞれ撮影しに行っちゃった。
…まぁ、改札前に行けば自然と集まるでしょ。

ホームをテコテコ歩き出すと、目の前であの美人おねいさんを撮影してるグループが。

オラもついでにお願いして撮らせてもらっちゃった
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1327
お美しぃぃぃぃぃぃ~~~~~

おねいさんのおかげで、今年は特にビールが美味かったッス
また来年もよろしくお願いしまぁ~す

少し前を見ると、あの黄色いカタマリがいた。

そして横には、あの男も…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1328
モンド2ぅぅぅぅぅぅーーーーっ

また来年もよろしくね
やっぱ、モンドの司会でないとねぇ~~~。

さらにボブちん、マジシャンとも記念撮影をしていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1329
ブーーーーーーーっ

ボブちんのお顔が、酔って変顔をしていて世間様にお見せ出来ない状態に溶けかかっていたので、激しく隠しておきましたわん

このマジシャン「KISSER(キッサー)」さん、まぢで凄いから観てみてーーーーーーっ
(公式サイトはこちらをクリック

改札前で再び4人で合流。

…あぁ、まぁ~た潜り込んでるよ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1330
まるこぉぉぉぉぉぉ~~~~~

世界中の女子の夢のアイテム「ちびまる子ちゃん」のパネルに、世界で一番相応しくないデカい男が…(ーー;)

はいはい、撮ったからさっさと次に行くよー。
ボブちん、さっさと着替えてねー。

着替えている間に、最後にもう1枚だけ列車を撮っておこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1331
バイバイキ~~~~~~ン

これでキミともお別れだ。
見納めだね。

回送」表示になって、車庫に戻る準備をしている。

4年間、ありがとう
いい麦汁を飲ませてもらったよ。

あばよーーーーーーーーっ

よし、2次会だ。(笑)

最終の新幹線までは約2時間
去年と同じお店に行きますかいのぉ~。

ここでノコちんが離脱し(未成年だし)、3人で駅ビルの「魚がし鮨」へと移動。

そして握りと生ビールをご注文~~~
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1332
…去年と全く一緒ぢゃねーか。

写真を見比べたら、あまりの行動の同じさに笑いが込み上げて来た。

そりゃぁ~ねぇ~、静岡まで来たら海鮮も食べたいよねぇ~
やっと生しらすちゃんともご対面出来たッス

楽しくおしゃべりをしていたら、ヒロちゃんが一言。

そろそろ「こだま」が来る時間だよ

…あーーーーーーーーーーっ!!

もう数分しか無ぇぢゃねーかっ

何でもっと早く言わないんだよーーーーぅ

慌てて会計を済ませて、ヒロちゃんと改札前でサックリバイバイキンして、ボブちんとホームへ急ぐ。

ホームに上がると「のぞみ」が追い越していて、まさにあと1分ほどで発車状態。

慌てて近くのドアから乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1333
間に合ったぁぁぁぁぁぁ~~~~

豊橋(とよはし)」駅で全力で走って乗った以来だなや。

この「こだま684号」ちゃんは、オラはさんざん利用して来た「おなじみの最終列車」なのだ。

ホントは、静岡駅だとこの30分後に「ひかり538号」も停まるのだが、5両しかない自由席は決まって混んでいて、2人並んで座れるかどうかが怪しい。
なので、この空いて快適な「こだま684号」ちゃんにしたかったのだ

いつもの2号車に移動…と思ったけど、これだけ空いていればどこでもイイや。
なので、滅多に乗らない4号車に座る。

そして、静かな車内でマッタリ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡で新年会2019・しぞ~かおでんトレイン-1334
パーサーさんも美人おねいさんッス~~

狙って撮った訳ではなく、たまたま写り込んでしまった次第。
(後ろ向きでこのタイミングでコッソリ狙って撮るのは至難の業よ)

いやぁ~、今年も楽しかったぁ~

来年も行きたいね

…でも、新しい仕事次第なんだよねぇ~。
どこに住むのか、土日休みなのかも判らないのでね。

みなさんも、一年中暖かい静岡を楽しんでねぇ~~~~~

(おしまーい!)

| | コメント (2)

2019年2月25日 (月)

グルメ日記 ~「シンカンセンスゴイカタイアイス」2019早春~

今回は仕事が忙しくて日記を書く時間が無いのでサックリと。

ここ数年、東海道新幹線で移動することがヒジョーに多かった。

…で、「のぞみ」ちゃんと「ひかり」ちゃんだと車内販売があるので、世界的にも有名なアイスクリームを買ってみた。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
東海道新幹線・すごく固いスジャータのアイス2019早春-1001
極北のアイスーーーーーーーーぅ

氷河の下から掘り出したかのような、キレイな霜降りのスジャータのアイスだ。
これは期間限定と言われている「ベルギーチョコレートアイス」と言う一品。
味は濃くて一級品よ

期間限定」とアナウンスしているのだが、乗る度に聞いている気がする…
(毎年のある季節限定とかなのかなぁ~

アイスには温かい飲み物も…というワケで、お茶も買ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東海道新幹線・すごく固いスジャータのアイス2019早春-1002
しぞ~かティーーーーーーーっ

東海道沿線には各地のお茶が売られていて、それぞれの地元民が「ウチの茶を飲め」とウルサイのだ

車内で買ったら自動的に「静岡茶」が出て来た。

…「のぞみ」は静岡県に停まらないのにね。(^艸^)

では、アイスのフタをオープン

そして、ぷっ刺せぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~~い
(画像をクリックすると拡大するよん)
東海道新幹線・すごく固いスジャータのアイス2019早春-1003
シンカンセンスゴイカタイアイスーーーーーーぅ

鉄ちゃんには「シンカンセンスゴイカタイアイス」(←半角カナがお作法)として有名で、世界的にも有名だ。
外国人観光客がSNSで紹介しまくっているのでね

ご覧のとおりカッチカチなので、少し溶けるまでは、ぷっ刺したままで待機しよう。

みなさんも、東海道新幹線に乗ったらぜひ食べてみてね
(「こだま」ちゃんは車内販売が無いので、食べられないよん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

グルメ日記 ~「横浜・崎陽軒の炒飯弁当」2018秋~

最近気になっていた「あの弁当」をついに食せる時が来た

年に10往復近く乗る東海道新幹線
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1001
毎度おなじみの光景になって来た。

もはや旅情やワクワク感は薄れた。

そして、「東京(とうきょう)」駅から発車して20分くらいした時に、いつも気になっていた看板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1002
しうまいべんたうぅぅぅぅぅーーーーーーっ

新横浜(しんよこはま)」駅ホームの売店にデカデカと貼られている、崎陽軒(きようけん)の「焼売炒飯弁當(シュウマイチャーハンべんとう)」だ

東京から「のぞみ」に乗っている途中に、新横浜駅で下車してお弁当を買う時間は1秒も無い。
こだま」なら、1~2本前の「のぞみ」や「ひかり」の自由席に乗って、新横浜でいったん降りてお弁当を買って、目的の「こだま」ちゃんに悠々と乗り込むという技も使えるのだが…

調べてみたら、東京駅の改札内コンコースにも崎陽軒の売店が数箇所あるそうな。

一度、朝早い時間に行ってみたら…

品切れ

ド定番の超名物「シウマイ弁当」しか売っていなかった。

ショーケースには「10時頃入荷します」とのこと。

その時はあきらめたが、次の移動時には数店舗回ってみる作戦に出た。
そしたら、アッサリと最初の店舗でGET

…ふぅ、難儀したぜぃ。

何でこんなに入手困難なのかというと、ちょうど少し前に落語界の大師匠「桂歌丸」氏がお亡くなりになった。
噺家さん達の回想話しの中で「歌丸師匠は崎陽軒の炒飯弁当が大好きだった」という発言があった。

それ以来、突如入手困難になったらしい。

炒飯が入った弁当は2種類あって、「師匠はいつも名前を間違って言っていた」と言っていたので、本当に好きだったのはこの看板のモノだったのかもしれない…

今回オラがGET出来たものは、こちら。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1003
ちゃおふぁ~~~~~~ん

炒飯弁当」という名のほうだ。

早速、蓋を開けてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1004
おぉ、いぇい

看板の「焼売炒飯弁當」よりはシウマイの数は少ないが、その分炒飯が多く入っていて、鶏のから揚げも2個顔を覗かせている。

どちらかと言えば、炒飯は後に取っておいて、おかずで1杯飲むのに適した内容と言える。

なので、当然…
(画像をクリックすると拡大するよん)
横浜・崎陽軒の炒飯弁当2018秋-1005
おやくそくーーーーーーーーぅ

麦汁様のご登場だ

オラ的地ビールである「キリン」さんにご登場願った。
(キリン本社は東京都のJR中野駅前)

では、いっただっきまぁ~~~~~~~っす

もぐもぐ。

まいうーーーーーーーーっ

メインの炒飯は冷めても美味しく、中華屋さんで食べる出来立てのモノとはまた違った味わいがある

これ、まぢまいうー
大事に取っておこぉ~~~っと。

取っとこハム太郎ぉ~~~~~~~ぅ

そして、おかずのほうは…

シウマイは、もはや説明する必要が無いくらいの、歴史あるド定番の安定した美味しい味。
から揚げちゃんもビールに最適

そして、オラ的に意外な驚きでヒットしたのが、真ん中にいる中華クラゲちゃん。

程良い酸味がまいうーーーーーーっ

新幹線のように3時間近く座りっぱなしで変化が無い環境では、この酸味が良い気分転換になる
コリコリした食感もまた良い。

缶ビール2本持って来ればよかった…

足りなかったら後で車内販売で買えばいいやぁ~~~」と思って、1本目を飲んでいる最中(「小田原(おだわら)」駅手前)に車販のカートが16号車(最後尾)へと移動して行った時はスルーしてしまった。
(オラは11号車に乗車中)

すぐに戻ってくるだろう」と思っていたら、いくら待っても帰って来ない…

…あれオラよそ見でもして、戻って来たの見逃したっけ

と心配していたが、本気で戻って来ないようだ。
食べかけのお弁当を目の前にして、お茶で時間を潰す。

結局、11号車にカートが戻って来たのは、「名古屋(なごや)」駅停車1分前でしたとさ。

おいおい、1時間以上待ったぞ…

おかずを目の前にして1時間「おあずけ」をくらったのは初めてでしたとさぁ~。

東京を10時前後に発車する列車の車内販売は買い手が殺到するので、欲しいモノは乗り込む前にしっかりと売店でGETしておこう

…確かに美味かったぜ、歌丸師匠

また食べよっと

| | コメント (2)

2018年11月 5日 (月)

グルメ日記 ~「新宿東口の絶品中華・東順永のフカヒレ」2018秋~

前回「新宿で絶品中華っ!東順永2018秋」からのつづきーっ!

…えぇ、相変わらず通い詰めてますよ、はい。

東京の新宿三丁目(新宿東口)にある中華料理屋「東順永(とうじゅんえい)」という絶品中華の老舗で、食べ飲み放題もあるのだが、オラはせっせと1~2人で通常メニューの料理を食べまくっている。
(食べ放題には無いメニューがあるので)

そんな中、先々月の給料日直前に奮発してこんなモノを三丁目店で食べてみた。
(数日我慢すれば給料入るしぃ~)

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
新宿の絶品中華料理・東順永新宿三丁目店のフカヒレ2018秋-1001
フカフカのヒレヒレぇぇぇぇ~~~~ぃ

中華料理の最高峰「フカヒレの姿煮」様だっ

お値段、3800円
食べるのにも気合いが入る。

まずは、食べる前にお姿をぢっくりと眺めておこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
新宿の絶品中華料理・東順永新宿三丁目店のフカヒレ2018秋-1002
おぉ、いぇい

ふかひれのスジスジがぁ~~~~

青梗菜(ちんげんさい)のとのコラボも美しい。

さらにアップで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
新宿の絶品中華料理・東順永新宿三丁目店のフカヒレ2018秋-1003
いやぁ~~~~~ん

テリッテリのツヤッツヤ
たまりませんな

では、いっただっきまぁ~~~~~っす。

もぐもぐ。

テッペンまいうーーーーーーーっ

何だこれっっっ

フカヒレって、それ自体には味が無いので、どの店もスープの味に力を注いでいる。
このスープの味はただ者ではないぞ…

店員さんに聞いたら、この三丁目店のシェフは広東料理の凄腕だそうで。

…うん。オラ納得

香港で食べるよりも美味しいかもぉ~
(横浜中華街は超えたな…)

スープのあまりの美味さに、オラ、ひらめいた

ご飯くださぁ~い

そして、やって来たご飯にスープをかけてモグモグしてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
新宿の絶品中華料理・東順永新宿三丁目店のフカヒレ2018秋-1004
もういつ死んでもイイ

悶絶死しそうなくらい美味い

これは頻繁に食べたいねぇ~
でも、オラのおサイフがそれを許してくれない。
年に数回が限度かなぁ…

う~ん、もっと食べたひ。

どなたか、オラに東順永のフカヒレを奢ってはくれまいか
お待ちしておりまーす

ほな、またぁ~~~

-----------------------------

 お店のデータ 

東順永(とうじゅんえい:Tou Jun Ei)」

本店
東京都新宿区新宿5-10-10
TEL 03-3353-3532
URL https://akr7007315257.owst.jp/

三丁目店
東京都新宿区新宿2-15-15 ヤマトビル2F
TEL 03-6457-8058
URL https://touzyunei3tyoume.owst.jp/
Twitter https://twitter.com/toujunei3 (@toujunei3)

オラの食レポ日記
新宿で絶品中華っ!東順永2018秋

| | コメント (0)

より以前の記事一覧