« 年始日記 ~「謹賀新年2023!!」~ | トップページ | グルメ日記 ~「リズムの良いランチです。杉並・阿佐ヶ谷」2023早春~ »

2023年1月 9日 (月)

グルメ日記 ~「京都のビール・黄桜LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」2023新春~

前回「キリンビール・秋味2022夏」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、スーパーには早くも節分の飾りが並ぶ季節になったよね。

こんな時は、高級なビールを暖かい部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね

せっかくの休日も、新型コロナウイルスのせいで気軽に出掛けられないしぃ~。
(最近、またノーマスクの外国人観光客が都心に溢れ返っているしぃ~)

なので、今年も毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第41回目は悠久の古都「京都(きょうと)」からの使者がっ

---------------------------------

正月を迎えて、東京の家でゴロゴロしていたら、京都から客人が来た。

謹賀新年だぴょん

…何やら軽い雰囲気の小動物の影が。
何だぁ」と思って、玄関のドアを開けると…

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」2023新春-1001
ぴょんぴょぉぉぉぉ~~~~~~~ん

やっぱり出たぁーーーーーーーっ!!(笑)

クリーム色のボディにちょっとドヤ顔の表情のウサギの絵が目立つ、京都・黄桜(旧・黄桜酒造)のビール「LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」だ。
ペールエール」は、原料や製造法の種類の1つ。

Lucky Rabbit」は「幸運のウサギ」と言う意味になる。
だけど、何故かこのウサギの目を見るとイラ立ちを覚える。(笑)

メーカーは「黄桜(Kizakura)」で、日本酒では超有名な老舗メーカーだ。
スーパーや酒屋でカッパの絵を見た事があるでしょ

なので、最初にこのシリーズの缶を見た時は、まさか黄桜が造っているとは思いもしなかった。
逆に、黄桜だと判ってからは「本当にビールか日本酒のカクテルじゃないの」と疑ったりもした。(笑)
ちゃんと下部に「ビール」と書いてあったので、安心した次第

…でも、何で「ウサギ」なんだろう

…あっ、今年は卯年だからウサギさんなのね
顔の右上に「」って書いてあるわ。

ちなみに、黄桜の「キザクラカッパカントリー」は京都の「伏見(ふしみ)」にあり、ここでビールが造られている。
(公式サイトはこちらをクリック

公式サイト(最下部の「地ビール」の文字をクリックしてね)を見ると、ウサギ以外にも猫・鶏・犬・牛・虎がいる。
(猫・鶏・犬の定番品以外は、翌年になるとサイトから消えてしまうのだ…
今回でこの6種類はコンプリートしたので、完璧だ

あまりにこのウサギさんの表情が「何かを訴えかけている」ので(笑)、裏側も見てみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」2023新春-1002
卯年の元日をこれで祝えよぉぉぉ~~~ん

ウサギのようにおしゃれに優雅に正月休みを過ごせ」という事ですな。
(文章は昨年の虎さんと同じだよん)

缶の側面も見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」2023新春-1003
ごくふつぅぅぅぅ~~~~~

ごく一般的な表記が書いてあるだけだ。

反対側を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」2023新春-1004
母がいるぅぅぅぅぅ~~~~

これも「酵母入り」と書かれているが、原材料名を見ると「麦芽・ホップ・米」となっているので、麦と米の両方に酵母が効いているのでは…と想像。
もしかしたら、中身は虎さんと同じか…な

缶の容量は350mlで、日本ではごく一般的。
アルコール度数は5%で、これも国内のビールでは一般的。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

苦ぁぁぁぁ~~~~~~いっ

ほのかに良い香りがしたのでサックリ飲んでみたけど、すぐに強めの苦みがやって来る。
苦みがあるけど、コクがあって飲みやすい。
後味にも苦みが広がる。
遠回りしないストレートな苦さで、苦味好きの人には堪らない、クセになる苦さ
シンプルに美味しい。
(恐らく、去年の虎さんと同じ味だと思う)

酵母入りなので、ほんの少し白く濁っている。
なので、グラスに注ぐ時は缶を少し回転させて、中の酵母が全部出るようにしたほうがベターだね。

これは、ウサギさんの仰せの通り、優雅にじっくり味わって飲むタイプだねぇ~
肉料理に合いそう
(お刺身は、味が負けてしまった…

せっかく京都の地ビールを飲むんだから、お正月の京都っぽい写真でも観てぴょん」と、ウサギさんが写真を3枚持って来てくれた。

優すぃぃぃぃぃ~~~~~っ

まず、1枚目は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」2023新春-1005
(2010年11月撮影)
いかにも京都ぉぉぉぉぉ~~~~~っ

京都を代表する神社、「平安神宮(へいあんじんぐう)」だ。

全てが大きくて堂々としているよねぇ~。
お正月にふさわしい1枚だ

2枚目は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」2023新春-1006
(2011年12月撮影)
おこしやすぅぅぅぅ~~~~~~~っ

東山地区の高台寺の前にある「石塀小路(いしべこうじ)」だ。

これぞ「和風の極み」といった光景で、外国人にも大人気だ

3枚目は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」2023新春-1007
(2011年12月撮影)
カレー散水ぃぃぃぃぃ~~~~~~っ

金閣寺の近くにある有名なお寺「龍安寺(りょうあんじ)」の、枯山水(かれさんすい)の石庭だ。

この写真で心を落ち着かせてから、このビールを味わえという事ですな

では、これらを観ながら、優雅にビールタイムを過ごしますか
いやぁ~、満足

ウサギさんが「京都に帰るぴょん」と言うので、玄関まで見送ったら…「そうだ、この写真もあったんだぴょん」と言って見せてくれた。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY RABBIT・旨味ペールエール」2023新春-1008
ボク達は元気だよぉぉ~~ん

今まで会った彼等の集合写真だった。
みんな元気そうだねぇ~
(第39回「京都のビール・黄桜LUCKY TIGER・旨味ペールエール2022新春」は、こちらをクリック

さて、来年は辰(たつ)年なので、龍さんがやって来るのかな
それとも、オラが京都まで呼び出されるのか…な
まぁ、コロナウイルス次第だね

また会おうねぇぇぇぇ~~~

バイバイキ~~~~~~~ン

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、4回目のワクチンを打って、溢れ返る観光客が落ち着くまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう

つづき「京都のビール・黄桜LUCKY DRAGON・旨味ペールエール2024新春」はこちらーっ!

|

« 年始日記 ~「謹賀新年2023!!」~ | トップページ | グルメ日記 ~「リズムの良いランチです。杉並・阿佐ヶ谷」2023早春~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年始日記 ~「謹賀新年2023!!」~ | トップページ | グルメ日記 ~「リズムの良いランチです。杉並・阿佐ヶ谷」2023早春~ »