« お仕事日記 ~「世田谷区のはじっこ」2022新春~ | トップページ | お散歩日記 ~「一枚の写真から:世界最長の各駅停車」2022初春~ »

2022年2月 7日 (月)

お散歩日記 ~「やっぱTOKYOと言えば東京タワーでしょ!」2022初春~

先日、お仕事で東京都心の「赤羽橋(あかばねばし)」まで行って来た。

その最中に、東京のシンボル「東京タワー」が目の前に見えたので、お仕事の合間に撮ってみた。

まずは、「赤羽橋ってどこよ赤羽じゃないの」「東京タワーって有名だけど、どこよ」という方の為に、地図をご覧いただこう。

ほれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・赤羽橋「東京タワー」2022初春-1001
(2022年のグーグルマップより)
東京のど真ん中ぁぁぁぁぁ~~~~~っ

中央やや下に、東京タワー様はいらっしゃる。

右上の「東京」の文字の所が「東京(とうきょう)」駅。
赤羽橋は、東京タワーのすぐ下に書いてある「東京都済生会中央病院」のマークの所にある交差点だ。
最寄り駅は、都営大江戸線の「赤羽橋」駅で、出口を出ると交差点が目の前にある。

最初に、交差点から1本裏道に入った所にある公園で、東京タワー様を発見した。

ほれほれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・赤羽橋「東京タワー」2022初春-1002
ニョッキリ

マンションの屋根にニョッキリ生えたような感じだけど、間違いなく東京タワー様だ

浅草(押上)の「東京スカイツリー」を見慣れてしまうと、今や低く感じる。

地上デジタル放送(地デジ)が始まる時に、上部の展望台の上に地デジ用の送信アンテナを付けてしまったので、完成当時以来のシンプルな美しさは損なわれてしまった。

お仕事中に赤羽橋の交差点を渡ったら、あまりの迫力あるお姿に圧倒され、お仕事終わりに撮ってしまった。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・赤羽橋「東京タワー」2022初春-1003
東京だよ、おっかさぁぁぁぁ~~~~ん

う~~~~ん、これぞ「TOKYO

美しいお姿ですわん

昭和33年に完成した、高さ333mの電波塔。
紅白の塗装が、最大の魅力

家の方角(中野区)からだと、新宿の東京都庁等のビル群で見えなくなってしまったけど、普段の勤務先の世田谷区からだと見えるんだよねぇ~。
特に、小田急線の「経堂(きょうどう)」駅のホームは、富士山と東京タワーと都庁が全部見られるナイススポットなのだ
夕暮れ時は絶景よ
夕焼けをバックに黒く聳えるおフジに、ライトアップされた東京タワーと新宿のビル群が最高

今の時期は仕事が「繁忙期」なので、夜間や土曜日も出勤させられるので、都心に行く事も多いのだ。
こんな大人になってから、改めて東京観光している次第。
やはり、昭和・平成と令和では景色も違うよねぇ~。

3月末くらいまでは、あちこち行かされると思うので、令和の東京観光をしておこぉ~~~~っと

では、またぁ~~~~

|

« お仕事日記 ~「世田谷区のはじっこ」2022新春~ | トップページ | お散歩日記 ~「一枚の写真から:世界最長の各駅停車」2022初春~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お仕事日記 ~「世田谷区のはじっこ」2022新春~ | トップページ | お散歩日記 ~「一枚の写真から:世界最長の各駅停車」2022初春~ »