« グルメ日記 ~「アイルランドの黒ビール・ギネス」2020冬~ | トップページ | 年末日記 ~「さぁて、振り返ってみようぢゃぁないか、2020年とやらを…」の巻~ »

2020年12月21日 (月)

グルメ日記 ~「スコットランドのビール・BREWDOG PUNK IPA」2020冬~

前回「アイルランドの黒ビール・ギネス2020冬」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、気が付いたら年末だよね。

こんな時は、高級なビールを暖かい部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね

せっかくの休日も、新型コロナウイルスのせいで気軽に出掛けられないしぃ~。
(最近、急激に盛り返してるしぃ~)

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第25回目は前回のお隣の国、スコットランドの首都「エディンバラ(Edinburgh)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
スコットランドのビール「BREWDOG PUNK IPA」2020冬-1001
恋は水色ぉぉぉぉ~~~~ぅ

水色のボディに黒い文字が目立つ、スコットランドのビール「BREWDOG PUNK IPA(ブリュードッグ パンク アイピーエー)」だ。
PUNK IPA」は、製造法や原料の種類の1つ。
BREWDOG」はメーカー(ブランド)名で、「BREW」は「醸造」で「DOG」は「」の意味。

では、スコットランドがどこにあるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
スコットランドのビール「BREWDOG PUNK IPA」2020冬-1002
(2020年のグーグルマップより)
の位置だよん

西欧諸国の端っこにあって、日本の首都「東京(とうきょう)」(地図の)と比べると、かなり緯度の高い場所にある国だ。
でも、暖流のおかげで、日本の北にあるオホーツク海よりはだいぶ暖かい。

アップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
スコットランドのビール「BREWDOG PUNK IPA」2020冬-1003
(2020年のグーグルマップより)
大英帝国ぅぅぅぅ~~~~

イギリス内の北にある国(地域)で、南側はイングランドと国境を接している。(赤い線が国境)

日本人が普段思っている「イギリス(英国)」は、「スコットランド」「イングランド」「ウェールズ」「北アイルランド」の4つの国(地域)の集合体で、日本人にはちょっと解りづらい。
元々は別々の国だったが、色々な歴史の流れで1つの国としてまとまった次第。
大雑把に言うと、江戸時代の「日本国(大和朝廷)」と「各藩(武蔵国など)」に似たような感覚か…な

では、出掛けよう

…と言っても、オラ、西欧各国に旅したことがあるけど、スコットランドには行った事が無いのだ。
(イギリスとアイルランドとアイスランドとノルウェーとベルギーとルクセンブルクとリヒテンシュタインとモナコが無い)
イギリスの息が掛かった所(オーストラリアと香港)は行った事があるんだけどねぇ~、本土が無いのよ。

なので、手持ちの「それっぽい写真」でごまかすことにしよう。
なぁ~に、どうせ「脳内旅行」だしね。

前回居たアイルランドのダブリンの空港から、ひこーきでお隣のイギリスのエディンバラへ。

脳内なら一瞬だ(笑)

エディンバラの街のパブに入り、スコットランドっぽいビールを注文して席に着く。

ほどなくやって参りました。
(画像をクリックすると拡大するよん)
スコットランドのビール「BREWDOG PUNK IPA」2020冬-1004
わおぉぉぉぉーーーーーん

飛び跳ねて吠えているような犬が特徴的だ

この缶は文字がびっしりと書かれていて、絵はわんこ1つだけだ。
JR九州の車両っぽくも感じる。

全部翻訳するほどの英語力は無いので、気になった人は自分で訳してね(笑)

缶の側面も見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
スコットランドのビール「BREWDOG PUNK IPA」2020冬-1005
デカ文字ぃぃぃぃ~~~~っ

商品名がデカデカと書かれている。

裏側の側面も見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
スコットランドのビール「BREWDOG PUNK IPA」2020冬-1006
びっしりぃぃぃぃ~~~~

原材料名や注意書きがびっしりと書かれている。
よ~く見ると、英語と日本語以外にも多言語で書かれている。
スコットランド語ゲール語かなぁ~

缶の容量は330mlで、日本の350ml缶に比べたら少し小さい。
欧米では330ml(約11オンス)が標準なようだ。
アルコール度数は5.6%で、日本国内のビールと比べるとやや高め。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

意外とさっぱりぃぃぃぃ~~~~っ

一口目は軽くフルーティーだけど、すぐに苦みが広がる。
でも、後味はさっぱりしていて飲みやすい。

ガンガン飲むタイプではないけど、気軽にサクサク飲めそう

スコットランドのビールなので、やはりイギリス系の料理が良く似合うであろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
スコットランドのビール「BREWDOG PUNK IPA」2020冬-1007
(2018年10月に岡山駅ビル内で撮影)
ド定番~~~~~~~~っ

超定番の「フィッシュ・アンド・チップス」だぁ~ね

お世辞にも「味覚が良い」とは言えないイギリス系民族の、大雑把でシンプルな味付けがかえって合う
(フィッシュ・アンド・チップス自体は、元々はフランス料理だそうで)

苦味とじゃがいもって、何でこんなに合うのでしょう

もう一品食べちゃおうっかな

ほれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
スコットランドのビール「BREWDOG PUNK IPA」2020冬-1008
犬と鶏ぃぃぃぃぃ~~~~っ

鶏のハーブ焼き」だ

スーパーの総菜のように見えるが、脳内ではパブの立派なお皿に乗っているのだ

当然、お肉にも合うやぁ~~~ね

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンと薬が流通されるまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…年末だしなぁ~。いったん帰国するぅ(笑)

つづき「京都のビール・黄桜Japanese SpiritとFor your Dream 2021新春」はこちらーっ!

|

« グルメ日記 ~「アイルランドの黒ビール・ギネス」2020冬~ | トップページ | 年末日記 ~「さぁて、振り返ってみようぢゃぁないか、2020年とやらを…」の巻~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルメ日記 ~「アイルランドの黒ビール・ギネス」2020冬~ | トップページ | 年末日記 ~「さぁて、振り返ってみようぢゃぁないか、2020年とやらを…」の巻~ »