« プチ旅日記 ~「令和の駅に昭和がある。小田急線下北沢駅」2020秋~ | トップページ | グルメ日記 ~「東京のビール・サントリー・TOKYO CRAFT I.P.A.2020」2020冬~ »

2020年11月30日 (月)

グルメ日記 ~「京都のビール・黄桜LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋~

前回「京都のビール・黄桜LUCKY DOG・旨味ペールエール2020秋」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…もう、スーパーには正月飾りが並ぶ季節になったよね。

こんな時は、高級なビールを暖かい部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね

せっかくの休日も、新型コロナウイルスのせいで気軽に出掛けられないしぃ~。
(最近、急激に盛り返してるしぃ~)

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第22回目も前回と同じく四度、悠久の古都「京都(きょうと)」へ

前回が終わった後、「やっと東京に帰れる」と思ったら、後ろから「モゥ帰っちゃうの」と声がした。

恐る恐る振り返ってみると…

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1001
もももぉぉぉぉ~~~~ん

やっぱり出たぁーーーーーーーっ(笑)

クリーム色のボディにやる気のない表情の牛の絵が目立つ、京都・黄桜(旧・黄桜酒造)のビール「LUCKY COW・旨味セッションIPA」だ。
セッションIPA」は製造法の種類の1つ。

Lucky Cow」は「幸運の牛」と言う意味になる。
だけど、何故かこの牛の目を見ると脱力感を覚える。(笑)

メーカーは「黄桜(Kizakura)」で、日本酒では超有名な老舗メーカーだ。
スーパーや酒屋でカッパの絵を見た事があるでしょ

なので、最初にこの缶を見た時は、まさか黄桜が造っているとは思いもしなかった。
逆に、黄桜だと判ってからは「本当にビールか日本酒のカクテルじゃないの」と疑ったりもした。(笑)
ちゃんと左下に「ビール」と書いてあったので、安心した次第

…でも、何で「」なんだろう

…あっ、来年は丑年だから牛さんなのね
顔の左横に「」って書いてあるわ。

では、日本の古都「京都」がどこにあるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1002
(2020年のグーグルマップより)
の位置だよん

まぁ、日本人ならほぼ知っているとは思うけど、幅広い年齢層と国籍の方々がこの日記を読んでいるので、一応位置を明記しておいた。

京都市内をアップで見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1003
(2020年のグーグルマップより)
おこしやすぅぅぅぅ~~~~

中央に京都駅があり、左斜め上に「嵐山(あらしやま)」が、右に滋賀県の「琵琶湖(びわこ)」が、下に「宇治(うじ)」ある。

赤い★の位置は黄桜の「キザクラカッパカントリー」で、ここでビールが造られているようだ。
(公式サイトはこちらをクリック

公式サイトを見ると、牛以外にも猫・鶏・犬がいる。
今回でこの4種類はコンプリートしたので、完璧だ

今日も牛さんに引き留められてしまったので、脳内の京都のホテルにご宿泊ぅ~。

ぢゃ、おやすみんみ~~~~ん

そして翌朝。

では、出掛けよう

今日ものんびりと「東山(ひがしやま)」方面へお出掛けぇ~。
昨日観ていない場所を、まったりと散策しよう

あっという間に高台寺の前にある「石塀小路(いしべこうじ)」に到着ぅ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1004
(2011年12月撮影)
くねくねぇぇぇ~~~~~ぃ

純和風の細い小路が、くねくねと奥へ続いている。
ここも有名な観光スポットだ

人が写り込まないように撮影するのは至難の業だったけど、今ならチャンスが多いか…な
今回は脳内なので、すべて無人にしておこう

くねくねを通過すると、真っ直ぐな道になる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1005
(2011年12月撮影)
おぉ、いぇい

京都」と言えばこのような光景ですな
道に張り出した家が特徴で、京都では結構見掛ける。

小路の坂を下りると、広めの道に出た。

では、次はお約束の「鴨川(かもがわ)」にでも行きますかいのぉ~。

街の中をテコテコ歩いて、鴨川に到着ぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1006
(2009年10月撮影)
至上の私情ぉぉぉぉ~~~~ぅ

四条大橋(しじょうおおはし)」に出たぞ。
奥に見える橋が、三条大橋ね。

この辺が今の京都の繁華街なので、付近をうろうろして探検する。

ここで脳内の時間を進めて、夕方にしてしまえっ(笑)

モゥ、早く飲みたいのよ

今夜は、上の写真の左側にある、川沿いの細い道「先斗町(ぽんとちょう)」に行こう

一見さんお断り」の高級料亭が並んだ道だけど、今は観光客でも入れるお店もあるのでね。

先斗町に足を踏み入れると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1007
(2010年11月撮影)
しっぽりぃぃぃぃぃ~~~~~

京都の夜」が詰まっていて、よろしゅおすな

さて、牛さんと待ち合わせしたお店に入って席に着く。

そして、今日も黄桜ならではの地ビールをご注文~
(…って言うか、牛さんがすでに用意していたので)

4回目は仰せの通りにこれをチョイス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1008
もももももぉ~~~~~ん

缶に書いてある説明を読むと…

何っ舌の上に広がるシャープな苦みが、にぎやか気分を盛り立てます」となっ

…つまり、「苦い」という事ですな。

あまりにこの牛さんの表情がダルそうなので(笑)、表裏並べて撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1009
丑年の元日をこれで祝えよぉぉぉ~~~ん

牛のようにゆっくり正月休みを過ごせ」という事ですな。

缶の側面も見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1010
ごくふつぅぅぅぅ~~~~

ごく一般的な表記が書いてあるだけだ。

反対側を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1011
母がいるぅぅぅぅぅ~~~~

これも「酵母入り」と書かれているが、原材料名を見ると「麦芽・ホップ・米」となっているので、麦と米の両方に酵母が効いているのでは…と想像。

缶の容量は350mlで、日本ではごく一般的。
アルコール度数は5%で、これも国内のビールでは一般的。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

苦ぁぁぁぁ~~~~~いっ

香りが良くて初めはフルーティーだけど、すぐに苦みが広がる。
遠回りしないストレートな苦さで、苦味好きの人には堪らない、クセになる苦さ
シンプルに美味しい。

酵母入りなので、ほんの少し白く濁っている。
なので、グラスに注ぐ時は缶を少し回転させて、中の酵母が全部出るようにしたほうがベターだね。

これは、牛さんの仰せの通り、じっくり味わって飲むタイプだねぇ~
肉料理に合いそう
(お刺身は、味が負けてしまった…

あっ、こんな名物も合いましてよぉぉぉぉ~~~~
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1012
(2010年11月撮影)
コロッケなりぃぃぃぃ~~~~っ

嵐電の「嵐電嵯峨(らんでんさが)」駅の近くにある「中村屋総本店(なかむらやそうほんてん)」のコロッケだ
地元では人気で、オラも並んで買った。

揚げたてで、まいう~

苦いビールって、じゃが芋にも合うよね

この時に、すぐ近くの「嵐山(あらしやま)」駅から嵐電に乗ろうとしたら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1013
(2012年10月撮影)
タイホぢゃーーーーーーっ

何とっパトカーの色をした車両に乗る事に。
安全パトロールのPRでこの色になっているようで。
パト電は、他の地域の私鉄でも見られるね。

気のせいか、牛さんの体の色とも合っているような…

これで、京都は目と胃袋で充分過ぎるほど楽しんだぞ
さぁ、本気で東京へ帰ろう。(笑)

京都駅へ行こうとしたら、彼らが見送りに来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
京都のビール・黄桜「LUCKY COW・旨味セッションIPA」2020秋-1014
また来てねぇ~~~~~

見た目は態度がデカそうでクセのある連中だと思ったけど、話して(飲んで)みるといい奴らだったよ
また来るぜっ

バイバイキ~~~~~~ン

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンと薬が流通されるまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…って、いったんお家に帰るよ。(笑)

つづき「東京のビール・サントリー・TOKYO CRAFT I.P.A.2020冬」はこちらーっ!

|

« プチ旅日記 ~「令和の駅に昭和がある。小田急線下北沢駅」2020秋~ | トップページ | グルメ日記 ~「東京のビール・サントリー・TOKYO CRAFT I.P.A.2020」2020冬~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ旅日記 ~「令和の駅に昭和がある。小田急線下北沢駅」2020秋~ | トップページ | グルメ日記 ~「東京のビール・サントリー・TOKYO CRAFT I.P.A.2020」2020冬~ »