« グルメ日記 ~「埼玉・川越の地ビール・COEDO(小江戸)」2020秋~ | トップページ | グルメ日記 ~「北海道・サッポロビール クラシック」2020秋~ »

2020年10月 5日 (月)

グルメ日記 ~「北海道・伝説のホップSORACHI1984」2020秋~

前回「埼玉・川越の地ビール・COEDO(小江戸)2020秋」からのつづきーっ!
第1回目はこちら

…いやぁ~「涼しい」と言うより「肌寒い」になってきたね。

こんな時は、高級なビールを部屋でゆっくりと味わって飲みたいよね

せっかくの休日も、新型コロナウイルスのせいで気軽に出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第12回目は脳内の羽田空港から飛行機に乗って、北海道の「富良野(ふらの)」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロビール・北海道「伝説のホップSORACHI1984」2020秋-1001
でんせつぅぅぅぅ~~~~ぅ

白いボディに金色のホップの絵が目立つ、サッポロビールの「伝説のホップSORACHI1984」だ。

SORACHI(そらち)」とは「空知」と書き、富良野がある地域の名称。

では、富良野がどこにあるのかと言うと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロビール・北海道「伝説のホップSORACHI1984」2020秋-1002
(2020年のグーグルマップより)
の位置だよん

ラベンダーやドラマ「北の国から」で世界的に有名だが、正確な位置を知っている人は結構少ないと思う。

では、出掛けよう

北海道は冬が来るのが早いから、今のうちに行っておかなきゃ

まずは脳内の羽田空港から新千歳空港へ、飛行機でひとっ飛び。
いやぁ~、ひこーきは速いねぇ~。

そして列車に乗って、まずは「札幌(さっぽろ)」駅へ。

とりあえずは、観光しながらサッポロビール大先生にご挨拶に行きまひょ

まずは、ここ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロビール・北海道「伝説のホップSORACHI1984」2020秋-1003
(2007年2月に撮影)
くらしっくぅぅぅぅ~~~~ん

明治の開拓当時の雰囲気が残る、「北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)」だ。
明治21年(1888年)に建てられたそうで。

札幌の開拓の起点を見学した後は、お約束の…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロビール・北海道「伝説のホップSORACHI1984」2020秋-1004
(2007年2月に撮影)
あかいほしぃぃぃぃぃ~~~~~っ

赤い星がまぶしい「サッポロビール博物館」だっ

大日本麦汁愛飲党(だいにっぽんむぎじるあいいんとう)」の党首としては、ここは絶対に外せない

しっかりと見学し、館内のバーでオリジナルの地ビールを堪能する。

堪りませんな

…では、今回の目的地「富良野」へ移動しよう。

札幌駅から列車に乗ってGo!
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロビール・北海道「伝説のホップSORACHI1984」2020秋-1005
(2007年2月に撮影)
果てしない大地の旅ぃぃぃぃ~~~~っ

観光的には「札幌(さっぽろ)」駅から列車で行くのが定番コースかな。
地元の人は高速バスを使うと思うけどぉ~。

そして着いたぜ、富良野の街に。

ラベンダーの季節(7月)は過ぎていたので、「北の国から」のロケ地を巡り、さっさと居酒屋に入る。
(全て脳内での行動)

そして、お店のメニューにあった珍しいご当地ビールを注文してみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロビール・北海道「伝説のホップSORACHI1984」2020秋-1006
伝説とな

裏面に書いてあった解説を読んでみると……なるほど。

ここ(空知の富良野)で開発されたホップが、アメリカでヒットして世界的に有名になったのね

…これは期待出来るぞ

側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロビール・北海道「伝説のホップSORACHI1984」2020秋-1007
ごく一般的ぃぃぃぃ~~~~

この面は他のビール等と変わらないね。

反対側の側面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロビール・北海道「伝説のホップSORACHI1984」2020秋-1008
こちらもごく一般的ぃぃぃぃ~~~~

製品に関しての表示が並んでいる。

日本の缶ビールなので、容量は一般的な350ml
アルコール度数は5.5%と、やや高めだ。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

さわやかぁ~~~~~

色は濃い目だけど、香りが良くて鼻通りがさわやか。
最初はフルーティーで、すぐにゆっくりと苦みが広がる。

…これ、お上品なビールね

なるほど、海外で人気が出る訳だよ、うん、うん。

これは、じっくりと時間を掛けて味わうのが良いね
宴会でガンガン飲むタイプのビールではない。

ちょいと高級なので、おみやげやプレゼントにも良いね

オラ的には、「自分にご褒美」として、こんな組み合わせも良いのではないかと。
(画像をクリックすると拡大するよん)
サッポロビール・北海道「伝説のホップSORACHI1984」2020秋-1009
(2007年2月に小樽で撮影)
素敵過ぎ

北海道のお酒のお供と言えば「海鮮」と「ジンギスカン」。

やっぱり東京と比べると、鮮度と値段が違いますってば

余談だけど、この缶ビールを買ったお店では、何故か商品説明のカードに「小樽のビール」と書かれていた。
ホップは富良野&外国産だし、サッポロビールは札幌にあるし…
何で???

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンと薬が流通されるまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…って、ある程度は決めているんだけどなぁ~。(笑)

2007年に行った小樽の街歩き日記はこちらをクリック

つづき「北海道・サッポロビール クラシック2020秋」はこちらーっ!

|

« グルメ日記 ~「埼玉・川越の地ビール・COEDO(小江戸)」2020秋~ | トップページ | グルメ日記 ~「北海道・サッポロビール クラシック」2020秋~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(01北海道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルメ日記 ~「埼玉・川越の地ビール・COEDO(小江戸)」2020秋~ | トップページ | グルメ日記 ~「北海道・サッポロビール クラシック」2020秋~ »