« グルメ日記 ~「ドイツ・ミュンヘンのビール・レーベンブロイ」2020夏~ | トップページ | グルメ日記 ~「ベルギーのビール・ヒューガルデン」2020秋~ »

2020年9月21日 (月)

グルメ日記 ~「ベルギーのビール・白濁(しろにごり)」2020秋~

前回「ドイツ・ミュンヘンのビール・レーベンブロイ2020夏」からのつづきーっ!

…やっと秋らしい涼しい気候になったよね。

こんな時は、高級なビールをゆっくりと味わって飲みたいよね

せっかくの休日も、新型コロナウイルスのせいで気軽に出掛けられないしぃ~。

なので、毎晩自宅で「ビールで巡る世界の旅」を実行する事にした。(笑)

そんな訳で、第8回目は前回のドイツから脳内特急列車に乗ってお隣の「ベルギー」へ

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1001
はくだくぅぅぅぅ~~~~

銀のボディに白い水玉とベルギー国旗が目立つ、「白濁(しろにごり)」だ。
缶の文字からして、日本国内向けに製造されているバージョンのようだ。

さて、前回のドイツの「ミュンヘン(München)」から乗った脳内特急列車が到着した場所は、ベルギーの首都「ブリュッセル(Bruxelles:Brussel)」。

前々回にオランダの「アムステルダム(Amsterdam)」からはるばる南ドイツまで650Kmほど移動したのに、また同じ距離を北上するとは…

世界地図で見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1002
(2020年のグーグルマップより)
の位置だよん

日本は右(東)の端っこにある。

緯度的には、北海道よりも北で、ロシアのサハリン(樺太)の北端近くと同じだ。

そんな北の位置にあるのに、暖流のおかげでそれほど寒くない。
(ヨーロッパの国々は、ほぼ東京よりも北にある)

もうちょっとアップで見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1003
(2020年のグーグルマップより)
西欧の中心~~~~~ん

いわゆる「西ヨーロッパ」と呼ばれていた地域のほぼ中央にある。

前々回のアムステルダムからは180Kmほどしか離れていなく、フランスの首都「パリ(Paris)」からも250Kmほどなので、ベルギーの公用語はフランス語とオランダ語になっている。
世界的に重要な機関の拠点にもなっている、欧州では重要な街だ。

ベルギーの総面積は、オランダよりも小さく北海道の約2/5ほどで、岩手県のほぼ2倍だ。

赤い●がブリュッセルで、「小パリ」と呼ばれるほど美しい都市だそうだ。

オラ、西欧諸国はほとんど行ったのだけど、「ベルギー・ルクセンブルク・リヒテンシュタイン・モナコ・ノルウェー・イギリス・アイルランド・アイスランド」は行った事が無い。
なので、ここから先は脳内のイメージのみで話を進める。(笑)

ベルギー・オランダ・ルクセンブルクの3国を、通称「ベネルクス」と呼び、チョコレートやビール等の「美味しいものが多い」という認識しかない。

まずは、ブリュッセルに行こう。

ベルギー国内の写真を1枚も持っていないので、ブリュッセルに行く特急列車の写真でごまかそう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1004
(1996年にアムステルダムで撮影)
たりすぅぅぅぅ~~~ん

世界的に有名なフランスの新幹線「TGV」の妹分で、名を「Thalys(タリス)」と言う。
どの国の言葉にも該当しない、女性っぽい名前にしたとか。
赤い車体に流れるようなロゴマークが女性的

ちょうど手前のホームにきれいな西洋娘が座っていて、「いかにもヨーロッパ」な画になっていたので激写した(笑)

ブリュッセルに着いて、駅の近くにある日本料理屋さんに入る。
(あくまで脳内での展開)

海外で困った時には、日本料理屋さんに行くとかなりの割合で問題が解決して助かるのだ
(日本語で話せるのでね

今回は「刺身でも食べたいなぁ~」と思ったので入店した次第。

席に着いて店員さんに「ベルギーのビールでお勧めは」と訊いたら、「これですね~」と持って来てくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1005
おんや

白濁」と言う名前かぁ~。
しかも、音読みの「はくだく」じゃなくて、訓読みの「しろにごり」なのね

早速缶を開けようとして気が付いた。

…缶の印刷が上下逆さまやん。

文字の上面(てっぺん)を見ると、こんな感じになっていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1006
真っ直ぐGo!!

ベルギーから直輸入で、しかも「こちらを上にして保管せい」と書かれたシールが貼られている。
シールの色がベルギー国旗なのも、良いデザインだね
(ドイツ国旗と似ているけど間違えないでね)

上面がこのお姿って~ことは、底面は「あの形」になっているしかないだろう。

ほれ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1007
ぷるたぶぅぅぅぅぅぅ~~~~

一般的な上面にあるプルタブが見える。
底にして保管するため、飲み口の衛生面を考慮してか、透明なキャップが付いている。

一般的な缶飲料の向きにして撮ってみると、こうなる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1008
おしゃかさまぁぁぁぁぁ~~~~っ

天地無用の、お逆さまだ。

何でこんなデザインになっているかと言うと、缶の側面に解説が書いてあったので少し後でご紹介。

先に、缶の側面のデザインをご覧いただこう。

表と裏を並べてみると、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1009
良いんでなぁ~~~~~い

もうすぐにでも缶を開けて飲みたくなるデザインだ

グラスの中のビールは「白濁」と言う名の通り、少し黄色みが薄くて白く濁っている。

…で、側面に書いてある解説を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ベルギーのビール「白濁(しろにごり)」2020秋-1010
こうぼぉーーーーーーーーーっ

白生酵母」と言う酵母が入っているからなのだ。

この酵母は底に沈殿するため、敢えて缶を逆さまに保管するようなデザインにしておいて、飲む時に酵母が缶の外に出やすいようにしている。

日本酒のにごり酒と一緒で、本当は少し缶を回転させて酵母がよく混ざるようにしてグラスに注ぐのがベストな飲み方
あまりシャカシャカ振ると炭酸成分が豪快に吹き出してしまうので、優ぁ~しくゆっくり回転させるのが良い

…あれこれも330mlなんだ。

欧州の缶ビールって、ちょいと少なめだよねぇ~。
缶の大きさ自体も、一般的な350ml缶よりもやや小さい。
(幅は同じで高さが低い)

アルコール度数は5%で、一般的だね。

では、飲んでみよう

キンキンに冷やした陶器のジョッキに注いで、いっただっきまぁ~~~~~っす

ごくごく。

超~~飲みやっすぅ~~~~~~い

これ、もはやビールじゃなくてカルピスサワーだよ。(笑)

軽い酸味と薄めのカルピスっぽい味で、苦味が無いため超絶飲みやすい。

女性もガンガン飲めそうな勢い

色が薄くてきれいなので、本当は陶器のジョッキのほうが美味しいんだけど、敢えてガラス製の美しいグラスに注いで色を楽しむのも良いね

ビールやワインやウイスキーは、注ぐ容器の材質によって味が変わるので要注意
同じ酒を同時に紙コップとグラスと陶器に注いで、飲み比べしてごらん

これはあまりにガンガン飲めるので危険よ(笑)

ベルギーはこの製造法のビールがまだあるので、かなり危険な国と言えよう。
チョコレートもビールも摂り過ぎに注意っ

…ふぅ、今回も堪能した

さぁ、ワクチンと薬が流通されるまでは、お家で「味の世界旅行」をしていこう。

さて、次回はどこに旅しよう…って、もう1種類のベルギービールの旅ぢゃ。

つづき「ベルギーのビール・ヒューガルデン2020秋」はこちらーっ!

|

« グルメ日記 ~「ドイツ・ミュンヘンのビール・レーベンブロイ」2020夏~ | トップページ | グルメ日記 ~「ベルギーのビール・ヒューガルデン」2020秋~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルメ日記 ~「ドイツ・ミュンヘンのビール・レーベンブロイ」2020夏~ | トップページ | グルメ日記 ~「ベルギーのビール・ヒューガルデン」2020秋~ »