« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月23日 (月)

プチ旅日記 ~「お江戸・烏森神社の長屋」2020春~

今回はサラッと。

ただ今、転職活動中でお金も無いうえに新型コロナウィルスの影響と花粉症で、外出もままならない状態が続いている。
(金欠と花粉症の要因が大)

そんな中、就職の面接で東京のオフィス街「新橋(しんばし)」駅前に行って来た。
そう、駅前広場に蒸気機関車「C11形」が置かれていて「SL広場」と言われている場所で、酔っぱらったサラリーマン達がTV局のインタビューに「イェ~イ」と答えている「おっちゃんの聖地」だ

約束の時間より少し早めに到着したので、駅前を散歩してみることにした。

久々の街歩きぃ~~~~

駅前は昔から歩いた事があったけど、この付近の飲み屋街を通ったことは無かったなぁ…
(銀座から新橋駅へ来る道と、皇居からずっと南下する道はよく歩いた)

駅前の地図を見ると、すぐ近くに神社があるのが判った。

…あっ、ここなの

烏森神社(からすもりじんじゃ)」と言う大変由緒のある神社で、江戸っ子なら誰でも知っている。
(創建は天慶3年(940年)だそうな)

今の新橋駅(2代目)も、明治42年(1909年)の開業当初は「烏森」駅と呼ばれていた。
初代の新橋駅は、2代目が改名した時に「汐留(しおどめ)」駅と改称されている。

SL広場を背にして左に50mほど進んだ裏道に、烏森神社は建っている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
お江戸・烏森神社の長屋2020春-1101
せまぁーーーーーーーーいっ

周囲は大きなオフィスビルだらけなのに、この神社の周辺だけは昔ながらの昭和レトロな雰囲気が残っていた。

上野浅草に来たみたい

正面奥の立派なコンクリートの建物が烏森神社で、想像と違って近代的でちょいと驚いた。
朝の9時半過ぎだけど、参拝に訪れる人が結構いる。
スーツ姿のサラリーマンもいた。

今立っている場所が参道のようで、背中側のすぐ先にある大きな道へと通じている。
JR新橋駅は右奥ね

正面の階段が始まる手前にも細い横道があって、数分前に歩いてみた。
小さな飲食店(居酒屋やスナック等)が並んでいる、周囲から比べたらディープな空間だった。

次に、今立っている場所の左にある細い道を歩いてみることにした。

左を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
お江戸・烏森神社の長屋2020春-1102
…おんや?

メチャクチャ住宅街と同じ光景なんですけどぉ…

オフィス街という感じがまるでしない。

余談だが、右のお店の戸の横に書いてある「酒は百薬の長」という文字が、毎日飲み歩いているおっちゃん達の免罪符になっている感じがして微笑ましい
呑んべぇには、これ以上に救われるお言葉は無い。
大日本麦汁愛飲党」の党首であるオラも、このお言葉に魂を救済されている

正面の古い建物が気になったので、近寄ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
お江戸・烏森神社の長屋2020春-1103
…南千住

まるで、下町の「南千住(みなみせんじゅ)」駅や「三河島(みかわしま)」駅や「町屋(まちや)」駅の近くにいるようだ。
右の青い壁の建物が町工場…みたいな。

左の建物の壁を見ると、手前に建っていたであろう家とつながっていた感じがする。
特に、屋根の付近にもう1つ屋根っぽい線の痕跡があるよねぇ…
(でも、くっついていたら窓は作れないか。ただの飾りだね)
壁の色(汚れ)がはっきりと違っているので、白っぽい部分が密接していたのだろう。

手前の更地は、これから何が建つんだろう…
高いビルは、面積と法規的に無理だろうね。

右の「酒は百薬の長」みたいな感じの2階建てでも建つのかな

この道は、新橋駅から見ると「裏道のさらに裏道」というような感じになっている。
駅からだと、3回曲がらないとこの道にたどり着けない。

道を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
お江戸・烏森神社の長屋2020春-1104
…先斗町

まるで京都の「先斗町(ぽんとちょう)」や奈良の「ならまち」にでも来たような感覚だ
看板の飛び出し方は香港っぽい。(笑)

奥の車が見える所が大きな道で、そこもビルが立ち並ぶオフィス街になっている。

では、歩いてみよう。

まだ朝なので、お店の仕込みも始まっていなくてとても静かだ。
(ランチも営業する店もあるようだ)

すぐ右前にあったこんなアイテムに心惹かれて、思わず撮ってしまった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
お江戸・烏森神社の長屋2020春-1105
てつびぃーーーーーーーーん

おそらく鉄瓶であろう。

植木鉢代わりに使っているのかな
それとも、この吊り下げ方に商売的な意味があるのかな

何か、オラ的にはこの2軒のデザインは「東京」よりも「京都」を感じる。

さらにお隣の建物に進むと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
お江戸・烏森神社の長屋2020春-1106
おぉ、いぇい

…これぞ、お江戸の長屋っ

板張りで、近代的な機器が外付けで、2階に物干し台がある…この構造だよ

タオルの横にとうもろこしが干してるのが気に入った
粒は全く付いていないので、縁起物とかかな

これらの家の密接具合からして長屋であることは間違いないな…と思っていたら、このお店の名前はそのものズバリの「長屋」。(笑)
いわし料理専門店」だって

…ふぅ、意外な所に「お江戸」が残っていたなぁ~。

何も、今の下町(上野・浅草・千住界隈)だけが「江戸情緒」の街ではないことが解った。
(大昔は、新橋も神保町も本郷も下町の範囲だったと言われると…

このレトロな建物群は、どうやらこの烏森神社の一角だけっぽい。
(もう少し南にもレトロな一角があるようだ)

…今まで気付かない訳だよ。

この辺の大きな道路をしょっちゅう歩いていたのは大学生~20代の時だもん。
こんな大人向けの飲み屋街には来ないからね。

…おっ、そろそろ面接の時間だ。

ほな、行ってくるでぇ~~~~~

| | コメント (2)

2020年3月16日 (月)

ジオラマ日記 ~「線路に添えるお手軽ジオラマ。カーブ編・2020春」の巻~

前回「線路に添えるお手軽ジオラマ・直線編」からのつづきーっ!

今回も、線路際にちょこんと置くだけでリアル感が増す「お手軽ジオラマ」のカーブ編を…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1201
丸いぃぃぃぃーーーーーっ

これらは、「特攻野郎Bチーム」の展示会時に「湯葉」隊員の巨大複々線レイアウトに置くためにオラが作った物。

このように置いて使うのだ
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1202
ちょこん

何故にこのような物を作ったのかというと、このレイアウトには写真に写っている黒いモニターに前面展望の映像を送る「カメラカー」が走っているためだ。
せっかく列車の前面展望がモニターで観られるのに、線路際に景色が無いのでは、線路と車両ばかりしか映らなくてつまらない。
(これを作った頃には、まだ中央部分の建物や畑等は無くて灰色の平原だった)

そんな訳で「お試し」で作ってみた次第。

効果のほどは「そこそこ」。(笑)

もっとたくさん置いてみないと効果が発揮出来ない…
(特に、カーブ部分の外側に置かないとカメラカーに映らない)

ちなみに、モニターの前にある直線の花畑も「お手軽ジオラマ」の仲間。
これは前回でご紹介したよん

では、1つずつ見て行こう。

今回は4つ作ったよん。
が1つ、が2つ、が1つ。冬の雪景色は周りの灰色の地面と似てしまうのでパス)

まずはから。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1203
満開ぃぃぃぃ~~~~~ぃ

桜と菜の花が満開の状態を制作。
アクセントを付けるために、色の濃い桜(桃かも)も1本植えておいた。

長さは、縦・横共に125mm
手前のカーブ部分は、TOMIX製の曲線線路「C103」(半径103mm)の内側に合うようにカット。
カーブと端の間は、わずかに直線が入る。
素材はボール紙で、地面を嵩上げする時はボール紙または段ボールを貼り重ねた。

この作品は、ボール紙に段ボールを2枚貼り合わせている。

なので、裏側を見るとボール紙なのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1204
見ちゃイヤぁぁぁぁぁ~~~~ん

表面は、アップで撮った時にも粗が見えないように、基礎工事からしっかりと作ってある。

貼り合わせた土台に茶色い画用紙をゴム系ボンド(G17)で貼って水性塗料「マホガニー(こげ茶)」を塗り、乾燥後に表面に木工ボンドを塗って土のパウダーを撒き、翌日まで乾燥させる。
そして、草地を表現したい部分に木工ボンドを塗り、緑色の目の細かいスポンジを撒いて、またもや翌日まで乾燥。

ここまでは1日15分程度の工作時間でOKだ。
これなら、帰宅後にちょこちょこっと工作が出来るね

草地が表現出来たら、菜の花を表現しよう。

今回は黄色のスポンジを使った。

他のジオラマで使った余りを使用。
ほんの少量なので、冷蔵庫の中を片付ける感覚で余り物を見つけて来て有効活用しよう

菜の花も植えたら、周りの茂みを表現しよう。

特に両端の部分は、地面の端面(灰色の地面との境界)を上手くごまかすために、茂みを盛っておくと良い。
組み立て式のレイアウトでは、オラは必ず端面に茂みを盛っておいて、景色が連続して見えるように配慮している

茂みは、スポンジの塊を程良い大きさにちぎって、ゴム系ボンド(G17)で接着した。
このボンドだと、固着する時間が木工ボンドに比べてはるかに早く、完成後も撤去(リメイク)が容易なので重用しているッス

最後に桜の木を植えよう。

やはり、多少の立体感が無いとカメラカーに写り込まないのでね
(特にカーブの内側だし…

木はウッドランドシーニクスKATOが輸入)製品のキットを、スポンジは光栄堂製のピンクを使用。
オラの他のジオラマやレイアウトと全く同じ仕様で作ってある。

昔は桜色の淡いピンクが売られていなかったので、この桜は白いスポンジを水性塗料で染めているッス。
(大量に染めてしまったので、今でも使っている次第…
今はもっとリアルな製品も売られているので、好みの物を使ってね

木は地面(段ボール)に刺してゴム系ボンドで接着してある。
接着面(木の根元)に草のスポンジを少し添えて固定させると、乾燥後に傾かずにしっかりと立ってくれる。

これでレイアウトが賑やかになって気を良くしたので、2作目のに移ろう。

これはわざと「特徴が無い」ように作ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1205
ごくフツーーーーーーーぅ

世界中のどこにでもありそうな、ごくごく一般的な光景だ。

それ故、何にでも応用が効いて利用価値が高い

地面は、ボール紙を2枚貼り合わせただけのお手軽版。
それ以外は、と作り方が同じだよん。

特に説明する所も無いので、もう1つのに移ろう。

これが一番見た目が良いかもぉ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1206
はい、チーズ

レトロな博物館(「江戸東京たてもの園」みたいな)の、移築・保存された建物の前で浴衣姿で記念撮影をしているというストーリー。

この三角形の建物が余っていて、ちょうどこのカーブに似合いそうだったので、急遽登場した次第。
サイズ的に、なかなかしっくりしているね

その他のアイテムも全て余り物からチョイス。
おかげで冷蔵庫がスッキリ(笑)

では、アップで観てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1207
わんこもいるぅぅぅぅぅ~~~~っ

たまたま犬の人形(犬形)もあったので、浴衣の2人の横に座らせてみた。
レトロなオート3輪と相まって、記念撮影風のいい雰囲気に仕上がった
(この博物館のポスター撮影か

建物の2階から外を眺めている人と、ちょうど建物にやって来た感じの2人組も配置。

地面は、目の細かい砂利(KATO製)を撒いておいた。
アスファルトだと味気無いし、土では博物館としてはおかしいので、玉砂利風にしてみたよん。

余り物で適当に作ったのに、何だかこれが一番のお気に入りになってしまった(笑)

では、4作目のをご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1208
う~~~ん、いい感じぃ~~~

2作目のとほぼ同じで、葉の色だけ紅葉にしてみた。
地面は段ボールを1枚貼り重ねているので、の中間的な感じ。

この作品の一番の見所は「紅葉のグラデーション

黄色オレンジ赤錆色に近い)の4種類を使って順番に接着した、苦労の一品。
通常の緑の木だと3分くらいで作れるのに、この広葉樹は乾燥時間も含めて3時間くらい掛かったよ。

落葉の表現も手間が掛かった…

そのおかげか、展示会では目立つ存在になったようで、撮影するお客さんも多かった

さて、カーブ版も直線版と同じように、寄せ集めて家で撮影してみた。

線路と車両と背景を用意して机の上に置くと、こんな感じになる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1209
ただ置いただけぇぇぇぇ~~~~~っ

茶色い画用紙の上に、奥行きが出るように狙って配置してみた。

とっても簡単でしょ
こんなので良いのよ、撮影の準備って。(笑)

オラはいつもこうやって撮っていて、「特攻野郎Bチーム」のサイトの「TOPページ画像集」の写真はほとんどがこのやり方で撮影したものだよん

…で、これをコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で撮ると、このような仕上がりに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマカーブ編・2020春-1210
おぉ、いぇい

リアルでしょ

奥の竹林が背景の途切れる所を上手く隠してくれた。
右奥は、画像処理で緑色を塗っておいた。
(本来なら、この部分にも似たような背景を置くべきなのだが…手抜きした。

これで、誰が見ても「夏の観光地で記念撮影」というのがイメージ出来るよね

高度な技や機材は必要無いのだ

---------------------------

…いかがでした

小さいサイズの簡単な工作なので、みなさんも作って撮ってみてねぇ~

では、またぁ~~~~

| | コメント (6)

2020年3月 5日 (木)

ジオラマ日記 ~「線路に添えるお手軽ジオラマ。直線編・2020春」の巻~

今回は、線路際にちょこんと置くだけでリアル感が増す「お手軽ジオラマ」の直線編を…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1101
細長ぁぁぁぁーーーーーっ

これらは、「特攻野郎Bチーム」の展示会時に「湯葉」隊員の巨大複々線レイアウトに置くためにオラが作った物。

このように置いて使うのだ
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1102
ちょこん

何故にこのような物を作ったのかというと、このレイアウトには写真に写っている黒い列車「カメラカー」が走っているためだ。
せっかく列車の前面展望がモニターで観られるのに、線路際に景色が無いのでは、線路と車両ばかりしか映らなくてつまらない。
(これを作った頃には、まだ中央部分の建物や畑等は無くて灰色の平原だった)

そんな訳で「お試し」で作ってみた次第。

効果のほどは「そこそこ」。(笑)

もっとたくさん置いてみないと効果が発揮出来ない…
(特にカーブ部分の外側にね)

ちなみに、奥のカーブの内側にある建物と紅葉の木々も「お手軽ジオラマ」の仲間。
これは次回にご紹介~

では、1つずつ見て行こう。

今回は3つ作ったよん。

まずは一番簡単な物から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1103
のっぺりぃぃぃぃ~~~~~ぃ

試験的に作ったので、乾燥後の反り等を確かめるためにのっぺりさせている。

多少両端が反ったけど、イカの様には丸まらなかったのでOKでしょう

長さは、ほぼA4サイズなので300mm弱。
幅は、複々線レイアウトの外側にも載るサイズで設計したので23mmとなった。
素材はボール紙で、地面を嵩上げする時はボール紙または段ボールを貼り重ねた。

この試作品は、ボール紙を2枚貼り合わせている。

アップで見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1104
手抜き工事なしぃぃぃぃ~~~~っ

アップで撮った時にも粗が見えないように、基礎工事からしっかりと作ってある。

貼り合わせたボール紙に水性塗料「マホガニー(こげ茶)」を塗り、乾燥後に表面に木工ボンドを塗って土のパウダーを撒き、翌日まで乾燥させる。
そして、草地を表現したい部分に木工ボンドを塗り、緑色の目の細かいスポンジを撒いて、またもや翌日まで乾燥。

ここまでは1日15分程度の工作時間でOKだ。
これなら、帰宅後にちょこちょこっと工作が出来るね

草地が表現出来たら、お花を表現しよう。

今回は黄色オレンジのスポンジを使った。

どれも、他のジオラマで使った余りを使用。
ほんの少量なので、冷蔵庫の中を片付ける感覚で余り物を見つけて来て有効活用しよう

お花も植えたら、最後に低木の茂みを表現しよう。

やはり、多少の立体感が無いとカメラカーに写り込まないのでね

両端の部分は、地面の端面(灰色の地面との境界)を上手くごまかすために、茂みを盛っておくと良い。
組み立て式のレイアウトでは、オラは必ず端面に茂みを盛っておいて、景色が連続して見えるように配慮している

茂みは、スポンジの塊を程良い大きさにちぎって、ゴム系ボンド(G17)で接着した。
このボンドだと、固着する時間が木工ボンドに比べてはるかに早く、完成後も撤去(リメイク)が容易なので重用しているッス

これで気を良くしたので、2作目に移ろう。

これが本来オラが作りたかった「本命」ちゃんだ
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1105
あぢさいぃぃぃぃぃぃ~~~~~っ

きれいでしょ

ミニジオラマで何回かあじさいを作ったら展示会等で好評だったので、複々線レイアウトにも置きたかった訳なのよ

これもアップで観てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1106
う~~~ん、いい感じぃ~~~

地面とあじさいの茂みは、1作目と全く同じ作り方。

あじさいの花は、砂絵用の色の付いた砂(ピンク水色)を使用。
それを、透明なビニール系ボンドと絡めて、指先でこねこねしてお団子状にする。
手がベッタベタになるけど、この時ばかりは仕方が無い…
お団子はボール紙の上等に置いて、互いにくっ付かないように乾燥させよう。
(プラ板の上に置くと、板にくっ付くからねっ

多めに作っておくと、他のジオラマでもワンポイントで使えるよん

お団子状に固着したら、茂みの上に1つずつゴム系ボンドで接着する。
ピンセットで強くつまむとボロボロに崩れるので、優しく扱ってね

茂みにお花が固着出来たら、水性塗料で色味に変化をつけよう。
花が全て同じ色だと、ものすごく安っぽいプラスチック製品に見えるので。

細い筆で、自分の好みの色を「ちょんちょん」と好きなように載せていく。

実物のあじさいは、青系・赤紫系・白系があって、同じ木の中でも混ざっていることもある。
(地面の酸性・アルカリ性の度合いでも色が変わるので、毎年同じ色にならない事もある)

今回は、隣同士が違う色味になるように塗ってみた。
写真左側の、ピンクに紫色を塗った物が何気にリアルでしょ

よし、これで2作品が出来た。
3作目は高さのあるものにしよう。

では、3作目をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1107
生えてますぅぅぅぅぅ~~~~っ

最も線路際らしい感じに仕上げてみた

鉄道柵と木々で、かなり立体感が出たのでは

柵はKATO製品、木はウッドランドシーニクス(KATOが輸入)製品のキットを使用。
オラの他のジオラマやレイアウトと全く同じ仕様で作ってある。

裏側は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1108
背中が丸見えぇぇぇぇ~~~~っ

お客さんからは見られる事のない向きなので、地面の段ボールの穴埋めは省略しちゃった

木は地面(段ボール)に刺してゴム系ボンドで接着してある。
接着面(木の根元)に草のスポンジを少し添えて固定させると、乾燥後に傾かずにしっかりと立ってくれる。

展示会で女性に人気だったので、あじさいを使って家で撮影してみた。

線路と車両と背景を用意して机の上に置くと、こんな感じになる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1109
ただ置いただけぇぇぇぇ~~~~~っ

とっても簡単でしょ
こんなので良いのよ、撮影の準備って。(笑)

オラはいつもこうやって撮っていて、「特攻野郎Bチーム」のサイトの「TOPページ画像集」の写真はほとんどがこのやり方で撮影したものだよん

…で、これをコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で撮ると、このような仕上がりに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
線路に沿えるお手軽ジオラマ直線編・2020春-1110
おぉ、いぇい

リアルでしょ

あじさいの手前に1作目も置いて、手前のスカスカ感を無くしてみた。

これで、誰が見ても「6月の箱根」というのがイメージ出来るよね
(背景は東京の奥多摩だけどぉ~)

高度な技や機材は必要無いのだ

---------------------------

…いかがでした

小さいサイズの簡単な工作なので、みなさんも作って撮ってみてねぇ~

では、またぁ~~~~

つづき「線路に添えるお手軽ジオラマ・カーブ編」はこちらーっ!

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »