« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その28:トルファン・沙山公園~ | トップページ | グルメ日記 ~「金ちゃんヌードル」2017~ »

2017年10月19日 (木)

シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その29:トルファン・市内の夜市~

前回「その28」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

このシリーズは、「香港」からスタートし、中国奥地にあるシルクロードの街「カシュガル」「トルファン」「ウルムチ」を巡って、無一文に近い状態で「北京」へ戻って来た、1ヶ月半の過酷な一人旅。

…では、スタート

この日は写真をハゲしく撮りまくったので、数回に分けてご紹介ぃ~

-----------------------------------

2006年7月17日(月):晴れ

吐魯番(トルファン:تۇرپان)

さぁ、お宿に戻ろう。

砂漠を歩いて、砂だらけの汗だくだよ…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2901
(2006年撮影)
超~スゴかったけど疲れたぁ~~

とりあえず、大雑把に靴の汚れを落としてから、タクシーに乗り込む。

ほいでは、お宿へ出発ぅ~~~~~

ココ、沙山公園からお宿までは、コレくらいの距離ッス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2902
(2017年のグーグルマップより)
直線距離で50Kmくらいかな…

…お宿(トルファン賓館)
…火焔山
…吐峪溝(千仏洞)
…ピチャンの沙山公園(砂漠公園)

今まで観て来た観光スポットを、全てゴーカイに通過するッス

…ん

この時は気付かなかったけど、往復で120Kmくらい走っているのか…
日本でタクシーを120Km乗ったら、いくらかかるんだろう
(ネットで調べたら、約40,500円だって 東京⇔沼津・宇都宮辺りと同距離ッス)

今日の料金は800元(約10,800円)だったよなぁ。
日本でタクシーを5時間貸し切ったら20,000~25,000円くらいなので、まぁ~良いカンジかな

…でも、ウイグル人…というか中央~東南アジアの民は最後に必ず多めに請求してくるから、2割り増し(900元)くらいは覚悟しておこう。
カシュガルでもそうだったしぃ~。

再び高速道路(この当時は建築中で、一部分だけ高速道の仕様になっていた)をゴーカイに時速0Kmでカッ飛ばす。

行きに観た火焔山を、ズビズバーっと通過。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2903
(2006年撮影)
市街地はもうすぐよぉぉぉぉぉ~~~~ん

この辺りで、空が暗くなって来た。

…あれ窓に何かが当たっている。

ちょうど高速の料金所で速度が落ちたので窓を開けてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2904
(2006年撮影)
おぉ雨だっ

ズノンさんも「コレは珍しいよぉ~」と、ニコニコしながら言っている。

トルファンは年に20~30日くらいしか雨が降らないので、逆にナイスタイミングだ
でも、日本人がフツーにイメージする「」ではなく、小雨程度だけどね。

しばらくは雨雲の下を進む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2905
(2006年撮影)
雲の向こうにアッラーがいるな

少し走ると、雲はあるけど雨はもう止んでいた。

そして、20時半頃に市内へご帰還~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2906
(2006年撮影)
戻って来たよぉぉぉぉぉ~~~~ん

このおさしんからは、後日撮ったモノを載せるね。
(もう暗くてブレるので、この後は撮らなかった)

お宿まではもうすぐだ。

すると、ズノンさんが「晩ご飯一緒に食べよう」と言って来た。

…う~ん、どっしよっか

海外で被害に遭う典型的なパターンが「一緒にご飯食べよう(飲みに行こう)」なのだが…。
しかも、相手の言われるままにお店に付いて行くのがイチバン危険なのだ。(店とグル)

…ま、失うモノは何もナイので、行ってみますか(笑)

うん」と言うと、ズノンさんがケータイで誰かと連絡しだした。
すると、ほどなくバスターミナルで最初に声を掛けて来たお兄さんが現れた。

そして、バスターミナル前にある広場の夜市(屋台村)でご飯を食べることに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2907
(2006年撮影)
…ココだったら店舗の中ではナイから安全だなや

テキトーな席に座ると、近くにいたウイグル人男性2人がこちらにやって来て合流した。
どうやら、みんなお仲間らしい。

いきなり初対面のウイグル人4人に囲まれての食事会に

チョット緊張していたら、この2人も日本語で話し掛けて来た。[  ]
オラ、ビックリ

バスターミナルの彼以外は、全員日本語が喋れるのだ。

ハナシを聞いていると、1人は奥さんが日本人で、去年(2005年)まで愛知県にいたそうだ
今は1人でトルファンにいるらしい。

何で」と聞いたら…

奥さんもこっちに来たけど、あまりの暑さですぐに愛知に帰っちゃったよぉ~~~

…だって。(笑)

奥さんの気持ちは解る。
暑さが尋常ぢゃぁ~ナイもん、ココ。
夏の京都や甲府の盆地に365日いるようなモンだからねぇ…
海まで数千Kmも離れているしぃ~。

シシカバブ(羊肉の串焼き)3本とレバー焼き1本、羊肉の餃子豆の入った麺を注文した。
オラが麦汁を飲みたそうにしていてら、「私たちに気にしないで飲んでイイよ」とズノンさんが言ってくれた。

…我々は飲まないけどね

…そりゃそうだ。

では、遠慮なくぅ~~~~

麦汁は、漢民族がやっているお店で売られている。
ウイグル人(ムスリム)が売っていることは、ほぼ100%無い。

銘柄は、ウルムチでも飲んだ「烏蘇啤酒(ウースービール)」をチョイス。
味も判っているので安心だ

席に戻って、1人でカンパーイ

ごくごく。

うんめぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーぃ

熱いカラダには麦汁がイチバンやぁ~ね 

ちなみに、料理はそれぞれ専門の露店で別々に注文する。

シシカバブ屋さんはこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2908
(2006年撮影)
イイ香りぃぃぃぃ~~~ん

今まで敦煌北京等で食べて来たお店達と全く同じカンジ。

店ごとにスパイスの調合が違うので、食べ比べてみると楽しいよん
肉の部位も、日本の焼肉屋並みにいろいろあるッス。
(羊と鶏がメインだけどね。豚肉は絶対にナイよ。)

麺は麺屋さんで注文する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2909
(2006年撮影)
在庫豊富ぅぅぅぅぅ~~~

まずは麺の種類を選び、汁やソースの種類を指定する。
日本の立ち食いそば屋と似たようなシステムだ。

日本語とウイグル語が飛び交いながら楽しく会話をしていたら、料理がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2910
(2006年撮影)
おぉ、いぇい

美味そぉ~~~~う

いっただっきまぁ~~~~~っす

まずはシシカバブから。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2911
(2006年撮影)
串でヤケドしないように注意っ(オラ、クチビル焼いた事がある

もぐもぐ。

生き返るッス

いやぁ~、もはやシルクロードでは安定したお味ですな
オラ、完全に慣れたッス。
スパイスの味を覚えて、日本でも作ろ~っと

豆の麺は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2912
(2006年撮影)
日本のうどんぢゃん

もぐもぐ。

…おっ、かなり美味い

トマト・ピーマン・豆が入っていて、しょうゆ味ベースのスープでまいう~だった
日本的に言えば「トマト味のうどん」、ウイグル的に言えば「ラグ麺と同じ味」というモノ。

麺は、日本のスーパーでフツーに売られている「乾麺のうどん」そのモノ。

日本人には全く抵抗感のナイ、まぢで美味しい逸品だ
見た目はイタリアンっぽいねどね。

日本で作るとしたら、あっさり鶏ガラ醤油のラーメンスープと乾麺のうどんでOK
そこに、羊肉・ピーマン・トマト・香菜(パクチー)を入れれば完璧だ

…ふぅ、お腹も心も満足

日本語でたくさん喋れたので、ストレスもかなり軽減

さぁ、お宿に戻ろう。

お宿までは近いのだが、ズノンさんが「送って行くよ」と言ってくれたので、タクシーに乗り込む。
(…コレがインド等では一番危険なのだけどね

ほどなく、昼に見たブドウ棚の下に入り…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2913
(2006年撮影)
お宿は左だよん

棚の端っこで左折すると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
シルクロード一人旅「我的長征2006」その29・トルファン・市内の夜市-2914
(2006年撮影)
ただいまぁ~~~~~~

22時(新疆時間では20時)頃、お宿に戻った。

ズノンさんとはココでバイバイキン。

今日の料金を払おうとしたら、ズノンさんが「明日も残りの場所観に行くそれなら明日でイイよ」と一言。

…あれ

今、現金をもらっておかないと、オラ逃げちゃうかもしれないよ

…ふ~ん、オラのこと信用してくれているんだ

なので、「うん、観に行きたい」とお返事。

じゃぁ、10時にホテルの前で」とズノンさん。

…北京時間だよね」とオラ。

そう。(笑)」

…コレで明日の予定も決定した。

明日も同じくらい料金が掛かると思うけど、移動が楽だからお任せしてしまおう

タクシーを降りて、「また明日~~~」とバイバイキン
テコテコとお宿の中に入る。

部屋に入り、ベッドにゴロン

…ふぅ、疲れた。

そうだ、今日は汗と砂にまみれたので、バスタブにお湯を張ろう

お湯が満たされるまで、わくわくしながら待機

溜まったで~~~~~~。

久々のバスタブ、最高ぉ~~~~~~~~う 

生き返るぅ~~ん

カシュガルで何回か入った以来か…な

ついでに、砂だらけの靴下と汗まみれのシャツも、お洗濯ぅ~。

そうそう、ウルムチでは見られなかったTVも見てみよう

映る、映る

…おっ、インドネシアで地震発生。
かなりの大地震で、被害がスゴいようだ。
(後に呼ばれる「ジャワ島南西沖地震」で、M7.7クラス)

さらに、スペースシャトル「ディスカバリー」が地球に帰還だそうな。

オラが海外にいると、いつも世界的なニュースが起きるのだ。

今日は久々に疲れたので、もう寝よう。
楽しい1日だった

…んぢゃ、おやすみんみ~~ん

つづき「その30」はこちらーっ!

|

« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その28:トルファン・沙山公園~ | トップページ | グルメ日記 ~「金ちゃんヌードル」2017~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

▼シルクロード一人旅」カテゴリの記事

コメント

砂漠の画像。
拡大して見てみると更に良いね~♪
豆の入った麺。
トマトが入ってるけど食べれたんだ★ ( ´艸`)

投稿: ひめ子 | 2017年10月21日 (土) 18時47分

★ ひめぽ

うん。ボクがんばって食たべたよ。

投稿: まりりん | 2017年10月21日 (土) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その28:トルファン・沙山公園~ | トップページ | グルメ日記 ~「金ちゃんヌードル」2017~ »