« 旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その16 お城から市駅へ~ | トップページ | 海外旅日記 ~「川の流れのようにまったりと…桂林・漓江」2007~ »

2017年5月 1日 (月)

グルメ日記 ~「塩釜港・海鮮グルメ」2017春~

前回「杜の都の仙石線 2017春」からのつづきーっ!

今回は、2017年3月4~5日に出掛けた、宮城県「仙台(せんだい)」近郊のおハナシをば

5日の朝、「特攻野郎Bチーム」の小鶴隊員と、仙台近郊の「鉄スポット巡りドライブ」に出掛けた。
最初の目的地の「仙石線の車庫」を側道から眺めた後、仙石線沿いに進んで「塩釜港(しおがまこう)」に行くことになった。

塩釜港はどこにあるかというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1101
(2017年のグーグルマップより)
仙台の東側ッス

…仙台駅
…仙石線の電車庫(小鶴新田~福田町駅間)
…塩竈市(本塩釜(ほんしおがま)駅付近)
…石巻(いしのまき)駅

目的地は、のちょい右上にある。

仙石線は、大雑把に言うとの間を走っていて、の間は列車本数が多い(10~20分おき)。
その先は1時間に1~2本程度のローカル線となる。

つまり、塩竈市までが仙台の通勤圏という事だろう…

…ってなワケで、からまで移動開始ぃ~

仙石線沿いに併走している国道は、実に快適だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1102
道が広ぉ~~~~い

交通量も多いのだが、前がつっかえることはほとんど無かった。

沿道には、やたらキレイな新築の住宅が多い。
それもそのハズ、2011年3月11日の東日本大震災で、大津波によって流されてしまった場所が多いのだ。
今ではだいぶ修復され、街並みが戻りつつある。

仙石線も同様で、線路が流されたが復旧され、全線で運転を再開している。

走ること15~20分くらいだったろうか
塩竈市内に入った。

市内の地図をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1103
(2017年のグーグルマップより)
目的地はッス~

…塩釜水産物仲卸市場
…東塩釜駅
…本塩釜駅

までは仙石線が20分に1本程度走っているので、電車で来ることも充分可能だよん
(その先は30~60分に1本になるので注意

地図の中には「塩釜」「西塩釜」「本塩釜」「東塩釜」と、「塩釜」と名乗る駅が4つもあるので、間違えないでね~

の東塩釜駅から1.2Kmほど進むと、道の両側に駐車場がいっぱいあるエリアに着いた。

一番奥の駐車場に車を停める。
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1104
うみぃ~~~~~~~

少し先に海が見える
何気に、今回の旅で車外から海を観たのはコレが初めてだ

ココから振り返って見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1105
ココかぁ~~~~~っ

どうやら、ココがお目当ての建物のようだ。
地元の人や観光客がたくさんいる。

建物の正面は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1106
デカいねぇ~~~~~っ

いかにも倉庫」といったカンジの、素っ気ない建物だ。

…でも、何かわくわくする

ヘタなテーマパークよりわくわくするのはナゼ(笑)

入口の近くに立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1107
にぎやかぁ~~~

建物の上には「塩釜水産物仲卸市場(しおがま すいさんぶつ なかおろし しじょう)」と書かれている。

…本物の魚市場ぢゃん

業者の他にも、一般市民や観光客相手の販売も行っているとのこと。
曜日によって開いている時間が異なるようで、事前に調べてから行くべし
(公式サイトはこちらをクリック

では、中に入ろう。

入口の扉を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1108
まぢで倉庫っ(笑)

…この、観光客に媚を売っていない無骨なスタイルがイイっ

おぢゃましまぁ~~~~す

中に一歩入ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1109
おぉ、いぇい

コレだよ、ホントの魚市場はーーーーーっ

2016年度は沼津・清水・蒲郡等の、中部地方の魚市場に行ったが、どこも観光客用のキレイな建物だった。
とても快適に買い物出来たが、チト「わくわく感」が少なかった。

でも、ココ塩釜はヤヴァい(笑)

香港や東南アジアの市場にも通ずる「猥雑さ」「混沌さ」があり、オラのハートを揺さぶってしょうがナイのだ

朝からアナドレリン全開ーーーーっ
またもや侮っていたぜぃ…

さすがみちのく、商品の種類は中部地方の比ではナイ。
コレは気合を入れて点検しなければっ

せば、行くべぇ~~~~

碁盤の目のように商店が並んでいるので、全ての通路をジグザグに歩いて制覇する作戦に。

各店舗を見ると、売られている海鮮類は大体似ている。
まぁ、港に揚がったモノを売っているんだから、季節ごとに偏りがあるのは当たり前だよねぇ~。

買いたいモノも多数あったが、さすがに新幹線で生の刺身は持って帰れナイ…
今度は仙台に泊まって、ココで買い込んでから部屋で酒盛りをしよう

ぐるぐる歩いていると、食事が出来るコーナーに来た。
各商店で刺身等を買ってココに来れば、食べることが出来るのだ
しかも、「ご飯セット」なる、ご飯と味噌汁がセットになったモノが売られていて、手軽に「海鮮定食」へと昇華させることが可能なのぢゃ

コレはヤヴァいシステムだぁーーーーーーっ

ココは絶対にまた来なければっ

奥の方まで進むと、お店の横で食べられるミニコーナーがあった。

なので、目の前のお店で海鮮を買ってみることに…
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1110
カネヒコーーーーーーーっ

お店の名前は「カネヒコ 中村水産」と言うのかな

店先に立っていたオニイサンに口説かれて、生ガキを1個ご注文~

奥で殻を剥いてくれて、ほどなくやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1111
ガッキーーーーーーーーっ

いただきまぁ~~~っす

もぐもぐ…

まいうーーーーーーーっ

コレ、レモンも醤油も何もつけないで、そのまま食べるのがヨロシアルヨ
海水で充分な塩味が付いているのでね。

いやぁ~美味い

牡蠣って、水質で味が全く変わって来るので、産地によってだいぶ違うのだ。
ココのは、「サッパリ・つるん」タイプで、広島のような濃厚さ(クリーミーさ)はナイ。

ただ、港が1つ隣なだけでも味が変わるそうなので、「塩釜(宮城)のカキはこの味だっ」と決めつけてはイケナイそうな。

もう1個食べたくなったが、ココは敢えて違うモノに…

またもやオニイサンにお願いして、こんなモノもチョイスしてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1112
エビちゃぁ~~~~~ん

甘くてヤヴァいっす

あーーー、どんぶり飯食いてぇーーーーーぃ

1時間ほど前に、朝ごはん食べちゃったしなぁ~

うぬぬぬぬ……
アナドレリンが容赦なくオラを攻めて来る。

…次回は完全装備で攻め込もう。

他にも、小鶴隊員に「コレ美味いッスよ」と横でつぶやかれたので、こんな乾物を買ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
宮城・塩釜港海鮮グルメ2017春-1113
アブリーーーーーーーーぃ

あぶりやき鰯」となっ

イワシのみりん干しを焼いたようなカンジだねぇ~。
コレはおウチに持って帰って食べよ~~~っと

…でも、すでに封が開いていて、少し減っているっしょ。

帰りの新幹線の中で、味見で試しに1個食べてみたら…

まいうーーーーーーっ

ヤヴェェェ、止まらない。(笑)

乗った新幹線「やまびこ」はこまめに停まるのだが、イワシと麦汁は「はやぶさ」並みに止まらない。 

…お、大宮まで持たナイ。

あまりの危険さに、関東地方に入る前(福島県内)で強制封印っ
視界から隠して、おウチに持って帰るのだっ

…コレだから、東北新幹線の車内って酒臭いんだよ。(笑)

だって、みちのくのおみやがどれも美味過ぎるんだもぁ~~~~ん

イカ焼き豚まんのニオイしかしない、夜の「のぞみ」とは大違いだ

とにかく、今回は塩釜の秘めたパゥヲーを、激しく容赦なく思い知らされた。
次回は「どんぶり飯」「」「醤油」「わさび」「麦汁」等のプロテクターを完全装備して、正面から切り込むどーーーっ
そうそう、我が陣地に引き連れて行く捕虜を収容する「保冷バッグ」も用意せねばっ

ちくしょー、待ってろよっ

皆さんも、ぜひ行ってみてねぇ~~~~

つづき「仙台臨海鉄道・仙台港駅2017春」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その16 お城から市駅へ~ | トップページ | 海外旅日記 ~「川の流れのようにまったりと…桂林・漓江」2007~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(02東北)」カテゴリの記事

コメント

そういえば、ワタシは生牡蠣って
食べたことがないよ…。
食べる時って、ずるん♪と口に流し込み
ひと口で食べる感じなのかな?

投稿: ひめ子 | 2017年5月 2日 (火) 13時00分

まりちゃん

こないだ行ってきたばっかぁ~だよん
あの市場内で食べられるシステムは「青森駅前市場」が始めたんだよ。
こらいいアイディアと各地で似たような取り組みが…
ちなみに先日行ったときは生ウニとアワビと活ホタテと本マグロ大トロを買ってきて海鮮丼を。キンキンとサンマみりん干しと酢だこ等々…
市場を出るまで財布のチャックが締まることはなかったっけ^_^;
また来てくなんしょぉ~

投稿: あめぶる | 2017年5月 2日 (火) 15時32分

★ ひめぽ

「ずるん」ではなくて「つるん」ぢゃ

途中で嚙み切ることは難しいので、一気に全部口に入れるのがヨロシアルヨ
目の前に広島という夢の国があるのに、ナゼに生ガキを食べていない…
広島のは味が濃くて美味いでぇ~~

投稿: まりりん | 2017年5月 2日 (火) 16時36分

★ 師匠ぉ

…わいはっ
そーいえば、青森駅前市場、まだ行ってナイどーーっ

…師匠ぉのコメント、画像もなくて文章だけなのに、何でこんなに「飯テロ」なの

コレはまぢで近々再訪せねば… 
(青森(弘前)も行きてぇ~~~~)

投稿: まりりん | 2017年5月 2日 (火) 16時40分

岩手の宮古の市場もよく似てたけど、
あっちは冬だったので鮭がのれんのようにぶら下がってた^^;
ホヤ、食べたいっ!
生ガキはちょっとダメだった。

投稿: ばんび | 2017年5月 4日 (木) 15時59分

★ ばんびさん

ココも季節によっては種類が少ない時があるようで…

オラ、ホヤは苦手だけど生ガキは好きーーっ
八戸に行けば「いちご煮」があっぺや

投稿: まりりん | 2017年5月 4日 (木) 21時10分

美味しそうに書きますなぁ♪

6月1~20日まで、JR東の「えきねっと」では、
一部の東北新幹線が50%OFFよ~
仙台まで往復約1万円、青森まで往復1万8千円よ~

東北(仙台・盛岡・青森)に行くならチャンスよ~♪

投稿: 小鶴 | 2017年5月 5日 (金) 12時17分

★ 小鶴たん

「美味そうに食うねぇ~」ともよく言われるッス

混むのイヤなので、フツーの休日に行きます。

投稿: まりりん | 2017年5月 5日 (金) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その16 お城から市駅へ~ | トップページ | 海外旅日記 ~「川の流れのようにまったりと…桂林・漓江」2007~ »