« 旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その17 市駅から松山駅へ~ | トップページ | 旅日記 ~「仙台臨海鉄道・仙台港駅とタンク列車」2017春~ »

2017年5月22日 (月)

旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その18 松山駅 de コンテナテトリス~

前回「その17 市駅から松山駅へ」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2016年12月3~5日、10年ぶりに四国・愛媛県の「松山(まつやま)」に行って来たぞ

-----------------------------

JR松山駅前に着いたぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8801
コレで楽しかった松山ともバイバイキンかぁ…

ただ今の時間、13時50分

まだ20分ほど余裕があるねぇ~。

…そうだ、アレも観てみるか

…ってなワケで、急遽予定を変更して、もう1ヶ所観に行くわよぉぉぉぉ~~~ん

今回最後の松山観光ぢゃぁ~~~

れっつらごー

…と言っても、目的地はすぐ目の前ッス。 
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8802
駅前広場の左側(南側)にあるのだ

右に見えるビルのお隣、三角のトンガリがある辺りッス。

まずは、向こう側の歩道に移動~。

ビルを過ぎると、すぐにこんな光景が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8803
チャリコーーーーーーンっ

駅前駐輪場の奥に、国鉄時代の黄緑色のコンテナが 
しかも、結構まとまった数が置かれていて、国鉄貨物全盛期の雰囲気が

そして、駐輪場を過ぎると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8804
カモーーーーーーーーッツ

JR貨物の営業所「松山営業センター」だ

ココは四国でイチバン西にある貨物取扱駅で、1日数本のコンテナ貨物列車がやって来る。
四国内の運用だけでなく、本州への往復便もあるッス。
時期によって運転範囲が変動するが、前は北陸方面からの直通便もあったような…

国鉄時代は、四国全域に黒い貨物列車がの~んびり走っていたが、JRになってからは高速コンテナ貨物に切り替わり、運転区間も予讃線(高松(鬼無)~松山)だけになってしまった。

駅のホームからチラっと見えていて、昔から気になっていたのだ

では、早速点検開始っ

おぢゃましまぁ~っす……は当然出来ナイので、外から点検することに。

まず、入口はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8805
かもつえきーーーーーっ

一般的なコンテナ貨物駅のお姿だ。

奥に見える屋根が、松山駅の貨物専用ホーム。
左にはJRの現役バリバリのワインレッドのコンテナが並び、右には倉庫代わりとなったご老齢の黄緑色の国鉄コンテナ様が…

外の道路をそのまま左にカニ歩きしていくと、こんな光景が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8806
テトリスーーーーーーぅ

ちょうど、フォークリクトが立体テトリスを楽しんでいる最中だった 

どこの貨物駅でもそうだが、フォークリフトを扱う方の無駄のナイ流れるような操作と運転には惚れ惚れする。
時間との勝負なので、重いコンテナでも数秒の無駄も出さずにサックリと積み降ろしが完了する
まさに「職人芸」だね

さらにカニ歩きすると、小さな交差点に出た。 
貨物駅はココで角になっていて、横にある道を歩けば奥も見えそうだ

一瞬「この道に入ってもイイのかな」と思ったが、ガソリンスタンドにも面しているし、奥の門に「立入禁止」のカンバンがあるので、堂々たる公道のようだ。
では、遠慮なくぅ~~~~

角を右に曲がってフェンス沿いにカニ歩きしていると、目の前にトレーラーがやって来て停まった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8807
今から積むでぇ~~~

トレーラーに書いてある文字を見て思った。

…ココまで来ても名鉄かよ。(笑)

2016年も名鉄との縁が濃ゆ過ぎたな。

2017年は、もっと別の地方へ遊びに行こうぜ…

立入禁止」のカンバンがある門の所まで来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8808
ココにも国鉄こんてなぁ~~~~

こんなにいっぱい置いてあるのは珍しいのでは

さすがに門の中は入れナイので、ココで引き返そうと思っていたら…

…左奥にまだ小路が続いているねぇ~。

覗いてみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8809
うん、通れそう

地元の人しか通らナイ、生活道路のようだ。

では、進んでみよう

…それにしても、右のコンテナ群、まるでカプセルホテルか貸倉庫のようだ。
いやいや、このコンテナの中の広さだったら、充分ワンルームで貸し出せるで
(実はコンテナの中って5畳ほどあるのだ

奥まで行くと、突然視界が開けた。
道はカクカク曲がりながらさらに続いている。

その角っこ部分に、またもや古いコンテナが置いてあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8810
せいぞろりぃ~~~~~ん

歴代のコンテナが置かれているっ

右下の黄緑色のが、国鉄中~後期の標準コンテナ「C20」形。
隣の水色(色褪せているけど水色なのだ)が、国鉄末期~JR初期に活躍したコンテナ。
右上にチラッとだけ見えているワインレッドの「19D」と書かれたコンテナが、現在の標準型だ。

黄緑色は、山手線や大和路線と同じ色(黄緑6号)。
水色は、京浜東北線や阪和線と同じ色(青22号)。
ワインレッドはJR貨物オリジナルの色。

また数歩、カニ歩きすると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8811
ひくいーーーーーーーーっ

背丈の低いコンテナが積んであった。

コレは「UM12A」と言う蓋の無いコンテナで、ダンプカーの荷台みたいなカンジになっている。
主な用途は残土輸送で、大規模な建築現場から掘り出された土を運んでいる。

ネットで調べてみたら、下に置いてある「UM12A-5188」は首都圏で使われていたものと判明。
東京からおいでなすったかぁ~
オラと一緒だね
(オラは今から帰るケドぉ~

ココでテトリスのコーナーが終わり、奥は開けた空間になっていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8812
シャッコーーーーーーーーぅ

こちらはJR四国の車庫になっているッス。
(車庫は本線の向こう側にある)

こんなに架線柱が建っているのに、停まっている車両はディーゼルカーばかり。(笑)
パッと見て、3形式がお寝んねしているようだ

目の前の角っちょ(右の架線柱の位置ね)に立って、貨物駅のほうを見るとこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8813
…ち、近い。

すぐ目の前にコンテナ貨車(コキ106形)が留め置かれている。
コンテナが載っていないと、こんなにペッタンコなのだ。

ココでコンテナの積み下ろしをしているようだね。
神奈川県の川崎貨物駅も、これくらい間近で貨車を見ることが出来るので、それほどコーフンはしない。

フェンスの上から貨車を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8814
コッキーーーーーーーーーっ

ホントに床だけっしょ

でも、床だけで重さが19tもあるのにチトビックリ
今ドキの銀色電車が軽いモノで24tくらいなので、電車の車体(とクーラー)って5tくらいなんだねぇ~。

まぁ、この貨車はコンテナを40tワインレッドのだと5個)も載せるので、床はかなり頑丈に造られているので重いのだろう…

ちょうどド真ん中に、電気機関車「EF65」が停まっていた
ココから見える車両の中で、唯一の電気車だ。

また左にカニ歩きして、松山駅全体を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8815
ひろびろぉ~~~~

車庫が大きいので、駅構内はかなり広い。

…あ、やっと電車を見つけた

ど真ん中に停まっている、顔の細長い彼が特急電車(8000系)だ。
行きに乗って来た列車「しおかぜ」と同じモノで、今から乗る「いしづち22号」もこの形式だ。

では、ココからは車庫の車両達を観てみよう

もう時間があまりナイから、サックリとね

この位置から左へ向くと、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8816
気動車天国っ

国鉄からJRに変わるほんの少し前まで、四国には「電車」というモノが走っていなかった。
JR化直前に香川県内の一部区間が電化され、やっと電車が本州から乗り入れて来ることに…

なので、昔からの鉄ちゃんは、「四国」と聞くと「ディーゼルカー天国」と答える人も少なくナイ。

今まさにその光景が目の前にっ

車種はだいぶ減ってしまったが、1種類ずつ見て行こう。

まずは、中央にいる銀色の子から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8817
おひさぁ~~~~~

キハ54」と言う車両で、松山から先(宇和島方面)の主力車両だ。
車内はロングシートなので観光向けではナイが、山間部の坂道も力強く走れるパゥヲーを持っている
姿は似ていないが、同形式の兄弟分が北海道でも走っている。

10年前に、生まれて初めて乗ったJR四国の車両がこの子だった。
(その日記はこちらをクリック

懐かしい~ねぇ~

では、次。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8818
ちっこぉ~~~~~い

こちらの白くてちっこいのは、「キハ32」と言う超ローカル線用車両だ。

国鉄時代の大型の車両(キハ20等)の部品を再利用し、超ローカル線に合ったサイズに仕立てたッス。
この子もJR直前に国鉄で造られ、開業後も経営がキビシイであろうJR四国への「置き土産」となった。

こちらは、10年前に「伊予市(いよし)」→松山駅間で乗ったッス

一般的には、「下灘(しもなだ)」駅で有名な海岸線沿いの路線を走っている。 

そして、最後はこのお方。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8819
とらのこーーーーーーっ

左に見えるカッチョエェ~のは、「キハ185」という特急型車両だ。

コレも国鉄末期に「置き土産」として造られ、JR初期には四国中で活躍した。
電化や新車投入が進むにつれて余剰となり、一部の車両はJR九州へ売却された。
10年前に大分県の別府エリアで、赤くなったこの車両を初めて観たッス
(その日記はこちらをクリック

この子、今も動いているのかなぁ~
定期運用はまだあるのかな
もう臨時用になっちゃったのかな

おおぅ14時を過ぎちゃったぁーー

もうホームへ行かねば。

本家のキハ185も観れたので、コレで満足 
引き返そう。

ココで、松山駅の方向を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8820
すたぢあむーーーーーぅ

右に見える「駅前スタジアム3」と書かれた建物の横を通って来たッス。

テコテコ歩きながら、機関車をアップで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8821
…何か、みんな青いね。

グーゼン、水色系統の車両ばかりが写っている。
ほんのりがアクセントになっているッス~

この機関車「EF65」は、栃木県(黒磯)から山口県(下関)まで見ることが出来るので、あまり「四国にいる」というカンジがしない…

奥にいる車両達は、四国と瀬戸大橋でしか見ることが出来ナイ。
…やっぱりココは四国なんだね

…おっ、列車が動いた

寝ていた特急列車がこちらにやって来たので、サックリと1枚
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8822
コレに乗りたかったんだよぉぉぉぉぉぉーーーーん

2000系」と言う振り子式ディーゼル特急で、電車並みの高加速でカッ飛ばすナイスな車両なのだ。
10年前に乗って、す~っかりお気に入りに

今回も乗ってやろうとワクワクしながら指定券を買おうとしたら、もう松山から東へは走っていなかった事が判明して撃沈…。
…仕方ナイ、今度四国に来た時に、高知徳島まで乗ってみよう。

駅前スタジアムの横を通り過ぎ、駅前広場に戻って来た。

ふと左を見ると、貨物駅がよ~く見えたので撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8823
イイねぇ~~~

左奥に見える電気機関車はさっきの「EF65」なので、それで位置関係を見てね

さぁ、コレで松山観光は全て終~~了~~ぅ

超~楽しかったぞ、松山

また来るねん

では、ホームへ向かおう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
行くぞ!松山2016冬その18・松山駅のコンテナと気動車-8824
三角お屋根が駅の入口よぉぉぉぉ~~~~ん

ただ今、14時6分過ぎ。

ちょうどエェ~時間や

…あっ、おみやげ屋を覗く時間がナイ。

…ま、いっか(笑)

…ほな、東京に帰りまっせ~~~ぇ

つづき「行くぞ!松山2016冬 その19」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その17 市駅から松山駅へ~ | トップページ | 旅日記 ~「仙台臨海鉄道・仙台港駅とタンク列車」2017春~ »

旅と鉄道(09四国)」カテゴリの記事

コメント

まりちゃん

そう言えば実家(山)にコンテナあったっけ^m^;
市販のモノオキより数段丈夫デス。

投稿: あめぶる | 2017年5月22日 (月) 18時18分

★ 師匠ぉ

イイなぁ~

オラの家には1/150サイズだったら大量にあるんだけどなぁ…

倍のサイズ(20フィート)のコンテナは10畳くらいあるので、本気でワンルーム造れそうです…
もちろん、象が踏んでも壊れ…ナイ?

投稿: まりりん | 2017年5月23日 (火) 20時15分

うう。四国に住んでいる時に、
もっといろいろ見に行っていればよかったなぁ。

多度津駅のあたりでソ80を見かけたくらいで、
あとは鉄活してなかった・・・ 川orz もったいない

投稿: 小鶴 | 2017年5月26日 (金) 00時58分

★ コヅールたん

四国にも住んでいたのネーーーっ

高松~多度津は車両の宝庫よ
その頃だったら、琴電も旧型車両いっぱい走ってたでしょうに…

あぁ、MOTTAI-NAI。

投稿: まりりん | 2017年5月26日 (金) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「行くぞ!松山 2016冬」その17 市駅から松山駅へ~ | トップページ | 旅日記 ~「仙台臨海鉄道・仙台港駅とタンク列車」2017春~ »