« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その21:ウルムチへ~ | トップページ | 旅日記 ~「蒲郡→豊橋・名鉄の旅」2016~ »

2016年9月29日 (木)

旅日記 ~「魚よりも人っ★ 蒲郡・竹島水族館」2016~

2016年9月17~19日に、愛知県の「豊橋(とよはし)」へ行ってきた。
ブログ仲間の人形劇団「ばんび」のお姉さまから、2年ぶりに「納涼ビール電車」乗車命令が出たからだ。
(18日に乗った「ビール電車2016」の日記はこちらをクリック

前日(17日)夕方に前乗りしたので、18日は集合時間の17時半まで時間が余った。

…さて、どこ行こう

台風接近でお天気が良くナイので、いろいろ考えた結果、近場を名鉄電車で巡ることに。
電車内(乗り鉄)なら、雨でもモウマンタ~イ(無問題)
(景色は観づらいが…

10時にお宿を出て、目の前の「豊橋(とよはし)」駅へ移動。
今日は名鉄電車に乗るのだが、まずはJR東海道線に乗る。

…ナゼかって

それはねぇ~、近くの「蒲郡(がまごおり)」駅までJRで行って、そこから名鉄線に乗ってぐるっと巡って豊橋へ戻って来るという計画だからだ

JRの特別快速列車がすぐに来たので、サックリと乗り込む。
浜松(はままつ)」駅始発だったので車内は混んでいたけど、次の停車駅が蒲郡なので、立ったままで行く。

そして10分ほどで着きましたよ、ガマゴリちゃん。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6101
天気良くねぇーーーーーーっ

台風接近中なので、湿った生暖かい風が吹いて来る。
しかも、海が近いので潮の香りももれなく付いて来る。

とりあえず、駅の下の観光案内所で情報収集。
地図を観ると…

竹島水族館」と言う水族館があるねぇ~。

隣にいる女子2人組も、地図を見ながら「水族館行ってみるぅ」と相談している。

そうそう、昨夜、居酒屋で「明日どこに行こう」とハナシしていたら、「小さいけど水族館があるよぉ~」と言われていた。

時間もあるし、駅から徒歩15分と近いので、行ってみますか

南口(海側)の駅前に出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6102
人がいない…

こんな天気ぢゃねぇ…

駅前のロータリーには、超~目立つオブジェがある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6103
ぢゃぺぁーーーーーーん

実物のヨットだ。
側面には「Nippon」と書かれている。
蒲郡は、お船とお魚の街なのだ

ちなみに、奥に写っている駅は、手前の水色の帯がある部分が名鉄線のホームで、奥の白くてデカいのがJR線のホームっす。
両者で規模が全然違うのだ~。

竹島水族館まではバスも走っているらしいが、案内所で説明を受けている女子2人組の横からコッソリ聞いていたところ、「1日数本」とのこと。
おとなしく歩きますかのぉ~。

まずは、地図に従って海岸線まで移動しよう。

駅前の交差点から海側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6104
メッチャ近いっ

中央奥の建物の後ろが、もう海だ。

広い歩道をテコテコ歩く。
雨は、ピンポイントで目まぐるしく降ったり止んだり…
今は何とかダイジョーヴ。

すぐ後ろにさっきの女子2人組も水族館目指して歩いていたんだけど、少し進んで振り返ったら、いなかった。

…あれどこ行った

道は1本しかナイんだけどねぇ~。

すぐに、広めの交差点に到着。

すると、こんな建物が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6105
いのちーーーーーーっ

生命(いのち)の海科学館」というそうな。

科学館だから、水族館ではナイよねぇ~。
中にはそこそこ人がいる。
入口を眺めてみたけど、ココはスルーでイイっか(笑)

ココからは左に曲がって、海岸沿いに進む。

でも、先にもう1本道があるねぇ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6106
防波堤沿いに細い道があるようだ。

…当然、そっちを歩こう

目の前の突き当りまで進み、左を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6107
イイカンジぃ~~~~

何か、奥に変わった建物が見えるねぇ~。

アップで見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6108
ジョーーーーーっ

お城ッスか

この周辺は観光地でホテル等がたくさん建っているので、老舗の高級旅館とかかな
竹島」というちっこい島があり、その周囲が観光名所。

地図からすると、水族館は真ん中の水色の建物辺りだねぇ~。
結構近そうだ

ちなみに、ココから今来た道を振り返ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6109
奥の突当りが駅ッス。

まるで、皇居前から見た東京駅のようだ

…んぢゃぁ、進もう。

防波堤沿いの道は、とってもローカル
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6110
のんびりぃ~~~

1年ほど前に、お隣の「三河三谷(みかわみや)」駅から「ラグーナテンボス」まで海沿いを歩いた時の光景に、ヒジョーに似ている。
まぁ、三谷はあのお城の向こう側だから、そんなに景色は変わらナイっか

防波堤が意外と高くて海が見えなかったので、堤防の上にカメラを置いて撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6111
水面が遠ぉーーーーーーいっ

この平地は、港湾施設の一部なのだろうか

まだ9月なのに、何でこんなに草が枯れちょるん
海水のせい

ココで足元を見ると、こんな子が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6112
きゅ~~~~~~~ぅ

水族館から逃げて来たのかぇ

お友達もいなくて寂しそうだったので、ウチまで連れて来ちゃった(笑)
(全長2cmくらいッス)

突き当りに来たら、隣の車道を歩くしか選択が無くなったので、おとなしく従う。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6113
フンイキ全然違~~~う。

フツーに生活道路ッス。
でも、右側には低いながらも防波堤が…

どうやら、竹島水族館はあの水色の建物で間違いナイようだ。

テコテコ歩いて行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6114
ビンゴーーーーーーーぅ

竹島水族館(たけすい)」に到着ぅ~~~~

…って、行列が出来てなくね???

こんなに混んでいるのぉ~~~???

見学するのを諦めようかと思ったけど、せっかくココまで来たのだから…と、列に並ぶ。
この後もどんどん人がやって来る。

…あああ 雨が降って来ちゃったよっ

みんな慌てて傘を開いて並んでいる。
行列は遅々として進まナイ。

こんな小さな水族館に、こんなに人がいたら…
中はまともに観れるのか???

やっと屋根の下まで進んだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6115
この時点で10分は経っているッス。

屋根の下に入ったら、本格的に雨が降り出した。
近くで遊んでいたキッズ達も、屋根下の親の所へ急いで戻って来た。

ラッキーーーーっ

ホッとしていたら、目の前に自転車に乗ってズブ濡れの女子2人がやって来た。

…あれさっきの2人組ぢゃぁ~。

何でこんな日にレンタサイクルなんて洒落込んぢゃうのーーーっ

周囲の空を見たって、この先晴れる要素は微塵にもナイのに…
自転車を駐輪場に置きに行ったから、このまま並んで見学するんでしょうねぇ~。

いやぁ~、ビックリ

やっと窓口の前までたどり着いた。

チケット(500円)を買って、入口に進むも…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6116
…進めナイ。

デパートの催事場並みの混雑だ

入口にいたお兄さんにチケットもいでもらって、順路の右側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6117
ハツモーーーーーーデ

…おいおい、初詣ぢゃナイんだからさぁ~。

こんな天気なので、連休中にキッズを連れて出掛けるとしたら、やっぱこういう所になるわな。
誰しもがそう考えていたのだろう…。

列が全く進まナイ。

とりあえず、目の前(右下)にあるちっこい水槽まで進んだので、まずはご挨拶。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6118
あおいちゃーーーーーん

青いエビちゃんだ
キレイだねぇ~~~

ココで列が完全に停まった。
みんな水槽に見入っちゃっているからだ。

…でも、待てよ。

この先はもう自由に歩いて観てイイんだよね
ならば、自分のペースでどんどん進みまひょ

…ってなワケで、キッズの後ろや横から水槽を眺める。
やっとストレス解消出来たぜぇ~い

ココ竹島水族館は、解説等のポップが好評なのだ
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6119
手書きが多い~~~~

温かみのある手書きの説明書がたくさんあり、コレを見ているだけでも面白い
…でも、今日はそれどころではナイ混雑っぷりなので、普段の日にまた来てゆっくり読もう…

…んで、この「ゼブラキャット」を観てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6120
にゃぁ~~~~ぉ

猫のようなシマウマのような…ナマズ君っす。
シンカンセンではナイ。

そのすぐ近くには…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6121
びよぉ~~~~~~~~ん

えんらい首の長いカメ(スッポン)ですなぁ~っ
こんなに伸びるんだぁ~。

伸びているのはカメの首だけではナイ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6122
人の列もこ~んなに伸びている。 

ココでめげては「強い子」になれナイので、果敢に進んで行こう

上手くタイミングを狙えば、水槽の前でしっかりと撮影出来る時間が取れる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6123
イイカンジに撮れたぁ~~~

魚の撮影って、難しいのよ…
特にこのヘッポコでぢかめだとねぇ~。
(今のスマホのほうが、格段にキレイに撮れるッス)

先に進むと、異様な空間が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6124
ウツってるぅぅぅぅーーーーーっ

ウツボの軍団だっ

手前にいたヤツが口を大きくバクバク開閉している。
覗いているキッズを威嚇しているのかな

その先には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6125
だんちーーーーーーーっ

たけしまんしょん」という名の高級マンションだ

ちょうど「こばやし」さんがご帰宅のところ。

少し進むと、今回のイチオシ解説書をハッケーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6126
みつをーーーーーーっ

…そうだよね、人間だもの。

コレを読んぢゃった後に見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6127
うまそう

フライがイイかな

そしてこっちは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6128
刺身と唐揚げ

少し進むと、何かモワモワしたカタマリが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6129
たいぐーーーーーーん

イワシの仲間かな
解説が読めナイので判りゃん…

バシッと撮ろうと何枚か挑戦したけど、全て玉砕…

やっとイチバン奥にたどり着いた。

…ココだけ雰囲気が違うねぇ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6130
カピバラさぁーーーーーん

ナゼか、水族館に「カピバラ水槽」っす。
まぁ、「水辺の生き物」だからねぇ~。

近寄って観ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6131
…う、動かん。

この体勢のまま、ピクリとも動かナイっす

奥の方では…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6132
寝ちゃったよ。

このアングルで観れるのも珍しい。
歯がぷりちーね

ココからはUターンして、反対側の壁の展示物を見て行く。
渋滞は相変わらずだけど、サクサク進もう

水槽の下の方に、美味そうなお方が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6133
茹でたひ

このお方もほとんど動かず、周りのお魚さんたちがピッタリくっ付きそうなほど接近して泳いでいる。

そばにデカい水槽があった。
ゆったり泳いでいる群れの中に、1匹だけハデな格好をした子が…

撮ってやろうとカメラを構えたら、突然爆走しだした
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6134
♪パラリラ パラリラ ぶぉ~~~んぶぉんぶぉんぶぉん

スゲー水玉模様

こちらに激走して来た瞬間を狙って、流し撮りっ
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6135
おくちがきいろーーーーーーいっ

全体的にハデっすね

…こんなワンピースを着たおばちゃん、デパートに居そう。

出口が近くなってきたら、小さな水槽が並んでいるコーナーになった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6136
エビちゃーーーん

このエリアは近海(三河湾)に住んでいる生物のコーナーっぽい。
市場で見るような魚がいっぱい(笑)

出口が見えた所で、右奥に落ち着いた雰囲気の空間があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6137
バーみたい

ココも中規模の水槽が並んでいるコーナーだ。
トイレの前」という好立地なのに、案外空いている。

左から順番に観て行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6138
クラーーーーゲ

クラゲさんがフワフワと漂っている。

見た目はカワイイんだけどねぇ~。
女子と一緒で、カワイイ子ほどトゲ(毒)がある

その近くでは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6139
チーーーーーーーーン

チンアナゴ」ちゃんだ

そして、懐かしの「ウーパールーパー」を観て、視線を右に移すと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6140
ゲコっ

…何だコレ

こんなカクッとしたカエル君は初めてだっ

下には、こちらを向いていたカエル君がいた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6141
…折り紙

ペーパークラフトかプラモデルか…といったカンジの、トンガリ具合っ
緑色のカニの甲羅にも見えるぅ~。

トイレの前に戻ると、奥に出口が見えた。
その手前は、「実際に触れられる水槽」と「お土産コーナー」があって、キッズでごった返している。

それもそのハズ、右には外に出られるドアがあって、その先に「アシカショー」会場があるからだ。
次の上演時間は12時、あと15分くらいかなぁ~。
なので、始まるまでココで待っているのだろう。

…だから混んでいたのかぁ~。

12時半くらいに入場出来れば、もう少しは観やすかったのかもしれナイ

アシカさんを観るスペースはもう無さそうだったので、このまま出口を出て次に行こう。

まるで事務所のアルミドアのような平凡なドアを開けると、外に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6142
右奥におみやげ屋さんがあるねぇ~。

チョイと覗いてみますか

手前のシャッターが閉まっている部分は、昭和40年代がそのまま残っているカンジ。
懐かしの書体で「ドライブイン」とか書かれた看板等が見える。

…って~コトは、それ以来他の店が数十年も入っていなかったって~ことね。

奥のお店で、何気な~く見たおみやげを2点購入。
地元の三谷水産高校作の、ご飯に合う佃煮「愛知丸ごはんジュレ」だ。

新作のまぐろが入った」と言われたので、思わず買っちゃったッス~
(普段はカツオやしらすがベース)

ご飯だけでなく、焼酎や日本酒にも合いましてよぉ~~ん
サラダに載せてもイイかも

イチバン奥のお店にアサリが売っていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6143
デカーーーーーいっ

デカイにも程ガールっ

2つで960円……もう東京に住んでいるのがバカらしくなる。
さっさと引っ越して、連日海鮮祭りするか 

雨は結構降っているけど、次に行きまひょ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
蒲郡・竹島水族館2016-6144
まだ行列が…

今並んでいる人達は、アシカショー観られるのかなぁ~

また日を改めて「たけすい」に来よっと

…んぢゃ、ガマゴリ駅まで歩くでぇ~~~

つづき「蒲郡→豊橋・名鉄の旅」はこちらーっ!
つづき「たけすいの保毛男ちゃん2017」はこちらーっ!

|

« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その21:ウルムチへ~ | トップページ | 旅日記 ~「蒲郡→豊橋・名鉄の旅」2016~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

 ジョーーっ☆は旧蒲郡プリンスホテル(昭和天皇宿泊)現蒲郡クラシックホテル、浜辺の草が枯れてる‥‥‥蒲郡の海死んでるって噂ありんす‥‥‥

投稿: bell | 2016年9月29日 (木) 08時53分

水族館、いつになく賑わってたんだね。
地元としてはうれしい限りです。
お城のようなホテルは蒲郡クラシックホテル。
何度も経営が変わってるけど、すごい由緒あるホテルです。
エレベーターがいいんですょ~。
春はつつじの名所で有名です。
大アサリ高いよ!!
普通のスーパーでも1個200円くらいで売ってます。
サンヨネのなら絶対大丈夫。

投稿: ばんび | 2016年9月29日 (木) 09時34分

★ おっかさま

>蒲郡の海死んでるって噂ありんす

…まぢッスかっ

投稿: まりりん | 2016年9月29日 (木) 13時19分

★ ばんびさん

サンヨネでも大アサリ見やしたぜ、マダム。

2個で960円、コレが江の島なら…
観光地価格でも、ガマゴリのほうが安いのです

投稿: まりりん | 2016年9月29日 (木) 13時21分

地元の水族館なので、1年生の校外学習で行きますね。ちなみに昔はその行き止まりの防波堤から高速船で鳥羽に行けた時代もありました。アサリなんてシーズンには毎日みそ汁で出てくるので食べ飽きてるかも。ほんとの地元民は潮干狩りで採るのが定番で買いません。

投稿: かわうそくん | 2016年9月29日 (木) 19時29分

★ かわうそくんさん

鳥羽に行けたら、もっと旅が楽しめたんですけどねぇ…
まぁ、お天気が悪かったので仕方ありませんが。 

投稿: まりりん | 2016年9月30日 (金) 09時01分

ウツボの干物ってあるのよ、串本出身の陶芸先生同級生がbell屋へ来る時のお土産、ウツボ輪切り干物、コリコリ美味しい、

投稿: bell | 2016年9月30日 (金) 09時14分

★ おっかさまアゲイン

食べてみたいーーーーーーっ

投稿: まりりん | 2016年9月30日 (金) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その21:ウルムチへ~ | トップページ | 旅日記 ~「蒲郡→豊橋・名鉄の旅」2016~ »