« 旅日記 ~「豊橋・手筒花火」2016~ | トップページ | 旅日記 ~「三岐鉄道の貨物だよ。2016」その1・丹生川駅~ »

2016年7月18日 (月)

旅日記 ~「ホントにあるのね、豊橋。」2016~

前回「豊橋・手筒花火2016」からのつづきーっ!

2016年4月24日、愛知県の豊橋市内である調査をして来た。

前日の23日に、手筒花火を見てから西駅(駅西口)の「HELP」で、レーベンブロイの生麦汁臭~いピザを楽しんだ
その時に「明日はどうするの」と聞かれたので、「●●を点検してくる」とお返事。
店内でも何気にその話題で盛り上がった

その●●を、今から調査しに行くのだ。

まずは朝10時、いつものお宿「東横イン」を出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8101
奥に見える建物は、JR豊橋(とよはし)」駅だ。

くるっと後ろに振り返ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8102
まっすぐ。

この真っ直ぐな道の先に、目的の●●がある。
距離も徒歩10分ほどで、お散歩気分で行けるッス

この先は僅かにしか進んだことが無く、初めての道。

どきどき

ほどなく、大きな交差点に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8103
…デカい。

コレは、交差点の先から振り返って、豊橋駅方面を見たところ。
左右に交差する道は、「国道23号線」とのこと。

そして振り返って前を見ると、またもや小さな交差点があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8104
とーかいドゥーーーーーーん

天下の東海道様だ

国道1号線」では無く、純粋に江戸時代からの「東海道」だ。
本物の東海道は、このように細い場所が多い。

東海道はココで90度曲がり、今進んでいる道が東海道になった。

前を見ると、景色が広くなっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8105
建物の先が目的地「●●」だ

ほどなく、到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8106
ココっす~~~~ぅ

単なるフツーの橋があるね。

その右横には、案内板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8107
とーかい、ドゥドゥデューーーーーーん

東海道」の標識と「船町と高札場」の解説板だ。

だが、今回の目的はコレではナ~イ。
●●とは、正面にある橋なのだ

橋の欄干(橋名板)を見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8108
新しいようで古~~~~い

昭和61年3月改築」…の割には、結構キレイだね。

橋はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8109
…ごくフツーの橋ッス。

では、左側の歩道へ移動しよう。
橋の手前にある横断歩道を渡って、左側に来た。

こちらの橋名板には、橋の名前が書いてあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8110
まぢッスかぁーーーーーーーーっ

豊橋に「とよはし」って、ホントにあったのネーーーーっ

今渡った横断歩道の信号機を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8111
豊橋に、と~よ~ばしぃ~~~~~

とよ」というのが本名のようで、地元民はほぼ「とよばし」と呼んでいる。(後述)

何故にココに来たのかというと、NHK「Eテレ0655」でこの橋が放映されたからだ。

この1回前の放映が、オラの地元に近い東京・高円寺だったので、「何たるグーゼン」と思って観に来た次第

…んでは、橋を渡ってみよう。

この橋が架かっている川、「豊川(とよがわ)」のお姿はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8112
ひろびろ~~~~~

海が近いので、広くてゆったりしている。

歩道を歩いていると、何やら車道にハデな標記が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8113
事故ってるのねーーーーっ

愛知県民は運転が荒い」とは昔から言われているが……やはりね。
(関東では、茨城県民が荒いと定評があるッス

この先は下り坂で信号があるから、スピードの出し過ぎで止まり切れナイ車が多いのだろう…。

向こう岸に近付いた。

ココから川の奥(下流側)を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8114
景色が広過ぎる…

時々、遠くから列車が鉄橋を渡る音が風に乗って聞こえて来る。

アップで撮ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8115
おぉ東海道線飯田線名鉄線が見えるっ

JRの銀色電車は見えづらいが、名鉄の真っ赤な列車はハッキリと見える

川面を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8116
…案外浅い。

海が近い割には水深が浅いねぇ~。
東京の川とは違って透明度もあるッス
(東京の川は、流れがナイので淀んでいる…)

向こう岸に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8117
こちらには川の名前が彫ってあった

とよかわ」ではなく「とよ」ッス。
都市や駅や川によって名前が濁る・濁らナイの違いって、どこの都市でも結構あるよね…。
(「旭川(あさひがわ)」「尾久(おぐ)」「江古田(えごた)」「長津田(ながつた)」等…)

念のため、Wikipedia(ウィキペディア)で調べてみたら、こんな事が書いてあった。

---------------------------------------
河川や橋名のひらがな表記については、
河川台帳等にある正式名称とは異なり、濁点を抜いて記される例が少なくないが、
これは「水が濁らないように」との願いから慣習的に行なわれてきたもので、
奈良県や横浜市のように標準仕様書などにそれを定めている自治体もある
---------------------------------------
(ウィキペディア「橋名板」より)

…へぇぇぇぇぇぇ~~~~っ

お勉強になったッス~

こちらの信号機を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8118
詰まってナーーーーーイ

南側は「とよばし南詰」なのに、こちらは「とよばし北」。

…詰めが甘いな。

少し下流側から、橋の全貌を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8119
立派ッス

この道は「県道496号線」だって。
なので、そこそこ立派なお姿に整備されているようだ。

川面まで降りることが出来るようなので、降りてみた。
(結構あちこちに階段がある)

そして、橋の下へ行ってみる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8120
おぉ、いぇい

さすがのNHKも、このアングルでは撮影していないべな。

今度は上流側から撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8121
日当たり良好

お天気も良く順光なので、キレイに撮れたッス

川面を歩いていると、こんなモノがゴロゴロ転がっていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8122
アッサリ

アサリかなシジミかな
周囲にも「勝手に採るな」との注意書きが貼られている。

…さて、戻りますか。

あとは上流側の歩道を歩けば、点検完了だ

天気がイイので、4月とは言え結構暑い…
早いとこ、涼し~いスーパー「サンヨネ」に移動するのぢゃ

道に戻って、上流側の歩道の前に立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8123
The 豊橋

また一つ、お勉強になった
豊橋クエストも、だいぶクリア出来たな…
(オラ、東京都民にしては、かなり豊橋に詳しい部類に入るのでは

最後に、橋の上から上流側を見てみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
とよばし2016-8124
びゅ~~~ちほ~~~~~ぅ

イイ景色ですな

…あぁ、もう暑い暑いっ

さっきの細い東海道を歩いて、サンヨネに向かうのぢゃーっ
待ってろーーーーっ
(誰もオマエのことなど待っていない)

 東京の板橋区にも「板橋」があるので、東京観光の際にはぜひお越しやすぅ~~~
  …そうそう、吉祥寺駅には「吉祥寺」はナイからね。要注意。

|

« 旅日記 ~「豊橋・手筒花火」2016~ | トップページ | 旅日記 ~「三岐鉄道の貨物だよ。2016」その1・丹生川駅~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

サンヨネ自在活用は豊橋人ならでは、まりちゃん準豊橋人、

投稿: bell | 2016年7月18日 (月) 08時34分

豊川のシジミは美味しいよ。
さらばシリーズ、新曲まもなく発表です。
今度はどこかな?
点検してきてね~(* ̄0 ̄)ノ

投稿: ばんび | 2016年7月18日 (月) 09時18分

★ おっかさま

サンヨネオリジナルの魚肉ソーセージにハマッておりまする
まぢでまいう~~

投稿: まりりん | 2016年7月18日 (月) 16時24分

★ ばんびさん

長崎や島根とか山形・秋田とかだと…
…いや、むしろ房総半島の先っぽのほうが行きにくいか。(笑)

投稿: まりりん | 2016年7月18日 (月) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「豊橋・手筒花火」2016~ | トップページ | 旅日記 ~「三岐鉄道の貨物だよ。2016」その1・丹生川駅~ »