« 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その3:大井川鐵道SL編(1・新金谷駅)~ | トップページ | 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その5:大井川鐵道SL編(3・千頭駅)~ »

2016年4月 4日 (月)

旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その4:大井川鐵道SL編(2・車窓の風景)~

前回「その3:大井川鐵道SL編(1・新金谷駅)」からのつづきーっ!

2016年3月13日、静岡県の大井川鐵道でSL列車に乗ったぞ
(全5回シリーズ)

さぁ、SL列車「かわね路」号が発車したぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1401
わくわく

SL「C10」の長い汽笛の後、激しいショックと共にゆっくりと動き出した。
新金谷(しんかなや)」駅の周囲にいる大勢の見物客に見送られて進む。

終点は、大井川上流の町にある「千頭(せんず)」駅。
1時間10分の、の~んびり旅。

車内では、動き出す前から専任のガイド(車掌)さん、通称「SLおばさん」による解説が続いている。
観光列車なので、「静かな車内でSLを味わう」とはいかないようだ…
ハーモニカでの演奏や歌もある。

しばらくの間は、こんなカンジの景色の中を進む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1402
フツーの近郊都市の住宅地だ。

近所の人も、線路際まで見に来ているようだ。
もちろん「撮り鉄」も多い。

ほどなく、車内販売がやって来た。
スタッフは、地元の主婦の方々も多い。

車販のお姉様から、客車旅の必須アイテムを購入。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1403
お星さまぁ~~~~~ん★ 

…静岡なのに札幌とは、コレいかに。(笑)

とにかく、麦汁様もご登場いただいたので、アイテムは全て揃った
(花粉症シーズンど真ん中なので、350ml缶1本にしておいた)

お茶畑を見ながら麦汁様をチビチビ飲む。

あぁ、シアワセ

戦前製の車両なので窓にテーブルがナイから、窓を開けると麦汁様を置く場所が無くなる。
う~~~~ん…」といろいろ周囲を見回すと、唯一何か置けそうな物体が。

よく見ると、それはオラが知っているその物体の中でイチバン古かった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1404
ざらはいーーーーーーーっ

おぉ何と古い灰皿なんだべかっ★ 

昭和中期の国鉄標準品とは違って、味わいがある。
車内アナウンスでは「灰皿あるけど禁煙よん」と言っていた。

結局、麦汁様はココには置けナイので、向かいの座席の隅っこに置く。
大きな衝撃が来ても、スベらないから安定している。

窓を開けてまったりしていると、景色が変わってきた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1405
おぉ、いがーーーーーーっ

コレが、この地方の主の「大井川」だ。
対岸が遠いねぇ~~~

川沿いに列車が走っていると「ドイツのライン川沿い」っぽく感じるけど、川幅が違うので景色が雄大だ
あちらは川幅が狭い所を、時速140~200Kmくらいで爆走する。

列車はゆっくりと「神尾(かみお)」駅を通過。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1406
カッチョエェ~~~のぉ~~~~

大井川鐵道はビンボー会社ゆえ、設備が全体的に古いので、SL列車が良く似合う

この駅には、列車の反対側(山側)にタヌキの置物がたくさん並んでいるので有名だとか。
SLおばさん」も解説してくれているが、オラだけ逆の川側を撮りまくり(笑)

駅の先にトンネルが見えた。

汽笛が一発鳴り、列車はトンネルに入った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1407
イイっ

白熱電球ではなく白い蛍光灯なのが残念だが、なかなかどーしての雰囲気

短いトンネルなので、すぐに抜ける。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1408
ナイス車窓

進むごとに景色がワイルドになっていく。
線路はしばらく川沿いに北上して伸びている。

後ろを振り返ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1409
おぉ、いぇい

電気機関車の客車列車も、えぇ~~のぉ~~

しばらく進むと、オラ的に「超~絶景」な場所に出会った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1410
大ぉーー井、お茶ゃーーーーーーーーっ

コレ以上「静岡県」な景色が他にあろうか

茶畑SLって、すぅ~~~~んごく似合うのね
オラ的に、今日一のお気に入り写真になった

昔の天浜線(国鉄二俣線)もこんなカンジだったのだろう…

ほどなく、列車は唯一の停車駅「家山(いえやま)」に停車した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1411
う~~~~ん、ローカル

ココで思った以上の乗客が下車。
全線乗り通ししないんだねぇ…

料金が高いので、「ちょっとだけSL体験」のファミリーにはちょうどイイのだろう。

少しの停車の後、再び発車。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1412
だんだんローカルな景色になってきたぞ

川幅も少し狭くなってきたような…

そして列車は、大井川鐵道最大の見せ場にやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1413
ぽぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~っ

長い汽笛と共に、ゆっくりと鉄橋を渡る。
ココからは大井川の対岸を走るのだ。

対岸には大勢のギャラリー
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1414
スゲーーーー数っ

今日はお天気がイイからねぇ~

しかも、右側の三角屋根の建物をアップで見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1415
マッパーーーーーーーーーっ

何と露天風呂からも大勢がこちらを眺めている。
男湯(左)だけでなく、女湯(右)からも (*/θ\*) イヤ~ン

マッパで手を振る連中を見て、車内から爆笑が起きる。

ココは「川根温泉 ふれあいの泉」と言う、温泉施設と道の駅なのだ。
オラも昔に入ったことがある。

露天風呂からの鉄橋の眺めもサイコーだが、お宝はしっかり隠しておくよーに(笑)

最寄り駅は「川根温泉笹間渡(かわねおんせんささまど)」駅だよん
列車でココまで来て、湯に浸かって帰る日帰り旅もオススメ

線路が対岸に渡ったということは、車窓の景色が山になったということだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1416
葉っぱだらけぇ~~~~~~ぃ

雄大な景色は向こう側へ…
…ま、今まで山ばっかり見て来た向こう側の乗客達には嬉しいけどね。

そして、列車は長いトンネルに入るとのこと。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1417
迫りくるトンネル…

汽笛と共に突入っ

ほどなく、車内に灰色のモワモワが…
みんな急いで窓を閉める。

機関車の煙が容赦なくトンネルに充満する。

…コレがウワサの「SLトンネル地獄」か。

昔は峠越えなどで長大トンネルに入ると、窒息する機関士や乗客も多かったそうな。
巨大な「D51」形の3重連等でトンネル入られてみぃ
一酸化炭素中毒にならないほうがおかしいって…

なので、峠の難所は早々に電化されていった次第。

窓を閉めるも、客車が古いせいか、連結面の幌のスキマ辺りから大量に煙が入り込んで来た
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1418
地獄ぢゃーーーーーーっ

少年戦隊が果敢に戦いに行くも、アッサリ玉砕。
車内で笑いが起きる。
(上の写真が戦っている最中)

コレって、体じゅうが石炭臭くならないだべか
この後、「やんぐなれでぃ」達と飲み会なんだけどなぁ…

トンネルを抜けた。

一斉に窓を開けて、車内に充満した煙を外に逃がす。
トンネルが増えて来たので、コレを何度か繰り返す。

そして「地名(じな)」駅を通過。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1419
ずーーーーーーーーーむっ

…あぁ、乗りたかったズームカーの各駅停車が停まっている。
帰りがコレだったら、今日はカンペキな旅になったのになぁ…。

列車はのんびり走り、SLおばさんの「まもなく、川の上に長~い吊り橋が見えて来ますよぉ~」のアナウンスが。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1420
…ほ、細い。

この何とも不安定そうな吊り橋は「久野脇橋」と言うそうで、全長約200mもあるんだって

この橋が見えて来たと同時に、列車は通過駅なのに「臨時停車します」のアナウンスと共に停車してしまった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1421
スタッフがぞろぞろホームに降りだした。

ココは「塩郷(しおごう)」駅という、ごく小さな駅だ。

何でも「蒸気機関車が不調なので点検する」とのこと。
機関士さんがSLの屋根に上っている。

…コレはチョットした故障とかではナイかも。

シュッシュッ」とテンポ良く上がっていた白い蒸気もゆっくりになり、ついに止まってしまった。
周囲が急に静かになる。

…本格的にヤヴァいのでゎ?

車内でも「あららららっ」状態。
SLおばさんが場を和ませるためにハーモニカを吹くも、ホーム上ではバタバタしている。

やがて「客車のバッテリーを保護するため、照明を消させていただきます」のアナウンスと共に暗くなってしまった。
昔の客車は、自転車のように走りながら発電する小さな発電機と、貧弱なバッテリーしか装備されていないのだ。

…20分は停まっているだろうか。

後ろの「いぶき」ちゃん(電気機関車)で押してしまえばイイのに…」と誰もが思っていたかもしれない。
やがて、白い蒸気が「シュッシュッ」と、勢いは弱いが上がりだした。

そして「点検が終わりましたので動きます」のアナウンス。
汽笛と共にゆっくり動き出した。

ホームで撮影しようとしていた人達に見送られて、駅を通過。
この人達は、SLが長く見られて&撮影出来て、ある意味ラッキーだったもしれない…

そして目の前にある吊り橋の下をくぐる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1422
おねいさぁーーーーーーーん

線路のすぐ上で、おねぃさんが撮影していた。
こんな場所で、動き出すまで30分くらい待っていたんだろうねぇ~

列車は走るも、SLは何となく元気がナイ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1423
黒い煙が出て来たぞ…

黒い煙」というのは「石炭が燃えたカスも出ている」ということ。
コレが大量に出るのは、あまり良くない現象だ。

昔は、この黒い煙の中に入っている火の粉が、沿線のわらぶき屋根や畑のわらに付いて火事になることも多かったそうな。
あと、走行中に窓から客室内に石炭の粒が入って来るので、目をやられた人も多い。
(ウチの父親もやられたそうだ)

そして再びアナウンスが…
次の下泉駅にも臨時停車して、再度点検します

…あれれん

列車はゆっくりと「下泉(しもいずみ)」駅に停車した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1424
再び機関士さん達が、いろいろ見て回っている。

白い煙と黒い煙が、代わる代わる出ている。

駅の入口で撮影していた人達も「あれれ」というカンジで、心配そうにこちらを見つめている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・車窓の風景2016-1425
遅れて来た列車が、さらに止まってしまったんだから、そりゃぁ~心配だわな…。

う~~~ん、この先一体どうなってしまうのだろうか

我々の運命や、いかにっ

つづき「その5:大井川鐵道SL編(3)」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その3:大井川鐵道SL編(1・新金谷駅)~ | トップページ | 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その5:大井川鐵道SL編(3・千頭駅)~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

旅と鉄道(11旧型客車)」カテゴリの記事

コメント

鐵道の『鐵』旧字体のままってとこも いいですね
てか、私のPCでは変換候補に出てこな~い
コピペ

投稿: ヨメ | 2016年4月 4日 (月) 01時09分

★ ヨメちゃん

「鉄」の字は「金を失う」と書くので縁起が宜しくナイということで、大井川では社名を「鐵道」と書いています。

JRも良く見ると「金に矢」となっているのをご存じかな?
(JR発足時に結構全国的に話題となった)

JR四国以外は「矢」なので、よく見てね~
↓参考
http://ks.c.yimg.jp/res/chie-ans-214/214/084/892/i320

投稿: まりりん | 2016年4月 4日 (月) 01時41分

大井川鐵道、一度乗ってみたいって思ってて紅葉の季節を狙ってます。
お座敷のおでん車が連結されることもあるのね。
そっちに乗ってるのかと思っちゃいました(^.^)

投稿: ばんび | 2016年4月 4日 (月) 06時29分

★ ばんびさん

そっか、紅葉も良さそうッスねぇ~

お座敷は走っていませんでした。
…ってか、さすがに翌日までおでんは…

投稿: まりりん | 2016年4月 4日 (月) 12時15分

いつのまに大井川鉄道のSL
乗ってらしたんですかい

例の♨近くの鉄橋の河原で出待ちして
SL撮りましたよ~ん
もちろん♨にもばっちり入りました。

投稿: ポタージュ | 2016年4月 4日 (月) 14時10分

★ ポタージュさん

去年から「乗ってやろう」と目論んでいましたので、「やっとこさ達成」というカンジですぅ~

あんなに女湯が見えるは、秋田の山奥以来です。ハイ。

投稿: まりりん | 2016年4月 4日 (月) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その3:大井川鐵道SL編(1・新金谷駅)~ | トップページ | 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その5:大井川鐵道SL編(3・千頭駅)~ »