« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その2:香港・観光とグルメ~ | トップページ | 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その4:大井川鐵道SL編(2・車窓の風景)~ »

2016年3月31日 (木)

旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その3:大井川鐵道SL編(1・新金谷駅)~

前回「その2:静岡おでんフェア編」からのつづきーっ!

2016年3月13日、静岡でSL列車に乗ったぞ
(全5回シリーズ)

昨日は富士宮(ふじのみや)で名物のB級グルメの焼きそばを食べ、静岡駅前の「しぞ~かおでんフェア」で日本各地のおでんを食べ、近くのおでん屋さんでもしぞ~かおでんを味わった。

…さすがに、もうおでんはイイや。

この3ヶ月間で何年分のおでん食べたんだ(笑)
でも、新たな発見も多かったので、全国のおでんに興味が湧いて来た

さて、今日はどこに行こう…

現在、朝の9時半
一応、夜に豊橋で飲み会があるので、16時頃までに豊橋入りすればモウマンタイ(無問題)。

当初の予定では、大井川鐵道に行って、普通列車(電車)で往復してくるというプラン。
でも、花粉が飛びまくっているこの季節に山の中に行くというのは「自爆行為」ではナイのかぇ…

それとも、おとなしく天浜線で浜名湖をまったりと眺めていようか…
いっそ名古屋まで行って、名鉄に乗って遊んでいるか…

悩むなぁ…

まぁ、とりあえずお宿を出よう。
チェックアウト時間は10時なのでね

お宿を出て目の前の「藤枝(ふじえだ)」駅に行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1301
今日はイイ天気だねぇ~~

ちなみに、お宿はこんな近くにある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1302
メッチャ駅前

東横イン」、ナゼか静岡駅周辺には無く、結構離れた藤枝駅前にしか建っていない。
フシギ過ぎる…

とりあえず、名古屋方面のホームに立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1303
静岡の近郊都市なので、ガラガラだ。

ほどなく列車がやって来た。
乗り込むと、かなり混んでいる。

…そっか、18きっぱーの季節だ

青春18きっぷ」のシーズンなので、鉄ちゃんがやたらと乗っているのだ。
先頭の運転席後ろにビッシリ張り付いている。(笑)

中間車には、大きな荷物を持って移動中の人も多い。
老若男女、結構一般人の18きっぱーも多いのだ。

一応、大井川鐵道も考えつつ、天浜線に乗るつもりで移動開始。
まずは、3駅先の「金谷(かなや)」駅に着いた時点で考えよう。

ほどなく、列車は金谷駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1304
大井川鐵道は、この駅から出ているのだ。(写真右奥のホーム)

車内から大井川鐵道のホームを見ると…

おぉぉぉぉぉぉーーーーーっ!!

気になる車両が停まっていたので、天浜線に傾いていた心を急遽立て直し、急いで降りることにした。
他の降車客も、普段のこの駅にしては結構多い。
みんなSL目当てなのかな…

乗り換え専用改札に行き、大井川鐵道のフリー切符を買う。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1305
昭和な切符ぅ~~~~~

本線の「金谷」~「千頭(せんず)」間が乗り放題なのだ
…と言っても、列車本数はビックリするくらい少ないケド。

地方私鉄ゆえ、お値段は3440円と結構高い。
…まぁ、「観光料金」ということで納得しよう。

目の前のホームに行くと、気になる列車が停まっていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1306
ずーーーーーーーーむっ

ズームカー」こと、元南海電車の21001系

この関西の名車、ウワサにはず~~っと聞いていたのだが、乗るのは初めてッス
急にテンションが上がる

早速、イイ席を確保。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1307
いやぁ~~~~~ん、昭和ぁ

まったり眺めていると、後からぞろぞろ乗り込んで来た。
みんな乗り換え専用改札ぢゃなくて外の改札を経由して来たから、一歩遅かったのだ。

アッブネーーーーーっ

悠々と座っていると、車内アナウンスが。

この列車は新金谷(しんかなや)行きです

何ですとーーーーーーーーっ

何とっ次の駅が終点なのだっ
たった1駅しか走らナイ。

…ガックリ。

この列車で、本線の終点「千頭」駅まで行けるとワクワクしていたのに…

…待てよ。

次が終点」ということは「この列車はSL列車に連絡している」ということだ。
SL列車は新金谷駅から発車する。
この金谷駅では機関車の前後の付け替えが不可能なので、来れナイのだ。

当初計画していたのは、この1本後の千頭行き普通列車(電車)で単純に一往復するだけだった。

…そっか、この1本前の電車に乗ると、SL列車が観られるんだ。

…ってなワケで、1駅だけのズーム体験(笑)

発車してゆっくりと左にカーブしていると、すぐに新金谷駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1308
きゅーーーきゃーーーーくっ

目の前に旧型客車がどどーーーん!と停まっている

カッチョエェ~~~のぉ~~~~

この列車、急行「かわね路」と言う。
新金谷~千頭間をのんびり走る、観光列車だ。

ホームに降りて何枚か撮影していると…

本日のSL列車、まだお席がございま~す」とアナウンスが。

…乗っちゃおっか

予定外のラッキーハプニングにテンション急上昇(高電圧注意
キッズで混雑するホームをそそくさと歩き、駅舎へと向かう。

駅舎の窓口で「SLの指定券くださいーっ」と言ったら、「向かいの建物で売っているので、そっちに行って~」と言われた。

急いで駅舎を出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1309
レトロな駅舎ぢゃのぉ~~~。

この時点では、こんな写真を撮っている余裕など無かったが。(笑)
(コレは指定券GET後にゆっくり撮ったモノ)

そして、向かいの建物とは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1310
プラーーーーーーーーーザ

プラザ・ロコ」という建物だ。

目の前のドアを開けると、そこが指定券売り場だった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1311
並んでるぅぅぅぅぅぅーーーーーっ

指定券(ココでは「急行券」と言うそうな)を買うために並んでいる人が多い。
しかも、発車時間まであまりナイ。

…少し焦る。

でも、職員さん達は慣れたモノなのか、サクサクと列が動き、アッサリと指定券がGET出来た
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1312
いぃぃぃぃ~~~~やっほぉぉぉ~~~~う

この切符、記念にひらがなで名前を入れてくれるそうで。
なので、名前を言ったら、印刷されて出て来た。

急行(指定)料金は800円
コレが、キッズに超人気の「トーマス列車」になると1000円になるそうな。
今日はトーマスは走らナイそうで。
普通のSL列車が2往復走る。

さぁ、発車まであまり時間がナイっ

とりあえず、この駅で撮れる写真を撮りまくろうっ

急行券売り場から駅を見ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1313
落ち着いて見ると、キッズだらけだ

やっぱ、SL列車は大人気だねぇ~~
しかも、ココのSL列車は「レトロ風」とかぢゃナイ「本物」だから、初めて乗る子にはサイコーだ

駅の周囲では、ファミリーと大きいお友達もたくさん撮影している。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1314
この人達は乗らナイのかな

さぁ、ホームに戻ろう。

駅舎を通り、ホームの入口に立つ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1315
コレに乗るッス

イキオイよく蒸気が「シュッシュッ」と上がっている。

近寄ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1316
しーーーーてんっ

C10」という形式の小形の機関車で、製造台数が少ないレアなSLとのこと。
今日はイベントもやっているらしく、「SLフェスタ2016」というヘッドマークが付いている。
(それで大きいお友達も多いのか…

ホームの反対側に、今乗って来たズームカーが留置線に移動して停まっていたので、しっかりと撮影。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1317
この撮影には、ズームは使用しておりません。

関西の車両って、全体的に丸みを帯びていて優雅なんだよねぇ~
関東だと、昔の京急や京成の車両くらいかなぁ…。

もう1両も。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1318
イイっす

車体の銘板などは、南海時代のままっぽい。
あぁ、ちゃんとゆっくり乗ってみたかった…

そして、ズームカーの後ろ(奥)には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1319
おざしきーーーーーっ

お座敷客車達が停まっていた。
茶色い3両がお座敷車両で、オレンジ色のはトーマス列車用に塗り替えられた一般座席車だ。

このお座敷車両、「客車」と言っているが元々は西武線の赤い電車501系)だったのだ
電車を客車に改造するという、大昔のような手法が取られた。
なので、西武線沿線の民から見れば、コレが西武線車両だったのいうのが一発で判る
お子ちゃまの頃、よく乗ったなぁ…

ホームを見ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1320
とても「平成28年」とは思えない光景。

昭和もすでに30年前になろうとしているのに、昭和20~30年代のまま止まっているようだ

とりあえず、時間の許す限り列車の後ろまで行ってみよう
列車は、「蒸気機関車客車7両電気機関車」の編成だ。

真ん中の地点ではこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1321
ぽんぽこぉぉぉ~~~~っ

大井川沿いにはタヌキが多いようだ。
…京都の大堰川(おおいがわ:桂川)にもタヌキがいっぱいいたなぁ~。

ちなみに、オラの乗る「4号車」がこの車両「オハ35 22」だ

さらに後ろに行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1322
おはにん」だぁ~~~~~

おはにん」こと「オハニ36」という荷物室と客室の合造車だ。
白い窓(トイレ)から向こうが荷物室。
JR東日本でも1両だけ残存していて、オラの大好きな車両

後ろの電気機関車も超~~気になるぅ
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1323
おぉ、いぇい

コレもオラの超~大好きなタイプだ
茶色い」「箱型車体」「デッキ付き」の好ましいスタイル。
国鉄の「EF15」を短くしたようなカンジぃ~

元は「大阪窯業セメント いぶき500形」と名乗っていた。
そのため、車体側面に「いぶき501」と書かれている。

その後、大井川鐵道にやって来て「ED500形」となった。
一時、中部国際空港建設のために、三重県の三岐(さんぎ)鉄道に貸し出されていた。

ナゼにSL列車に電気機関車が付いているのかというと、先頭の「C10」という機関車はサイズが小さいので牽引力が低いのだ。
そのため、坂道を7両もの客車を牽いて登れナイので、「後押し役」として「いぶき」ちゃんの登場となった次第。
客車5両くらいなら、単独でも走れるようだ。

いぶき」ちゃんと「おはにん」の連結面をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1324
…たまんねッス

蒸気機関車とはまた違った味わいがあるッス

…もしかして、この組み合わせが観れるのは、もう日本でココだけしか残っていないんぢゃなくね

いやぁ~、貴重な1枚だなや

子供の頃、中央線の中野駅に停まっていた貨物列車(EF13)の、このデッキに登ろうとして父親に怒られたっけなぁ~。(笑)
お子様には「滑り台の階段」にしか見えなかったのよ
…懐かしや

さっきから、いぶきちゃんの奥の機関庫が気になってしょーがナイ

アップで撮ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1325
おひさーーーーーーーっ

まぁ~、懐かしい車両が並んでますこと

左の近鉄特急もなかなかの存在感だけど、奥のクリーム色の機関車達が気になるのよ

このクリーム色の機関車達、元は西武鉄道の「E31」形という貨物・保線用機関車だったのだ。
埼玉県の秩父の山奥や、深夜の東京都心でも見ることが出来た、「縁の下の力持ち」的な存在。
全4両のうち3両がココにやって来た。
残り1両は秩父の「横瀬(よこぜ)」駅の車庫にいて、昨年末に見て来たので、半年で全車両コンプリートしたことになる(笑)
お姿は、西武時代のまんまだね

さて、発車時間が迫ったので、車内に入ろう。
駅員さんや車掌さん達も「車内に入ってくださーい」と呼びかけている。

手近な「おはにん」に乗り込む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1326
ニスってるぅ~~~~~~ぅ

ニス塗りの美しい室内が大人気
天井の照明も、オリジナルの白熱灯

この「おはにん」は大井川鐵道の所有ではなく、「日本ナショナルトラスト」という団体の持ち物だ。
有志の募金や寄付でメンテしているので、動態保存に興味ある方は公式サイトを見てね~

4号車に移動しながら、他の車両も見てみよう。

車端部にある洗面台は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1327
レトロだねぇ~~~~~

JR東日本が所有している旧型客車は、だいぶ前に水回りがリニューアルされてしまっているので、このような雰囲気は残っていない。
この洗面台はほぼ原形と思われるので、貴重だよぉ~~~

そして、別の車両の客室をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1328
きんだーーーーーーい

こちらは、国鉄時代に「近代化改装」されている車両なので、昭和30~40年代の急行型電車(165系等)と同じ色調に揃えられている。
天井の照明は、丸い蛍光灯に改良されている。
形式で言うと「スハ43系」だ。

さらに進むと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1329
もどったーーーーーーっ

またもやニス塗りの車両があった
ココは原型車両が多くて、ス・テ・キ
こちらの形式は「オハ35系」だよん。

移動中に、連結面から何やらモワモワと…

外に出てその場所を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1330
すちぃーーーーーーーむ

あぁ、懐かしやっ

コレは「蒸気暖房」のスチームで、蒸気機関車で沸かした蒸気が送られて来ているのだ。
昔の客車列車は、電気ヒーターなど無かったのだ。

SLから電気機関車に世代交代されて来た頃から、旧型客車にも電気ヒーターが追設された次第。
電気ヒーターを付けた車両は、現番号に「2000」を足されてお名前が変わった。
(例:オハ35 123 → オハ35 2123)

しゅ~~~~~ぅ」という音を聴きながら、4号車へと向かう。
さぁ、4号車はどんな内装かな
わくわく

実は、さっき4号車の横を歩いていたのだが、「発車までに撮影しなきゃ」と焦っていたので、ロクに見ていなかったのだ。
形式番号から大よそは想像できるのだが、さっきまでそんな余裕は無かった…

4号車に入り、指定された席に着く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1331
Yes! Yes!! Yeーーーーーーsっ

ニス塗りだぁ~~~~~~~~ん

ラッキーーーーーっ

しかも、このボックス席にはオラ1人だけみたい。
後ろの車両はガラガラだったし、今日は余裕があるようだね。

コレはイイ旅になりそうだ

この車両のお名前は「オハ35 22」。
よく見ると、「オハ35 2022」と書かれていたのを書き直した跡がある。
コレは、電気ヒーターを取り外したので「2000」も取って、元々の生まれた時のお名前に戻したのだろう。

発車時間が目前となり、車掌さんが車両のドアを閉めて回る。

…そう、旧型客車は「手動ドア」なのだ。
しかもカギはナイ。

なので、走行中でも開けることが出来るから、イタズラして転落事故を起こすなよーっ

ソレと同時に、最初に乗ろうと思っていた1本後の普通列車になる電車が、千頭方面からやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1332
とーーーーーーーQーーーーーーぅ

アッブネーーーーーっ

よりによってこの車両だったか…。

そう、この車両は元東急電鉄の「7200形」と言うロングシートの車両で、東横・目蒲・池上・大井町の各線で活躍していたモノ。
現在は日本各地のローカル私鉄に譲渡され、あちこちで見ることが出来る。

学生時代に池上線で毎週のように乗り、最近よく行く豊橋鉄道に大量にいる上に、1月に乗った静岡鉄道にソックリさんの兄弟車両が走っているので、正直言って「乗り飽きた」。
片道1700円も払ってこの車両に乗りたくナイ(笑)
(ダイヤ上、帰りは結局この車両に乗ることになるのだが…

さぁ、いよいよ発車だ

汽笛が「ぼぉぉぉぉぉぉおおおおおお~~~~~っ」とこだまする。
そして、一拍間を置いて…

「ガチャ!ガチャ!ガチャン!!」

と、大きな前後の揺れとともに、ゆっくり動き出した。
車内では「おぉぉぉぉーーっ」とみんな笑いながら驚いている。

…んでは、予定外の楽しい旅に行って来るねぇ~~~ん
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・大井川鐵道のSL・新金谷駅2016-1333
たぬきん、バイバイキ~~~~~~ン

さぁ、観光客丸出しで楽しむわよぉぉぉぉぉ~~~~ん

つづき「その4:大井川鐵道SL編(2)」はこちらーっ!

|

« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その2:香港・観光とグルメ~ | トップページ | 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その4:大井川鐵道SL編(2・車窓の風景)~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

旅と鉄道(11旧型客車)」カテゴリの記事

コメント

網棚の網が本物だ(≧∇≦)
昭和人なので覚えているよ。
トーマスってあんまり好きじゃないのでこっちの方がいいね。

投稿: ばんび | 2016年3月31日 (木) 03時01分

★ ばんびさん

トーマス号、オラ的にもビミョーです…
この「かわね路」号の客車は、ヤラセのナイ本物です

投稿: まりりん | 2016年3月31日 (木) 09時02分

こんばんは。
南海ズームカーにも会えて、「かわね路」にも乗れて、ものすっごいラッキーでしたね。

投稿: 南太郎 | 2016年4月 3日 (日) 00時41分

★ 南太郎さん

こんばんは。
いつもご覧いただき、ありがとうございます

すごくラッキーだったのですが、この先に思わぬアクシデントが…
詳細は次回の日記で~

投稿: まりりん | 2016年4月 3日 (日) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その2:香港・観光とグルメ~ | トップページ | 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その4:大井川鐵道SL編(2・車窓の風景)~ »