« レイアウト日記 ~「大糸線の駅」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その2:静岡おでんフェア編~ »

2016年3月17日 (木)

旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その1:富士宮焼きそば編~

前回「しぞ~かで新年会2016:静岡鉄道おでんトレイン編(2)」からのつづきーっ!

2016年3月12日、静岡で再びおでんを食べまくったぞ
(全5回シリーズ)

特攻野郎Bチーム」の静岡県在住「ヒロ」隊員から「3月のおでんフェアに来るでしょ~~~」と連絡が来た。

1月に新年会として静岡鉄道の「しぞ~かおでんトレイン」に乗った時に、「3月にもおでんイベントやるよ~」とアナウンスされていたのだ。
…ってなワケで、前回メンバーのうち3人(ボブ・ヒロ・まりりん)で行くことに。

…さて、当日。

朝に家を出て、天下の「東京(とうきょう)」駅に向かう。

今回は、集合場所が静岡県の東の玄関口「三島(みしま)」駅なので、チョット色気を出して、いつもとは違う列車に乗ることにした。
すでに列車の指定券は買ってある。

ホームに上がる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1101
踊ってるぅぅぅぅぅ~~~~

そう、今回は東海道線(在来線)の特急「踊り子」号で静岡入りするのだ

踊り子」号、もう10年以上は乗っていない気が…
この特急、伊豆の温泉地へ向かう客を乗せるための「リゾート観光列車」みたいなモノなので、一般的には実用性が低いのだ。
停車駅が多過ぎる」「新幹線と料金がほぼ同じ」「新幹線のほうが格段に速い」「東京発は午前のみ」というふうに、あくまでも「乗り換え無しで温泉地まで行ける」列車という立ち位置なので。

…ってなワケで、敢えて「三島駅に停まる踊り子号」をチョイスして乗ってみることにした次第。
そのため、埼玉在住の「ボブ」隊員とは別行動にした。

東京駅に着いたはイイが、発車時間を30分早く思い込んでいたので時間が余りまくることに…
乗り換え通路は大混雑だったので、早々にホームに上がって待機。
(特に、女子トイレの大行列は凄かった…

これから乗る列車はコレだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1102
10時半の「踊り子109号」ッス~~~

この時間、踊り子号が15分おきに発車している。
ついさっき、10時発の列車が出て行ったばかりだ。

…結構需要あるのね。

余談だが、上の段に表示されている「踊り子175号」は、「大宮(おおみや)」駅始発の全席指定列車だそうで。
表示する内容が多過ぎたのか、オシリの「全車指定席」の表示がハミ出している…
(スクロールはしていない)

まだ30分あるので、ホームで周囲の列車を撮ってみた。

まずは、後ろに振り返って1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1103
かがやいてるぅぅぅぅ~~~っ

北陸新幹線の「かがやき」ちゃんだ
金沢(かなざわ)」駅まで行くようになったんだよなぁ…

そうそう、オラ「上野東京ライン」が開通してから、東海道線ホームに来てなかったんだよねぇ~。
状況がだいぶ変化してしまったようだ。

周囲では、常磐線からの列車がひっきりなしに行き交っている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1104
時代は変わったのぉ~~~~。

まぁ、もっと年上の人達には「昔に戻っただけ」と言われそうだケド~。

東京駅で折り返す列車が無くなったせいか、のんびりした「始発駅」という雰囲気が無くなった。
ハッキリ言って「せわしない」し「落ち着かナイ」し「ホームのアナウンスが喧しい」。

目の前で2本の「踊り子」号を見送り、オラの乗る109号が回送列車で上野方面からやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1105
…あれ色が違う。

東海道線の「踊り子」号(185系電車)は、アイボリーに緑の斜めストライプが3本入った色がオリジナル。

だけど、来た列車は東北・上越線用の車両で、白に色のブロック塗装がされている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1106
なんか、水上か草津の温泉にでも行くカンジぃ~~。

この109号は、伊豆半島の東側の「伊豆急下田(いずきゅうしもだ)」行きと、西側の「修善寺(しゅぜんじ)」行きが併結されている。
修善寺行きは後ろの5両。

なので、後ろの5両は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1107
やっぱ緑色だ

5両編成の列車は今やほとんど緑色しかいないのでね
(最近までは白にオレンジ色のブロック塗装だった)

本来のオリジナルな「踊り子」号は、こんなお姿。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1108
カッチョエェのぉ~~~

停車後、すぐにドアが開いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1109
乗り込む前に、行き先表示器をパチリ

この車両、余命いくばくもナイので、今のうちに撮っておかねばっ

車内に入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1110
超~~~~~~国鉄ぅ~~~~~っ

いやぁ~~、いまだにこんなに国鉄臭がする車両はナイよねっ
今回、この列車を敢えてチョイスしたのは、この「最後の国鉄臭」を味わうためだ。
わくわく

指定された席に着く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1111
おぉ、昭和っ

子供の頃と変わらない光景だ

この列車(185系)、何がスゴいって「特急なのに窓が開く」ことだっ
窓の下に開けるためのツマミが見えるっしょ。

最初から冷房車なのに、窓を開けられるようにしたのはナゼ
ホームで立ち売りしている駅弁を買うため
(お弁当売りのおじさん、完全に絶滅したよねぇ…)

車内は、海が見える左側がほぼ席が埋まっていて、山側が半分くらい空いている状況。

…やっぱ、海側が人気なのね。
(オラも敢えて海側の「A席」を指定したので…)

もうみんなすっかりリゾート気分
小グループの団体客が多いので、会話も弾んでいる。

まさに往年の「温泉特急」そのものだ

列車が発車した。
懐かしの、昭和な走行音を聴いていると…

汽~笛一声~ 新橋を~~~

うわーーーーーーーっ

アナウンス前に流すメロディが、国鉄時代のままのアナログなチャイムだっ
コレは激レトロだ…。

イベント列車ではナイ、毎日走っている定期特急列車でこのチャイムは、もう「絶滅危惧種」に指定されている。

貴重過ぎるぅぅぅぅぅ~~~っ

しかも、自動放送もナイので、すべて車掌さんの肉声での丁寧なアナウンス。
次の「品川(しながわ)」駅に着くまで、この昭和な状況が続く。

選んで乗った甲斐がありましたのぉ~~~~

列車は高速でカッ飛ばすも、今の銀色通勤電車達よりも性能が低いので、最高速度が遅いのだ。
(165系と全く同じ性能で、最高時速110Km

ぐぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーん」と激しく唸る懐かしいモーター音に、オラもうメロメロ

横浜(よこはま)」駅到着間際に、真横に赤いアイツがやって来た。
だけど、今日は何か違う。

すると、後ろの席から「カワイイーーーーっ」と女性達の叫ぶ声が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1112
くまもぉーーーーーーーーん

おぉくまモン」のラッピング列車ぢゃナイかっ
こちらのみんなが見つめているせいか、京急の車内の人達もこっちを見ている。

横浜駅を出て、「大船(おおふな)」駅を発車すると、次は「小田原(おだわら)」駅まで停車しない。
それまでは、しばしのんびりタイム。
モーターの「ぐぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーん」という音が車内に響く。

しばらく走ると、大きな川を渡る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1113
相模川(さがみがわ)だ。

湘南」と呼ばれる地域は、大体この辺。
奥の橋の先は、もう相模湾だ。

列車は小田原駅に停車。
意外と降りる人が多いのにビックリ。
箱根に行くのかな
それならば小田急のロマンスカーのほうが楽だと思うんだけど…

隣に停まっている普通列車に乗り換える、若い団体客もいた。
真鶴(まなづる)」駅辺りで降りるのかな?

列車は発車した。

ココから「熱海(あたみ)」駅までは海沿いを走る、絶好のビューポイントだ
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1114
今日はチト曇っているけど、見晴らしはイイ

この区間、新幹線様はトンネルでドバーーーーンと突き抜けているが、在来線はクネクネと走っていく。

なので、前方を見ていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1115
列車の先頭部分が結構見えるのだ

湯河原(ゆがわら)」駅を過ぎ、熱海駅に到着した。
ココで、前7両の伊豆急下田行きとバイバイキン。

伊豆急下田行きは東海道線を離れ、「伊東(いとう)」駅から先は伊豆急行線に乗り入れる。

後ろ5両の修善寺行きは、まっすぐJR東海の領域へと進む。
…でも、すぐに伊豆箱根鉄道に乗り入れるケド。

列車は発車し、熱海駅の先にある長大な「丹那(たんな)トンネル」をゴーカイに走る。
その間、JR東海の車掌さんがいろいろアナウンスしてくれるが、トンネル内に響き渡るモーター音でほとんど聞こえない。(笑)
5分ほどでトンネルを通過。

すぐに次の「函南(かんなみ)」駅を通過し、お隣の「三島(みしま)」駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1116
いやぁ~~~~、初めての「踊り子号で三島入り

普通列車と新幹線は何度もあるが、在来線特急というのは初めてぢゃ

オラはココで下車。
他の乗客は修善寺温泉に行くのかな…と思っていたら、ココでも結構な乗客が下車した。

…みんな、新幹線のほうが速くてラクでしょ。
(人のことは言えんが)

どっちの列車で来ても同じように思えるが、電車賃を「JR東日本に捧げる」か「JR東海に貢ぐ」かの違いがある。(笑)

この列車は、ココからは伊豆箱根鉄道(通称「いずっぱこ」)に乗り入れる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1117
進路、オールグリーン

ホームの途中から左に分岐している線路を通り、いずっぱこの線路に合流するのだ。

ホームの形がヘンに歪んでいるのは、コレのためッス。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1118
列車が曲がる時に、車両の端っこがホームに擦らないように削ってあるのだ

踊り子さんには手を触れないでください」って、温泉場の小屋で注意されたことがあるでしょそこのダンナ。

この踊り子ちゃんも、ホームに触られないようにゆっくりと去って行った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1119
バイバイキ~~~~ン

左にいるのが、いずっぱこの車両達だ。

ちなみに、この踊り子ちゃん、三島修善寺間は普通列車となり、特急料金は不要だ。
(でも、上り列車の指定席車両には座ったらアカンで

さて、集合場所に行こう。

改札前で集合なので、そのままテコテコ改札に向かうと、表にすでに2人が揃っていた。
ボブちんのほうが少し先に着いていたのだ。

ヒロちゃんの車に乗り込み、移動開始っ
(ヒロちゃんは、職場と普段の居住地が三島で、実家が静岡市にある)

まずは「富士宮(ふじのみや)」駅前まで行くことに。

腹減ったなぁ…
コレから「富士宮焼きそば」と「しぞ~かおでん」を食べるので、敢えて起きてから何も食べナイで来ているのだ。

そんな空腹のオラを、上から目線であざ笑う広告が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1120
…目の前にコロッケ置くなよ。

唾液と胃液が出まくるぢゃナイかっ

さらには、沿道にやたらと「牛肉」「小麦粉」「」に絡んだカンバンと店が並んでいる。
牛丼」「焼肉」「ハンバーガー」「ラーメン」「うどん」…
軽く渋滞しているせいもあり、もはや拷問状態…

そん中で、ヒロちゃんが「こんな店もあるよん」と一言。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1121
さわやかぁ~~~~~~ん

炭焼きレストラン さわやか」というチェーン店だそうな。

静岡県内では当たり前にあるお店だそうで。
(翌日、豊橋でも「あるよ~」って言われた

久々の好天の週末のせいか、春休みのせいか、どこも渋滞している…

そして、三島駅から1時間半近く掛かって富士宮駅前を通過し、やっと目的地に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1122
(2010年に撮影)
せんげーーーーーーーーーーん

富士山のお膝元、「浅間神社(せんげんじんじゃ)」だ
正月は、全国から初詣客が来る、神社界の大御所だ。
残念ながら、今日はおフジが見えナイ…

だが、我々3人の目的地は、対面のこっち。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1123
うみゃぁ~~~~~~

ココで昼食ターーーーイム
もう空腹の限界ぢゃ

ココは「お宮横丁」というエリアで、小さなお店が並んでいる。
なので、いろんな味の富士宮焼きそばが楽しめるのだ

中程の席を確保。

奥はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1124
奥に行くほど細くなっている。

振り返って入口の方を見ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1125
ひろびろ~~~~

さぁ、早速注文ぢゃ

まずは、奥の左側にあるお店「大吉屋」で、お宝アイテムをハッケーーーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1126
おぉ、いぇい

エーデルワイス(ヴァイツェン)」という地ビールだ。
しかも「樽生

コレはうみゃいっ

本格的ドイツビールと変わらぬ、濃厚なお味
大日本麦汁愛飲党」党首のオラとしては、超~オススメな逸品

3人で別々のお店の焼きそばを注文。

まず最初にやって来たのは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1127
しろーーーーーーーーーーい

むすび屋」の「塩やきそば」だ。
サバ節をドカッと掛けて食べる。

富士宮焼きそばは、サバ(イワシ)節をガッツリ掛けるのがお約束

うんめーーーーーーーーーーっ

富士宮焼きそばは、麺を蒸さナイのでコシが強い。
なので、塩味でもかなりイケるのだ
麦汁に合う~~~~

続いてやって来たのは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1128
そうッス

すぎ本」(多分)のソース焼きそば。

こちらのは、具がまいう~~~
ボブちんがハマッたらしく、ほとんど持って行かれてしまった…

さらに来たのが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1129
きほーーーーーーーーん

富士宮やきそば学会アンテナショップ」のソース焼きそばだ。

アンンテナショップというくらいだから、ココのが基本的なのだろう…。
毎回食べているので、安定したまいう~~~な味

そして追加でヒロちゃんが買って来たのが…
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1130
ぎょーーーーーーーーっ

富士山餃子工房」(多分)の「黒はんぺん餃子」だ

中に静岡名物の「黒はんぺん」が入っている。
味付けがしっかりしてあるので、何も付けずにこのまま食べるのがヨロシアルヨ

いや~~、どれも麦汁に合う

でも、夜のおでんもあるし、花粉症シーズンど真ん中なので、麦汁は1杯だけで止めておく。
(メッチャ美味い麦汁なので、お替りしたかったんだけどねぇ…

あぁ、美味しかった。
…んでは、静岡市内に行こ~う

…の、その前に。

やっぱ、一応は神社にお参りして行かないとねぇ~
車も神社の駐車場に停めさせてもらっているしぃ~。

…ってなワケで、参拝しに行った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1131
どどーーーーーん

ちょうど目の前で結婚式が執り行われていて、新郎新婦がしずしずと境内に入って行った。

本殿に行って、お参りする。
(画像をクリックすると拡大するよん)
静岡・富士宮焼きそば2016-1132
今日は空いているねぇ~。

観光バスが何台も停まっていたので、混んでいるかと思いきや
団体さんは、お昼ご飯を食べているのかな

さぁさぁ、静岡に行くべっ

車に乗り込んで、レッツラゴーーーーーーーっ
(↑死語、好きねぇ~)

つづき「その2:おでんフェア編」はこちらーっ!

|

« レイアウト日記 ~「大糸線の駅」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その2:静岡おでんフェア編~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

餃子はヒロさん購入。

投稿: ぶー | 2016年3月17日 (木) 01時02分

我が家の窓から外を眺めると いくつもの列車が
朝から晩まで走っているのが見えます
酔い子たちを乗せた電車も通過していたのですね(*´艸`)

投稿: ヨメ | 2016年3月17日 (木) 01時50分

踊り子号は見慣れた車両だけど
ホームがこんなことになっていようとは・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
いつ削ったのぉぉぉ~?(@Д@;
知らんかった・・・

投稿: mitsumiya | 2016年3月17日 (木) 08時00分

★ ブー

直した。記憶も直した。

投稿: まりりん | 2016年3月17日 (木) 10時04分

★ ヨメちゃん

踊り子号なんて、半分以上が酔い子だべ。 

投稿: まりりん | 2016年3月17日 (木) 10時05分

★ 公子さま

いずっぱこに乗り入れ開始の大昔から削ってあるべ~

投稿: まりりん | 2016年3月17日 (木) 10時06分

三島駅の前の写真、広重の絵のようですね。
新幹線ばかり乗ってちゃいけないのね。
やっぱ青春してみなきゃ。
去年浅間神社の前まで行ったんだけど、
地元の方は焼きそばは家で作るからと言われ、富士宮焼きそば未経験><

投稿: ばんび | 2016年3月17日 (木) 10時33分

★ ばんびさん

富士宮でしたら、いつでも行きまっせ~~~
焼きそばと麦汁祭りしましょう

投稿: まりりん | 2016年3月17日 (木) 11時56分

踊り子号の窓。
コクテツバスの窓と一緒のような・・・?
子供の頃はバスに乗るとワクワクしてたなぁ~♪ 

焼きそばって訳ではナイのだけれど。
こちらだったら三津浜焼きを食べてみて欲しいかな?
私も三津に食べに行ってみよう~♪ ( ´艸`)

投稿: ひめ子 | 2016年3月20日 (日) 21時35分

★ ひめぶぅー

三津浜焼き、食わせろーーーーーーっ
寝る前に画像検索させるでナイ

窓は、確かに昔のバスも同じ造りだね

投稿: まりりん | 2016年3月21日 (月) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レイアウト日記 ~「大糸線の駅」の巻~ | トップページ | 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その2:静岡おでんフェア編~ »