« 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その2:静岡おでんフェア編~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その2:香港・観光とグルメ~ »

2016年3月24日 (木)

レイアウト日記 ~「桜のある風景2」の巻~

前回「桜のある風景1」のつづきーっ!

今回は「集合式単線ミニモジュール」(略して「単モジ」)編を…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1601
コレは「特攻野郎Bチーム」の展示会用に制作したモノ。

コンパクトにまったりとローカル風景などを楽しむために、この「単モジ」が生み出された。
Bチームのオリジナル規格だ

今回は作り方をご紹介していこう。
(併せて、ペアの作品「桜のある風景1」も読んでね

ボードのサイズは200mm×200mm。高さは60mm
今回は曲線線路のコーナー部分なので、面積が少し小さい。

桜のある風景1」と地形や色を合わせるので、基礎部分は同じように制作。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1602
うん、ほぼソックリ

線路はTOMIX(トミックス)製で、曲線の半径はR140mmを使用。

線路はゴム系のボンドで接着した。
釘は使用していない。
裏側に飛び出て危ないしね

線路の両脇には水性塗料の「マホガニー」(こげ茶)を筆塗り。
そして、レールの側面には「ウッドブラウン」を塗っておいた。

奥の丘の部分は、建築用の断熱材「スタイロフォーム」を切り出して、木工ボンドで固定した。
(ゴム系ボンド等は、フォームが溶けてしまうのでNG)

乾いたら、フォームの表面にを貼っておこう。
(薄いコピー用紙のほうが地形に馴染んでイイッス)
紙が乾いたら、マホガニーを筆塗り。

丘の裾の部分と上面の道路になる箇所には、グレーの画用紙を貼っておいた。
残りはTOMIX製の土のパウダーを、木工ボンドを塗って撒いておく。

木工ボンドは水で薄めちゃダメよん。間違った施工方法が世に蔓延しているので要注意
 水で薄めるのは、レールに撒いたバラスト(砂利)を固定する時だけだからね。

裏側はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1603
他のボードを繋げた時の見た目を考えて、緑化することにした。

なので、緑色の画用紙を貼ってスタンバイ
コレで基礎工事が完了した。

さぁ、木や草や人を配置していこう

作り方は「桜のある風景1」と全く同じなので、詳細は割愛。(笑)
ココからは、出来上がったお姿をご覧いただこう。

まずは正面から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1604
おはなみぃ~~~~~~♪

桜が満開で、線路端のお花見会場に人が集まって来たところをイメージ。
ジオラマ制作には、「ストーリー」が大事だよ

裏側はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1605
抹茶ケーキではナイ。

お隣の「桜のある風景1」は木目シールを貼っていたので、展示会の時にモジュール全体で見ると違和感があった。
今回は緑のスポンジを貼っておいたので、周囲と馴染んでくれて、見た目が向上した

…んだば、詳細を見て行こう。

まずは線路周りを。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1606
ローカル線のフンイキ出ているかな

グレーのコンクリート壁の上下には、緑のスポンジを貼って境目が見えナイようにした。
ジオラマ作りは「境目(継ぎ目)を見せナイ」というのが、アップで撮ってもキレイに仕上げる大きな工作ポイントだ

レールの繋ぎ目部分は、ハンダ付けしている。
塗料がスキマに入ると、走らなくなるは、また剥がして貼り直しになるは…となるのでね

架線柱はKATO(カトー)製を使用。

緑の草は、ココに見えているだけでも4種類使っているッス
色合いの違うモノを混ぜて使うのが、リアルさへの近道だ

では、お花見会場をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1607
混ざりてぇ~~~~~~~っ

ブルーシートで場所取りをしていたオニイサンが寝ていて、そこに男女4人がやって来たというストーリー。
荷物を広げて、宴会準備に取り掛かるところだ

ブルーシートは、青い画用紙を切って貼っただけ。

…この光景、どっかで見た事なくね

…と思った方、オラの作品を熟知されていますなぁ~
そう、ワンジオ(ミニジオラマ)の初期の作品「桜のある風景」から、そのままお引越ししてもらったのだ

オリジナルはコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1608
もう古くなったし、展示会のお客さんにも知れ渡っているので、新作へ移設した次第。

このワンジオは廃止し、ワンジオ作りの見本として譲渡しちゃった

さて、少し右に移動して見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1609
カメラを持った男性が一人…

花見の宴会客ではナイようなこの雰囲気、恐らく「撮り鉄」かな
お花たんと一緒に列車を撮るのだろうか

線路端の花畑は、手持ちのピンク黄色のスポンジ(下半分が緑色になっている)を切って使用。
貰いモノながら、なかなか便利なアイテムぢゃ

さらに右に移動すると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1610
もっと混ざりてぇーーーーーーっ

女子会の準備中
似合う荷物が無かったので、とりあえず何も置かずに人だけ配置。
後で追加工しよう。

シートは、クリームの画用紙に色鉛筆で柄を書いたモノ。
ちょっと女子っぽくしてみた

丘の上を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1611
花見だっぺぇ~~~~~

近所の農家の老人たちが集まっているというストーリー。
ブルーシートの上のお皿は、白いシールを切って貼っただけ。
皿に乗っている乾き物のような食べ物は、色鉛筆で塗っただけ

コレで一通り作り終わった。
では、お隣さん「桜のある風景1」にご登場いただこう。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1612
今回の作品に合わせて、黄色い菜の花畑を追加したッス~

コレを合体させると、こうなる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1613
イイっしょ?♪

繋ぎ目になるべく違和感がナイように仕上げてみたけど、どぉかな???

裏側はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1614
やっぱ、壁は緑色のほうがイイねぇ…

合体させてみたところ、道路部分に大きな空間が出来ていたので、スタイロフォームなどで隙間を埋めておいた。
その痕跡が、木目模様に混じってハッキリ見えるね…
まぁ、左半分も近いうちに緑化するから、その時にキレイに仕上げよう

では、背景付けて、列車を置いて撮影タァ~~~~イム

まずは、全体が見えるように、縦長に撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1615
どぅ~ッスか

なんちゃって秩父鉄道」の車両を置いてみたので、「春の長瀞(ながとろ)」といった雰囲気かな
SL観光列車も似合いそう

別のアングルでも撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜2-1616
春爛漫」ですな

こんな光景が、オラの「お花見」の理想ッス

------------------

さて、いかがでしたかな
参考になったかなぁ~~~

まさに本物の桜が咲き始めた頃。
みんなも作ってみてぇ~~~~ん

ではまた~~~

|

« 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その2:静岡おでんフェア編~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その2:香港・観光とグルメ~ »

Bトレイン-レイアウト」カテゴリの記事

コメント

お花見のご馳走は師匠のミニチュアを置きたいですね(^_^*)
それとアレも(≧∇≦)

投稿: ばんび | 2016年3月24日 (木) 06時31分

★ ばんびさん

…アレはダメぇ~ 

投稿: まりりん | 2016年3月24日 (木) 10時21分

菜の花の黄色いのがすごく気になるーー♪本物見たいよー( *´艸`)

投稿: すー | 2016年3月24日 (木) 11時50分

まりちゃん

裏もキレイな仕上がりでクオリティ高いですね!
桜の木は…オリジナルに軍配(^m^;
花見を楽しむヤングたちはコマ撮りで動画にしたら?

投稿: あめぶる | 2016年3月24日 (木) 14時04分

★ すーたん

10月にカトーで展示会やるから見に来なすぁーーーーい

投稿: まりりん | 2016年3月24日 (木) 16時38分

★ 師匠ぉ

男は背中で語るんだぜぇ~い

フッ☆( ̄¬ ̄)y-~~~

コマ撮り……もう接着しちゃったから無理ぃ~

投稿: まりりん | 2016年3月24日 (木) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「春のしぞ~かおでん旅2016」その2:静岡おでんフェア編~ | トップページ | シルクロード一人旅日記 ~「我的長征 2006」その2:香港・観光とグルメ~ »