« 旅日記 ~「不思議タウン福島 2015」その5・川俣シャモラーメン~ | トップページ | 旅日記 ~「秋の奥多摩ドライブ」2015~ »

2015年12月 7日 (月)

旅日記 ~「不思議タウン福島 2015」その6・もにわの湯~

前回「その5」からのつづきーっ!)(「その1」はこちら

2015年11月3日に出掛けた、不思議なモノばっかりを見せつけられた、みちのくぶらり旅
(全6回シリーズ)

----------------------------

高速バスターミナルを出て、一路「飯坂温泉(いいざかおんせん)」に向かう。 

福島市周辺の一大温泉地
福島駅からも、福島交通の電車が飯坂温泉まで走っている。 

今回、オラは「福島初心者」なので、「ガチで観光客の行くお約束コースでイイよ」とAVE氏に言ったら、「さらに奥にイイ温泉がある」とのお返事。
飯坂温泉は1人で電車でも来れるし、今回は車もあるので奥地に行くことにした。

福島交通の線路を横切り、飯坂温泉まで行く。
前方に電車がチラッと見えたけど、すぐに道を曲がってしまったので姿は拝めず…
(まぁ、元東急電鉄の車両(7000系)なのは判り切っているので…

飯坂温泉から左に曲がって、さらに山道を進む。

しばらく進むと、目的地が見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8601
結構な山奥だね~~~~~。

正面の奥に、何か巨大な壁が見える。

近くまで行くと、広い駐車場があった。
車を降りて、周囲を見回す。

さっきの巨大な壁は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8602
こりゃぁ~、ダムだね

右側の山に夕日が当たっていたので、1枚撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8603
イイカンジぃ~~~~

16時チョット前なので「日没」には少し早いが、福島は山の中なので、東京などの平野よりは暗くなる時間が早いとのこと。

反対の左側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8604
おぉコレが温泉ちゃんかぁ~~~~

タオルを用意して、温泉に向かう。
(一応持って来て良かった~

駐車場の隅っこにバス停があるのをハッケーーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8605
もに~~~~~~~~~っ

この温泉は「もにわの湯」と言うのね
(公式サイトはこちらをクリック

そっか、バスでココまで来れるのか。
電車で来ても、この温泉入れるのねん

バスの時刻表を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8606
少なっっっっ

もにわの湯止め」と書かれた欄にあるのが、このバス停への到着時刻のようだ。
んで、「飯坂温泉駅」と書かれた欄にあるのが、ココからの発車時刻らしい。
この両方の時間を見て、入浴時間が計算出来るという次第

…まぁ、バスで来たら、次の発車時間だけを見れば済むんだけどね。

平日は、昼と夕方に30~40分くらい入浴出来そうだ。
休日は、昼前に1時間半、夕方に30分くらいだね。

…ということは、休日は「福島駅に着いたらすぐにココに来い」なのね。

近くに周辺の案内図もあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8607
もにわ」は「茂庭」と書くのか~。

ダム湖の名前は「茂庭っ湖(もにわっこ)」だって(笑)

さらに案内板が。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8608
ココって、宮城県山形県との県境に近いんだ~。

3つの県が接している所って、あまり無いからワクワクする

この案内板のすぐそばには、こんな装置が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8609
ぐれーーーーーい

空気中の放射線量の表示器だ。

コレが必要な生活は誰も望んでいないのだが、安心のために置いてあるのだ。
当然、数値は東京などと変わらない、完全に安全な範囲内。
単位は「μGy/h(マイクログレイ)」で、ニュースなどで聞く「μSv/h(マイクロシーベルト)」と数値的には大体同じ。

では、温泉に入ろう

温泉の建物は、左の丸っこいほう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8610
左側に露天風呂があるそうな

入口に到着ぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8611
わくわく♪

入口で靴を脱いで、入浴料(250円)を払って、男湯へ。
女湯に行きたかったんだけどね~

露天に行き、湯船に入る。

極楽ぅぅぅぅぅ~~~~~~ん

いやぁ~最高

熱くもぬるくもなく、ちょうど良い湯温。
肩まで浸かって、熱く感じたら半身浴の繰り返し。

まったりと1時間楽しんだぞ

さぁ、お腹も空いたので、街に戻って夜の宴なのぢゃ

車に戻って、振り返って1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8612
イイお湯だったぜぇ~~~い

もう外の空気がひんやりしている。
しっかり着込んで車に乗り込む。

今来た道を戻って、街中へ帰って来た。 
車があるとAVE氏が飲めナイので、いったんAVE氏の家(社宅)に寄って車を置く。

そこからバスに乗って福島駅前Go

バスは速度も速く、サックリと駅前に到着~
こちらは在来線側なので、駅前が賑やか~~~

21:24発の新幹線に乗るつもりでいたので、駅前のチェーン店の居酒屋に入った。
ホントはご当地グルメで飲みたかったんだけど、やっぱ時間の関係でね~~。

楽しく飲んで話をしていたら、あっという間に20時半に…
AVE氏が、歩いて帰れる距離なのに「バスで帰りたい」とダダをこねるので、少し早目にお会計。

駅前でAVE氏とバイバイキンし、改札内に入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8613
…ガラガラだ。

県庁所在地の中心駅で、この混雑。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8614
新宿駅もコレくらいだったら…(笑)

新幹線ホームは、在来線のはるか向こう側なので、コンコースをテコテコ歩く。

新幹線の改札内に入り、ホームへ上がる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8615
おぉ1本前の列車に乗れるやん

予定よりも30分早く帰れるのはチョット嬉しい

…この時は見落としていたのだが、停車駅をよく見ると「各駅停車」。
つまり「こだま」タイプの「やまびこ」ちゃんだったのだ。
まぁ、1本後の停車駅も似たようなモンだが。

ホームはメチャクチャ静か。
人がいない。

向こうのホームには、下り列車が停まっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8616
お客が降りたら、向こうも静かになった。

ほどなく、下り列車通過のアナウンスが。
カメラを用意して待っていると…

またもや、ヘッドライトが「尋常ならざる速さ」で近づいて来た。

どん!
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8617
速過ぎて撮れねぇぇぇぇーーーーーっ

衝撃音と共に、ほんの数秒で去って行った…
…もはや「時速320Km」は肉眼で見るしかナイ。

今度はこちらの列車接近のアナウンスが。
今から乗る「やまびこ222号」ちゃんの案内だね。

列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8618
E2系かぁ~~~~~~。

一タイプ古いけど、まぁ、イイっか。(笑)

…ってか、ホームに乗客がほとんどいないんですケド。

列車が停まってドアが開く。
2号車に乗り込むのはオラ1人だけ

案の定、席はガラガラで、余裕でイイ席をGET
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8619
こだま」よりも乗客が少ない…

横の座席を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8620
…こりゃ、寝れるな。(笑)

いっそ横に寝ちゃおうか。 

列車は、静かかつ高速で闇夜を走る。
山中なので、景色が何もナイ…。

そして、各駅に停車を始める。

まずは「新白河(しんしらかわ)」駅。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8621
この時に「各駅停車」だということに気が付いた

ココも人がいない。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8622
ギャランドゥ

がらんどうのホームを見ていると、Nゲージ(鉄道模型)のKATO製「対向式ホーム」にしか見えナイ…。
国鉄時代の標準設計のホームだね、ココって。

ガラガラ・各駅停車・景色真っ暗…

…なんかつまんない。(笑)

車販が来たので、暇つぶしに見てみたら…

…お兄さんぢゃん。

カワイイおねいさんを期待していたのにぃ~。
つまんない度、さらにアップ。

ぬぼへ~~~と過ごしていたら、大きめの駅に着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8623
宇都宮(うつのみや)」駅だ。

ココで、意外なほど乗客が乗り込んで来た。 
出張帰りのスーツ姿の人が多い。
ちとビックリ

でも、下りのホームはこんなカンジだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8624
ある意味「無人駅」だなや。(笑)

次の「小山(おやま)」駅に着く前に、どうやら寝落ちしたようだ。
目が覚めたら「大宮(おおみや)」駅を過ぎていた。

都会の街明かりを見ながら、降りる準備をする。

そして、列車は地下に潜り、「上野(うえの)」駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8625
ラララ、むじんくぅ~~~~~ん

…大東京の上野駅まで人がいないよ。

ココで、ふと「山手線で帰ろうか」と頭に浮かんだ。
それもイイな」と思ったものの、寝起きでダルかったので「東京駅まで行って乗り換えよう」ということにした。
(山手線経由で帰ったほうが、乗り換えは多いが最寄駅からの歩く距離が半分以下で済む)

列車は地上に出て、「神田(かんだ)」駅付近をゆっくり進む。

斜め横から中央線が併走して来たので、撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8626
う~~~ん、流し撮りのような、タダのブレブレ写真のような…

そして、終点の「東京(とうきょう)」駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8627
いやぁ~~~、ダルいっす。(笑)

重いカラダを動かして、改札へ向かう。

ホームの右側にはこんな列車が。
(画像をクリックすると拡大するよん)
不思議タウン福島2015・その6・もにわの湯-8628
のぞみ」ちゃぁ~~~~ん

東海道新幹線って、9月20日に乗ったし、11月20日12月19日にも乗るんだよなぁ~。

なんか、月1回のペースで新幹線に乗っている気がする…。
(どうりで貯金が出来ないワケだ…

ココで、「トイレに行っといれ」とお告げがあった。
なので、ホーム下のトイレに寄る。

在来線のホームに移動し、中央線の快速列車に乗り込む。
…おっ、座れた。

ラッキーーーーーーッ

発車間際には結構混んで来た。
そして発車。

列車は快調に走るも…

急ブレーーーーーーーーーーーーキっ

なんだ、なんだ?
飯田橋(いいだばし)」駅を通過した後の、ホームも踏切もナイお堀端で緊急停車。

ほどなく車掌さんからのアナウンス。

ただ今、自転車のようなモノが線路上にあったため、緊急停車しました

とのこと。

…自転車ぁ~~~っ?! 

さらにアナウンス。

電車の車輪に自転車が巻き込んでいるため、除去に時間が掛かっております

…誰だ、投げ込んだバカは。

運転士さんと車掌さんが奮闘している中、車内では、みんなおとなしく待っている。
騒ぐ人もいないし、勝手に外へ出ようとするバカもいない。

幸いオラは座れていたからイイけど、立っている人たちはウンザリ顔だ。
周囲を走る電車(快速・各停)も全て止まっている。

…トイレ行っておいて良かった。

オラ、結構こういう「お告げ」は当たることが多い。
そっか、上野駅で「山手線に乗ろっか」も素直に従っておけば…

結局、40分も途中区間で停車して、運転再開。

…ホントにイイ迷惑だ。
(後日、犯人の大学生が逮捕された)

予定通り、1本後の「やまびこ58号」ちゃんに乗っていれば、東京駅で迂回出来たかもしれない。
…あぁ、AVE氏の「バスで帰りたい~」のワガママさえ無ければ。

そして、40分チョット遅れて最寄り駅に到着。
疲労度MAXだ

重いカラダをズルズルと引きずって駅前を歩いていると、「オニイサン、マッサージィ~」の中国娘の客引きが。

…久々にイラッとした。

今降りて来た客たちに声掛けたら、キレられるぞ。(笑)

日付も変わった深夜1時前に、我が家にご帰還。
…まぢで疲れた。

なんか今回は「想定外の出来事」が多かったなぁ~。
全てAVE氏プロデュースのせいか?(笑)

AVE氏が絡むと、いつもオラのペースが乱されることが多い…。

…ま、今回の旅自体は楽しかったので、OKとしますか。

今回行けなかった場所は、また行けばイイんだしぃ~。
安いフリー切符が発売されている時期に再訪しよ~~~っと
(雪はイヤだけどね

んぢゃ、おやすみぃ~~~~~

(おしまーい!)

|

« 旅日記 ~「不思議タウン福島 2015」その5・川俣シャモラーメン~ | トップページ | 旅日記 ~「秋の奥多摩ドライブ」2015~ »

旅と鉄道(02東北)」カテゴリの記事

コメント

よくぞ、日帰りで福島まで行って来られたねえ^^
新幹線様のおかげだわ。
中央線のあの事故、犯人は見つかった?
鉄拳くらわすだけじゃ済まんぞぉ~~ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

投稿: ばんび | 2015年12月 7日 (月) 07時10分

★ ばんびさん

犯人が誰かは、ネット上ではまだ載っていませ~~ん

東京~福島間は、東京~浜松間とほぼ同じくらいの距離です。
京都日帰り旅行してくる人がいるくらいだから、福島は余裕でしょう

…新幹線って、ホント便利

投稿: まりりん | 2015年12月 7日 (月) 12時03分

誰かにエスコートされながらの旅もワクワクして楽しいよね♪
新幹線が走ってる姿・・しばらく見てないなぁ~。

投稿: ひめ子 | 2015年12月 7日 (月) 15時58分

★ ひめぶぅ

土曜日にもっとスゴい列車見て来たぞ

まり日記に書くから乞うご期待っ

投稿: まりりん | 2015年12月 7日 (月) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「不思議タウン福島 2015」その5・川俣シャモラーメン~ | トップページ | 旅日記 ~「秋の奥多摩ドライブ」2015~ »