« 旅日記 ~「青梅街道のはじっこ」2011~ | トップページ | 実物日記 ~「これも新幹線」2015~ »

2015年12月17日 (木)

旅日記 ~「田原ぶらり散歩 豊橋鉄道渥美線」2015~

(一応、「豊橋鉄道渥美線2014」からのつづきーっ!

2015年11月23日、大阪からの帰りに愛知県の「豊橋(とよはし)」へ寄ってきた。

ブログ仲間の「人形劇団ばんび」のお姉さまと、駅前(西口)にあるお気に入りのイタリア料理屋「HELP」で飲む約束をしていたからだ。(笑)
(「HELP」の日記はこちらをクリック
20日にも、大阪に行く前夜に「ばんび」のお嬢様と豊橋で飲んだんだけど、「帰りも寄りなさい」と、今度はお姉様からの勅令が…

…ってなワケで、大阪から近鉄特急「アーバンライナー」に乗って名古屋まで行き、JRの新快速列車で豊橋へ。
(「アーバンライナー」、名阪間を通しで乗りたかったのよ
列車の接続が良かったので、思いのほか豊橋に早く着いてしまった。

…さて、どうしよう?

待ち合わせの時間まで3時間半くらいあるなぁ~。
う~~~~ん。

…そうだ 田原、行こう。

去年も豊橋鉄道に乗って行ったけど、時間に余裕が無かったのですぐに引き返してしまった。
なので、今回は終点の街「田原(たはら)」をのんびり歩いてみますか

そうと決まれば、早速移動開始っ
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7001
(2014年8月撮影)
新豊橋(しんとよはし)」駅ですよぉ~~~~~ん

ココから豊橋鉄道の渥美(あつみ)に乗り、終点の「三河田原(みかわたはら)」まで行くのだ

改札を通り(Suicaも使えるよん)、ホームへ向かう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7002
(2014年8月撮影)
いつもと同じ光景だ。

上の写真の列車は茶色の「はまぼう」だけど、今日の列車はオレンジ色の「」。

渥美線の列車は、10編成全ての色が違うのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7003
(2014年8月撮影)

カラフルトレイン」という名前があり、10色全てに乗るには、5往復しないと…

列車は結構な混み具合で発車した。(全て3両編成)
チョット意外でビックリ

でも、3駅先の「愛知大学前(あいちだいがくまえ)」駅で学生達が降りたらガラガラになった。
彼らが、豊鉄にとって最大のお客なのだろう。

最後部の車両がむじん君になったので、そそくさと移動。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7004
出口が前にある駅が多いので、先頭と中間の2両には人がそこそこ乗っている。

でも、最後部はこんなカンジさぁ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7005
ラララ、むじんくぅ~~~~ん

沿線の景色は前回も眺めたので、ある程度は判っている。
なので、しばしまったり…

ほどなく、終点の三河田原駅に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7006
今回もまったり楽しめたぜぇ~~~い

改札を出て、駅前にある周辺案内図を見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7007
さて、どこを歩こうかなぁ~~~。

天気と時間と相談して、大雑把にルートを決めてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7008
紫色の●を、反時計回りに歩こう。

この案内図の横に、駅舎のデザインの解説っぽい案内板もあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7009
しゃれおつですなぁ~~~~

正直、この駅の周囲だけキレイ過ぎて、周りの街並みから浮いているように見える。
まぁ、数年経てば道路も汚れてきて馴染むんだろうケド~。

まずは、駅前の道の向こう側に移動する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7010
奥の黒い建物が駅舎だ。

ココで後ろに振り返ると、横道にはこんな光景が広がる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7011
レトロだねぇ~~~~

第二次世界大戦で焼けなかったのか、結構古い建物が多く残っている。

ちなみに、電柱の広告「あさりせんべい」は、田原の名物だそうな。
この間、買って新幹線の中で食べてみたら、お上品で美味しゅうございましたわん
麦汁にとっても合うッス

チョット進むと、目の前にまた周囲と雰囲気が違うキレイな建物が現れた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7012
ふぁぁ~~~~~~れぇ~~~ぃ

セントファーレ」という、ショッピングセンターだ。
スーパーや飲食店やスポーツクラブ等が入っている。

地方都市のスーパー好き」としては外せナイので、早速スーパーに入ってみた。
ココはご当地モノの他、日本各地の食材が売っている。
ヘタな都会のスーパーよりも品揃えが良い

正直、「こんな半島の先っぽの地方都市に…」とビックリ
田原市は工場などが多いので、結構「お金持ちの市」なんだとか。

買いたいモノもあったんだけど、すでに荷物でいっぱいなので「次回持越し」に…
(いつ来るんだろ?(笑))

…さぁ、先に進もう。

お天気がイマイチなので、チョット肌寒い。
まぁ、歩いていれば暖かくなるか

対面の歩道に移動して少し歩くと、こんな建物が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7013
…巨大な蔵ですな。

そばにカンバンもあったので、一緒に撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7014
田原まつり会館」とな。

そうそう、前回豊橋に来た時に「HELP」に行ったら、この田原まつりのせいで閉まっていたんだよねぇ~。
(お店のマスターと奥さんが田原の出身なのだ)
…そっか、そのお祭りか。

もう閉館の時間でシャッターを閉めていたので、そのまま通過。

一応、振り返って1枚撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7015
左奥がさっきの「セントファーレ」。

近いっしょ

ちなみに、右斜め奥に三河田原駅がある。

更に進むと、上から異様な数の鳴き声が聴こえる。
見上げると、電線にムクドリ?がビッシリ。

そして、数秒おきにフンが歩道に降って来る。

…おぅ、ぢーざす。

コレを避けながら進むのは至難の業だぞ。
手を叩いて軽く脅かしてみたけど、数羽が飛んでいったのみ。
道路の向こう側に行くにも、ちとメンド臭い。

…仕方ナイ、素早く通り抜けよう。

なるべく家の壁に近い方を早足で歩き、なんとか空爆を回避。
やれやれ。

駅前が整備されて電線が無くなったから、ココに大量にたむろしているのかな?

この辺りでも、横道を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7016
シヴい建物がたくさん建っている

ほどなく、市役所の前にたどり着いた。
ココも電線が無く、道幅が広くなっている。
…でも、人は歩いていない。(笑)

ココから真っ直ぐ川まで行って曲がろうかと思っていたら、左に広めの横道が現れた。
市役所前の殺風景な広い道を歩くのもつまらナイので、曲がってみた。

歩き始めてすぐに、目の前に古くて大きな建物が見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7017
おぉ、いぇい

…コレはスゴいぞ。

昭和レトロの建物って、模型では見た事がある(持っている)ケド、実物は初めてだ。
急にテンションが上がる

全体が見える位置まで移動して、撮影してみる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7018
横幅があるので収まり切らナ~~~~イ

…木造家屋にしては、結構な大きさだぞ。
昔の宿屋のようなフンイキが。

目の前の電柱に、何か書いてあるぅ~。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7019
しんすーーーーーーーーーい

ここは昭和四十一年(1966年)の集中豪雨赤い線まで浸水しました。

この下には赤い線が書いてある。
地面から1.2m位はあるだろうか…
結構な高さだね。

左にある玄関も撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7020
シヴ過ぎるぅぅぅぅぅ~~~~っ

戸の上には「江戸屋」と書かれている。
やはり宿屋だったのか…?

右の柱には「電話 三六」と書かれている。

…番号が2ケタって、いつの時代よ(笑)

まだ誰か住んでいるのかなぁ~?
窓から中を見てみると、何とな~く人が出入りしている気配も感じ取れる。
中に置かれていた道具箱や自転車等も、それほど古くはナイ。

人がいるとしたら、あまりまぢまぢと覗いていては失礼なので、この辺で引き上げることに。
右の目の前には、当初歩こうと思っていたがある。
なので、そのまま川へ進むことに。

川の橋の上で、振り返って撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7021
道路奥の茶色い建物が、江戸屋だ。

…こうやって見ると、さっきの電柱の赤い線の高さって、今いる橋の床面と一緒なのでは?

つまり、川の堤防よりも地面のほうが低いということか。
確かに、右の住宅などは、河床と同じ高さ位しかナイ。
1966年の浸水時には、2階まで水没してしまったんではナイだろうか…?

川の横には並木道があったので、そちらを歩くことに。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7022
コレって桜並木だよ…ね

春は賑わうんだろうなぁ~。

橋のたもとに、案内板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7023
ぷろむなぁーーーどぉ~~~~っ

この案内図の範囲内からして、今歩いて来たルートは、なかなかどーして正解だったようだ。
オラ、こういった「」は結構当たるのだ

案内板の下の方を見ると、三河田原駅の写真が載っていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7024
ぜんぜんちがーーーーーーーうっ

建て直す前の旧駅舎だ。
駅舎の位置も、ホームに対して平行に並んでいた。
(左に90度曲げて、ホームの先端に移動したカンジ)

…案内図は古いようだな。(笑)

もうココからも今の駅舎は見えている(更地が多い)ので、のんびりテコテコ歩く。
人もほとんどすれ違わナイ。

そして、数分で駅前に戻って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7025
…やっぱココだけ雰囲気違うんだよねぇ~。

歩き疲れたし、カラダも冷えて来たので、さっさと駅に向かう。

ちょうど列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7026
しでこぉぉぉぉ~~~~~~ぶしっ

今度は黄緑色の「しでこぶし」だ

ホントは黄色いなのはな」に乗りたかったんだけど、確か来るのはこの1本後…
待つのもメンド臭いなぁ~~。
…コレに乗っちゃお

まぁ、始発駅なので、最後部はこんなモンよ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋鉄道渥美線・田原ぶらり散歩2015-7027
ラララ、むじんくぅぅぅぅぅ~~~~~ん

列車が発車した。

帰りは疲れていたせいか、日が暮れて来たせいか、途中で撃沈。
目が覚めたら、結構混んでいてビックリ

そしてまた愛知大学前駅で学生たちが大量に…。
(…今日って祝日だよね?)
電車の形からして、車内はまさに東急池上線のラッシュ時と化した。(笑)

ほどなく、終点の五反田……いや、新豊橋駅に到着。
最後部車両からホームに降りると、目の前にはすごい数の降車客が…

渥美線って、結構重要な路線なんぢゃん

昔は名鉄の中古クロスシート車両(2扉)が走っていたけど、この乗客数では無理っしょ…。
今の、元東急のロングシート車両(3扉)のほうが使いやすそうだね。

…ふぅ、またもや渥美線を楽しんだぞ

後はおみやげ買って、「HELP」でレーベンブロイの生ビールを飲んだくれるだけだ

んぢゃ、また後でねぇ~~~~~~

つづき「これも新幹線2015」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「青梅街道のはじっこ」2011~ | トップページ | 実物日記 ~「これも新幹線」2015~ »

旅と鉄道(18豊橋)」カテゴリの記事

コメント

田原駅の案内地図の中のお寺に義母の実家の墓があります。
いつも車で行くので、田原駅との位置関係がよくわかっていなかった。
もうちょっと行った所に崋山会館があると思う。
幕末の文人画家で田原藩の家老“渡辺崋山”の資料展示があります。

投稿: ばんび | 2015年12月17日 (木) 21時31分

★ ばんびさん

ざっくり街を歩いてみた感想として、「駅前の案内図の範囲が街の中心部のほとんど」というカンジでしたね~

崋山会館、最初の地図の左上のほうに載ってます~

投稿: まりりん | 2015年12月17日 (木) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「青梅街道のはじっこ」2011~ | トップページ | 実物日記 ~「これも新幹線」2015~ »