« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その86:シンガポール・街歩き~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その87:シンガポール・街歩きと夜行列車~ »

2015年9月28日 (月)

レイアウト日記 ~「複線ミニレイアウト 久地カーブ」の巻~

前回「ベース編」のつづきーっ!)(「南武緩衝地帯」のつづきーっ!

制作中だった、初の「複線ミニレイアウト」がついに完成したぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
801
先日の「南武緩衝地帯」につづいて、順番にご紹介~~~

この複線ミニレイアウトは、「特攻野郎Bチーム」の展示会用に作ったもの。
組み立て式にして、持ち運びが楽なようにした。
メンバー共通の規格(企画)ではなく、個人で楽しむ用のモノ。

神奈川県川崎市~東京都西南部の多摩川沿いを走る、「JR」をイメージして作成した。

------------------------------------------------

ベース板は、画材屋さんで売っているパネルを使った。
直線はA4サイズ(297mm×210mm)、カーブはB5サイズ(257mm×182mm)のパネルだ。
直線が2枚、カーブが4枚の、計6枚だ。

今回はカーブの残り片側部分の2枚をご紹介しよう。

場所は「久地(くじ)」駅付近の南武沿線道路沿いをイメージしている。
どちらも、直線モジュールとつながる部分は、景色の連続性に違和感がナイように仕上げてある。

まずは、B5パネルに線路を仮配置し、位置決めをする。
(画像をクリックすると拡大するよん)
802
コレが基本となる。

線路はKATO製の「ユニトラック」を使用。
カーブ線路の半径は、117mm150mmにした。

線路をパネルにゴム系ボンドで接着する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
803
その際、先端の数mmをパネルからハミ出させておくのがポイント矢印の部分)

こうすれば、接着後に「線路がつながらなかった~っ」と涙目で線路を剥がしてやり直す悲劇もナ~イ

線路が固着されたら、側面の枠と線路脇を茶色く塗って、線路間に木工ボンドを薄めずに塗って砂利を撒いて、基本ベースが完成。
(画像をクリックすると拡大するよん)
804
コレがこのレイアウトの基本規格となる。

ベース板の詳細は「ベース編」の日記を読んでね

------------------------------------------------

では早速、工事を始めよう。

まずは、2枚つなげた状態で、全体の配置バランスを考えながら作業をしていこう。
カーブ内側の方が作りやすいので、先にそちらから

段ボールを半円状に切って、カーブの内側に貼る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
805
3枚くらい貼り重ねたッス

コレで、カーブ内側の基礎工事は完了。

段ボールを茶色く塗り、木工ボンドを塗ってのパウダー(TOMIX製)を撒く。
乾いたら、線路側に緑のスポンジをゴム系ボンドで接着して、草むらを表現。
最後に、樹木ウッドランドシーニクス(KATO)製)も植えて形を整える。

コレで内側は完成だ♪
(画像をクリックすると拡大するよん)
806
決して抹茶ケーキではナイ。(食べちゃダメ

外側の左には、武蔵溝ノ口からの「南武沿線道路」が伸びて来るので、この時点でグレーの画用紙を貼っておいた。

ココからは1枚ずつに分割して作業して行こう。

左のほうが作りやすそうだから、まずはから
(画像をクリックすると拡大するよん)
807
ほとんどが舗装面だ…

道路の部分は、直線の溝ノ口モジュールと全く同じに作ればイイので、何の問題もナイ。
カーブ外側には民家を2軒置くことにしたので、ココも解決。

だが、配置スペースの制約がかなりあるので、1軒は相当工夫しないと
この家は最後に加工しよう。

残りの狭い茶色い地面の部分は、実物が草ボーボーなので緑のスポンジを接着してアッサリ解決。

そんなカンジで道路を作って建物を1軒だけ固定した、仮完成の姿がコレだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
808
もう1軒は、多分壁だけだな…

こちらのボードはココで止めておいて、のボードに取り掛かろう
(画像をクリックすると拡大するよん)
809
まっ茶色な地面のみ…

こちらは、最初から住宅地にしようと思っていたので、手持ちのアパートを建てることにした。
仮置きしてみたら1つでいっぱいになってしまったので、周りの空いたスペースは草むらや駐輪場にすることに。

アパートをゴム系ボンドで接着し、土のパウダーを撒き、草と樹木を植えると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
810
意外とアッサリ出来上がってしまった

細かい部分は最後に調整して行こう

ココで、隣の直線モジュールをつなげて、景色に連続性があるかをチェックする。

まずは南武沿線道路側をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
811
うんうん、イイカンジぃ~

保留にしていた道路沿いの建物は、結局、壁一面のみとなってしまった。
裏側には画用紙を貼ってキレイに整えておいた。
屋根も黒い画用紙だよん。

次に、宿河原駅側をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
812
アパートと居酒屋の境目がチト気になるが、まぁイイでしょう~

川崎市北部は、家どうしの間がスカスカなので、コレでイイのだ(笑)

そしてカーブどうしをば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
813
これも違和感ナシ

いやぁ~~、今回はラクだった
展示会ではこちらの面か駅前を正面として置くように、向きを考えて作っておいた。

これですべてが完成したので、片面ずつ3つ連結して撮ってみた。

まずは宿河原駅側をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
814
イイんでナイのぉ~~

このぐらいの賑やかさで、ちょうどエェ

そして溝ノ口側。
(画像をクリックすると拡大するよん)
815
ひたすら道路だ…。(決して手抜きではナイ

だって、実物が「南武沿線道路」なんだモン

そんでは、お約束の、車両を置いて景色を付けて撮影タ~~イム
(画像をクリックすると拡大するよん)
816
おぉ、いぇい

背景は、山のほうが良かったな…
現地は丘陵地帯で、背後は小高い丘なのだ。

またもや「ご近所さん」を置いて1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
817
小田急も似合うねぇぇぇぇぇ~~~~

読売ランド前(よみうりらんどまえ)」駅辺りのようだ

…まぁ、こんなカンジで「川崎市」にこだわって作ってみましたとさ。
川崎市民の皆様に「そうそう、こんなカンジ」と頷いていただければ、オラ、幸せッス

さぁ、次の作品を作るわよぉぉぉぉぉぉ~~~~ん

|

« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その86:シンガポール・街歩き~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その87:シンガポール・街歩きと夜行列車~ »

Bトレイン-レイアウト」カテゴリの記事

コメント

6つ繋がってるところの写真は?
展示会でしか見られないの?

投稿: ばんび | 2015年9月28日 (月) 06時35分

★ ばんびさん

6つつながっているお写真は、お部屋が狭くて撮れないの。

コレか→ http://tokkou-b-team.net/report-201507.html
コレで→ http://tokkou-b-team.net/report-201502.html
堪忍してけろ~

投稿: まりりん | 2015年9月28日 (月) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その86:シンガポール・街歩き~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その87:シンガポール・街歩きと夜行列車~ »