« お知らせ ~「特攻野郎Bチーム・公開展示・運転会」2015夏~ | トップページ | 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その1・ホリデー快速と奥多摩駅~ »

2015年7月 6日 (月)

レイアウト日記 ~「複線ミニレイアウト 宿河原駅風」の巻~

前回「ベース編」のつづきーっ!

制作中だった、初の「複線ミニレイアウト」がついに完成したぞ
(画像をクリックすると拡大するよん)
501
なので、改めてご紹介~~~

この複線ミニレイアウトは、「特攻野郎Bチーム」の展示会用に作ったもの。
組み立て式にして、持ち運びが楽なようにした。
メンバー共通の規格(企画)ではなく、個人で楽しむ用のモノ。

神奈川県川崎市~東京都西南部の多摩川沿いを走る、「JR」をイメージして作成した。

2014年春の展示会では半分くらいの完成度だった。
その後は、やる気様が夏の麦汁様と一緒に汗で出て行ってしまった… 

そんな中、2015年初春大阪で展示会を開催するハナシが浮上。
関西の路線は、複線が多い。
他の単線レイアウトでは、奈良や山陰などのローカル線だけになってしまう…。

…キッズが喜ばない。

コレは何とかせねば

なので、オーサカ展示会に間に合うように完成させたというワケ
(展示会では関西風味に味付けしたけどねぇ~

------------------------------------------------

ベース板は、画材屋さんで売っているパネルを使った。
直線はA4サイズ(297mm×210mm)、カーブはB5サイズ(257mm×182mm)のパネルだ。
直線が2枚、カーブが4枚の、計6枚だ。

今回は直線の駅部分をご紹介しよう。

駅は「宿河原(しゅくがわら)」駅をイメージしている。
(「登戸(のぼりと)」駅の1つ手前だよ)

A4パネルにグレーの画用紙を貼り、線路を配置する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
502
コレが基本となる。

線路はKATO製の「ユニトラック」を使用。
長さは310mm(248mm+62mm)にした。

角材を貼ってボードを延長し、側面の枠を茶色く塗って、基本ベースが完成。
(画像をクリックすると拡大するよん)
503
コレがこのレイアウトの基本規格となる。

ベース板の詳細は「ベース編」の日記を読んでね

------------------------------------------------

では、早速ホームの建設から始めよう。

通過する列車に気を付けて作業開始っ(←来ねぇーよ)

ホームはTOMIX製の「対向式ホーム」を使用。
線路とはメーカーが違うので、ホーム上面の高さが合わナイ。
なので、薄い角材をホームの下に貼り、かさ上げをする。

ホームをボードに接着後、水性塗料でグレーに筆塗り。(角材の見える部分もね)
乾燥後、地下通路用の階段TOMIX製の付属品)を、ホームに穴を開けて差し込む。
そして、黄色いラインをホームに貼り付けた後、ホームの上に屋根を付ける。

屋根はウチに余っていたモノを使用。
駅舎側はKATO製を、もう片方はTOMIX製を使用した。
柱は、ホームに穴を空けて差し込み、ゴム系ボンドで接着。
屋根は濃い目のグレーなどを筆塗りして、テキトーに汚してある。

屋根がくっついたら、ベンチや柵などを接着し、最後に人形を配置して、ホーム部分の完成~~♪
(画像をクリックすると拡大するよん)
504
駅舎がナイ方のホームの裏側には、留置線を1本貼り付けてある。

実際の宿河原駅にも留置線があるのでね
(昼間と夜間に電車が寝ている)

線路の両端には、展示中に置いた車両が脱走しないように、マッチ棒で車止めを作っておいた。
展示用のテーブルに結構段差があって、何気に傾いているのよ…

線路とホームのスキマなどには、(緑のスポンジ)を植えておいた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
505
こうすれば、境目や継ぎ目などのハズカチイ部分が隠せる

実物の南武線の線路周りは、草ボーボーなのだ。

ホーム部分をアップで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
506
人形は全てストーリーを持たせて配置してある。

テキトーに置いたのでは、そのジオラマに「物語」が生まれナイ。
車や人形は大事なアイテムなのだ  

これでボードの半分は出来上がったので、いよいよ駅前の街づくりだ。
ココからは鉄道会社(JR)ではなく、行政(川崎市)が担当する。(笑)

駅前の土地はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
507
思っているよりはスペースが少ない。

建物を仮置きして、いろいろ悩む。
数パターン試した結果、最良の配置&建物が決まった
早速、建築計画書を市役所に提出する。(笑)

まずは、メインとなる駅舎の建設から始めよう。

駅舎はこの部分に置くことにした。
(画像をクリックすると拡大するよん)
508
駅員さんが立っている所(左の壁と右の柱の間)に階段が来る。

改札→階段→ホーム右折→地下通路→向こうのホーム」という動線を考えた。
これなら利用客からも文句は来ない。
(実物の宿河原駅は跨線橋なのだが、運搬とメンテナンスを考慮して地下道にした)

駅舎はコレを改造して使用した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
509
TOMYTEC製の「駅B」の駅舎だ。

同梱のホームを延長用に買うと、いっぱい余る。(笑)

この製品は縦長の構造なのだが、コレを横長に大改造する。
大抵の駅が横長の駅舎なので、この縦長の駅は使いづらい。

各パーツはハメ込み式なので、手で分解して、窓を削ったりと格闘する。
どこかのゼネコンに頼んでも良かったなぁ…(^艸^)

同時に、ホームを切り欠いて階段を埋め込む。
この階段は、広めのホームの階段パーツを加工して使用。

壁の移設等が終わって、通路を整えた状態がコレだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
510
屋根が被るので、中は大雑把に作ってある。

一応、のぞき込んだ時に改札がナイと変なので、プランターのポッドで改札らしいものを作る。
昔の有人改札にしようか、今ドキの自動改札にしようか考えたが、黒く塗って自動改札機風にしておいた。

改札機を接着したら屋根を被せ、周囲に建物を接着して完成~~~~~ぃ♪
(画像をクリックすると拡大するよん)
511
…どうよ?

完成まで結構時間掛かっちゃったなぁ~~~。
途中放棄している期間が長かった…

…んでは、くるっと一周しながら細かく見て行こう

まずは駅舎から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
512
奥の階段が見えるのがイイねぇ~~~~

入口にいるぼでこんおねぃさんは、誰を待っているのか…な?
自動改札機、チト低かったねぇ…。
駅名板はまだ書き込んでナイ。
(いつか作ろう)

次に、駅舎周辺をば。
(画像をクリックすると拡大するよん)
513
駅前」といえば、居酒屋宝くじ売り場だろう。

建物や売店等は、市販品を使用。
塗り替えたり、シールを貼ったりしてリアル感を出している。
居酒屋のカンバンは、チラシを切り抜いた
スーパーのチラシや観光ガイドには企業のロゴがいっぱい印刷されているので、普段から集めておくと便利

宝くじ売り場のおばちゃんがリアルっしょ
開店準備中…みたいな

駅前商店街はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
514
時間的には、朝ラッシュが終わった午前中ってカンジかなぁ~~。

お菓子屋の前で試供品を配っているおねぇさんと、エプロン姿のおばちゃんがココの主役

次に、この部分を裏側(ホーム側)から見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
515
イイカンジっしょ

緑の建物は窓が大きくて向こうが丸見えなので、ティッシュを突っ込んでレースのカーテン風にごまかしておいた。
ホームの左端が欠けているのは、この手前がカーブなので車両が外側にはみ出るからだ。
少し長めの改造車両で通過試験を行って削ったので、Bトレ純正品はモウマンタイ(無問題)~~

駅名板は付属のシールをそのまま使用。
なので「一の橋」駅になっている。

では、アングルを変えて駅舎寄りから見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
516
一応、南武線や青梅線のような「買収私鉄」風なイメージに仕立ててある。

そのせいか、都市の私鉄車両を走らせても違和感がナ~イ

この手前のホームを逆向きで見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
517
ココはベンチに座ったジィさまが主役ッスかね

これで一通り見て回ったので、ココからは車両と背景を置いて撮ってみよう。

まずはコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
518
平成初期頃(1990年代)の雰囲気を再現。

奥多摩から川崎の臨港地帯へ石灰石を運ぶ貨物列車や、横田基地へジェット燃料を運ぶタンク貨車などが頻繁に走っていた時代。
機関車はEF64-1000番台が主役だった。
電車は103系がメインで、101系が去って205系がやって来る頃の光景。
全車両が冷房車になったのもこの頃だったか…?

では、次。
(画像をクリックすると拡大するよん)
519
今ドキの駅前をば。

駅前の向かいのビルから見たイメージ。

電車は205系
この電車も、つい最近から新車のE233系への置き換えが始まった。

では最後に、大阪展示会でのこのレイアウトの様子を。
(画像をクリックすると拡大するよん)
520
大阪奈良を結ぶ「大和路(やまとじ)」線風にしてみた。

電車は実際に大和路線(正式名は関西本線)で走っているモノ(201系207系)に統一。
貨物列車は、実際には「平野(ひらの)」駅付近でしか出会わナイのだが、華を添える「スパイス」としてガンガンご走行願った。

結構イメージ変わるモンでしょう~~

南武線をイメージして作ってみたら、結構応用が利く便利なレイアウトに仕上がった。
しばらくは展示会でガンバッてもらうでぇ~~~~~~

つづき「武蔵溝ノ口風」はこちらーっ!

|

« お知らせ ~「特攻野郎Bチーム・公開展示・運転会」2015夏~ | トップページ | 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その1・ホリデー快速と奥多摩駅~ »

Bトレイン-レイアウト」カテゴリの記事

コメント

すっごい力作!!
背景の夏空の写真もいいね
人形を置き換えればいろんなシーンができそうだし、
A4サイズに大きな世界が広がるっていいですねえ(o^-^o)

投稿: ばんび | 2015年7月 6日 (月) 17時40分

★ ばんびさん

こんなのは力作のうちに入んないッスよ~~~

冷蔵庫の余り物で作った「なんちゃって八宝菜」みたいなモンでっせ~~

投稿: まりりん | 2015年7月 6日 (月) 17時48分

すっごぉぉぉぉぉ~~~~い
ジオラマだけどジオラマじゃないみたい!! ヽ(´▽`)/
展示会で観られる方が羨ましいぃ~。
実際に作品見たら 皆さん楽しんで見てくれそうだね~♫

投稿: ひめ子 | 2015年7月 6日 (月) 18時08分

★ ひめぽ

コレでこんなに褒められるとゎ…

…オラが本気出して作ったらどうなるんだろう?
フッ( ̄¬ ̄)y-~~~

投稿: まりりん | 2015年7月 6日 (月) 18時20分

ほー〜、人物が効いてる、亀の子寿司の間口の狭さ!小憎いリアル感、駅正面の遠景のビル群背景も川崎をイメージ☆
まりりん凄いじゃん!

投稿: belll | 2015年7月 7日 (火) 10時22分

★ おっかさま

建物は出来合いのモノに少し色差しやシール貼った程度ですからねー。
オラが一から作ったモノではありませんからねー。

背景の建物、実は新宿でーっす

細かい・粗い関係なく、バランスよく仕上げれば上手に見える~

投稿: まりりん | 2015年7月 7日 (火) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ ~「特攻野郎Bチーム・公開展示・運転会」2015夏~ | トップページ | 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その1・ホリデー快速と奥多摩駅~ »