« お知らせ ~「特攻野郎Bチーム、「はじめての鉄道写真展」に参加!」2015夏~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その81:イスタンブールからカラチへ~ »

2015年7月27日 (月)

海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その80:イスタンブール・お宿でのんびり~

前回「その79」のつづきーっ!
その1「香港」その10「広州」その20「ウルムチ」その30「北京」
その40「ウーメオ」その50「ミュンヘン」その60「セルベール」
その70「アテネ」その80「イスタンブール」その90「クアラルンプール」

このシリーズは、香港からスタートし、中国・ロシア・北欧・南欧と進み、ユーラシア大陸最西端のポルトガルのロカ岬までの極貧鉄道旅行。
その57」からは、その帰路の、ポルトガル→イタリア→ギリシャ→トルコと、シンガポール⇔マレーシアの鉄道旅。

-----------------------------------

1996年8月13日(火):晴れ ときどき くもり

İSTANBUL:イスタンブール

今日はログハウスの旦那に起こされる。

…そっか、もう仲間はいないんだっけ。

旦那曰く「外出するので、荷物を預かってほしい」。

確か、1階のドミトリーに泊まっていたのかな
なので、個室の日本人のオラに預けておいた方が安全だと思ったようだ。
もちろん、快諾する。

どこに行くんですか」と聞いたら「パキスタン大使館」とのこと。
トルコ→イラン→パキスタン→インドと陸路で移動するために、ビザを申請しに行くためだ。

さらに旦那曰く「もう1人日本人がバイクでやって来るので、彼が来たら伝言をよろしくね

…えぇ~日本人、そんなにココにいるのぉ~っ

伝言を話すと、旦那は出掛けて行った。
さて、また寝よう。

うたた寝をしていたら、昼になった。
1人のんびりと昼食を摂り、お宿に戻って1階のカフェ(前庭)でチャイ(紅茶)をすする。
のどかでイイ時間だ

…あ、そうだ、明日の空港行きバスの切符を買っておかねばっ

フロントに行って、11時発のチケットを買った。
お値段は、300,000リラ(約360円)。

そして屋上に上がって日向ぼっこ。
明日は移動日なので、今日はのんびりしよう

しばらくしたら、バイクの音がして、お宿の入り口に日本人がやって来た。
屋上から声を掛け、伝言を伝える。
彼はそれを聞いて、1階のドミトリーに宿を取ったようだ。

17時過ぎにログハウスの旦那が帰って来た。
なので、3人でハナシをする。

3人で夕飯を食べに行こうと外に出る。
すると、お宿の前に彼のバイクが停めてあった。

何気なく見ると、バイクのお尻には「品川」の文字が。

…あれ、このナンバープレート、オラでも読めるぞ。

えぇぇぇ~~~~っ!!品川ナンバーぁ~~~っ!?!?

なんと彼は日本から品川ナンバーの250ccバイクに乗って、イスタンブールまでやって来たのだ
ビックリしたのでハナシを聞くと…

日本を発ってもう2年
日本→(船にバイクを積む)→北米→(バイク)→南米→(船にバイクを積む)→アフリカ→(バイク)→欧州→(バイク)→西アジア→(バイク)→インド→(バイク)→東南アジア
と進んで行く予定の、世界一周旅行だそうで。
アフリカに行く前に、体だけいったん日本に帰国して体力回復し、バイクが南アフリカに着いた時にまた出国したとのこと。

とんでもなくスゲー人だ、この人ゎっ

バイクに載せてあったボックスには世界地図が貼ってあった。
そこには今まで通って来た道が書き込まれている。

…あぁ、惚れちゃいそう(笑)

いやぁ~、オラには真似できないッス。
オラ、まだペーペーのひよっ子ッス。

すっかりハナシが盛り上がり、夕飯後も散歩しに行くことに。
そういえば、夜景を見ていなかったな…。

駅前の港まで行き、新市街の夜景を1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その80・イスタンブール・お宿でのんびり-8001
(1996年撮影)
…あぁ、やっぱりへっぽこカメラでは写らなかった。

同じような位置から撮った、昼間の写真はコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その80・イスタンブール・お宿でのんびり-8002
(1996年撮影)
この2枚で、夜景を想像してちょ

この数日、風が強くて夜は少し肌寒い。
なので、アッサリとお宿に戻る。

部屋に戻ったら、旦那が「昼にメロン買って来たから、みんなで食べよう」と一言。
ナイフで器用に切って分けてくれる。
さすが農家っ

メロンを食べながら、アヤソフィアを眺めつつハナシが進む。

果物なんて、久しぶりだなぁ~~~

1階のカフェからは、「Deepforest」の曲「Cafe Europa」が聴こえてくる。
この曲、好きなんだよなぁ~~
イスタンブールの街にピッタリだ

そうそう、話で盛り上がったんだけど、このカフェでバイトしている少年が、バイクの彼に自慢げに「ココは給料がイイんだ、1ヶ月で(日本円で)1万円もくれるオマエも働くか」と言って来たそうだ。
バイクの彼が一言、「日本に来たら、1日で1万円稼げるぞ」と言ったら、少年は愕然とした顔をしていたそうな。

旦那と2人で「それを言っちゃぁ~、可哀想だよ~」と、彼を責める。 
まぁ、お国ごとに事情が違うから、コレばかりは仕方がナイ。

この頃だったか、イラン人が大量に東京の上野に来ていたっけかなぁ~。
上野公園(駅前)~アメ横前は、イラン人だらけだった。

…あ、もう24時ぢゃナイかっ

5回目のアザーンもとっくに過ぎ去っていた。

明日は寝坊出来ナイっ

もう寝るよっ

2人に挨拶をして、ココでお開き。

んぢゃ、おやすみぃ~

つづき「その81」はこちらーっ!

|

« お知らせ ~「特攻野郎Bチーム、「はじめての鉄道写真展」に参加!」2015夏~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その81:イスタンブールからカラチへ~ »

▼ユーラシア大陸横断鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

まりちゃん おはよぉぉ(^o^)丿

上には上がいるんだね(^m^;)
でもまりちゃんも私らから見たらめちゃスゴイから!!
ところでその方無事に世界を周られたかしら~

投稿: あめぶる | 2015年7月27日 (月) 06時36分

★ 師匠ぉ

旅は「一期一会」で御座ゐますので、果たして彼は無事だったのかなぁ…

投稿: まりりん | 2015年7月27日 (月) 09時49分

以前に1人でフェリーに乗っていた時に
一組のカップルに荷物をみていて欲しいとお願いされたことが
あったのだけれど なんか嬉しかったんだよね。(^-^;
「ちゃんとみておきます」っと、張り切って言ってしまった記憶があるよ。

「Cafe Europa」聴いちゃうと 旅での思い出に浸ってたんじゃない? (゚m゚*)

投稿: ひめ子 | 2015年7月27日 (月) 20時21分

★ ひめぽ

「荷物見ておいてくれ」というのは、海外ではヒジョーに危険な行為なのだ。
麻薬や爆弾が入っていたりするからね

でも、香港の空港でチェックイン時に夫婦を手伝ってあげたら非常に感謝された。
日本人の旦那と香港人の奥さんだった。

見極めは難しいよ…

曲はね、もっと究極的なモノがあるのだぁ~~~よ

それはこの旅が終わってからねぇぇぇ~~~~

投稿: まりりん | 2015年7月27日 (月) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ ~「特攻野郎Bチーム、「はじめての鉄道写真展」に参加!」2015夏~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その81:イスタンブールからカラチへ~ »