« 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その2・奥多摩工業のトロッコ~ | トップページ | 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その4・青梅鉄道公園~ »

2015年7月16日 (木)

旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その3・澤乃井園~

前回「奥多摩2015その2」からのつづきーっ!

今回も、2015年4月29日に「特攻野郎Bチーム」の「ボブ」隊員と探検した東京都の秘境「奥多摩(おくたま)」の、愛と笑いと酔いと涙の物語なのだ
(全4回シリーズ)

JR青梅線「奥多摩(おくたま)」駅から各駅停車に乗り、4つ目の「川井(かわい)」駅で下車した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2301
ここも曲がっちょるでぇ~~~~

この駅には屋根が無いので、見晴らしが良い

まずは列車をお見送り。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2302
バイバイキ~~~~ン

電車の音が林の中へ消えて行った…。

駅名板を撮る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2303
新しくなっていたけど背景の木目が超~手抜き

近寄って見ると、木目の画像を思いっきり拡大して使用しているのが素人でも判る。
木目の画素が荒くて、何だか安っぽい。
もう少し他に方法があったのでは…

さて、ここからは「沢井(さわい)」駅まで歩いて行く。

川井」駅~「御嶽(みたけ)」駅~「沢井」駅と、2駅分だ。

ホームから見える景色は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2304
吊ってるぅぅぅぅぅぅ~~~~~

大きな吊り橋が見えるっしょ。
今からあれを渡って、多摩川の向こう側(右岸)を下って行くのだ。
変に目立つ存在だけど、この橋が出来てからは両岸の行き来が便利になった

これから進む方向を見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2305
線路の右下に「青梅街道」が、その右下には多摩川がある。

さらに右の斜面に、対岸の道路「吉野街道」があるのだ。
青梅街道は、狭くてくねくねしていて交通量も多く、歩くのは少々危険な箇所もある。
なので、対岸の新しくて緩やかで広い道を選んだ次第。
それに、途中から川岸の遊歩道に降りるので、吉野街道側のほうが都合が良い。

さぁ、進もう。

改札口はホーム後ろ寄りにある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2306
完全なローカル駅っしょ

昔からこのままだ。

駅舎のようなものが建っていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2307
いつの間にか新しくなっちょるぅぅぅぅぅ~~~~っ

おされな駅舎だのぉ~

JR川井駅」という看板、普通は外の道路向きに掲げるよね
何故にホーム側に…

改札口の左横に観光案内板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2308
凝ってるぅぅぅぅぅ~~~~~

大きな板に、絵や文字が彫られている。

今から、水色の多摩川の右下に架かっているまで吉野街道を歩く。
その付近まで川沿いに遊歩道は無い。

この案内板の上のほうに気になる絵があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2309
クマさぁぁぁぁぁぁ~~~~~ん

…まさに「木彫りの熊」だ

無人の狭い改札口を抜け、線路脇の道に出る。

橋は線路の向こう側なので、まずは線路の下をくぐる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2310
超~久々の光景だ。

この道を歩くのは、人生で5度目くらいかな

線路をくぐると、すぐに青梅街道との交差点に出る。
吊り橋は手前の青梅街道の橋の先から伸びているので、そのまま手前の橋を歩いて横断歩道を渡り、吊り橋に行く。

吊り橋の途中から振り返って1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2311
線路と道路で橋の形を合わせている。

線路はコンクリートのアーチ橋で、鉄が不足している第2次世界大戦中に突貫工事で作られたために、この材質と形となった。
鉄ちゃんならパッと見「碓氷峠(うすいとうげ)」と思うかもしれない。

もう少し進んで、駅も一緒に撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2312
右側の住宅地の中ほどにホームがある。

この位置から、右の下流側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2313
下の河原ではBBQ(バーベキュー)を楽しんでいる人が大勢いる。

ここは車でも来れるので、人気が高いようだ。
列車内からいつも見掛ける。

余談だが、真正面の線路の部分が、貨物列車の廃止まで信号所(上下列車がすれ違える場所)があった所。
川井駅が狭い土地の急カーブの単線なので、ここに造られた。
今は必要なくなったので、廃止されて線路も撤去された。

橋を渡り終えて、吉野街道に出た。

こちらの道は「青梅街道のバイパス」的な存在で、急カーブも少なくあまり集落を通り抜けない。
なので人の姿は少なく、むしろ大型ダンプ等がガンガン走っている。

でも、道幅は広めなので、はじっこをゆっくり歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2314
(ボブが撮影)
のどかな景色だ…

おしゃべりしながら歩いていると、20分ちょっとで目印の場所に来た。

看板があったので見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2315
ここを曲がれぇぇぇ~~~~ぃ

ここは、御岳山(みたけさん)への入口の交差点だ。

右を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2316
このように大きな鳥居が出迎えている。

ちょうど直前にバスが走り抜けて行った。
御嶽駅からロープウェイの麓の駅まで、登山客を大勢乗せて往復している。
(登山するならここも歩けよ…

さて、我々はここで左に曲がる。

細い下り坂の道を、川岸までくねくね降りて行くと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2317
吊り橋登~場~~~~ぅ

神路橋(かみじばし)」と言うそうな。

ここからは、対岸にある遊歩道をひたすら歩く。

まずは、橋の上で上流側を見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2318
釣ってるぅぅぅぅぅぅ~~~~~♪ 

この一帯は釣り場になっていて、料金を払えば釣りが楽しめる

下流側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2319
ゲーハーーーーーっ

行きの御嶽駅の車窓から見えたお山だね
バリカンでハゲハゲの山肌が良い目印になる

まずは、正面に見える白い建物まで行ってみよう。

橋を渡り、遊歩道を歩き出す。

振り返って神路橋を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2320
結構立派ですのぉ~~~~

この周辺で架かっている歩行者用の橋としては、最大級ではなかろうか

遊歩道はコンクリートで舗装されているので、とても歩きやすい
(故にボブを誘ったのだけど)
特に山の装備をして来なくても楽しめるので、この遊歩道は女子にもオススメ

ほどなく、白い建物の前に着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2321
ピッカリ

この建物は、水力発電所なのだ

その前が広い河原になっていて、20年前はBBQ客で賑わっていた。

当時はよくここに来て遊んでいたなぁ~~。

このすぐ左側を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2322
地面からコンクリートの箱が顔を出している。

あぶない!」と書かれた場所から、発電所で使った水が放出されているのだ。
この「あぶない!」をよ~~く見ると、下に「東京都交通局」と書かれている。

つまり、この白い建物の電力で都営地下鉄や都電が走っているという訳だ
(本当にそうかは判らない…

とりあえず、ずっと歩き続けて来たので、ここでいったん休憩

目の前にある小さな橋の下の河原に降りる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2323
靴下を脱いで川に入る。

おぅちべたい

まだ水温は低いね…
なので、おとなしく岩に腰掛けたりしてまったり。

ここでボブが、その巨体で多摩川を堰き止めようと企んだが、水温の低さと砂利の痛さであえなく玉砕
こうして多摩川の平和は守られた…

(ーωー)

…さぁ、休憩は終わりだ。

靴を履いて、再び移動開始。

あとは次の目的地までひたすら歩くのみ。

今日の遊歩道は人が多い。
やはり「GWの好天」というのもあるのだろう…

テコテコ歩いていると、30分ちょっとで目的地「小澤酒造(おざわしゅぞう)」に到着した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2324
いい場所っしょ

ここは青梅線の沢井駅の真下に位置する酒蔵なのだ
数少ない「東京の地酒」が楽しめる。
(この酒蔵のサイトはこちらをクリック

酒蔵の前に庭園があり、地酒「澤乃井(さわのい)」を飲みながら食事が出来るようになっているんだけど、今日は混んでいるね…
(ちょうど12時台というのもあるけど…)

なので、食事する前にもう1つの目的地に行くことにした。

もう1つの目的地は、目の前の対岸にある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2325
あの吊り橋を渡って行くのぢゃ

皆さんが恐る恐る渡っている中を、我々がズンズンと真ん中を進んで行く。
ボブの巨体が動く度に、橋がギッシギッシ揺れ出した。

…まさかこんなに揺れるとはっ

わざと揺らしている訳でもないのに、揺れる揺れる。
周りの人たちは、あわあわしている… 

ボブよ、転がって渡りなすぁい(笑)

橋の真ん中から、上流を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2326
…このブログの常連さんなら見たことある景色っしょ

この景色、オラのジオラマ制作日記や「特攻野郎Bチーム」の作品写真等でさんざん出て来た背景だ
そう、実はここからの眺めだったのだぁ~~~よ

ボブに言ったら「あぁ」という顔をしていた。

橋を渡ると、目の前に小さなお寺があるのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2327
(2011年6月撮影)
かんざんずぃ~~~~~~~

中国・蘇州の名刹「寒山寺(かんざんじ)」の日本支店なのだ(笑)

大日本寒山寺(だいにほんかんざんじ)」と言うのか…
お寺自体はかなりちっこいのにね。

お寺は石段の上にあるんだけど、その途中に小さな鐘つき堂がある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2328
(2011年6月撮影)
この鐘は自由につくことが出来る。

それをボブに話したら、そそくさと鐘つき堂に近寄って行った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2329
ボブが立つと、ことさら小さく見える…

では、遠慮なく…

ごおおおおぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~ん

(ー人ー)心が洗われるのぉ~~

我々が鐘をついたら、周りにいた人達も鐘をつき出した。

…何だよ、みんな様子を伺っていたのかよ。

とりあえず、本堂には行かずにまた庭園(澤乃井園)に戻った。
少ししたら席が空く気配だったので、声を掛けて即GET

まずは席に座る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2330
いい所っしょ~~~~~~~ぉ

右が酒蔵で、左が多摩川。

まず、正面の券売機で食券を買い、奥のカウンターで料理をもらうシステム。
カウンターの右横では、地酒の販売も行っている。

ちなみに、酒蔵は時間指定で見学することが出来て、最後に1合瓶の清酒がもらえるのだ
(今でもくれるのかなぁ…

今日はこれからまだ歩くので、さすがに日本酒は止めておく。
ここの清酒「澤乃井」は、辛口好きには堪らないのぢゃ~~

う~~~~ん、残念。

販売カウンターの前でうなだれていたら、地ビールが2種類あるのをハッケーーーーン

迷うことなく2種類発注する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2331
いぃぃぃぃぃやっほぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~ぅぃ

さわびー(Sawa-Beer)」と言う地ビールだ

ラベルの左に書いてある「昼間から 澤井あたりで 飲むビール」が、ス・テ・キ
下に「西国立(にしくにたち)ビール」と書いてあるが、あくまで沢井の地ビールだ
ちなみに、「さわびー」の文字の下に描かれている沢蟹の絵は、清酒「澤乃井」のラベル(キャップ)と同じだ

赤いラベルには「アンバーエール」、クリーム色のには「クリームエール」と書いてある。
コップに注ぐと、ラベルと同じ色の麦汁様が出ていらっしゃる

作り方が違うので、味もかなり違う。
どんな味かは、飲みにいらっしゃい
(「琥珀エビス」と「白いエビス」のような関係かなぁ~)

ここの名物は酒だけではないっ
(画像をクリックすると拡大するよん)
奥多摩の旅2015その3・澤乃井園-2332
(ボブが撮影)
三種の神器」様のお出ましだ

冷奴」と「みそこんにゃく」と「モツ煮」様だ。

豆腐は、ここの湧き水で作っているので、超~絶品だ
おみやげでも買えるので、ぜひ食べてみてぇ~~~

食べ方は「冷奴」か「湯豆腐」に限る。
間違っても麻婆豆腐や味噌汁にしてはイケナイ

モツ煮も、モツが超~たっぷりで言うこと無しっ 
みそこんにゃくの味噌を豆腐に付けて食べても絶品なんだなぁ~~~

メニューは他にもあるんだけど、ボブと2人でこればっかり食べまくってしまった
ボブもご満悦

食べている間にも、川の向こうから鐘の音が聞こえてくる。

でも、どれも弱々しい「こぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~~ん.....

音がなってないっ

と、我慢出来ずについに我々が立ち上がった。

よし、本物の「鐘の音」というものを皆に聴かせてやろう」と。

我々2名の恐れを知らない特攻野郎が、再び吊り橋をゲッチョンゲッチョン揺らして対岸に渡った。

では、本物を聴くがよい…

つづき「奥多摩2015その4」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その2・奥多摩工業のトロッコ~ | トップページ | 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その4・青梅鉄道公園~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

まりちゃん

緑のものも食べてね!
あっ、緑は景色から貰うのね(^m^;)

投稿: あめぶる | 2015年7月16日 (木) 16時58分

★ 師匠ぉ

ちゃんとこの夜に食べてますわよ
(「緑のたぬき」ではナイ)

投稿: まりりん | 2015年7月16日 (木) 17時10分

そだ、いもうと屋もままごと屋も酒蔵の経営だった、

投稿: belll | 2015年7月17日 (金) 08時57分

★ おっかさま

オラ、そのどちらも入ったことがありませ~~ん

投稿: まりりん | 2015年7月17日 (金) 12時03分

そして……Orz

投稿: ブーだボー | 2015年7月17日 (金) 16時27分

★ ボブくん

次回がお楽しみだブ~

投稿: まりりん | 2015年7月17日 (金) 17時27分

「こぉぉぉぉぉぉ~~~~~~~~ん.....」
・・・っと鐘をついたのはワタシじゃないからね。(^-^;

とーふ こんにゃく モツって私の好物ばかりだぶぅー。ぶぅー。

投稿: ひめ子 | 2015年7月17日 (金) 22時15分

★ ひめ

「こぉぉぉぉぉ~~~~ん......」は、ひめぽの専売特許だべ

すべて新橋のオヤジ向けメニューだなや。
(でも味はまぢで違うでぇ~

投稿: まりりん | 2015年7月17日 (金) 22時31分

寒山寺、漢詩に出てくる。夜半の鐘声ナンチャラカンチャラ…
奥多摩って奥が深いね。
日本の原風景が丸ごと~あるゥ(^.^)

投稿: ばんび | 2015年7月19日 (日) 08時38分

★ ばんびさん

奥多摩は「人の多い飯田線沿線」といった雰囲気もありますね…

青梅線は飯田線になんとな~く似ています。

投稿: まりりん | 2015年7月19日 (日) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その2・奥多摩工業のトロッコ~ | トップページ | 旅日記 ~「奥多摩 酒と泪と男と電車 2015」その4・青梅鉄道公園~ »