« 旅日記 ~「赤い電車で浜松めぐり 遠州鉄道2015」その4・浜松城~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その77:イスタンブール・ブルーモスクとグランバザール~ »

2015年5月 4日 (月)

グルメ日記 ~「豊橋でハラショー! ロシア料理バイカル」2015~

前回「遠州鉄道2015その4」からのつづきーっ!

今回はサックリと

浜松から豊橋へご帰還後、お宿で2時間ほど昼寝して体力を回復。
そして準備万端でお宿の前に立ち、お迎えの車を待つ。
しばらくして一台の見慣れた車が止まり、拉致された。

今夜の宴の会場は、「ロシア料理」とのこと。□
今までとは一風変わった、異色のチョイスだ

お店はすぐ近くにあるそうで。
歩いても行ける距離にあったのだが、車で乗り付けた。
付近の駐車場に停めて、お店に向かう。

お店の外観はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋・ロシア料理バイカル2015-4601
おされだねぇ~~~~~

お店の名前は「バイカル」と言う。
そう、ロシア(アジア)最大の湖「バイカル湖」のバイカルだ。

お店のカンバンもおされだったので1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋・ロシア料理バイカル2015-4602
手持ち鍋のカタチかな

カンバンの真横に「点検おばさん」も写っているのだが、思いっきり逆光で全く見えナイね…

いそいそとお店に入る。
予約していたので、指定された窓側の席に座る。

お店の中はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋・ロシア料理バイカル2015-4603
イイカンジぃ~~~

色がベースのインテリアだ。
鴨居の棚には「マトリョーシカ」もたくさんいたのだが、ちょうど頭上だったので撮影を断念…

料理は、基本的にはコースメニューになっているので、基本のコースを頼んだ。
食べ足りなかったら、単品を追加注文しよう」ということになり、最初っから2品を追加。

麦汁を飲みながらハナシをしつつ、料理が来るのを待つ。

ほどなく、最初の料理がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋・ロシア料理バイカル2015-4604
ぼってるぅぅぅぅぅ~~~~~ぅ

ロシア料理の定番、「ボルシチ」と「ピロシキ」だ
このボルシチ、見た目はケチャップが濃そうなカンジだが、味は深味があってお上品なトマト味。
なかなかのボリ具合だ

ピロシキは、巨大なかりんとうのように丸々していて、2つに割ると中から挽き肉がドッサリ
なかなかのピロリ具合だ

店内にはお客も少なかったので、我々もお上品に静かに料理をいただく。
ウォッカ飲んでコサックダンスして騒ぎながら食べるイメージとは程遠い…

次の料理がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋・ロシア料理バイカル2015-4605
ハラショーーーーーーーーーーっ

つぼ焼き茸」と「サラダ」だ

つぼ焼きは、上のパンを破ると、中からキノコたっぷりのホワイトシチューが出て来る。
コレが美味いの美味くナイのって

お屋根のパンをちぎって、中のシチューに付けて食べると絶品
(シチューはしばらく熱いので気を付けてねーーっ

サラダは、魚介類が入った一般的なモノ。
あまり「ロシア」というイメージはナイ。
(オオカミや熊・トナカイの肉などが入っていれば別だけど~
内容は、季節などで変わるっぽい。

つぼ焼きを横から見ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋・ロシア料理バイカル2015-4606
…あぁ、ブレちゃった。

店内が暗めでブレたのと、近過ぎてピントが上手く合わなかったのとで、ダブルで失敗。
でも、美味しさは伝わるよねぇ~~~

以上が、基本コース「レナ コース」(1900円)のセット内容だ。
あとはコレに紅茶が付く。

紅茶には「いちごジャム」と「薔薇(ばら)ジャム」が添えられ、好みの味にすることが出来る。
個人的には、「薔薇ジャム」をた~~~~っぷり紅茶に入れるのが、このお店でしか味わえないカンジがして好き
(他のロシア料理屋さんでもあるのかな…

さて、追加した単品料理もご紹介しよう。

まずはコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋・ロシア料理バイカル2015-4607
肉々しいねぇ~~~~~~

チャップドステーキ」(1800円)と言う、ヒレ肉を叩いてベーコンでくるっと巻いたステーキ。
マッシュポテトも添えられている。
鉄板の奥に見える小さな鍋型の器には、バターが入っている。

味はもちろん言うことナシ
…あぁ、1人で全部食べたひ

そしてもう1品。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋・ロシア料理バイカル2015-4608
シンプルぅ~~~~~~~

こちらは「帆立貝のバター焼き」(1400円)と言う。
名前も味もそのままの料理だ。

…あぁ、コレも1人で全部食べたひ

とっても美味しかったのだが、なんか撮った写真がイマイチだったので、美味しさが伝わっているのか…な

店舗情報などが記載されている「食べログ」サイトはこちらをクリック

お上品に「お食事会」(すでに「宴会」ではなくなっている…)を終え、お店を出る。

車に乗り込むも、「さて、どうするべぇ~」というハナシになり、2次会へ行くことに
結局、豊橋駅前の和風な居酒屋に入り、本来の宴会らしい宴をしてきましたとさ
(運転していたメンバーは、酒も飲まずに(元々飲めナイ)ず~っとお付き合いいただきました

満足してお宿に戻り、ガッツリ寝たのであった…。

さぁ、明日は今回の旅の第2目的三重県の「三岐(さんぎ)鉄道」探検なのだーーーーっ

つづき「三岐鉄道三岐線2015その1」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「赤い電車で浜松めぐり 遠州鉄道2015」その4・浜松城~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その77:イスタンブール・ブルーモスクとグランバザール~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

このお店の二階はイタリア料理店「ノスタルジア」
豊橋には「ドイツ」という店もあった。
レーベンブロイの生、他いろんなビールが飲める。
でも次は志摩へ跳んでスペインだよね^^;

投稿: ばんび | 2015年5月 4日 (月) 10時37分

★ ばんびさん

お宿の観光パンフに書いてあったドイツ料理の店も気にはなっていたのですが…

でも、次は「えすぱーにゃ」よ

投稿: まりりん | 2015年5月 4日 (月) 13時57分

写真を拡大して おばさん確認しました
お料理めっちゃ美味しそう あぁ…(´﹃`)

投稿: ヨメ | 2015年5月 4日 (月) 16時11分

★ ヨメちゃん

豊橋に行ってばんびさんにたかろぉ~~~~~~ぅ

投稿: まりりん | 2015年5月 4日 (月) 17時36分

ロシア料理、美味しそ~~
つぼ焼き、パンをがしがし落として食べるのが
またよいんですよね~
珍しく、お酒でなくてお食事メインですね

投稿: ポタージュ | 2015年5月 5日 (火) 09時54分

★ ポタージュさん

今回は、ばんびお姉さまの取り仕切りでしたので、優雅に攻めてみました 

このシチュー、パンパなく美味かったです

投稿: まりりん | 2015年5月 5日 (火) 13時17分

まりちゃん

ロシア料理うんまそぉ(゚A゚;)ゴクリ~~~
ピロシキや壺焼は鉄板だよね^^♪
岩手にいた時に「トロイカ」ってお店があって、
よく通ったもんです。
それにしても食欲スゴいね^^;

投稿: あめぶる | 2015年5月 5日 (火) 16時51分

★ 師匠ぉ

大抵のロシア料理屋さんは「ピロシキ」「ボルシチ」「壺焼き」が鉄板ですよね…

食欲も何も、朝から何も食べてなくてあれだけ浜松を歩き回ったんですから…
追加料理は4等分したので、1人の量はそれほどありませんでした。

2次会でもしっかり食べましたわん

投稿: まりりん | 2015年5月 5日 (火) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「赤い電車で浜松めぐり 遠州鉄道2015」その4・浜松城~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その77:イスタンブール・ブルーモスクとグランバザール~ »