« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その76:イスタンブール・宮殿とモスクを見学~ | トップページ | 旅日記 ~「赤い電車で浜松めぐり 遠州鉄道2015」その1・新浜松駅から西鹿島駅へ~ »

2015年4月16日 (木)

グルメ日記 ~「あまりの美味しさにHELP! 豊橋・西駅」2015春~

…あぁ、これで何度目だ

2015年4月10日に、またもや愛知県のブログ仲間「人形劇団ばんび」のお姉さまから出頭命令が出た。

今回は大人向けの人形劇を上演するから、とっとと観に来なさい」と。

…ってな訳で、東京駅へ急いだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4101
ハ~イ、いつものとーり、「こだま」ちゃんに乗り込むよ~ん

いつも同じ光景なので、以前撮った写真を3枚くらい使い回すけど、いいよね

おみやげを買う時間を考慮して少し早めに行動開始したら、予定の1本前(30分前)のこだまちゃんにギリギリ乗れちゃった
案外サックリとおみやげがGET出来たのでね

ついでに駅弁も買っておいた。

発車後、駅弁様をテーブル上にご案内する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4102
おぉ、いぇい

毎度おなじみと化して来た「深川飯」だ(1100円)

これで3回目だけど、このお店のは「盛り」が違うっ
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4103
お値段も多少盛ってはいるが…(他のは900円だったよね)

早速、フタをオープン
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4104
盛り上がってるかぁぁぁぁぁぁぁ~~~~いっ

スンゲェー特盛だ
あさりブリ~ンブリン入っている

これはエキナカ(山手線の下)の惣菜屋で売っていたので、ご飯は固くなくてとても美味しい
ホーム売店の駅弁だけでなく、駅前のデパ地下等も食べ物が豊富なので要チェックだ

生姜がほんわりと効いたお上品なお味
小腹を満たしておこう」程度であまり考えずに買ったので、これは大きなラッキーサプライズだった。

あまりの美味さに、「新横浜(しんよこはま)」駅に着く前にもう食べ終わっちゃった
本当は「小田原(おだわら)」駅先の相模湾を観ながら食べようと思っていたんだけど…

食べ終わったら、なんかグッタリしてしまった。
数日前から体調が変だったのだ…

寒暖差アレルギー」っちゅ~ヤツかもしれない。
20℃以上あった日の翌日にが降るって、どうよ
なので、静岡県内はマッタリとうなだれていた。

あれれ、静岡県に入ったらが降ってきた…
傘を持って来て良かった~。

そしていつも通り、2時間15分ほどで「豊橋(とよはし)」駅に到着ぅ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4105
この写真も使い回し~~~

…と思ったら、前回(1月)と全く同じ時刻の列車に乗ってたんぢゃん
前回と違うのは、日の傾き具合だけぇ~。

余談だが、新幹線の「こだま」って、昔の在来線特急時代の「」と今でも同じような走り方をしていると思う。
沿線の主要都市だけにこまめに停車しては、各駅で5分ほどの休憩。
なので、ホーム売店でゆっくりお弁当を買ったり出来る。
(「こだま」には車内販売は無い

いかにも国鉄時代の列車ダイヤのような走り方&混み具合(空き具合)が、何か好きだ
(最高速度は、比ではナイが…

新幹線の改札を抜け、いつもの通りに東口に出る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4106
またまた来ちゃった、豊橋駅前に(写真は使い回し~)

劇の公演は19時からなので、少し宿で横になろう。
さっさと駅前のお宿にチェックインし、ベッドでゴロゴロ…。
1時間ほど寝て熱めのシャワーを浴びたら、ちょっと回復した。

開場時間に合わせて、18時過ぎに会場へと向かう。
会場は駅のすぐそば。

建物に入り、受付の前に行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4107
おされな建物だねぇ~~~

でも使い勝手は良くなさそう。
デザイン優先で住み心地の悪い「デザイナーズ物件」と同じニオイがする。
お客の動線に合わせた案内板が少ないのだ。

受付には、今話題の「点検おばさん」もいた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4108
おばさん、今日は観客を点検しているね…

ブログ仲間が各地からやって来て、ここでみんなでご挨拶。
ぞろぞろと会場に入り、じっくりと人形劇を観た。

今回は大人向けの劇なので、キッズはほとんどいない。
題材も小説からチョイスしているので、内容も完全に大人向け。
(芥川龍之介の「羅生門」と、森鷗外の「高瀬舟」)

大人が200人近くも集まって人形劇を観るというのは、珍しいのでは…

もちろん、内容は素晴らしいものだった。
観に来た甲斐がアッタヨ~~~~~

上演が終わって、観客達は帰宅の途へ。

このままホテルに戻って寝るのはMOTTAI-NAI
事前にリサーチしておいた飲み屋街へ、1人でサックリ行くことにしていた。
そしたら、ブログ仲間のお姐様も「あたしも行ってみたい」ということで、2人で行くことになった。

雨降る中、濡れないように屋根のある通路を歩きながら、駅の改札前まで来てみなさんと解散。
そこから、残った2人で反対側(新幹線側)の出口「西口」へ向かうことに。

豊橋駅西口は、東口と全く違って駅前に店があまり無い。
なので、歩いている人も少ない。

タクシーばかり停まっている、雨降る薄暗い駅前を進む。
リサーチしていたお店達は駅のすぐ横にあるので、歩いても1~2分ほどだ。

数軒並んでいる飲食店(居酒屋)のうち、第1候補だったイタリア料理屋HELP(ヘルプ)」に入ることに決めた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4109
あぁ、写真ブレブレやん…

店内を見ると満席っぽい。
でも、カウンターを2席分空けてくれたので入ることが出来た。

お店の中は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4110
…かなり狭い。(背中はすぐ壁だ)

間口は1つ上の写真のとおりで、奥行きもご覧のとおり。
カウンターには10人も座れるかな…という程度。
2階席もある(5~8人で予約制)とのことで、全部で16人くらい入れるのかな~

こんな規模なので、メニューは比較的シンプル。
でも、バリエーションがあるので、充分楽しめる
イタリアンの代表的なメニューは大体ある。

まずは生ビールを頼み、目に留まったものを2つ注文。
(いっぱい頼むとテーブルに置けない

最初に来た料理は、これ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4111
うまそーーーーーーーーーーーーっ

やわらかチキンの黒胡椒焼き」だ。(650円:税別、以下同)

ナイフでサックリ切れるほど柔らかい。
ささ身なのかな
味付けはその名の如くシンプル。

…これは美味い

そして、さりげなく奥にいる生ビールジョッキ君だが、これも凄い。
何とLöwenbräu(レーベンブロイ)」の生ビールなのだっ(650円)
(ドイツのミュンヘンの地ビールだよ。こちらの日記を参照)

…これは貴重だ。

日本でレーベンブロイの生が飲める店なんて、そんなにないよ。
それが、このような庶民的なお店で飲めるなんて…

…あぁ、シ・ア・ワ・セ

追記:2019年から「エーデルピルス」に変わったよん。レーベンブロイは日本での生産が終了したんだって)

そして2つ目の料理がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4112
ぷれぇぇぇぇぇぇぇーーーーーごぅ

ぷりぷり小えびピッツァ(Mサイズ:25cm)」だぜぇ~~ぃ(980円)

自家製の、もっちもちの生地のピザを、目の前にある窯で焼いてくれる。

これが美味くない訳が無いっ

チーズもトマトソースも美味いッス~~~~

ぶお~~~~~~~~~のぅ

…あぁ、ビール様が止まらない。

さっきまで「体調悪い…」って言っていたのは、どこのドイツだぃ
(「オラんだ」←超国宝級の死語)

…あ、何気に右側に「やわらかチキン」の断面が写っているぅ~

さぁ、次は何食べよっ

メニューを見て、即座に決めた。
お姐様に無理やり同意を取る。(笑)

それはこれだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4113
ヴルストぉぉぉぉぉぉ~~~~っ

危険!生ソーセージ鉄板焼き」だ。(700円)

何が「危険!」だってか

それはね、最初にフォークやナイフを刺した時に、中の熱~い肉汁が自分めがけて飛んで来るからだよ
肉汁ブシャー」な訳。

なので、角度を変えて「最初の一突き」をしてあげるのが、この料理を楽しむ「お作法」とのこと。

イタリアのメニューにあるソーセージだそうで。
…てっきりドイツだと思っていた。

味はね……自分で食べに行って
オラのジョッキが速攻空になったのは言うまでもナ~イ

そしてもう1品、お店のマスターに薦められて注文してみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4114
あっつあつぅ~~~~~~~~

魚介たっぷりのアヒージョ」と言うそうな。(780円)

エビや貝やフグなどが入っている、豪華な逸品
器の中のオリーブオイルをパンに浸して食べるのが良いとのこと。

貝はムール貝ではないそうだ。
貝殻の縁がキレイなエメラルドグリーンでしょ」と自慢していた。
肝心の貝の名前は、アルコールと共に記憶から流れ去って行った…
追記:ニュージーランド産の「グリーン・リップド・マッスル」という名前だそうです

アヒージョの左にある飲み物は「チェッロ」と言う。(550円)
ウオッカに漬け込んだ、自家製果実酒だそうな。
コレは確か「甘夏みかんのチェッロ」だったと思う。
炭酸で割って飲むとのこと。

お酒は、ワイン等も充実している。
このお店のちゃんとした名前は「Wine&Beer HELP」のようだ。
なので、ワインもかなり期待して良い

今回は飲まなかったので、次回はワインを…
(…ってまた行く気だよ、コイツ)

他にも食べたいモノがいっぱいあったのだけど、胃袋的に限界だぁ~~
泣く泣く、ここで終了となる。

お店のマスターも気さくで優しいナイスミドル。
一緒に働いているのは奥様だそうで。
夫婦仲良く働いているのって、良いね

元々は田原市(たはらし)でやっていたのを、豊橋駅前に移って来たとのこと。
(田原は豊橋鉄道の終点にある町。こちらの日記をご覧あれ)

マスターに「ネットで調べて東京から来た」と言ったらビックリされた。
…確かに、他のお客さんは地元の常連さんばかりだ。

マスターのタブレットで写真を撮られてしまった
世界中にこの顔が晒されるの」と聞いたら、「いや、自分の記憶用に」とのこと

時々、出張帰りの人も寄ってくれるよ」とのこと。
すぐ後ろが新幹線のホームだからねぇ~。

大満足してお店を出る。
雨が強いので、満足に外観写真も撮れず、そそくさと駅構内に撤収。
(最初に載せたお店の外観は、この時に撮ったモノ)

駅の改札前でお姐様とバイバイキンし、そのまま自分のお宿に戻って、明日の移動のために早めに寝た。

…2日後。

東京に帰る前に、天気が良くて明るい時のお店の外観を撮りに行くことにした。 
お宿をチェックアウト後、すぐにお店の前へと向かった。

まずは豊橋駅西口の光景から。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4115
…ちっこいね。

最初の方にあった東口の写真と、ぜ~~んぜん違うっしょ
こちらは地べたにそのまま駅舎が建っている。
この建物には、コンコース(橋上改札)へ行く階段やエレベーター等しかない。
(東口は、2階が歩行者用デッキで、1階に車道と路面電車の電停がある。そして地下道もある)

…ここで豊橋ひとくちメモ。

地元の人は、豊橋駅西口のことを「西駅」と呼んでいる。
西側の駅前」あたりが変化したのだろう。

なので、駅前のバス停にも…
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4116
思いっきり「西駅前(にしえきまえ)」と書かれている。

西豊橋駅」や「豊橋西駅」は存在していないので、ダマされないよーに。

さて、そんな西駅前を、駅に向かって左側に視線を移すと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4117
細い道が駅のホームに沿って伸びている。

駅舎左のガラス張りの壁の裏側は、新幹線のホームだ。

では、その細い道の入口部分に行ってみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4118
ご覧のように、右側にちっこいお店が並んでいる。

…んで、「HELP」はどこにあるのかっちゅーと、写真の中央奥にある。

近寄ってみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4119
ほれ、このとーり。

お店の前から振り返って見ると、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4120
正面奥の建物が、ちょうど駅前。

新幹線の改札口から徒歩3分ってとこか。
駆け足で行けば1分だ。
在来線名鉄はプラス1分

そうそう、建物の奥行が狭かったよねぇ~。

なので、奥行きが解るアングルで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4121
どの店もペッタンコだ

なんでこんなに薄いのかというと、実はこの建物達は水路の上に建っているのだ。
上の写真で言うと、道路のアスファルトと駐車場の金網の間に見えるコンクリート部分が水路だ。

豊橋は、水路の上に建てられた建物が多い。
土地代が掛からないので建てたとか。

各地でも、戦後の混乱期にバラックが水路の上に建って、それがそのまま残っているケースがよく見られる。
マスターに聞いたところ、「だから家賃が安いよ」だって
でも、「この建物が壊れたら、もうこの場所に再建することは出来ない」とのこと。

そりゃそうだ。
元々公共用地の「水路」なんだから…。

なので、壊さないように優しく使ってね 特に2階は…」とのお言葉。

タバコのポイ捨て等は厳禁だぞ

最後に、店の正面をいろいろ撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4122
なかなかぷりちーな外観だよね

ちなみに、後ろのビルはJR東海の駅事務所。
なので、残念ながら新幹線のホームからこのお店は見えない…。

お店の入口をアップで。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4123
おされな観光地や下北沢の街とかにありそ~~~~ぉ

そういえば、ネットのコメントには「女子会やデートなどにも良い」と、地元民の熱き書き込みがあったねぇ~
店内禁煙だし、女性1人でも安心して入れるお店だよ

そして、入口横のメニューを撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
豊橋西駅・イタリアンHELP2015春-4124
上手く写っているかなぁ…

まぁ、お店の詳細は、以下の2サイトを見てチョーダイ

「HELP」のフェイスブック

西駅のお店達をいろいろ案内しているブログ

追記:2015年秋に再訪した時の日記はこちらをクリック

周囲の他のお店もいろいろ面白そうなので、みなさんも新幹線で帰る前にいかがぁ~~~

つづき「浜松めぐり・遠州鉄道その1」はこちらーっ!

|

« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その76:イスタンブール・宮殿とモスクを見学~ | トップページ | 旅日記 ~「赤い電車で浜松めぐり 遠州鉄道2015」その1・新浜松駅から西鹿島駅へ~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

遠くから観劇に来ていただき本当に感激!!
ありがとうございました。
ちょいと忙しくて皆さんと記念写真を撮れなかったよぉ~><

駅西リサーチありがとうございます。あの店は気になっていたんだけど、
なかなか行けなかったのでした。昔はもっとおじさん向けの飲み屋街だったので、女子は歩けなかったんですぅ~~。

投稿: ばんび | 2015年4月16日 (木) 09時50分

★ ばんびさん

…そういえば、今まで一度も記念撮影していない

「リサーチせよ」とのご命令でしたから、そりゃぁ~しっかり調査して来ましたよ

投稿: まりりん | 2015年4月16日 (木) 10時18分

深川飯のあさり? ぎっしりやん(´﹃`)

イタリア料理屋 HELP… φ(゚ー゚*)フムフム φ(。_。*)カキカキ
参考にさせていただきます

投稿: ヨメ | 2015年4月16日 (木) 17時09分

★ ヨメちゃん

深川飯は、東京駅で自分で買ってくだされ。
イタリア料理は、豊橋に行ったらばんびさんにタカってくだされ。

投稿: まりりん | 2015年4月16日 (木) 17時25分

お姐さんって書いてくれて有難う^^
バンビ劇団の舞台もとても良かったし、イタリア料理もビールも美味しかったし料理店のおじさんもいい人で、豊橋行ってホント良かったです!!また機会あったらバンビ人形劇見にいきます。どこまでも~~ 感謝(*´ω`人)感謝です。

投稿: tanosii | 2015年4月16日 (木) 21時06分

★ お姐さま

いやぁ~~、楽しいお店でしたね

たま~に東京の公演もあるそうなので、その時は集まるべしぃ~

投稿: まりりん | 2015年4月16日 (木) 21時54分

相変わらずがっつり飲んで食べてますね~
大阪帰りに渥美半島通って豊橋はぜひお立ち寄りしたいです

深川飯のお弁当っていろんなお店で出してるんですね。
知らなかった

投稿: ポタージュ | 2015年4月17日 (金) 14時43分

★ ポタージュさん

豊橋は、東京~大阪間のほぼ中間にあるので、ヒジョーに便利な休憩スポットです

ハゲしく豊橋を楽しんでくださいまし
(江戸っ子のセリフではナイな…

深川飯、下町庶民の食べ物ですから、そりゃぁ~フツーにどこでも売ってるってモンだい、チキショーメぃ

投稿: まりりん | 2015年4月17日 (金) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その76:イスタンブール・宮殿とモスクを見学~ | トップページ | 旅日記 ~「赤い電車で浜松めぐり 遠州鉄道2015」その1・新浜松駅から西鹿島駅へ~ »