« 離島の旅日記~「ここも東京、小笠原。 2007」その6~ | トップページ | 旅日記 ~「紅葉の木曽路 奈良井宿」2014~ »

2014年11月 6日 (木)

旅日記 ~「紅葉の木曽路 贄川駅」2014~

前回「塩尻駅そば2014」からのつづきーっ!

2014年11月1日に、長野県木曽(きそ)地方に紅葉を観に行って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1501
その途中のおハナシ。

----------------------------------

東京の「新宿(しんじゅく)」駅から中央線の夜行列車に乗り、長野県の「塩尻(しおじり)」駅に降り立つ。
レンタカーを借り、一路「木曽路(きそじ)」へ。

天気はあいにくの雨だが、信州の雨の景色というのも味があって好きだ。

目指すは「木曽福島(きそふくしま)」駅から山間部に入った所にある「王滝村(おうたきむら)」。
以前ご紹介した森林鉄道がある場所だ。

だが、先日の御嶽山(おんたけさん)噴火により、状況が一変。
今日は森林鉄道のイベント日なのだが、かなりの確率で開催されていないだろう…。
(レールが敷いてある公園が、災害救助の拠点になっていたので)

そんな訳なので、今回は紅葉と他の森林鉄道車両も併せて観に行く旅にした。

塩尻駅から国道19号線に入る。
この道は「中山道(なかせんどう)」と呼ばれる、由緒ある街道の現代版だ。

木曽路はすべて山の中」の名句どおり、すぐに両側を山に囲まれる。

そんな木曽路の入口にある駅に立ち寄ることにした。

駅の駐車場に車を停め、駅舎に向かう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1502
素晴らしいほど味のある駅舎だ。

すぐ横には、同じような雰囲気のお茶屋もあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1503
周囲の景色に溶け込んでいるね。

この建物の向こう側には、江戸時代の関所跡がある。

振り返って、駅前を観る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1504
山合の狭い空間なので、国道と線路と川と集落が窮屈そうに並んでいる。

駅舎に近寄る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1505
素晴らしい。

強く降る雨も悪くない。

角度を変えて観てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1506
とても平成時代とは思えない。

この駅は「贄川(にえかわ)」駅と言う。
JR中央線JR東海の中央西線)の駅で、塩尻駅から名古屋方面の3つ目にある。
(「松本(まつもと)」駅からは8つ目)
観光スポットでもない、ごく普通のローカル駅だ。

誰もいない駅舎内に入ってみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1507
国鉄時代のままだ。

…いや、おそらく明治の開業当時からの姿が残っていると思われる。

右側に振り返ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1508
テーマパークなどのレプリカではない、「本物」の姿だ。

無人駅なので、そのままホームへ出てみる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1509
紅葉が見事だ。

木曽路は、実は雨のほうが絶景なのでは…と思う。

右の名古屋方面を見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1510
一面の紅葉だ。

駅の観光案内版と一緒に1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1511
…レトロだ。

この贄川は、木曽路の最初の宿場町だったそうだ。
松本や塩尻を出て、山越えをする前にここに泊まったのだろう。
江戸時代の人は偉大だ。

左の松本方面を見る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1512
人の気配がまるで無い。

国道を走り抜ける車の音だけだ。

すると突然、ホームで音が鳴り出した。
名古屋方面への普通列車が来るらしい。

ほどなく、列車はやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1513
2時間に1本、しかも2両しかない列車。

長野と名古屋を結ぶ重要幹線なのだが、木曽路の区間だけは超ローカル線なのだ。
特急列車が頻繁に走り抜ける中、忘れた頃に普通列車がこっそりやって来る。

ワンマン列車なので、運転士が降りる客の切符をチェックしている。
この列車は、学生が大量に下車した。
なので、発車まで2分ほど掛かったろうか…。
運転時間にはかなりの余裕を持たせているので、都会と違って全く問題無い。

全員が降り、列車が発車した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1514
秋の贄川駅で、一日に3~4回しか見られない瞬間だ。

もう1回同じシーンを撮りたければ、また2時間待たねばならない…

ガラガラになった普通列車は、静かに木曽路の奥へと走り去っていった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1515
松本駅からたった30分しか離れていない駅とは思えない…。

列車が去り、学生達が駅を出て町に消えていくと、また静かな贄川駅に戻った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
紅葉の木曽路・贄川駅2014-1516
この日常の繰り返しが、100年間も続いて来たんだよなぁ…

…木曽路は奥が深い。

つづき「紅葉の木曽路・奈良井宿2014」はこちらーっ!

|

« 離島の旅日記~「ここも東京、小笠原。 2007」その6~ | トップページ | 旅日記 ~「紅葉の木曽路 奈良井宿」2014~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

ほー、そう言えば明智鉄道を思い出したよ、
中山道、宿場町があちこちあるよね。

投稿: bell | 2014年11月 6日 (木) 08時40分

★ おっかさま

次回も別の宿場町が出てくるよ~ん

投稿: まりりん | 2014年11月 6日 (木) 10時11分

ええ?レンタカーで移動?
木曽路は歩かなきゃ^^;
忙しい週末だったね。
雨が雪にならなくて良かったです。

投稿: ばんび | 2014年11月 6日 (木) 10時21分

★ ばんびさん

あの気温と天気で歩いたら、死んでまうがなっ

この雨、奥地は雪混じりっぽいカンジでした。
(まだつづきがあるよ

投稿: まりりん | 2014年11月 6日 (木) 10時35分

秋真っ盛りですね
紅葉を包むような霧の景色もいい感じですね(*˘︶˘*)

投稿: ヨメ | 2014年11月 6日 (木) 12時54分

★ ヨメちゃん

写真ではそれほどでもナイけど、結構雨が降っていて、撮影するのもタイヘンだったのだぁよぉ~~

投稿: まりりん | 2014年11月 6日 (木) 15時03分

まりちゃん

しっとり濡れた木曽路はいいねぇ~
そぼ降る雨で空気まで澄んで見えます。
駅舎の格子窓が何とも言えない風情を醸し出していて…
でも美味しそうなものはめっけられなかった^^;

投稿: あめぶる | 2014年11月 6日 (木) 18時48分

★ 師匠ぉ

美味しいモノ、山のキノコや山菜がいっぱい写ってっぺぇ~

超~~拡大して見てちょ

投稿: まりりん | 2014年11月 6日 (木) 20時22分

で、お土産は???

投稿: ぶーぼー | 2014年11月 6日 (木) 21時37分

レトロな駅舎。雨が似合うわ~。
紅葉きれいですね。
知ってるでしょうが、奈良のまほろば線も昼間は一時間に1本、無人駅ばかりの線です。
乗りに来てねー(◎´∀`)ノ。

投稿: hiro | 2014年11月 6日 (木) 22時01分

★ ブーボー

職場にハッカ菓子のカケラが数粒残ってる。
明日持って帰って来るよ

豊橋土産なら大量にあるぞ

投稿: まりりん | 2014年11月 6日 (木) 22時11分

★ hiroさん

奈良はどうやって攻めようか、ただ今、脳内作戦会議ちう…

いつも近鉄やJRの快速列車で乗り付けるので、今度はまったりと普通列車で攻め込もうと…

投稿: まりりん | 2014年11月 6日 (木) 22時16分

豊橋みやげ 何?

投稿: bell | 2014年11月 8日 (土) 08時36分

★ おっかさま

ばんびさんに送ってもらったギンナンとうどんでぇ~っす

投稿: まりりん | 2014年11月 8日 (土) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 離島の旅日記~「ここも東京、小笠原。 2007」その6~ | トップページ | 旅日記 ~「紅葉の木曽路 奈良井宿」2014~ »