« レイアウト日記 ~「複線ミニレイアウト ベース編」の巻~ | トップページ | 海外旅日記 ~「香港の鼎(かなえ)」2014夏~ »

2014年10月 2日 (木)

海外旅日記 ~「日本国内なのに日本でナイ場所 成田空港第2ターミナル」2014夏~

今まで海外旅行の日記をいくつも書いて来たが、気が付けば一度も空港内の様子をご紹介していなかった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1101
灯台下暗しぃぃぃ~~~っ

…ってなワケで、今回は成田空港から出国するまでをご紹介~

----------------------------------

東京都心から電車で千葉県の「成田空港(なりたくうこう)」へと向かう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1102
(2012年撮影)
カッチョエェ~~べな

この列車は京成線の特急「スカイライナー」。
山本寛斎氏がデザインした、最高時速160Kmで走るイケメンだ

さて、成田空港がどこにあるかって~~と…
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1103
(2018年のグーグルマップより)
だよん

…東京駅
…上野駅
…成田空港
…スカイライナーの経路(京成線と北総線)

都心と空港をほぼ直線で結ぶ、最速路線だ
この線が出来たおかげで、今やJR成田エクスプレスは遠い存在に…
(それまでは必ず乗っていたんだけどねぇ~

成田空港までは、上野駅・日暮里(にっぽり)駅から40分ほどで到着する。

成田空港はターミナルビルが2つあり、駅もそれぞれにある。
今回降りる駅は「空港第2ビル(くうこうだいにびる)」駅。
JR京成電鉄が乗り入れている。
(1つ上の写真がそうね)

改札を出ると、すぐ目の前にセキュリティチェックのエリアがある。
ココでは全員、パスポートや身分証明書(免許証や保険証など)の提示を求められる。
なので、見送りの人や空港見学に行く人も、身分証明書は持って行くように
(数年以内にココのチェックは廃止される)

棍棒を持った警官の横を過ぎると、やっとビルの中だ
出発」と書かれた案内に沿って歩くとエスカレーターがある。

ひたすら最上階まで上がって行くと、出発ロビー(チェックインカウンター)に到着する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1104
(2011年撮影)
わくわく

この時点で、大抵の人は旅のワクワク感で盛り上がる

出発の2時間くらい前までに指定されたカウンターに行き、パスポートとクーポンを見せてチェックイン(搭乗手続き)を行う。
搭乗券を手渡されたら手続き完了
あとは出国するのみ

余談だが、「航空券」と「搭乗券」は別物だ。
今はチケットレスが主流なので間違えなくなったが、旅行会社でもらったモノは「航空券」。
コレを直接持って出国しようとしても、ひこーきには乗れない。
チェックインカウンターで便と座席の指定が記載された「搭乗券」と交換してもらって、初めて乗れる。
電車の指定券とは勝手が違うのでご注意を。
(特急回数券などで指定を取るやり方に近い)

さて、早めにチェックインしたので時間に余裕が出来たぞ

次のイベントは「出国審査」。

ロビーの奥に入口がある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1105
見送りはココまでぇ~

中央に立っている警官の後ろがX線検査場で、この先はひこーきに乗らない人は入れないエリアだ。
出国審査のゲートはその先にある。

GWや年末等の混んでいる時は、すぐに出国審査へと向かわないと間に合わナイ場合があるので要注意だが、オフシーズンはガラガラなので慌てなくて良い。

とりあえず、自分の乗るひこーきの時間をチェックする。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1106
いやぁ~世界中の地名がたくさん

搭乗券にも「搭乗ゲート」と「搭乗時間(出発時間よりも前)」が書いてあるが、旅気分を盛り上げるために見ておこう

1時間ちょっと余裕が出来たので、軽く朝食でも~
上の階にレストランやおみやげ屋さん等がたくさんある。

エスカレーターでぺろぉ~~んと上がる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1107
(2012年撮影)
上からの眺めもなかなか

早朝から移動していたので、お腹空いちゃった…
このあと機内食が出るのは解っているのだが、食べたいッス

…ってなワケで、朝っぱらから食べちゃったよ
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1108
ザーピーとルービー(笑)

今日は一日移動だから、朝からビールしてもイイよね
ただし、おトイレだけは、離陸等で行けナイ時間もあるので要注意

この席の後ろはガラス張りになっていて、滑走路等が見えるナイスポジションだった

洋食だけでなく、和食のお店もたくさんある。
和食が世界的にブームになってからは、外国の人もたくさん食べるようになったからね

その中で、面白いお店をハッケーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1109
(2012年撮影)
タコでしゅ

なんと、タコ焼き屋さんがあった

ダシに浸けたり、いろいろなソースや薬味を付けたりして楽しめるようになっている。
(色々なお国の人がいるからね)
お値段は高いが、しばらく日本を離れる方々にはイイよね~

さて、お腹も満足。
いよいよ出国審査へ向かおう。

先ほどのX線検査入口でパスポートと搭乗券を見せて中に入る。
すぐに持ち物をX線に通し、金属探知機をくぐる。

そして、先に進むとゲートがいっぱい並んだ出国審査場に出る。
どこの国でも出国審査はカンタン。
パスポートと顔を見せて、出国スタンプを押してもらって、ハイおしまい
(ゲート近辺は立ち止まってはイケナイ

ゲートを通り抜けると、もうそこは空港の搭乗ロビー
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1110
いぃやっほぉ~~~~ぅ

ココはもう「日本であって日本でナイ」エリアだ。

すでに出国審査を済ませているので、我々は「もう日本国を出た」ことになっている。
海でいう「公海上」と同じような場所だ。

外国から外国へ、成田空港経由でトランジット(乗り換え)する人達もココにいる。
その人達は入国審査を受けていないので「日本の土地にいるのに日本国に来たことになっていない」状態だ。

このエリア、日本国内ではナイから日本の税金は適用されない。
なので、免税店がいっぱいあるワケ
この制度は、世界中どこでも一緒。
お金も、日本円以外に米ドルやユーロあたりが使える店も多い。

さぁ、搭乗ゲートへ向かおう。

出国審査も並ばずにすぐ済んだので、かなり時間に余裕が出来た。
のんびり見物しながら移動しよう

このエリア内にも、「日本を感じてもらおう」的なオブジェなどが所々に置いてある。
帰国する外国人には「最後の日本的な光景」になるだろうし、トランジットの人には「日本ってこんな国なのか…」と知ってもらうキッカケにもなる。

その中で、「おぉ」と思ったモノがあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1111
いえもぉ~~~~~~~~ん

緑茶「伊右衛門」はんのお茶屋さんだ
お茶は左の自販機で買ってね

この「自販機」というのも、外国人にとっては珍しいアイテムなのだ。
治安の悪い国では設置しても機械ごと盗まれてしまうために、存在していないのだ。
自販機が置いてある国というのは、実は数少ない。
治安の目安になる)

搭乗ロビーには、いくつもの搭乗ゲートがある。
ゲート前には椅子がたくさん並んでいる。
搭乗時間になるまで、みんなそこで待つのだ。

そこで待つみんなのために、こんなナイスなアイテムもあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1112
モミモ~~~~~ミ

電動マッサージ機
100~200円5~10分程度モミモミしてくれる。

空港内は広くて移動距離が長いので、何気に歩いている。
それに電車等の移動中は座りっぱなし。
…ってなワケで、足は意外に疲れているのよん。

そんなおみ足のふくらはぎをモミモミ~してくれると、超~気持ちイイ

…何で今まで使わなかったんだろう。

一般人は、搭乗時間まで免税店やロビーの中で悶々と時間を潰すのだが、お金持ち様達は違う。

ちゃんと専用のラウンジがあるのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1113
(2008年撮影)
せれぶぅ~~~~~~~ぅ

クレジットカードや会員の種類などによって、使用出来るラウンジは異なっている。
コレは日本航空(JAL)の「さくらラウンジ」。

ラウンジの中は、軽食類が食べ放題&飲み放題
(ラウンジにより異なる)

オッサン達は、ココでビールをガンガン飲みまくる。
おいおい、ひこーきに乗る前だぞ…。
(ひこーきは揺れと気圧の関係があるので、降りるまであまり飲まないほうがイイ

さて、そろそろ時間だ。
搭乗ゲート前まで移動しよう。

今回のゲートは「サテライト(別棟)」だよ。
更に移動しないと…。

本棟と別棟を結ぶ通路を歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1114
長~~~~~~い

以前、ココはシャトル(空気浮上式の乗り物)が往復していた。
だが、「無駄な最新技術」を駆使したため、輸送力が高くなかった。

空気で浮上させて横に移動させるエレベーター」みたいなシステムだったので、浮上しないと動かない。
お客がたくさん乗ると、エレベーターと同じくブザーが鳴って「満員です。降りてください」のようなアナウンスが流れる。
誰も降りずに一向に動かないシャトルにキレている学生もいた。
(そりゃ、そうだ…

シャトルの運転間隔も頻繁ではナイため、一度向こうへ行くとなかなか戻って来れナイ。
急いでいる客にはイライラと焦りのタネだった。

あまりに不評だったのか、数年前に改修されてキレイな通路(動く歩道付)となった。

…最初っからコレで造ってくれよ、オイ。

そんな通路での移動中、窓から見える景色はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1115
空港だねぇ~~~~~

いかにも「メリカ」な色のひこーきもいるね

ちなみに、手前は日本航空(JAL)で、マークは「鶴丸(つるまる)」と呼ばれている伝統のモノ。
一度違うデザインになったが「JALと判らない」とのことで、従来の鶴丸に戻された。

奥の緑色のは、香港のキャセイ・パシフィック航空(CX)。
いつもお世話になっておりますぅ~~~~~

真ん中は、アメリカン航空(AA)。

動く歩道にのんびり乗っていたら、デカいひこーきが同じくゆっくりこっちに向かって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1116
ぢゃんぼぉーーーーーーーっ

ジャンボジェット」と呼ばれている、ボーイング747-400型だ。
日本の航空会社では引退してしまったが、外国ではまだ健在だ

…改めて見るとデカイねぇ~~~。

かなり手前まで近づくと、クルッと横に向きを変えてゲートへと進んで行った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1117
…な、長ひ。

近過ぎて、カメラにギリギリ収まる状態。

このひこーきは、オーストラリアのカンタス航空(QF)。
カンガルーが目印

さて、我々の搭乗ゲートに到着したぞ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1118
これから乗るひこーきが停まっているね

搭乗ゲート前の椅子に座って待つ。

ゲートはこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1119
(2012年撮影)
ココのおねいさん達にアナウンスされるまで、ひたすら待つ。

さぁ、搭乗時間だ

ゲートが開いて、搭乗券とパスポートをチェックしてもらって機内へと移動する。

ちなみに、運が悪いと日本語が通じるのはこの地点まで

ひこーきの座席によっては、担当する客室乗務員が日本語を話せナイからだ。
この機内からが、実質的な「外国」だ。
まぁ、機内には必ず日本語が話せる乗務員が数人乗っているので、本当に困った時は呼べばイイ。
(むやみに呼び出さないように。最低限の英単語は覚えていくのが海外旅行のマナーでしょ)

全員が座席に座って荷物も収納し終わると、いよいよ出発となる。
座ってから10分以上はいつも待たされる。
このミョーな間は、飲み物・食事等の準備や、まだ来ていない人を空港内で呼び出したりとかしている。

ひこーきが動き出した

でもすぐには飛ばナイ。
ゲートから滑走路までは離れているので、ゆっくり自走していくからだ。

しかも、ラッシュ時間帯は順番待ちのひこーきで渋滞しているので、結構待たされる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1120
後ろに4機も並んでいるぅ~~~~~っ

成田空港は滑走路の本数の関係で、離陸と着陸を同じ滑走路で行う。
なので、ポンポン飛び出して行くことも出来ナイ。
電車のラッシュ並みの3分間隔くらいで、ひこーきが行き交う。

何で動かナイんだろう」と思っていると、イキナリ頭上から「キーーン」という爆音とともに着陸するひこーきが通り過ぎて行く。
着陸したひこーきが滑走路からいなくなると、いよいよこちらの離陸する番だ。

一瞬の静かな間があった後、エンジンの轟音と共にテイクオフ

日本よ、バイバイキ~~~~ン

こうしてやっと日本を脱出出来るのだ。
意外とメンド臭いのよ、国際線ひこーきって。

----------------------------------

さて、ココからは帰国時の画像をサックリと。

早朝(6時)に成田空港に戻って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1121
朝日が目に沁みる…

ひこーきの深夜便は、バスよりも寝られなくてキツい。

そんな、ボーッとした頭の状態で入国(帰国)審査場へ移動していると、1枚のおっきなカンバンがお出迎えしてくれた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
成田空港第2ターミナル2014夏-1122
うぇるかぁ~~~~~~む

達筆な「」の文字と共に、世界各国の「歓迎」の単語が。

日本に着いて一発目に見る看板がコレって、ナイスだよね
外国人はコレ見てわくわくするんだろうなぁ~~

オラも香港で看板見てわくわくしているから(笑)

----------------------------------

以上、コレが成田空港の、パスポートを持っていないと見られないエリアのお姿でした。

海外旅行に行きまくっている方には、見慣れた特に何ともナイ景色でしょう。
まだ海外へ行ったことがナイ方は、コレを見て想像してわくわくしてね~

ほなまた~

つづき「成田空港第1ターミナル2018春」はこちらーっ!

|

« レイアウト日記 ~「複線ミニレイアウト ベース編」の巻~ | トップページ | 海外旅日記 ~「香港の鼎(かなえ)」2014夏~ »

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

旅と鉄道(17東武・京成)」カテゴリの記事

▼海外旅行(香港・マカオ他)」カテゴリの記事

コメント

海外旅行はずっとご無沙汰なので
この日記を見てちょっと思い出してきたぁ

久しぶりに海外に飛んで行きたくなったわ~

投稿: piyoko | 2014年10月 2日 (木) 06時10分

そいや海外行ったことねーなぁ。
しょのうち連れてってくだはい。

投稿: ブーボー | 2014年10月 2日 (木) 07時05分

わくわく、一昨年グアム(婚礼)行ったのが最後、パスポート来年切れるよ、ヨーロッパ行きたいぞ☆

投稿: おっかさんbell | 2014年10月 2日 (木) 08時12分

★ おピヨ

海外は楽しいでぇ~~~~

投稿: まりりん | 2014年10月 2日 (木) 11時29分

★ ブーボー

ほな、来週行くかぇ?

随時受け付けちう

投稿: まりりん | 2014年10月 2日 (木) 11時30分

★ おっかさま

もう今から新しいパスポートに更新しておきませう

ヨーロッパ路線、今は信じられないくらい安くなりましたね… 

投稿: まりりん | 2014年10月 2日 (木) 11時31分

ヒコーキ カッコえぇ~~
電動マッサージ機はいいですねぇ
高くて買えないから いつもヨドバシで ほぐしてくるのさ~w

投稿: ヨメ | 2014年10月 2日 (木) 16時02分

★ ヨメちゃん

初めて行った友達の家で、父君のマッサージチェアーに乗って爆睡してたわよーーーーっ 

投稿: まりりん | 2014年10月 2日 (木) 23時09分

わぁ~♫o(*^▽^*)o
いろぉ~んな意味で楽しめた記事でした~。
飛行機が飛んでる音が聞こえたら。
空を見上げて飛んでる様子をいつも眺めてる。
ワタシはまずは国内線に乗って…お次は海外に行くのだ

投稿: ひめ子 | 2014年10月 3日 (金) 00時01分

★ ひめぽ

まぁ、コレはひめぽを対象に書いたといっても過言ではナイな。

列車やお船やひこーき、いろいろな旅を楽しんでちょ
   

投稿: まりりん | 2014年10月 3日 (金) 00時23分

羽田・成田は未経験です。やっぱり広いねえ。
中部国際も名鉄乗り入れてるからまあまあ便利です。
マッサージチェアもちろん乗りましたわよ

投稿: ばんび | 2014年10月 5日 (日) 14時31分

★ ばんびさん

成田はターミナルビルが2つありますからね、この日記に写っている更に倍の広さがあります。

羽田に至っては、ビルが3つもあるという状態。
空港の敷地入り口からビルまで4Kmもあります。

羽田空港のほうが、東京・狛江市よりも面積が広いということは、公然のヒミツとなっている…(^艸^)

小牧は小さかったなぁ…

投稿: まりりん | 2014年10月 5日 (日) 15時28分

いつもポチっとありがとうございます。
最近ほとんどインできず不義理になっておりますm(_ _)m
空港ってわくわくする場所のひとつですよね^^
長距離移動後のマッサージチェアは最高
専用ラウンジ使ってみたい♫
いまだエコノミーしか乗ったことないけど…( ̄▽ ̄)

投稿: uki | 2014年10月 8日 (水) 23時17分

★ ukiさん

おひさですぅ~~

専用ラウンジ、一度使うともう今までの平民レヴェルに戻れません
(誰か資格がある人と一緒だったら入れる所もありますよん)

我々貧民は、マッサージチェアーがイチバンのお友達なんです 

投稿: まりりん | 2014年10月 9日 (木) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レイアウト日記 ~「複線ミニレイアウト ベース編」の巻~ | トップページ | 海外旅日記 ~「香港の鼎(かなえ)」2014夏~ »