« 旅日記 ~「今年もやっぱりビール電車!豊橋鉄道」2014~ | トップページ | 旅日記 ~「南アルプス縦断 飯田線2014」その2~ »

2014年9月 1日 (月)

旅日記 ~「南アルプス縦断 飯田線2014」その1~

前回「豊橋ビール電車2014」からのつづきーっ!

2014年8月16日に、愛知県の「豊橋(とよはし)」へ行ってきた。
ブログ仲間の「人形劇団ばんび」のお姉さまから「ビール電車」乗車命令が出たからだ。(笑)
今回は、その帰路のおハナシぃ~

----------------------------------

ガッツリ寝て、17日の朝はスッキリ目覚めた
さぁ、今日はひたすら電車に乗る日だ。
シャワーを浴び、9時半過ぎにチェックアウトする。

豊橋駅前でいろいろ見物&おみやげを買い、早めに改札内へ入ることに。

今日はこれから飯田線(いいだせん)に乗って、長野県の「松本(まつもと)」駅まで移動する。
全て各駅停車の、8時間の旅。

そのうち、飯田線内は全線走破する列車に乗り込むため、7時間ほど乗りっ放しとなる。
小さいころに一度体験したのみで、今回が人生2度目の「苦行」だ

その、一日数本しかナイ全線走破列車の乗り場に移動する。
(画像をクリックすると拡大するでね)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-301
発車までまだ1時間近くもある…

向こう側に停まっている電車も飯田線だ。
豊橋からは、すぐ近くの「豊川(とよかわ)」駅までは頻繁に走っている。
だが、豊川から先は急に本数が減り、途中駅から先はさらに減るというダイヤ。

全て2両編成なので、イイ席を確保するためにも早めに来たのだ。
…でも早過ぎた

乗る列車が来るまでに、先発の列車が数本やって来る。
(画像をクリックすると拡大するでね)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-302
この列車も豊川駅の先に行く「新城(しんしろ)」駅行きなのだが、それほど奥地までは行かない。

ガラガラで設備も良い編成なので、コレに乗って先行しようかとも考えたが…。
しばらく待つか。

そうそう、このホーム、チョット変わっているのだ。

豊橋駅はJR東海なのだが、名鉄も頻繁に乗り入れている。
(画像をクリックすると拡大するでね)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-303
飯田線と同じホームを左右で使い分けているのだ。

コレは昔からの伝統。
豊橋駅から飯田線と分岐する所まで、名鉄の電車と飯田線の電車が同じ線路上を走る
複線なのだが、片方が名鉄の線路で、もう片方が飯田線の線路なのだ。
なので、単線同士くっつけて、仲良く複線として使用している次第

さぁ、やっとオラが乗る列車の案内が表示された。
(画像をクリックすると拡大するでね)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-304
長野県の中央線「岡谷(おかや)」駅まで走る長距離各停だ。

235Km7時間弱かけて走破する。
大体同じ距離の「東京~豊橋」駅間(294Km)が5時間なので、その足の遅さがお解り頂けよう(笑)
平均時速30Kmくらいかな。
原チャリと大して変わらん。

少しずつ人が集まって来た。
そしたら、突然団体がやって来て後ろに並び出した。

えぇぇぇぇぇぇ~~~~っ

他の列車はガラガラで発車しているのに、この列車だけ満員かよーーっ
日曜日なので、ハイキングに行く団体らしい。
横目で切符を見ると、降りる駅は結構先…。
こりゃ、1時間半くらいは混雑を覚悟しないと。

やがて、岡谷行きの列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するでね)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-305
ココで長野県の地名(特に中央線)を見るというのも、なかなかスゴいこと。

ドアが開いた瞬間に、窓際のイイ席を確保。
その直後には立ち席が出るほどの混雑っぷり。
さぁ、コレで7時間車窓の景色を楽しむことが保証できた

編成によって座席の種類が違うのだが、今回はボックスシートの編成だ。
さっきの新城行きの車両と同じだったら、転換クロスシートでもっと快適だったのだが…。

10時42分、列車は定刻に発車。(岡谷17時31分着)

10分ほどの豊川駅までは市街地を走る。
その先からは急に田園風景と変化する。
天気もアヤシイ…。
目の前の山々に雲がたくさんのしかかっている。

途中駅に着く度に、ホームで待っている人達が「うわ~、混んでる」というビックリした顔でこちらを見ている。
やはり、今日の混雑具合は珍しいのだろう。
そりゃそうだ、もしこの団体が乗って来てなかったら、座席は全部埋まらないくらいしか乗ってナイだろうから…。

豊橋から1時間半ほど、団体さんが大量に降りて行った。
(画像をクリックすると拡大するでね)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-306
三河槙原(みかわまきはら)」駅というのか…。

ココに何があるんだろう」と外を見ていたら、「愛知県民の森キャンプ場」という看板があった。
そっか、そこに行くんだね。

急に車内がガラガラに。
(画像をクリックすると拡大するでね)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-307
コレが本来の飯田線のカンジだろう…。

今まで窮屈そうに座っていた人たちが、バラバラとボックスシートへ移動。
ゆったりとした空間に早変わり

…それにしても、列車交換駅での停車時間が長いなぁ。
単線だし、駅間が長い部分もあるので仕方ナイか。
特急列車「伊那路(いなじ)」も数本走っているので、特急様を待たせるワケにはいかないしぃ~。
走る速度はそれほど遅くはナイのだが、停車時間で遅くなっているカンジ。

だいぶ山深くなって来た。

列車が駅に停車した時、グーゼン目の前に駅名板があったので1枚
(画像をクリックすると拡大するでね)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-308
池場(いけば)」駅と言うのか。

ココはまだ愛知県なんだね
次の「東栄(とうえい)」駅までが愛知県。
その先は静岡県に入る。
この県境が分水嶺らしく、この先は天竜川(てんりゅうがわ)の川沿いを進んでいく。
愛知県内は豊川の水系沿いだった。

いよいよ景色が山の中になった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-309
山向こうの木曽路よりも幅が狭い~~~。

なぜ故、このような山間部に延々と線路を敷いたのだろうか…。

この飯田線、実は建設当時は4つの私鉄路線だったのだ。
それを国鉄が買収し、1本につなげて、「豊橋~辰野(たつの)」間を「飯田線」と名乗り始めたのだ。
全線で195.7Km94駅もある。

鉄道建設ブームと、ダム建設の資材運搬用等として造ったのだろう…。

この先は、長いトンネルをくぐったり、渓谷の川と山のすき間を縫うように走ったりの、完全なる山岳路線。
自然環境が厳しい分、景色はサイコーなモノが連続して現れる

列車の窓に葉っぱが擦れるくらい景色が近いので、撮影は断念。 

しばらく走り、列車は「中部天竜(ちゅうぶてんりゅう)」駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-310
対面の建物に、昔走っていた車両達のパネルが貼ってあった。

彼らが現役バリバリの頃は、まだオラは生まれていない。
初めて飯田線に乗った時は、彼ら旧型国電一族の最末期の時だった…。

この駅で半分くらいの人が入れ替わる。
と言っても、ガラガラなので20人もいないだろうけど…
ココにはダムと発電所がある。

車内ではみんな写真を撮っている。
いかにも鉄ちゃんっぽい青年もいるし、一駅ごとに外の写真を撮っているおじさんもいる。
意外だったのは、運転席の後ろに立って、ずっと撮影していたおねいさんがいたことだ
鉄子」だろうか
オラのすぐそばにいた娘も、しきりに写真撮っていたなぁ…

列車はほどなく発車。
拠点駅の割には停車時間が短かったなぁ…。

そしてすぐに次の駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-311
ココは「佐久間(さくま)」駅と言い、以前はJR東海の車両達が展示されていた。

佐久間レールパーク」というのが駅構内にあったのだが、名古屋港に「リニア・鉄道館」を造るため、ココにいた車両達も名古屋にお引越しした次第。

…それにしても、こんな山奥なのに「浜松市天竜区」と、「」なのってスゴくね
東京23区の人間からしたら、ついそう思ってしまう…

駅前の景色はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
南アルプス縦断・飯田線完全乗車2014その1-312
コレでも「」だぜぇ~~~

さぁ!ココから先が飯田線のハイライト区間~~~~~っ

目ん玉しっかり開いて景色見ぃやぁ~~~~~~~っ

つづき「その2」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「今年もやっぱりビール電車!豊橋鉄道」2014~ | トップページ | 旅日記 ~「南アルプス縦断 飯田線2014」その2~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

7時間弱乗っていたら眠くなりませんか
(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!

鉄道BIG4思い出しました( ´艸`)

投稿: ヨメ | 2014年9月 1日 (月) 01時24分

★ ヨメちゃん

移動中「眠くなる」というのは、外の景色や車内の様子などに興味・関心がナイから。
「飯田線に乗るんだっ」と決めて乗ったんですから、眠くなるハズがアリマセン

絶景見逃したら意味ナイぢゃん

投稿: まりりん | 2014年9月 1日 (月) 01時49分

おほ、おっかさんが卒業した高校は飯田線沿線にあり、水窪、佐久間、浦川から静岡県人が電車通学してた、で、その昔本長篠から田口線が設楽町田口まで延びてた、田口線は伊勢湾台風(昭和34年)の壊滅的被害と山間部過疎のため昭和39年廃線、おっかさんは高校時代この田口線を利用、そう、おっかさんは三河山間部に実家がある、そこは飯田線の西側、またゆっくり書くからね、まりちゃん生まれる前の事、幻の田口線⭐️

投稿: おっかさんbell | 2014年9月 1日 (月) 08時21分

★ おっかさま

熱い想い出は今度ゆっくり聴きましょう

投稿: まりりん | 2014年9月 1日 (月) 09時01分

愛知県民の森は私の庭だったなあ~。
おすすめは近くの湯谷温泉だにぃ~
清流でアユのつかみ取りして、その場で塩焼き。
(但し、観光用は簗場に人数分のアユが放流されるらしい)
7時間乗りっぱなしもいいけど、途中下車して美味しい物も食べてね。
飯田から先へは行ったことないから沿線の風景楽しみ
トンネルばかりかも

投稿: ばんび | 2014年9月 1日 (月) 11時41分

ひゃー8時間も乗っていたらお尻も腰も痛くなりそう。
駒ヶ根高原の帰りに飯田線に乗ろうか一瞬だけ思ったけど、
あまりに時間がかかるのでやめた事を思い出した。

投稿: hiro | 2014年9月 1日 (月) 17時12分

佐久間レールパーク 懐かしいなあ〜

知多半島の付け根に住んでいる
harubonですが…

子供がまだ小さい頃に
車で出かけました

約五時間位 かかったかな?

入場券のみで楽しめたのは
今では 考えられないですね!

結局 三時間近くも
遊んでしまいました

その時 気になる写真を見かけて…

鉄道趣味の道に 足を突っ込む
きっかけと なったのです ( ̄▽ ̄)

投稿: harubon | 2014年9月 1日 (月) 19時11分

★ ばんびさん

湯谷温泉、駅前のカンジがチョット気になってたりする 

次回は高速バスで飯田まで行って、そこから飯田線でのんびりと…かなぁ~

飯田から先は景色に変化ナイわよぉぉぉ~~~ん

投稿: まりりん | 2014年9月 1日 (月) 19時50分

★ hiroさん

飯田線、素人が迂闊に手ぇ出したらアカンでぇ~ 

いつも18きっぷで東京~京都間を移動してます。
乗り換えはこまめにありますが、9時間乗りっぱなしです。

もう慣れたッス

※この日記の「ユーラシア大陸横断旅行」で、北京→モスクワ7日間乗りっぱなし旅行もしてますので、それに比べりゃぁ~

投稿: まりりん | 2014年9月 1日 (月) 19時56分

★ harubonさん

愛知県民の食い付きのイイこと 

佐久間まで電車観に行くのなら、途中でキャンプやバーベキューでもしないとMOTTAI-NAIですね

リニア館のほうが観やすいです。
でも、「佐久間まで来たぁ~~っ」という感動(充実感)は名古屋港にはナイですね 

投稿: まりりん | 2014年9月 1日 (月) 20時01分

まりちゃん目線で様々なモノや様子、心ん中で思ったことがたくさん書かれてるね。
フムフム…と読んだよぉ~。(笑)
写真撮るぞぉ~っと意気込んでても
いざ観ていることに夢中になってしまって いつも
「ありゃ?写真そんなに撮ってなかった」
って事がよくあるよ、ワタシ(笑)

投稿: ひめ子 | 2014年9月 1日 (月) 23時24分

★ ひめぽ

いつも「今回の旅はブログに載せよう」と思って出掛けた時は、とにかくいろいろ撮るようにしているよん

でも、このつづきの区間は車内という事もあっていろいろ撮れず…
イイ景色結構あったんだけどなぁ~

投稿: まりりん | 2014年9月 2日 (火) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「今年もやっぱりビール電車!豊橋鉄道」2014~ | トップページ | 旅日記 ~「南アルプス縦断 飯田線2014」その2~ »