« 旅日記 ~「上高地 2014夏」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「帰る途中で、松電カエル」2014~ »

2014年8月11日 (月)

旅日記 ~「上高地 2014夏」その3~

前回「上高地 2014夏・その2」からのつづきーっ!
2年前の「上高地2012」シリーズも併せて読んでねぇ~

さぁ、「明神池(みょうじんいけ)」に行こう

鳥居をくぐり、奥へ進む。

すると、すぐに建物が見えてきた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1301
嘉門次小屋(かもんじごや)」という山小屋(茶店)だ

名物 岩魚の塩焼」のカンバンもある
ココで休憩している人も多い。

少し進んで、小さな橋の上から振り返って小屋を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1302
イイねぇ~~~

手前の部分には囲炉裏(いろり)があり、岩魚(いわな)を焼いている。
そのケムリが屋根から「ほぇ~~」と出て来ているので、チョット幻想的

…んで、この橋の目の前に、今回の目的地「明神池」様がいらっしゃる
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1303
やっと辿り着いたぁ~~~~~~っ♪

明神池は「神社」の一部。
まずは、正面奥にある小さなお社でお参り。
同行の友達が「晴れますよーに」とお願いした。

そのすぐそばに、この神社の解説板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1304
ほうほう。

穂高神社 奥宮(ほたかじんじゃ おくみや)」と言うのか…。

さて、池を観よう

…と思ったら、拝観料を払わないと池に辿り着けナイのね

ココまで来てケチッたら「ただのバカ」なので、左の社務所で300円払って中に入る。

明神池は目の前にあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1305
おぉ、いぇい

本で見たのとおんなじだ♪(笑)

目の前の桟橋のような板の先から振り返ると、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1306
正面の建物は拝観料を払った社務所だ。

みんながそれぞれ記念写真を撮っているので、順番に待つ。 

そして、オラの番になって、板の先端に立ったら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1307
晴れたぁぁぁーーーーーーーっ 

キレイだなや~~~~~~

やっぱ、オラ、晴れ男ね 

晴れたのを見た周りにいた観光客達、「晴れた~」と言ってまた戻って来て撮影しだした

そりゃそうだよねぇ~

晴れているうちに…と、急いで周囲も撮ることにした。

池の左側はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1308
イイね、イイねぇ~~~~♪

ほぼ緑の世界。

そして、左側の岸から右のほうを見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1309
エクセレント

中腰のたかしちゃんが邪魔だが、これがイチバン水面がキレイな1枚だった

左の奥には、もう1つ池がある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1310
明神二之池(みょうじん にのいけ)」と言う。

…ということは、さっきのが「一之池」。

二之池を別のアングルで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1311
コレもなかなか

いやぁ~~、来て良かった
やっぱり、実際に来てみると、本だけで見ているのとは違うね~。

さて、先に進もう。

先ほどの鳥居をくぐって、河原に戻る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1312
水面がまぶすぃぃ~~~~

晴れているのは、ホントにピンポイントでココだけなんだね…。 

ココからは河童橋に向けて、右岸の遊歩道を歩く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1313
キレイだねぇ~~~~♪

標高が高いので、セミの声は聴こえナイ。
そういえば、この辺は小鳥の鳴き声も少ないような…。
(大正池のほうは鳥がたくさん鳴いていた)

白樺の木もオシャレ

歩いていると、「あの植物」がココにも生えているのに気付いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1314
ばどみんとぉぉぉ~~~ん

まるでバドミントンの羽(シャトル)のような、そのお姿。
以前、「尾瀬(おぜ)」に行った時も彼らがいた。

…ってなハナシを、たかし隊員にしていたら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1315
道までも尾瀬っぽくなった(笑)

ココからは湿地帯の上を歩くようだ。

板の道は歩きやすいのだが、尾瀬で眠気から落ちそうになった想い出があるので、あまり好きではナイ。
今日も眠いので、あの悪夢がよみがえる…

途中にがあったので、しゃがんで撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1316
おぉ、いぇい

コレもお気に入りの1枚となった

またしばらく歩いていると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1317
ばみとんとん~~~~~~

シャトルがいっぱいだ(笑)

暗くて写真がブレているので、何か高速で回転しているようにも見える… 

この辺りから、比較的平坦だった歩道が階段になった。

テコテコ歩いていてあまり気にはしていなかったのだが、少しして川の音がしたので足元を見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1318
おぉ何気に登っていたのねーーーーっ

ちょっと登山道チックな雰囲気のエリアだ。
ホテルから普段着のまま来ちゃったファミリーとかは、ちょっとキツそうだ…。

少しして、広い道と合流した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1319
あれ車道だ。

実は、河童橋から明神池の辺りまで、車が通れる道が別にあるのだ。

この道はゲートがあり、関係者しか通ることが出来ナイ(歩行もNG)。
一部分だけ、遊歩道と車道が合わさる区間がある。

写真をよ~く見ると、中央に仕切り線があるでしょ
砂利の質が左右で違っているのが見えるよね~。

眠気と寒気のために、ココでチョットだけ休憩。
風も吹いているのでかなり涼しい…いや、寒いのだ。

後ろから来た登山者達を先に通す。
座っていても寒いので、また歩き出す。

そして、何とか眠気と戦って、河童橋に戻って来た。
時間は9時くらい。

まだ1時間半あるねぇ…。

たかし隊員と相談の結果、眠気と戦いながらも大正池のほうに向かって歩くことに。
前回歩いたコースを逆に進んで、途中の橋で引き返してバスターミナルへ戻る作戦に

テコテコ歩き出す。
天気は完全に曇りになってしまった。
しかも、風が吹き始めている…

歩いてすぐに、小雨が降りだした。
持って来た折り畳み傘を差しながら歩く。

そして、数分歩いたところで…

どっしゃぶりーーーーーーっ

突然、土砂降りの雨になってしまった。
雨雲が速い速度でやって来たっぽい。

急いで、近くにあったトイレの軒下に避難する。 
周りにいた人達も同じようにしている。

カミナリも鳴り出したぞ

カメラとケータイを、濡れないようにバッグの中に袋にくるんで入れてしまう。
軒下も混んできたので、トイレの中に入る。

…何だ、こっちのほうが広くて快適ぢゃん

…少々のニオイを除けばね

10分以上雨宿りしただろうか…。
バスの時間あるので、あまりココに留まってもいられない。

進まねばならない。

一瞬小止みになった瞬間を狙って歩き始める。
歩道は小川状態に

すれ違う、バスで着いたばかりのオジサン観光客達は全身びしょ濡れだ。
傘も持って来なかったのか…。
(山の天気は変わりやすいよ

ハゲしい雨と強風と、池と化した歩道と戦い、何とかバスターミナルまで戻って来た
たった今、バスで着いた観光客達、バスの中から我々のびしょ濡れの姿を見て、笑顔がひきつっている。
えっこんなハズぢゃぁ…」って顔。(笑)

建物の中に避難する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1320
いやぁ~、ホッとした♪

周りのみんなも困って立ち往生している。
本格的登山者達だけ、合羽を着込んで完全装備モードに変身しているっ

外はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1321
これは小止みになった時の状態。

外はチョットした嵐が来る前のようなカンジになっていた。
気温も19℃弱まで下がっている…。

バスの時間が近付いて来た。
指定されたバス停前の場所へ行き、並ぶ。
10分前までに来ていないと乗れナイ場合があるので要注意

他のバスがたくさん走っている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1322
のうひーーーーーーーっ

この緑色のバス(濃飛バス)は、お隣の岐阜県(高山市など)から来ている。

もう、お山の上は見えナイね…。

ほどなく、我々の乗るバスも来た。
整理券の番号順に呼ばれるので、券を見せてバスに乗り込む(座席は自由)。

あ~~、これでもう安心

バスは満席で出発。
途中下車する人もいないので、新島々駅までノンストップで行くそうな。
続行で2号車も走るみたい。
(こちらは途中も停まる)

急坂の釜トンネルを下り、ダムを横切る。
その頃には眠気が襲い、途中から爆睡していた。

気が付いた時には、もう終点間近。

ビックリしたぁ~~~

終点の新島々駅でバスを降りる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1323
あ~~りがとぉぉぉぉ~~~ぅ

電車の発車まで10分チョットあるのだが、とりあえず、みんなに倣って改札前に並ぶ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1324
まだ電車が来ていないなぁ…

たかし隊員と交代で周囲をうろちょろ。

駅の隅っこで、地元の特産品を売っているコーナーがあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1325
ココでおそばわさびを買っちゃった

急に晴れてきた。

…あ、暑い。

30℃は確実に超えているだろう…。
駅前にいる人達は暑そうに日陰に座っている。
だが、今バスから降りた連中だけ湿っている。(笑)

改札前に並びながら、傘やリュックを日なたに置く。
傘は数分で乾いてしまった(笑) 

…お、電車が来たようだ。

改札開始の案内が入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
信州・上高地2014夏その3-1326
みんなで湿った荷物を持ち上げる。

いやぁ~~、今回も楽しかった♪♪

さぁ、松本駅に戻って、おいしい駅そばを食べるわよぉぉぉぉぉ~~~~ん

つづき「松電カエル」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「上高地 2014夏」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「帰る途中で、松電カエル」2014~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

山の天気は変わりやすい とよく聞きますが
間違いなさそうですね

駅のお蕎麦屋さんって
なんであんなにいい匂いするんでしょうね(≧▽≦b)
やっぱり 信州そば?

投稿: ヨメ | 2014年8月11日 (月) 10時52分

上高地いいですね。
カレンダーになりそうな風景がいっぱい。
下界に下りて、湿った人たち。笑ったわ( ´艸`)プププ。
私は8/5~6に上高地よりもっと南ですけど、駒ヶ根高原に行ってました。

投稿: hiro | 2014年8月11日 (月) 11時06分

★ ヨメちゃん

山に行く時は、Tシャツを基本に、ファスナー付きの脱ぎ着しやすい上着をこまめに重ねて調整していくのが基本です

寒さ・暑さ・晴れ・雨…すべてに対応できるようにしておかないと、お山では命に関わるからねぇ~。

松本駅で食べたおそばは、2年前と全く同じ↓コレっす
https://marilyns-room.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/20127-8d04.html

投稿: まりりん | 2014年8月11日 (月) 14時44分

★ hiroさん

やっぱ、夏の高原はイイですよねぇ~~~ 
特に信州エリアはサイコーです

駒ヶ根、東京から行くと電車よりもバスのほうが断然速い&快適&安いので、そろそろバス旅でもしてみようかな…?

…あ、そうだ。
1週間後に駒ヶ根の里を電車(飯田線)で通り抜けるんだった。

投稿: まりりん | 2014年8月11日 (月) 14時48分

まりちゃん

涼しい画をありがたう
ばどみんと~んの羽はシダ類だね。
大体ああいう形してるけど、シャトルに見えるという発想がおもしろ~
梅雨は明けてもシダが生えるところは年中湿っぽいのデス

投稿: あめぶる | 2014年8月11日 (月) 15時26分

★ 師匠ぉ

気温20℃の世界ですからねぇ~

目の前に穂高岳や焼岳があるので、年中雲がつっかえて雨降っているのでしょう…

投稿: まりりん | 2014年8月11日 (月) 15時39分

いつも間一髪で雨を回避してるね(^.^)
明神池、絶対行かなくちゃ!秋はどうかな?

投稿: ばんび | 2014年8月13日 (水) 00時57分

★ ばんびさん

そりゃぁ~、晴れ男ですから

10月くらいまでに行かないと、もう寒いッスよぉぉ~~ん

投稿: まりりん | 2014年8月13日 (水) 10時40分

いい景色やのぉ~。
今度どっかにハイキングしに行きたくなってきたがやぁ~♫

…中腰のお友達はイイ写真撮れたのかな?
あの姿勢ってキツそう。(笑)

投稿: ひめ子 | 2014年8月13日 (水) 17時16分

★ ひめぽ

当たり前だ
「日本のスイス」と呼ばれている地域なんだから…

「がやぁ~」って、アンタ、名古屋の人ね?!

中腰の彼、ずっとあの姿勢ぢゃナイんやでー。
しゃがむ途中に撮ってただけやでー。

投稿: まりりん | 2014年8月13日 (水) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「上高地 2014夏」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「帰る途中で、松電カエル」2014~ »