« 旅日記 ~「冬と言えばおでんしゃ!豊橋鉄道」2014~ | トップページ | 旅日記 ~「せせらぎの街、三島」2014 その4~ »

2014年1月30日 (木)

旅日記 ~「せせらぎの街、三島」2014 その3~

前回「その2」のつづきーっ!)(「その1」はこちら

2014年の年明け早々(1月4日)にJR海道三島(みしま)」駅まで行ってきたぞ
(全7回シリーズでお届けするッス

------------------------

源兵衛川(げんべえがわ)」の遊歩道を歩いてお寺「蓮馨寺(れんけいじ)」にたどり着いた。
お寺の境内を通り抜けると、目の前に駅があるのが見えた。
駅舎は線路の向こう側なので、踏切まで移動。
(結局、地図4へは行かなかった…

踏切から駅を撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するずら)
301
来たーーーーーーーっ

この駅は「三島広小路(みしまひろこうじ)」駅という。
昔、初めて駿豆線に乗った時、最初に停車した駅がココだった。
その時、車窓から見えたホームのカンジがヒジョーに印象的だったので、もう一度来たいと思っていた。
当時はハッキリ見えなかったので、今回はぢっくり観察してやろうぢゃ~ナイか(笑)

まずは、ホーム脇の踏切警報機まわりを観察。
302
シヴいねぇ~~~っ

この汚れ具合が何とも

よく見ると、警報ランプだけ新型の全方向から見える式だ
ホームのはじっこの写真というのは、ジオラマ作りでかなり参考になるのだ
これもいつか、何かのジオラマで再現しよう…

さて、駅前に行こう。

踏切を渡り、右へ曲がると…
(画像をクリックすると拡大するだら)
303
ココが役所…ではなく、駅前

みしまひろこうじ」駅であって、「やくしょこうじ」駅ではナイ。

地方の薬局などのような入り口で、あまり「」というフンイキを醸し出していない。

でも、チョット見る角度を変えると…
(画像をクリックすると拡大するずら)
304
ヘイ!たくしぃ~~~~~っ

タクシー乗り場がある。
やっぱ「駅前」だ

余談だが、いずっぱこのバスやタクシーは、西武バス(観光バス)や西武タクシーと同じ色。
昔の「西武ライオンズ」の色だ
滋賀県の近江(おうみ)鉄道も同じ。
親分の西武鉄道には、この色の電車(4000系)も秩父地方に存在する。

駅前はこんなカンジ。
305
トーカイ・ドゥ

今渡った踏切(写真の道)は、江戸時代からのリアルな「東海道」だそうな。
言われなければまったく気付かナイほど、今はフツーの道。
江戸時代は、ココがメインストリートだったのだろう…

では、駅舎の中に入ろう

改札の前はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するだら)
306
イイねぇ~~~~~♪

思ったよりも広々している。
光の当たり方のマジックのせいか、屋根の下なのにとても明るい

改札機の上を見ると…
(画像をクリックすると拡大するずら)
307
ローカル線のエキス、出まくってるぅぅぅぅ~~~~っ

時刻表を見ると、大体15分に1本来るカンジ。
結構本数多いね

…それにしても、ホームが広い

やはり、あの時車窓から見えたのは間違いなかったようだ。
ちゃんとホームも撮影しよう。

改札機の場所からホームの奥を見ると…
(画像をクリックすると拡大するだら)
308
コレだーーーーーーーーっ

この、アーケード商店街の中のようなフンイキだっ
広い階段と明るい屋根。
「(イイ意味で)駅っぽくナイなぁ~」と思っていた。

コレをジオラマで再現してみたいけど……難しいなぁ~。

いやぁ~、満足
長年のモヤモヤがスッキリした

最後に、ホームの外観(線路周り)を撮影して、次へ移動しよう。

また踏切に戻り、ホームを撮影。
(画像をクリックすると拡大するずら)
309
おフジーーーーっ

ワザと逆光の暗いカンジにしたのは、この位置から奥に富士山が見えるからだ。
今日のおフジもイイカンジ
ありがたや

ホームの対面にあるカンバン類は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するだら)
310
一般的な、私鉄の駅っぽいね。

都心の駅並みに広告があるのは、ちとビックリ
このご時勢に大したモンだ。
やはりこの周囲が「街の中心部(繁華街)」なのかな…?

おっしゃ観光を続けよぉぉぉぉ~~~っ

…っと、その前にぃぃぃぃ

さっき、駅の入口に気になるカンバンがあった。
あまりに気になったので撮影してみた。

まずは、コレ。
311
昭和ビーム全開~~~~っ

今や逆に「アバンギャルト」過ぎるデザインのカンバンだ。
つちくら」の字体もヒジョーに良い

何がイイって、真ん中の「オシャレピア」だろう
う~ん、おしゃれのユートピア

…そっか、地元ではこの東海道のコトを「広小路」と呼んでいるのか。
コレで、駅名に納得

そして最後にイッパツ。
312
モッコリ、新感覚ぅぅぅぅぅ~~~~~っ

名前の由来はナニ

マッコリに何を入れたの?
」は何?「」は?(笑)

…気になる方は、ぜひ三島広小路駅までお越しくだされ

いやぁ~~、楽しかった
さぁ、どんどん先に進も~う

つづき「その4」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「冬と言えばおでんしゃ!豊橋鉄道」2014~ | トップページ | 旅日記 ~「せせらぎの街、三島」2014 その4~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

うまみたっぷり!!厚切りベーコン☆
作ってみるずら‥‥‥

投稿: おっかさん(bell) | 2014年1月30日 (木) 08時59分

★ おっかさま

おぉそこに目が行きましたか。(笑)

厚切りを縦に刺してあるのが魅力的ですな

投稿: まりりん | 2014年1月30日 (木) 09時15分

三島といえばノーエ節。
富士の白雪が三島にそそいで…
三島女郎衆はお化粧が長いんだそうな。

セラビつちくらって?衣料品店なんだね。
あっち系かと思った(*≧m≦*)

投稿: ばんび | 2014年1月30日 (木) 22時35分

★ ばんびさん

おそらく衣料品店でしょう。

・・・おそらく。

投稿: まりりん | 2014年1月31日 (金) 09時27分

いずっぱこだ~~ッ!!
私はこの路線はあんまり利用しないので
駅前通っても完全スルーでした
こうして見てみると結構昭和色強いですね~
やくしょこうじ駅・・・(*^ー゚)bナイスリアクショ~ン!!
そうそう、広小路は三島一番の繁華街よ!
大社までの道のりもわりと最近歩道が整備されて綺麗になりました。
軍需工場のあった沼津は戦争でB29の空襲にあいましたが
三島は無事だったのでクネクネ道が残っていて
路地裏とか入り込むと思わぬところに石碑を発見したり楽しいです。
三島広小路名物モッコリ・・・
私はしらにゃーズラよ

投稿: mitsumiya | 2014年1月31日 (金) 10時23分

★ 壇mitsumiyaさん

さすが、戦時中のことをよく覚えていらっしゃる。
実際に体験した記憶って、忘れないですよね。

モッコリ、知らにゃーズラか…

投稿: まりりん | 2014年1月31日 (金) 11時42分

源兵衛川の遊歩道から一変して また違った楽しみ方してるね♪
ホームの広い階段が印象的。
富士山いつか見に行こう♪

投稿: ひめ子 | 2014年2月 2日 (日) 07時22分

★ ひめぽ

伊豆周辺はお楽しみスポットがたくさんあるけん、早ぉ遊びに来んさい

投稿: まりりん | 2014年2月 2日 (日) 12時32分

こんにちは!

ふふふふふふ(^_^)

実は三年以上三島市民だったことがあるんだ!

でも伊豆箱根鉄道には乗ったことなかったかも・・・

ほぼ移動は車でしたし・・・

三島で一番覚えてるのは新聞販売店が一ヶ所しかなく、どの新聞とるのもそこにお願い(需要と供給バランスの逆転で需要側がお願いするハメに・・・)しなくてはならなかったので、契約時におまけが付くなんて話がまったく無かったことかなぁ。。。

投稿: ぐん太郎 | 2014年2月 2日 (日) 12時37分

★ ぐん様

おぉこれまた意外っ

何気に、三島に関連ある方って多いんですねぇ~

新聞屋さんのおハナシは貴重な地元ネタですね

このあとのつづきも読んでくださいねぇ~

投稿: まりりん | 2014年2月 2日 (日) 15時41分

私は父の転勤のおかげて小学生のときに三島に引越し、大学も新幹線で東京へ通学。
三島を離れた今でもたまに旧友に会いに三島に行き、飲んだくれています
それにしても、三島や沼津は寂しくなりましたよ。
郊外のショッピングセンターや、あげくは御殿場プレミアム・アウトレットに客を取られて。。。
数年前に、伊豆箱根の電車がワンマンカーになったのはショックでした…

投稿: Haku | 2014年2月 6日 (木) 00時52分

★ Hakuさん

ワンマン化はこの時代、どこも避けられない問題でしょうね…。

アウトレットだって、20年後には車を運転する人が減って…
なんて事がないとも限りません。
諸行無常です。

投稿: まりりん | 2014年2月 6日 (木) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「冬と言えばおでんしゃ!豊橋鉄道」2014~ | トップページ | 旅日記 ~「せせらぎの街、三島」2014 その4~ »