« …と、鳥もつ煮味だとぉ~~~~ぅ!! | トップページ | 旅日記 ~「せせらぎの街、三島」2014 その2~ »

2014年1月20日 (月)

旅日記 ~「せせらぎの街、三島」2014 その1~

2013年の年末に突然「青春18きっぷ」が手元にやって来たので、年明け早々(1月4日)にJR東海道線「三島(みしま)」駅まで行ってきたぞ
全7回シリーズでお届けするッス

今回は「三島の街をリスペクト」というプラン。
以前、あるマダムのブログを見て以来、気になっていたのだぁ~よ

2日前に行った甲府(こうふ)の時と同様、のんびり起きてからモッサリしていたら、昼近くになってしまった。
またもや出掛けようか躊躇したものの、天気が超~良かったのと、「明日は寒いよ」と天気予報で騒いでいたので決行

11:45に、「新宿(しんじゅく)」駅から湘南新宿ライン海道へ。
列車の行き先の都合上、3回乗り換えた。

14:15三島駅に到着。
101
ミッシーーーーーマ

年に何回も18きっぷで大阪まで行っていると、三島など「ほんの玄関先」に過ぎない。(笑)
オラにとっての玄関は「熱海(あたみ)」駅だ。
ちなみに、東京から熱海までがJR東日本熱海から米原(まいばら)までがJR東海だ。

なんとか14時台に到着出来た
新幹線様なら、東京駅から55分で着くのだが。
日没までには間に合いそうだ

ホームに降りて、早速撮影。

JRのホームの隣には、私鉄の「伊豆箱根鉄道」のホームがある。
(画像をクリックすると拡大するだら)
102
いずっぱこーーーーーっ

この私鉄、通称「いずっぱこ」と呼ばれている。
この「駿豆(すんず)」線と、「小田原(おだわら)」駅から伸びている「大雄山(だいゆうざん)線」の2路線がある。

写真に写っている車両(1300系)は、西武鉄からのおさがり。
いずっぱこは西武の子会社なので、昔から中古車両も走っているのだ。
この電車は最近やって来たモノ。
今でも、仲間が本家(西武多摩川線など)で走っているよん

駿豆線は、温泉で有名な「修善寺(しゅぜんじ)」駅まで伸びている。
なので、東京駅から特急「踊り子」号が乗り入れている。

そんなワケなので…
(画像をクリックすると拡大するずら)
103
JRのホームの途中から、いずっぱこにレールが分岐している。

ポイントのある部分だけ、ホームがぐんにょり曲がっているのが面白い
(列車がポイントで曲がった時に、車体が当たらないようにワザと凹ませているのだ)

さぁ、改札を出よう

階段を下りて地下通路を通り、駅舎への階段を上がると…。
(画像をクリックすると拡大するだら)
104
いずっぱことの乗り換え改札が現れる。

なかなかシヴい雰囲気を醸し出していたので、思わず1枚撮った次第
JRの改札口は背中側にあるので、くるりと向きを変えて歩こう。

改札を出たら、目の前に立ち食いそば屋さんがあったので、遅めの昼食を摂ることにした。
腹減ったまま歩き回れナイからね

メニューを見たら「あおさとしらすそば 」なるナイスなモノがあったので、迷わず注文
かけそばに、ただ「あおさ」と「しらす」が載っただけのシンプルなものだが、なかなかどーして
磯の香りが漂う、あっさりとした逸品だった。

駅舎を出る。
(画像をクリックすると拡大するずら)
105
キレイだね~♪

つい最近まで工事をしていた。
去年、乗換えで時間があったときにトイレに行こうとしたら、工事中でゴチャゴチャしていたのを思い出す。

JRの駅舎の左隣に、いずっぱこの駅舎もある。
(画像をクリックすると拡大するだら)
106
パッと見、駅前のお土産屋さんのようにも見える。

こちらの改札口も覗いてみた。
(画像をクリックすると拡大するずら)
107
イイねぇ~~♪

シヴいホームに一昔前の電車。
その前に立つ女子グループ。
これから温泉にでも行くのだろうか?
それとも地元の娘たちだろうか?

なんか画になるね

ちなみに、この電車(3000系)はいずっぱこが1979年に作ったオリジナル。
登場当時は、私鉄の中でもカッチョエェ電車だった

足回りなどの部品は、親分の西武鉄道と同じモノが多い。
なので、走り出すと西武線と同じ音がする。
静岡まで来たのに、ウチに帰ったみたいだ(笑)

さて、街を観光しよう

いずっぱこの駅舎の前に、おされな観光案内所がある。
そこで地図をGET

地図にはオススメ観光ルートが書いてあった。
(画像をクリックすると拡大するだら)
108
ピンクのルート番号順に歩けばOKのようだ。

一応、前日にネットでも調べておいたのだが、やはりコレが「初心者基本コース」のようだ(笑)
おとなしく案内に従おうっと

それにしても、三島の観光案内は、サイトも含めてヒジョーに解りやすい♪
観光に、相当力を入れていると感じ取れる。

早速、地図を片手に駅前に出る。
日陰は寒いけど、まぁまぁの気温だ。

では、スタート

地図では「楽寿園」という庭園を抜けていくのだが、わずか数分しか通らないのに入場料を払うのはMOTTAI-NAI
…ってなワケで、庭園に入らずに、駅左前にある「愛染坂」を下って15経由で3まで迂回することに。
この坂は、駅前商店街になっていて、人通りも多い。

地図の距離感が掴めずに、最初は軽く戸惑ったけど、15まで来た時にほぼ把握
…なんだ、意外と近いぞ。
思っていたよりも楽に回れそうだ

15の角を右に曲がると、「小浜のみち(おばまのみち)」という所に出る。
109
オバーーーマっ

どこかのお偉いさんみたいな名前だが、いたってフツーの裏道だ。

道はこんなカンジ。
110
路面はきれいにタイルで舗装されている。

左側の中ほどに木があるね~。
ココが3の場所らしい。

ココからが、今回の観光のイチバンの見所だ♪

では、左に曲がって進んでみよ~~~う

つづき「その2」はこちらーっ!

|

« …と、鳥もつ煮味だとぉ~~~~ぅ!! | トップページ | 旅日記 ~「せせらぎの街、三島」2014 その2~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

三島~~っ!
東京からの最終こだまが三島止まりって昔の話?

伊豆・熱海方面はよく出かけましたが、、
三島は1回しか行ったことないです。
美味しいおまんぢう屋さんがあったんだけど
すでに忘却の彼方。。。。
三島シリーズで甦るかなあ?
駅前こんなにおされじゃなかった…。

投稿: ばんび | 2014年1月20日 (月) 07時50分

★ ばんびさん

上りも下りも最終は三島止まりなのさぁ~~

まんぢうは……日記に出てこない。

投稿: まりりん | 2014年1月20日 (月) 11時23分

おお~始まりましたね、三島シリーズッ!!
・・・またいいところで終ってるし~~
普段見慣れていてなんとも思いませんでしたが
なかなかどうして
イイカンジに写ってますね
ムフフ、期待しておりますよッ!!o(*^▽^*)o
有閑マダ~ムより

投稿: mitsumiya | 2014年1月20日 (月) 13時21分

★ 夕刊まだ~ム

マダ~ムの日記を読んで以来、すっかり引き寄せられてしまっていましたわん

地元のお目目に笑われないようにがむばりまっす

投稿: まりりん | 2014年1月20日 (月) 13時52分

コメント書いてたら途中できえちゃいましたので、簡単に書き直します。
三島は我が故郷で、高校通学に「いずっぱこ」使ったし、東京の大学も三島駅まで「いずっぱこ」に乗り新幹線乗換で東京まで通ってましたよ。
昔は広小路から本町までの商店街が賑やかだったんだけど、今や飲み屋ばっかり。
修善寺乗り入れの踊り子は減ったし、普通列車も熱海止まりや伊東線乗り入れが増え丹那トンネル潜らなくなって、寂しい限りです。。。

投稿: Haku | 2014年1月21日 (火) 00時30分

★ Hakuさん

…そういえば、大学の時に三島から通っている後輩がいて、「三島くん」と呼んでいましたよ。
本人もニコニコしていたので、「三島くん」というあだ名を気に入ってたみたいです
急に思い出しました

投稿: まりりん | 2014年1月21日 (火) 00時51分

日記の途中で三島のサイトも見てみたんだけど。
いろいろとお散歩ルートがあるみたいだね♪
確かに行ってみたくなる♪

・・・確かこの日、仕事にも行けず寝込んでたよ、ワタシ
(笑)

投稿: ひめ子 | 2014年1月22日 (水) 22時55分

★ 眠りひめぽ

三島のお散歩ルートは、いくつか制覇してみたい
イイ街見つけちゃった

投稿: まりりん | 2014年1月23日 (木) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« …と、鳥もつ煮味だとぉ~~~~ぅ!! | トップページ | 旅日記 ~「せせらぎの街、三島」2014 その2~ »