« 旅日記 ~「神戸ポートタワー」2013秋~ | トップページ | 旅日記 ~「お城と機関車。甲府駅」2014新春~ »

2014年1月 9日 (木)

プチ旅日記 ~「閲覧注意!!目黒寄生虫館」2013~

 お食事前の方は読まナイよーに!  

2013年12月中旬、東京観光のガイド役を任命された時に、東京・目黒の「目黒寄生虫館」に行ってきたぞ

このキミョーな名前の博物館、ひっそりと佇んでいる割にはかなり有名なのである。
かなり昔、「タモリ倶楽部」などで紹介されて以来、静かなブームがず~っと続いている。

…ってなワケで、「東京に行ったら目黒に行きたいっ」とリクエストがあった次第。
オラも、実は行くのは初めてだったりする

午前中から美術館を見学し、高尚な気分になっていたところに、続けてココへ移動。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・目黒寄生虫館2013-801
ついに来たーーーーーーっ

伝説の博物館

わくわく♪

この博物館、場所的にはJR山手線目黒(めぐろ)」駅から徒歩15分くらいの所にある。
権之助坂を下り、川を渡り、山手通りを越えたすぐ先の目黒通り沿い。

鉄ちゃん」に解り易く言えば「カツミ模型店から徒歩2分」だ。

今まで散々カツミ模型店に通っていたのに、ナゼ気付かなかった
それだけ「鉄道の事しか考えていなかった」というコトか…。

博物館は、フツーのオフィスビルっぽい建物の一部分だけのようだ。
東京・目黒寄生虫館2013-802
思っていたよりも、かなり小さい…。

まぁ、そんなに大々的に寄生虫見させられても…ね。

早速中に入る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・目黒寄生虫館2013-803
中はキレイでサッパリしている。

入場料は無料
その代わりに「募金箱」が置いてあり、自分の好きな金額を入れるシステム。
強制ではナイので、払わなくても問題はナイ。

写真を見てもお判りのように、若いカップルがヒジョーに多い。
何気に「隠れたデートコース」なっているのだぁ~よ

中は広くナイので、ドアを開けて中に入ると、目の前にイキナリ寄生虫様達が展示されている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・目黒寄生虫館2013-804
ひえええぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~~っ

個別のアップ写真は載せナイのでご安心を
オラだって何度も見たくナイ。

館内は写真撮影OK 
ただし、他のお客さんの顔やおみやげ品のTシャツの柄などは撮影禁止
(ボカシなどの処理をすればブログなどに載せて良し)

同行の女性達も「ひえええぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~~っ」と唸りまくり
(大声で騒いだりキャーキャー叫ぶのも禁止)
…だが、目はランランと輝いている。(笑)

展示物はたったコレだけか?と思ったら、2階へと続く階段が…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・目黒寄生虫館2013-805
…登るのがコワイ。

階段脇にも、さりげな~く「ひぇぇぇ~」なモノが展示されている。
気を抜くことは出来ナイ。(笑)

2階はパネル展示がメインのようだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・目黒寄生虫館2013-806
…それにしても女性が多い

意外な光景だ。

今立っている右側の壁には、トンでもナイものが多数展示されていて、とても写真に撮ってココに載せるワケにはいかない。
…ってか、撮ってすらいない。撮りたくもナイ。(笑)

奥の窓側はおみやげ売り場。
Tシャツぶら下がってるね。
その他にもいろいろなグッズもある。
中にはカワイイものもあるので、ぜひぜひ覗いてみよう
(職員さんも小柄でカワイイ女性だった

とりあえず、パネル展示の一部分をご紹介。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東京・目黒寄生虫館2013-807
写真や標本は「ひえぇぇぇぇ~~っ」だが、解説文はヒジョーに為になる。

生の刺身は、1日以上冷凍すると寄生虫が死ぬが、酢で締めても死なない」など。
生食に対しての予防知識が、う~んと深まる

さぁこの博物館最大のみどころ

人の体内で発見された、最長のサナダムシ様のご登場だっ
東京・目黒寄生虫館2013-808
ながーーーーーーーーーーーーーいっ

青色の部分の左上にある印の中が、サクラマスの体内に潜んでいる幼虫の状態。
これが人の腸内で育ったのが、白い帯状のモノだ。
体長は、なんと8.8m

左上のの下にあるが頭で、右中央の終端部がお尻。
サナダムシ、正式には「日本海裂頭条虫(にほんかいれっとうじょうちゅう)」と言うそうな。

なんかヒモみたいだなぁ~」と思っていたら、左横に同じような太さの8.8mのヒモが置いてあった。
みんなでヒモを伸ばしてみた。

コレが腸内にいたのか…

皆の思いは一緒だった。(笑)

では、そのサナダさんをアップで見てみよう。
東京・目黒寄生虫館2013-809
…伸び切ったゴムひも

なんか、「生き物」というよりは「ゴムひも」に近い。
コレに限っては、気味悪さは感じなかった。
1年くらい穿いたスウェットパンツからも、こんなの出てくるっしょ

いやぁ~~、堪能した♪

昔、美女をココに誘ったんだけど、即答で「イヤっ」と言われた。
そのチャンスを逃したおかげで、今まで来なかった次第。
…何だよ、美女いっぱい来てんぢゃん(笑)

みんなでおみやげを買ったり、募金箱に募金して博物館を出る。
楽しかったねぇ~

あぁ、お腹すいた
もうお昼だし、なんか食べようよ(笑)

…当然、刺身は食べなかったのは言うまでもナイ。
肉うどん食べたよー)

みなさんも、ぜひぜひ行ってみてくだされ

公式サイトこちらをクリック
こちらはホントに虫が写っているので、閲覧には心のお準備を…

|

« 旅日記 ~「神戸ポートタワー」2013秋~ | トップページ | 旅日記 ~「お城と機関車。甲府駅」2014新春~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅と鉄道(03関東)」カテゴリの記事

コメント

 目を背けることはできないよね。
案内しろって言われて断らなかったから偉いなあ
想像してたよりもきれいで、明るいのね。
昔読んだ本の写真はもっと小規模で、おじさんが細々とやってる感じでした。目黒通りのきれいなビルに引っ越ししたんだね。

投稿: ばんび | 2014年1月 9日 (木) 00時30分

★ ばんびさん

伝説の博物館、行ってみたかったッスからねぇ~

館内のキレイさにもビックリしました

投稿: まりりん | 2014年1月 9日 (木) 08時46分

東京ガイド、寄生虫の謎が解けたぞ!
粋なコース⭐、知らないまま冥途へ行くとこだったさ、
知り合いが着ていた大きなサナダムシがプリントされたTシャツの謎
も解けたのだわさ。

投稿: おっかさん | 2014年1月 9日 (木) 09時05分

★ おっかさま

東京はナゾだらけなのだ……

投稿: まりりん | 2014年1月 9日 (木) 09時47分

お昼ごはんの前に覗いたので、急いで閉じて、出直して来ました~
日本の首都だから、こういうのもあるんだ…と、感心しちゃいました
どっきりびっくりですね~。
でも、まあ、本物は見なくても良いかぁ

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2014年1月 9日 (木) 17時18分

★ ジャネぽこさん

まぁ、人生で一度観ればOKなのでゎ…?

投稿: まりりん | 2014年1月 9日 (木) 20時05分

おほほほー行ったことありますよーこういうのって、意外と好きです女子は好きかもよ^^なんか、ダイエットに寄生虫をーってのもあるようです。私は遠慮ですがねでも、すごい、案内で思いつかない発想ですね

原生動物の展示しているとこも、なかなかよかったよ・・・どこかわすれたけど・・。

投稿: すー | 2014年1月 9日 (木) 23時25分

★ すーたん

ほぉ~、すーたんもお好きですかぁ。

ダイエットのハナシは、スーパーモデルなどでよく聞くねぇ~。

それにしても、すーたんは大抵の所は行ってるような…?
やっぱ、ナニモノ??!!

投稿: まりりん | 2014年1月10日 (金) 08時42分

以前にね。
仕事帰りにいつも利用しているスーパーで買い物してたんだ。
何気にサーモンの切り身に目が停まったの。
何故かとっても気になって立ち止まってしまった
しばらく切り身を眺めてたら・・・。
「にょろりん♪」っと見た事のない生物が。
「ひゃぁ~~~~!!」っと心ん中で叫び、近くにいた店員さんに聞いてみたら にょろりん♪の正体は寄生虫だったんだ。
ちょっとびっくりした
やっぱりしばらくの間、魚は買えなかった

博物館の展示コーナー。
小学校の理科室を思い出しちゃった
寄生虫様でなくて カエルのホルマリン漬けだけど。

投稿: にょろりん♪ひめ子 | 2014年1月12日 (日) 00時01分

★ にょろぽ

焼さんま食べてる時に内臓を見ると、大抵はいらっしゃるよ
でも焼かれているので生きてはいないが…

刺身は、一度冷凍されたものを買うようにしませう。
生サーモン(ます)とかがイチバンヤヴァそう…。
イカ・タコは特に要注意。
ボイルされたものを刺身で食べようね

この博物館、かなりお勉強になったぞ

投稿: まりりん | 2014年1月12日 (日) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「神戸ポートタワー」2013秋~ | トップページ | 旅日記 ~「お城と機関車。甲府駅」2014新春~ »