« 旅日記 ~「紅葉の嵐山で、はんなり♪……それは無理な相談だ」2013秋~ | トップページ | 海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その55:リスボア~ »

2013年12月 2日 (月)

旅日記 ~「明石といえば“たまご焼き”やでぇ~♪」2013~

2013年11月下旬、関西へ遊びに行ったときのおハナシぃ~

今回は、京都(嵐山の紅葉)のあまりの混雑に撃沈したので、こちらでリベンジを…

大阪駅からJRの新快速電車で、ぺろ~~んと西へ移動。
兵庫県の「明石(あかし)」へ行くことにした。

神戸を通り過ぎ、列車は海岸線沿いを走る。

ほどなく、こんなモノが見えてきた。
(画像をクリックすると拡大するで~)
101
吊ってるぅぅぅぅ~~~~っ

明石海峡大橋」だ

なんか、コレを見ると四国をイメージする
目の前は「淡路島(あわじしま)」だ。

ほどなく、列車は明石駅に到着。
(画像をクリックすると拡大するで~)
102
大阪から45分くらいやでぇ~

この明石駅、JRのほかにも山陽電鉄が乗り入れている。
(画像をクリックすると拡大するで~)
103
こんなカンジで駅のホームは並んでいる(手前が山陽電車)。

奥になんか高い建物が見えるねぇ~

アップで見てみよう。
104
しごせーーーーーーーーん

…そう、この建物こそ、「日本標準時」の中心だ
ココが日本の時間の基準点(子午線)。
根室だろうが与那国島だろうが、時間はこの建物のに揃えられている。

建物の中は見学が出来るぞ

山陽電車はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するで~)
105
4~6両編成の、比較的ローカルなフンイキの私鉄だ。

神戸姫路間を走っている。
線路自体は京都奈良・名古屋までつながっているので、JRに乗らなくても相当な距離を私鉄だけで移動できる
(「豊橋~姫路」間を私鉄だけで移動できる。コレってスゴくナイ

明石に来た証に、コレも撮っておいた。
106
あかし」になったでしょ

駅前はこんなカンジ。
107
結構栄えている

では、早速駅前に出よう

明石に来た目的は、この商店街にある。
(画像をクリックすると拡大するで~)
108
うおんたなぁ~~~~~~っ

ココは「魚の棚商店街」という。
読み方は「うおたな」。
うおたな」ではナイのでご注意を
アーケードの天井にも「UONTANA」と書いてあるよね

商店街は駅前にあるので、すぐ判る

この商店街に入って、数十メートルのところに、目的のお店がある。
(画像をクリックすると拡大するで~)
109
たこいそーーーーーっ

店の名前は「たこ磯」。
カンバンに「甘党」と書いてあるが、名物は塩味の「玉子焼」だ
ご覧のとおり、この店だけ行列が出来る有名店だ
(時間をズラせば、並ばずにすぐ入れる)

玉子焼」、日本全国では「明石焼き」と呼ばれる。
カンタンに言えば、タコ焼きの小麦粉を卵多めにしたものだ。
ソースではなく、ダシ汁につけて食べる。

店内はこんなカンジ。
110
それほど広くはナイので、昼時は行列が出来る。

座席は見える範囲ですべてだ

メニューはコレ。
111
甘党」と名打っているので、一応、甘味はある。

でも、メインはやっぱ「玉子焼」だ

このお店は、玉子焼きの中身が「タコ」だけではなく「あなご」もあるのが特長
(明石は、タコだけでなくアナゴも名物だ
タコとあなごの両方が入った「ミックス」もあるが、それぞれの味をぢっくり味わうために、ココは別々に頼むのがベスト。
(以前食べた時にそう思った…

なので、タコ(玉子焼)とあなご(玉子焼(あなご))を1人前ずつ頼んだ。

店内では忙しそうに手際よく焼いている。
いつ来ても忙しそうだ

ほどなくやって来た
(画像をクリックすると拡大するで~)
112
来たーーーーーーっ

手前のオレンジ色の板に載っているのがリッチな「あなご」、奥が基本の「タコ」だ
横のダシ汁に万能ネギを入れて、それに浸けて食べる。

玉子焼をアップで
113
めっちゃ美味そ~~~~~~う♪

食感的には、タコ焼きよりもフワフワ・トロトロで柔らかい。
玉子焼」という名前がイメージするよりも卵の味は薄い。
ダシ汁がよく合う

横にソースも置いてあったので、試しに1個塗って食べてみたら、大阪のと同じ「たこ焼き」味になってしまった…。
やっぱ、ダシ汁に浸けて食べるのが「正統派」かと

特に、あなごはダシ汁でナイとアカーーーーン
(ソースに味が負けてしまう)
あなごは、鼻を通り抜ける「香り」を楽しむべし

昔、うおんたな商店街に来た時に、有名店とは知らずに入って以来、すっかりお気に入り
明石(というか関西に)へ行った際は、ぜひココまで足を伸ばしていただきたい
神戸から新快速電車で15分やで~

この商店街のあちこちで売っている「タコの柔らか煮」も激ウマ(特にイイダコ)なので、コレも逃さずGETしてチョーダイ
(帰りの新幹線でのお楽しみやで~

ほな、またぁ~

つづきはこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「紅葉の嵐山で、はんなり♪……それは無理な相談だ」2013秋~ | トップページ | 海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その55:リスボア~ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅と鉄道(07関西)」カテゴリの記事

コメント

明石海峡大橋を高速バスで何度渡ったことか・・
もう行く用事無くなったけど。
明石焼きという名前のを食べましたが、犬舌なので熱いものが苦手。
丸のまま放りこんでやけどしちゃった><
ダシ汁にっていうのが好きなんですけどね。
焼きアナゴいいなあ~。

投稿: ばんび | 2013年12月 2日 (月) 08時52分

★ ばんびさん

コレも2個目までは熱々で、ヤケドしそうでした…
(少し冷ました)

ぜひ魚の棚商店街へ

投稿: まりりん | 2013年12月 2日 (月) 10時57分

まあ、なんと美味しそうなこと
ふわふわの玉子焼が並んでいる写真を見たら、
前の電車の写真は吹っ飛んじゃいました
今、うどんを食べた後だけど、目の前に出されたら食べますぞ~

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2013年12月 2日 (月) 13時00分

★ ジャネぽこさん

今回は「玉子焼」がメインですからねぇ~

ぜひぜひ食べてみてくださぁ~~~い

投稿: まりりん | 2013年12月 2日 (月) 14時55分

明石焼きが玉子焼きって呼ばれてること、知らなかったんだよね
あの木皿も工夫されてておもしろいね♪

た・・・たまご・・・

投稿: ひめ子 | 2013年12月 3日 (火) 20時48分

★ ひめぽ

「チーズドッグ」が全国の縁日で「原宿ドッグ」と呼ばれているのと同じだね。

木皿、おそらく取りやすい(崩れない)ように斜めにしてあるっぽい。
「コロコロころがして、ポチャンとダシに入れろ」というコトかな?! 

ダシに入れたアツアツ玉子焼きは、3秒以内に食べましょう。

投稿: まりりん | 2013年12月 4日 (水) 10時16分

まりりんさま
豊橋に親戚が有るのですが、姫路まで私鉄で行けるとは全く知りませんでした。

明石 子午線も見たいし勿論 明石焼き(卵焼き)とても食べてみたい。
越後新潟から京都までは何となく近く感じますが神戸を超えると
とても遠く感じてしまいます。(年取った証し明石?)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年12月 4日 (水) 14時42分

★ 輝ジィ~ジさん

名鉄~近鉄~阪神~山陽の私鉄を乗り継ぐと、豊橋から姫路(網干)まで行けます

京都から明石までは、JRの「新快速」に乗れば1時間ちょっとで到着してしまいます。
関西圏の電車は速くて快適で便利なので、うらやましいです…
(関東は「安い」だけ~

初めていく場所は遠く感じますが、2・3回行くと案外近く感じることでしょう。
(むしろ新潟~京都のほうが遠いですよ

ぜひお出掛けしてみてください

投稿: まりりん | 2013年12月 4日 (水) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「紅葉の嵐山で、はんなり♪……それは無理な相談だ」2013秋~ | トップページ | 海外鉄旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その55:リスボア~ »