« グルメ日記 ~「日清:どん兵衛きつねうどん・東北対決」2013冬~ | トップページ | 実物日記 ~「みちのくのレッドトレイン 1986」~ »

2013年11月 7日 (木)

プチ旅日記 ~「昔はキケンな駅でした。東武浅草駅」2013~

東京から栃木県の「日光(にっこう)」や群馬県の「赤城(あかぎ)」等へ行くには、東武線を利用するのが一般的だ。

東武線は東京の下町「浅草(あさくさ)」から出ている。
(画像をクリックすると広(しろ)がるぜぃ!てやんでぃ!!)
東武・浅草駅2013-1301
駅は、有名な「雷門(かみなりもん)」のすぐそばにある。

地下鉄の駅も、道路の下に2つ(東京メトロ都営)ある。
東武線は地上だ。

東武浅草駅、ホームは何とデパートの中にあるのだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1302
松屋浅草」デパートの2階(高さ的には3階)部分の、半円形の窓の所がホームになっている。

歴史は相当古く、出来た当時(昭和ヒトケタ)はとてもハイカラな駅だったそうな。
昔の東京の中心は、この浅草~上野周辺だった。
(新宿にはまだ何も無かった)

この駅前の右(東)側は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1303
Oh!アサク~~~サ

とうきょうスカイツリー」「隅田川」「アサヒビール本社ビル」の三大ランドマークがいっぺんに見られる
余談だが、目の前の金色のオブジェは「聖火台の炎」だ。
全ての人々が「う●こビル」と呼ぶが、違うのだ。
(ナゼ、炎を赤色にしなかったのか…←消防法の規制だそうな)

隣の金色ビルは、ビールジョッキを模している。
屋上の泡々がナイスデザイン
左端の建物は「水上バス」乗り場。
レインボーブリッジ周辺まで船に乗れる

さて、浅草駅に入ろう

建物の正面(1枚目の写真の面ね)から中に入ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1304
このように、改札へとつづく階段が目の前に現れる。

少し前までは「東武伊勢崎(いせさき)」と言っていたのだが、スカイツリーの開業により「東武スカイツリーライン」と呼び名が変わった。
(何でもカタカナ名にすればいいってもんぢゃないと思うが…
これは「俗称」で、(法記上の)正式名称は「伊勢崎線」のままかもしれない。

スカイツリーのおかげで、だいぶおされな雰囲気になったね
昔は、東武と京成は「関東で最もダサい私鉄」と笑われていた。
ハッキリ言って、車両も設備も職員も「イナカ臭かった」のだ。
どちらも今は、そんな雰囲気は一切無い。

…んで、この階段を上がると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1305
目の前に改札がある。

スペースの関係上、切符売り場は1階にあるので、ご利用の際にはご注意を

改札と階段の右側には、ホームと線路がある。
この番線(1番線)だけ、奥まで飛び出しているのだ。

左側は、売店やカフェ等がある。
デパートの上階へ行くエレベーター等のスペースもあり、広さは無い。

改札の中へ入ると、目の前にまっすぐなホームがある。
ホームは3つで線路が4本、1~5番線がある(4・5番線は同じ線路の両側)。
1番線が8両編成まで、2~5番線は6両編成まで停まれる。

ホームの奥(先端)側から改札側を見ると、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1306
ごく普通の構造だね。

だが、この浅草駅、実はとんでもなく危険な駅なのだぁ~よ。

…何がキケンって

ほれ、このとおり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1307
ホームの先端部分が急カーブになっているのだ。

デパートの建物を出たら、すぐに90度近く曲がって隅田川を横断するために、こんな配線になっている。

手前の1番線に電車が入って来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1308
いちばん前のドアが柱の部分に掛かっていて、ホームが超狭い。

これは6両編成の電車の場合だ。
昔は、ラッシュ時のみ8両編成の電車もやって来ていた。
すると、この先のカーブしている部分まで電車が停まる訳で…

判りにくいので、2番線の電車を見ていただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1309
スキマーーーーーーーーーーーっ

ご覧のように、カーブに差し掛かった部分は、車両とホームの間に大きな隙間が発生する。
しかも、デパートの柱(エレベータやエスカレータ)の関係で、ホームの通路が「無い」場所もある。

どうだい?か~な~りキケンだろう

以前は、このカーブ部分のホームも使用していた(1番線はドア締め切り)。

現在は、先頭の2両のドアを締め切って、カーブ部分のホームは立ち入り禁止にしている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1310
そう、つまり、直線部分は4両分(1番線は6両分)しか無いのだ~よ。

この写真の部分がいちばん狭く、当時の乗客達もここは歩くのを避けていた。
車内を歩いたほうが、はるかに安全だったから。

直線部分とカーブ部分の境目に停まった車両の間は、これだけズレている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1311
まるで鉄道模型の駅のようだ。

さらにキケンなのは、先頭部分だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1312
ホーム狭っっっっ

1人立つのがやっとだ。
当然、ここに人がいたら電車は緊急停止する。
さすがに、鉄道マニアだった学生時代のオラも、ここに立つようなバカな事はしなかった。

お隣のホーム(3・4番線)はカーブ部分も立ち入り禁止にはなっていない。
何故かというと、こちらは特急などの専用ホームになっているからだ。
ドアの少ない車両ばかりなので、別の方法で安全対策をとっている。

その方法とは…
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1313
ふみだぁーーーーーーーい

車両とホームの間に「踏み台」を置いて対応しているのだ。

踏み台の裏側は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1314
(2015年9月撮影)
軽量かつ頑丈そうだ

さらに、ホームにはが設置されている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1315
スゲーーー隙間っ

昔は、こんな立派な柵は無かったと思う。
このホームにも、朝ラッシュ等では通勤電車も停まっていた。

ホームの下、砂利との間の部分に黒い板のようなモノが見えるでしょ。
これは、万一転落した時に緊急信号を出すための、安全装置。
昔の自動ドアのマット(スイッチ)のようなものだ。
正式名称は知らない。
まさか「スキマスイッチ」って言うわけないよなぁ~。

3番線は車両の中央部に隙間が出来る。
逆に、4番線は車両の両端部に隙間が出来る。

ほれ、このとおり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1316
…こちらのほうがかなりキケンでしょ

そのせいか、4番線側のドアは開いていなかった。
5番線側で乗り降りしているようだ。

3番線の、直線とカーブ部分の境目も撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1317
スゲーーーーーーーーっ

どんだけ車両ズレとんねん

逆向きから見ると、このとーり。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1318
(2015年9月撮影)
これでも脱線していないぞ。

この浅草駅を計画した当時(昭和初期)は、4両編成でも充分だったのだろう。
それが、戦後の高度経済成長で車両を増やさねばならなくなったが、すぐに隅田川を渡る関係上、ホームを伸ばすことが簡単には出来なかった。
デパートの中」というのも災いした。
何とか伸ばした結果、6両編成がやっとの状態。
1番線だけ8両編成が停まれるも、列車のダイヤを組むには制限が多過ぎる。
車両も、2両分ドアが締め切れるよう、専用の編成が必要だったそうな。
そうこうしているうちに、「北千住(きたせんじゅ)」駅以北のラッシュが限界に…

苦肉の策として、1つ手前の「業平橋(なりひらばし)」駅(現「とうきょうスカイツリー」駅)に、10両編成が停まれる臨時ホームを地平の貨物線跡に建設。
ラッシュ時はそこで折り返し運転するように…。
地下鉄半蔵門線との直通運転を期に、東武はついに浅草駅を事実上「放棄」した。

浅草発の普通列車は、日中の大半が6両編成の「北千住」「竹ノ塚」駅止まりになり、短区間の折り返し運転になってしまった。
栃木や群馬に向かう列車は、朝夕ラッシュ時と、特急等の観光用のみに…。
現在、埼玉からやって来る通勤列車は、ほぼ半蔵門線日比谷線へ直通する。

…これも時代の流れか。

さて、浅草駅を外から見てみよう

北口の小さな改札を出て、外に立ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1319
老舗デパートと駅。

結構、カッチョエェ~~~

目の前の交差点を見たら…
(画像をクリックすると拡大するよん)
東武・浅草駅2013-1320
これぞ、浅草

東武線の急カーブと人力車、東京の下町だねぇ~~

ちなみに、写真の左側にちょっと行くと、「浅草寺(せんそうじ)」がある。

ここ数年で斜陽感タップリになってしまった東武浅草駅、下町観光ついでに訪れてみてはぁ~

…くれぐれも「隙間」にはご注意を
(「歩きスマホ」はまぢで死ぬぞーーーっ

|

« グルメ日記 ~「日清:どん兵衛きつねうどん・東北対決」2013冬~ | トップページ | 実物日記 ~「みちのくのレッドトレイン 1986」~ »

旅と鉄道(17東武・京成)」カテゴリの記事

コメント

昨日、講習会で「浅草駅」へ行ったぞ~

何年か前に鬼怒川へ行く際に
あのホームのカーブや隙間がすんげ~と思ったわ

落ちたら大変じゃ~

投稿: piyoko | 2013年11月 7日 (木) 05時39分

★ おピヨ

ココはまぢ危険なので、要注意なのぢゃ

酔っ払ったら、前のほうには行かないのぢゃ

投稿: まりりん | 2013年11月 7日 (木) 10時18分

そうそう、1号車は危険だから電車の中に入って歩くんですよ。赤城まで買うと、赤城の駅が先頭に改札があるからか、1号車になることが多い

ふふ、。。。

そして、浅草を出ると隅田川にかかり、この土手で最終電車の<赤城>を見送る彼がいることを...

投稿: すー | 2013年11月 7日 (木) 12時40分

★ すーたん

なんだ、なんだ
ノロケか

太田から乗ったら、6号車だったよ。
やっぱ浅草駅の改札が近いからかなぁ~?

投稿: まりりん | 2013年11月 7日 (木) 12時47分

オゥ!デンジャラーース
こんな危険なホームがまだあったとは・・・
ワタクシが幼少の頃
電車から降りる時に電車とホームの間に足が挟まって
靴を線路下に落としてしまったことがあります~
その時のことが今でもトラウマで
ちょっとでも隙間が空いていようものなら
思いっきり大股で跨いで降ります。
変なオバサンだと奇異の目が・・・

投稿: mitsumiya | 2013年11月 7日 (木) 17時04分

★ mitsumiyaさん

昔、目の前で男子高校生が、ホームと車両のドアの間に片足がスッポリ落ちたのを見たことがあります。
完全によそ見してたようで、彼も靴を片方落としたまま電車に乗ってましたとさ

↓この駅もなかなかどーして
https://marilyns-room.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/2012008-d257.html

投稿: まりりん | 2013年11月 7日 (木) 17時29分


まりちゃん

浅草駅ってこんなに危険なんだっ☠
ドアが開かないのはイイけど、ゼッタイ危ないよね。
こんな目線でかの有名な浅草を語るヒトはまりちゃんだけだと思ふ~
お勉強になりました○┓ペコリ

投稿: あめぶる | 2013年11月 7日 (木) 18時41分

★ 師匠ぉ

おぅおぅおぅ

浅草は「雷門」と「スカイツリー」と「隅田川」だけぢゃねぇんでぃ
ちきしょーめぃっ

江戸は奥が深けぇんだぁ~よぉ……

投稿: まりりん | 2013年11月 7日 (木) 19時45分

おばんでがす。
やっぱり、東京は怖いだ
田舎もんは、怖くて行かれねえだ。とほほ

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2013年11月 7日 (木) 19時54分

★ ジャネぽこさん

おばんです~

大阪のほうがもっと怖ぇだ 

投稿: まりりん | 2013年11月 7日 (木) 20時31分

浅草駅はだいぶキレイになったよね。
ホームの狭さは変わらないけど(笑)
ちなみに金色のオブジェは、こぼれたビールの泡って聞いたことあるよー。

投稿: マリコ✿ | 2013年11月10日 (日) 12時49分

★ まりっぺ

今や押上駅のほうが便利なので、浅草はこれくらいの「観光拠点」的なスタンスで良いのでしょう…
観光用の駅なら、ホーム先っぽの危険な所に行かせることもナイしぃ~

あの金色、フランス人がデザインした「炎のオブジェ」なんだそうで。
アサヒビールのサイトに書いてあった…

投稿: まりりん | 2013年11月10日 (日) 15時03分

日記のタイトルを見て。 !!(゚ロ゚屮)屮
ある女優さんのエッセイ本を読んでから東武浅草駅に行ってみたいと思ってたんだ。

三大ランドマークの画像を見て 水上バスにも乗ってみたくなってきた。(゚▽゚*)
東京へ遊びに行った時は東武浅草駅に行こう~~っと♬

投稿: ひめ子 | 2013年11月10日 (日) 18時17分

★ 林家ひめぽ

スカイツリー観て、東武線を一駅乗って浅草駅を楽しんで、そのまま雷門行って、そこから水上バスでお台場行って夜景観て…

…典型的な東京観光コースですな。
それもリアル江戸っ子が連れて行く「本物の東京下町ツアー」だ

投稿: まりりん | 2013年11月10日 (日) 19時45分

↑12月はよろしくね^^
危険な駅を見るツアーじゃちょっと・・
水上バスって乗ってみたいな。

投稿: ばんび | 2013年11月11日 (月) 00時12分

★ ばんびさん

12月は「都電の旅」ッス

お船は、プランを良~~く考えないと、かなりの遠回り&時間のロスになってしまうのだ
上手く考えましょう

投稿: まりりん | 2013年11月11日 (月) 00時28分

浅草駅進入時のレールの軋む音で着いたなという感がありますね ここの歴史を紐解くと昭和のよき時代の音が聞こえてくるようです 私はあの頃のほこりっぽい雰囲気の方が体には馴染むのですが・・・  

投稿: 月下美人 | 2015年8月14日 (金) 11時02分

★ 月下美人さん

コメントありがとうございます。

隅田川の鉄橋から列車がゆっくり出入りしている姿は、「始発駅(終着駅)」の名に相応しいですね

電車がクリーム1色だった頃は東武線がイヤで仕方なかったのですが、今はもっと広い視野で東武線を楽しんでいます~

投稿: まりりん | 2015年8月14日 (金) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グルメ日記 ~「日清:どん兵衛きつねうどん・東北対決」2013冬~ | トップページ | 実物日記 ~「みちのくのレッドトレイン 1986」~ »