« 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その6~ | トップページ | グルメ日記 ~「なすがままのB級グルメ旅。群馬・治良門橋のかわとみ」2013秋~ »

2013年10月 3日 (木)

旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その7~

前回「その6」のつづきーっ!)(「その1」はこちら

2013年8月15日、長野県南部の木曽・王滝(おうたき)村の森林鉄道に乗って来た「帰り」のおハナシ

体験乗車も満喫したので、そろそろ東京に戻ることに…。
今(14時)から出ないと、「青春18きっぷ」の普通列車旅では帰り着けなくなるのでね

最後に、森林鉄道の走るお姿を見ておいた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
701
また来るよぉぉぉぉぉ~~~ん♪

さて、村の中心にある公民館まで戻ろう。
軽トラックで送って行くよ」とスタッフに言われていたのだが、歩いて帰ってみたくて辞退することに。
(…あぁ、素直に乗っていれば良かった。

行きに歩いた道をそのまま戻り、40分ほどで公民館に到着ぅ~
(画像をクリックすると拡大するよん)
702
いやぁ~~~、疲れた。

歩いて来てしまったので、最初に乗ろうと思っていたバス(14:30発)には間に合わなかった。
なので、次のバス(16:28)が来るまで1時間半近く待つことに…。

目の前の食堂に入ろうかとも思ったが、成人式終わりの青年達が集まっていたらしく、外から見たら席がいっぱいだったので断念。
なので、とりあえず公民館の右隣にある酒屋(ミニスーパー)に入る。

ココで、アイスワインを買った。
703
ワインは地元のラベルが貼ってあるモノをチョイス

木曽の渓谷」だそうだ。
販売者 王滝村 奥田酒店」とも書いてあるので、王滝村のおみやげとしては最適

観光案内所の前にあるベンチに移動し、アイスを食べる。
食べ終わったらすることが無くなった(笑)ので、案内所に入っておみやげのTシャツの物色を…

行きにハナシをしたおじさん(お兄さん)と会話しながら、行きに覗いた時には無かった色&柄のTシャツをハッケーン
(画像をクリックすると拡大するよん)
704
イイっしょ♪

王滝村の特徴をすべて盛り込んだデザインだそうだ。
サイズは小さいのしか無かったが、試着したらMサイズでもモウマンタイ(無問題)だったので、迷わずご購入ぅ~
他にもいろんな色&柄があるので、気になる方は「こちら」と「こちら」の両サイトをチェック~~~

しばらくして、やっとこさバスがやって来た。
今度のバスは、さらに奥地「田の原」からやって来たもの(季節限定)。
行きと違って、リッチな観光バスタイプ
え~~~っこれで200円~~~っ
(ココから手前のバス停から乗って来た人達は、1000円以上払う)

ごーぢゃすな乗り心地に軽くウトウト…。
気が付いたら、もう「木曽福島(きそふくしま)」駅周辺まで来ていた

17時ちょうど、駅前でバスを降りる。
705
ありがとぉぉぉぉぉ~~~~

松本(まつもと)」行きの普通列車まで、しばらく時間がある(18:05発)。
なので、街中にあるコンビニまで遠征。
店は目の前にあるのだが、あの駅前の急坂を往復せねばならない…
…まぁ、仕方ナイっす。

コンビニでビールとつまみを買い込み、東京までの車内の準備は整った
駅に戻り、とりあえず待合所で「お疲れちゃぁ~~ん」とビールを飲む。

落ち着いたところでホームに行き、ベンチで列車を待つ。
706
夕日がキレイだ…。

しばらくして、列車がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
707
コレは行きに撮ったものだけど、今から乗る列車とまったく一緒。

2時間に1本&2両編成なので、結構混んでいる。

何とか座れた。
しばらくは大人しく景色を眺める。

途中の「宮ノ越(みやのこし)」駅では、ナイスな光景が…
(画像をクリックすると拡大するよん)
708
わんこ~~~~~~っ

近所のファミリーが、わんこ連れで誰かを見送りに来たようだ。
イナカの駅なので、わんこも自由に入れる。
ローカルならではの、ほのぼのした光景だ

東京方面との乗換駅の「塩尻(しおじり)」駅に近付くにつれて、空が曇りだした。
がパラパラと降り始めている…。
良かったぁ~、木曽は晴天で

塩尻駅に到着する前、乗り換えようと準備をしていたら車内アナウンスが…
現在、中央東線は上諏訪(かみすわ)付近の雷雨のため、運転を見合わせております
(「東京塩尻」間が中央東線、「塩尻名古屋」間が中央西線と区別されている)

えぇぇぇぇぇ~~~っ

そんなに降ってるのぉ~
そういえば、行きの御岳湖で撮った写真、山の後ろに巨大な入道雲があったっけ…。

列車は塩尻駅に到着した。
東京方面のホームには、普通列車「大月(おおつき)」行き(6両編成)が停まっていた。
案内板の発車時刻を見ると16:58
現在18:50

…えーっ!2時間以上も止まってるのぉ

ホームには浴衣姿の群衆が…。
そう今日は諏訪湖(すわこ)の花火大会なのだっ

コレはこの地方最大のイベントで、各地から何万人と集まって来る。
よりによって、そんな日に雷雨で電車止まってるのぉ~~

すでに朝の山手線状態にまで混みきっている…。
いつ動き出すか判らないので、みんな途方に暮れている。
この塩尻駅ではそれほど雨は降っていないので、なおさらウンザリしている。

ほどなく、「雨が落ち着いてきたので運転再開しまーす」とアナウンス。
上諏訪で降りる花火客たちは、隣のホームにやって来た、すぐ後発の上諏訪行き(3両編成)に乗ろうかとも考えている。
でも、我々はこの大月行きに乗らねば帰り着かない可能性がある。
こういう非常時は躊躇してはならない。前進あるのみ

少しでも空いていそうな場所を選び、無理やり乗り込む。
満杯になった電車は、雨の中動き出した。
隣の駅を発車して、長~~い「塩嶺(えんれい)トンネル」を抜けた途端…

ドカーーーーン

何発もの凄いカミナリと激しい雨。
ドアにへばりついていたオラ、ひたすら「ひぇぇぇぇぇぇ~~っ」とビビりまくり。

途中駅に着くも、すでに乗れるスペースは残っていない。
大勢を積み残したまま、列車は走り続ける。
諏訪湖が見えた。
…激しい雷雨だ。

コレ、どうみても中止だろ。みんな引き返せばイイのに…

と思っていたら、イキナリ目の前で3発ほど大きな花火が上がった。

…えーっやってるのぉ~っ

でも、花火の音だかカミナリの音だか、もう区別できない。(笑)
カミナリは数秒おきに落ちている
周囲も苦笑いをしている。

列車は上諏訪駅に着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
709
どしゃぶりーーーーーーーっ

なんと、ホームの真ん中に雨が滝のようにダダ漏れ状態。
ちょうどドアの目の前だったので、降りる人もタイヘンだ。

ほとんどの人が降りるも、すでにホームには人がいっぱい。
駅の外にも出ることが出来ないくらい降っているので、駅の中はすでにパンパン

ガラガラになった車内から、外を眺める。
710
みんな身動き取れてナイね…。

反対側のホームでは…
711
同様に固まっている。

階段の下は…
712
ココがイチバンましな状態。

列車はドアを閉め、発車。
ココからは通常の中央線の雰囲気となる。

数駅走ったら雨も止み、今までの光景がウソだったかのように。
途中から、引き返すために乗って来た、花火を諦めた客でまた混雑し始めた。
隣に座った女性に、上諏訪の街中がどれだけ悲惨な光景だったかを説明するも、その激しい雷雨を見ていないので理解してくれナイ…。

ほどなく、「上諏訪付近で路盤が崩れたらしい」という情報が入り、完全に上諏訪周辺の列車はストップしてしまったようだ。
この電車と、すぐ後を走っている特急列車だけがギリギリ難を逃れたっぽい。

アッブネーーーーーーっ

列車は「富士見(ふじみ)」駅に到着。

ホームを見ると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
713
(同行の仲間が撮影)
おれんじーーーーっ

この電車は、いつもは東京を走っている中央線快速電車E233系)。
この日の花火輸送ためにわざわざ持って来たのだ。
毎年8月と9月の2日間だけ、東京の通勤電車が「松本小淵沢(こぶちざわ)」駅間を走っている。

だが、今日はすべて運休決定。
電気も消しておやすみ状態。
コレを撮影しに来た連中も、ズブ濡れ状態でお疲れさまでした~~~。

途中の小淵沢駅でも、オレンジの快速電車が「松本」行きと表示したままお休みしていた。

列車は淡々と進む。
だが、対向列車は1本も来ない。
…まったくすれ違わないのだ。
完全にストップしているようだ。

しばらくして、「甲府(こうふ)」駅に到着する直前にアナウンスが…。

この電車、大月行きでしたが、急遽この甲府駅止まりとさせていただきます…

ぬぁんですとぉぉぉぉぉぉぉ~~~~っ

すっかり安心していたのにぃ~

全員、甲府駅で強制的に降ろされる。
ココにも人が溢れていた。

その直後に特急「スーパーあずさ」がやって来るも、激混みで「コレ、乗れるのか?」状態。
でも、コレを逃したら、あとはすべて普通列車しか走っていない(しかもいつ来るか判らない)。
結構な人数が乗り込み、特急は発車していった。

ほどなく、甲府始発の普通列車「高尾(たかお)」行きがやって来た。
甲府から東は、大幅に遅れながらも運転しているそうで。
助かったぁ~~~♪
時間からみても、とりあえず今日中に帰り着けるぞ

始発なので、余裕で着席。
もう心配ナイっす

列車は発車した。
数駅走るごとに、各駅の臨時用のホームに特急電車がたくさん停まっていた。
先に進めなくなったので、すべて臨時停車しているのだ。
普通列車が通れるように、特急様は避難している。
中に乗客はほとんどいない。
でも、甲府から先へ行く人たちは、他に手段がナイので諦めモードで座って(寝て)いた。

我々の乗った列車は順調に走り、無事高尾駅に到着。
目の前のオレンジ色の快速電車(深夜なのでもう各駅停車と化していたが)「東京」行きに乗り込んだ。
そして、仲間と途中駅でバイバイキン。
無事「帰宅」と相成った次第

いやぁ~~~、ラッキーだった
今日は徹底的に運が良かったとしか思えない
もし王滝村で1本前のバスに乗っていても、結局は長時間待たされて、塩尻駅で同じ電車に乗るハメに…
しかも、塩尻駅で1本見送っていたら、すべて運休で東京に帰って来れなかった

疲れた、疲れた。
んぢゃ、お休みぃ~~~~~

----------------------------------------

その後のニュースで、上諏訪の街がパニック状態になっているのが報道されていた。
豪雨の中、数万人が帰宅難民になりかけたからだ。
実際、帰れなかった人々が超多数発生。
役所などが緊急対応したそうで。
結局、この日はもう中央線は動かなかったらしい…。

あの雨を見たら、フツーの人は「帰ろうよ」と言うと思うのだが、「年に一度の大イベント」のせいか誰も帰らなかった。
う~~~ん。全員、今年の自然の猛威を甘く見てたね…。
気持ちは解るけど、自分の身を守ることも大事だよーっ

(おしまーい!)(つづき「紅葉の木曽路2014」シリーズはこちらーっ!

2013年10月6日(日)に、「王滝森林鉄道フェスティバル」が開催されるよーっ
詳細はこちらのサイトを見てね

|

« 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その6~ | トップページ | グルメ日記 ~「なすがままのB級グルメ旅。群馬・治良門橋のかわとみ」2013秋~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

お~~~、大変でしたね。
まりりんさんの勘が冴えましたね。
臨場感あふれる写真で、大変な混雑が分かります。
無事に帰れて良かったですね
それと、宮ノ越駅の写真が良いね~~~。
こういうのは、ローカル線ならでは。
ほのぼのしました~

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2013年10月 3日 (木) 13時10分

★ ジャネぽこさん

何度か経験すると、「どういう時がヤバいのか」が解るようになりました。
おかげで今まで「帰れなかった」ということは無かったですね~

宮ノ越駅、おそらくこの家族の1人が電車に乗ったのでしょうね。(娘さんとか)
わんこの前傾姿勢の傾きで想像できます (笑)

投稿: まりりん | 2013年10月 3日 (木) 15時46分

すごい!運と勘がよかったのね。
ワインのラベルの魚はイワナかな?
Tシャツの右端の動物はなんじゃろ?
宮ノ越駅のワンコ、やっぱり柴犬はローカル線にぴったりだわん。
こまちだったらあんなに身を乗り出さないなあ。
忠犬じゃないもん

王滝村がんばれ~~~!!

投稿: ばんび | 2013年10月 3日 (木) 17時37分

★ ばんびさん

Tシャツの右端はおサルではナイでしょうか?

今度の日曜日のフェスティバル、盛り上がってほしいですね

投稿: まりりん | 2013年10月 3日 (木) 23時01分

おはよ♪ (◎´∀`)ノ

Tシャツ。他のデザインのも見たけれど。
切り絵と焼き印のTシャツもイイね♪
花火大会。ニュースで何度も見たよ。
大勢の人の大変な様子が映されてた

森林鉄道。
森林鉄道も良いな~♪と思って出掛ける人が増えるとイイね♪
知らない人もまだまだいると思う。
けど いろんな情報を把握しとかないとね・・・ 

投稿: ひめ子 | 2013年10月 7日 (月) 06時54分

★ ひめぽ

Tシャツ、いろんなデザインと色の組み合わせがあって考えたけど、ちょうど在庫があっていろいろ着まわし出来そうなのがコレだった次第

森林鉄道、おとなりの赤沢森林鉄道の記事も載せますか。
こっちのほうが最初に行ってるんだけど、書かずに放置状態だった

投稿: まりりん | 2013年10月 7日 (月) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その6~ | トップページ | グルメ日記 ~「なすがままのB級グルメ旅。群馬・治良門橋のかわとみ」2013秋~ »