« 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その4~ »

2013年9月19日 (木)

旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その3~

前回「その2」のつづきーっ!

2013年8月15日、長野県南部の木曽・王滝(おうたき)村の森林鉄道に行って来た。

さて、森林鉄道の体験乗車会場まで歩きますか。
…この炎天下を40分歩くのかぁ~。(滝汗…も出ない

村の中心の公民館から歩き始める。
坂を少し下った後、右に曲がって湖の上流に向かって進む。

左手の眼下には、街と湖が見える。
301
赤いねぇ~~~~♪

目の前のは、バスが通って来た道。

しばらく歩くと、目の前に下り坂が見えて来た。
302
急坂ッスねぇ~~~~

下りるのでラクだが、帰りはこの坂を登るのかと思うと…

坂の途中から、湖の先っぽが見えて来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
303
キレイだねぇ~~~~♪

もうココまで来ると、湖ではなくになるね。
川の名前は「王滝川」という。
目的地はまだまだ上流だ。

対岸の茂みの中に、何か構造物が見える…

アップで見てみると…
304
コンクリの橋脚っぽいね~。

仲間に聞いたら「森林鉄道の廃線跡の橋脚だよ」だって。
…あんな所を走っていたのかぁ~

坂を下り、平坦な道を歩く。
305
あづいぃぃぃぃ~~~~

仲間も暑そうだ。
この辺にも住宅が結構建っているね。
小さな集落のようなカンジになっている。

途中で、仲間が「コレ見てごらん」と言って来た。
306
バス停~~~~?!

何と、ボロボロに錆びたバス停だ。
昔はココにもバスが走ってたのかぁ…
…そうだよね、森林鉄道走っていたくらいだモン
左の小屋は「ゴミ箱ゴミステーション)」だ。
コレならカラスや小動物に荒らされる被害もナイ

また歩いていると、フシギなシャッターが…
307
ミッ●ーマウスぅ?!

…ボールを投げるには無理のある足のフォームだね。
この「ゆるさ」がイイね。
子供たちのために大人が描いたのだろう、きっと…。

また仲間が「コレ、コレ」と指をさす。
308
ポストーーーーっ★ 

コレは郵便受けではナイ
立派な「ポスト」なのだ。
ココに郵便物を入れれば、郵便屋さんが配達してくれる。

…ってか、ヨソ者には判らんがな。(笑)

さらに進むと、左側の川向うに大きなドーム状の屋根が見えて来た。
309
コレが目的地「松原スポーツ公園」だ

ただぁ~~し、対岸に渡るには、さらに先にあるを渡るしか方法はナイ。
…う~ん、遠回り。

仕方なく、テコテコ歩く。

途中で振り返って見た。
310
ココの集落はこんなカンジだ。

ヒジョーに静か&のどかで、のんびりしている
暑さのせいか、人口のせいか、誰も歩いていない…
(家に人がいるのは感じ取れた)

民家と川の間には、立派な道路が続いている。
(我々が歩いているのは並行している生活道路

畑にはいろんなお花たんが咲いていた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
311
ひまーーーーーーっ

見事な夏の光景
気分はサイコーなのだが、カラダは暑い。

さらに歩いていると、やっとが見えて来た。
312
いぃやっほぉぉぉぉ~~~~ぅ♪

なんでこんなイチバン奥側に橋があるの
集落寄りの手前側にあれば、10分は短くて済んだのに…。

軽くへろへろ状態になりながら、最後の力をふりしぼって橋を渡る。

川を見てみると…
313
キレイな色だねぇ~~~~

でも、魚が住めないような、温泉みたいに鉱物が混ざっているカンジの色だ。
実際、お魚さんは住んでるのかな

橋の上から街の中心方面(下流側)を眺めてみた。
314
イナカっす♪

いやぁ~~、思えば遠くへ来たもんだ

振り返って上流側を眺めてみると…
315
ココが集落の、ホントのはじっこらしい。

この先は山と渓谷しか見えない…。
村の中心から続いていた立派な道は、さらにこの先にあるキャンプ場などへ続いていた。

橋を渡り終わり、スポーツ公園に入る。
316
…何もナイっす。

だだっ広くてさっきの建物が見えない。
…ってか、また坂を登るのぉ~~~~~っ

ラストパワーを使って、坂を登った。

すると、目の前に…
317
おぉ、いぇい!!

管理棟かな?
とにかく、目の前のベンチに腰掛け、自販機のジュースを買い、休憩

生き返るッス~~~~~~ 

体験乗車会までは「あと1時間ちょっとある」とのことなので、周囲を先に見学することに。
休みながら、建物の裏側を歩いてみる。

すると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
318
おぉ!線路やん♪

ちいさな「(乗降場)」と「王滝森林鉄道」と書かれた看板が

わくわく♪

いよいよ「」モードで行動開始なのだーーーっ

つづき「その4」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その4~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

うわああ~~!何故に炎天下を40分も歩くのら…
帽子、日傘がなければ死んでしまうがな。
日光アレルギーの私にゃ無理だす。
この風景どこかで見たことあるような。
愛知県の山奥に昔、日本で一番人口の少ない村があって、
そこで人形劇フェステバルをやりました。
管理棟のログハウスっぽいのがそっくり~!
いよいよ次回は鉄臭が漂うのね。
帰り道の心配をしてしまうよぉ

投稿: ばんび | 2013年9月19日 (木) 10時01分

★ ばんびさん

何故に歩くか…。
だってそれしか移動手段がナイからであーる

バスもタクシーも走っていないしぃ~。

帰り道にもオチがあるので、乞うご期待

投稿: まりりん | 2013年9月19日 (木) 12時30分

ひ、人がいない・・・
体験乗車会、ホントにやったんですか
貸切状態のような・・・
期待して待ってます
ユルい〇ッキー
どこかの国のパクリネズミーランドのキャラっぽいですね

投稿: mitsumiya | 2013年9月19日 (木) 15時52分

★ mitsumiyaさん

体験乗車会、開始するまでは「スタッフ入れて10人も集まればイイんぢゃない?」と笑っていたのですが、意外と集まりましたぜぇ~~

ユル○ッキー、じわじわと笑いがこみあげて来ます

投稿: まりりん | 2013年9月19日 (木) 16時55分

こんばんは。
森林鉄道跡が良いですねぇ。
眠り姫がお寝むのお城もかくや?と…ロマンチック~~~
景色も、の~~~びりな田舎道。
なんか、昭和の香り
しっかし、暑そう~~~
日陰が欲しい~~~

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2013年9月19日 (木) 20時07分

★ ジャネぽこさん

このスポーツ公園、イベント時にはシャトルバス的なモノも走るとか。

今回は、何もナイお盆の平日だったので、このよーなのどかな「労魔の休日」だったワケで。

投稿: まりりん | 2013年9月19日 (木) 21時18分

私が幼い頃 実家がある集落付近まで国鉄バスが走ってたんだよ。
よくあの山ン中を走ってたもんだ・・・。
狭~い道路を走るバスやダンプに乗るのって楽しいよ♪(笑)
ちなみに舗装されてない道路(砂利)だと ぼこん!ぼこん!と上下に体が揺れてもっと楽しい~♪
記事に関係ない話でごめんね。
つい田舎の風景を見ると思いだすの。

・・・自販機で買ったジュースって。
コーラでしょ?


投稿: ひめ子 | 2013年9月20日 (金) 23時11分

★ ひめぽ

未舗装道路を走るバス…
昭和30年代の国鉄映画で見たことあるッス
(…ひめぽってそんなに年取ってたんだ。

まぁ、オラもちうごくでたくさん乗ったケド~

狭い道を走るバス、ウチの地域にはたくさんあるでぇ~
ギリギリの隙間を通過するとき、思わず運ちゃんにホレそうになる

コーラはビンゴ さすが。

投稿: まりりん | 2013年9月20日 (金) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その4~ »