« 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その3~ | トップページ | 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その5~ »

2013年9月23日 (月)

旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その4~

前回「その3」のつづきーっ!

2013年8月15日、長野県南部の木曽・王滝(おうたき)村の森林鉄道に行って来たぞ

炎天下の中を40分くらい歩き、やっとこさ体験乗車会場の「松原スポーツ公園」に到着した。
暑かったぁ…

管理棟のベンチで休憩の後、乗車会場へ移動することに。

管理棟の裏にある線路には、こんな看板が。
401
王滝森林鉄道 せせらぎ線」というのか~。

ココは、この公園に敷設された線路の終点のようだ。
折り返し用のポイントと機回し線(機関車を反対側につなぎ換えるための回送用線路)がある。

この「王滝森林鉄道」は、複数の有志団体の集まりで作られているそうで。
王滝村もタイアップして、かつて実際にあった森林鉄道を再現・保存している。

線路配置を聞くと、「現在も拡張中だけど…」と前置きがあったが、「」の形をしていて、結構走行距離があるらしい。
まずは、公園内の最も集落寄りに車庫があり、そこに小さな駅がある(「」の左上の位置)。
ココが拠点らしい。
そして、公園の山沿いを上流側に向かって走り、くねっと曲がって管理棟の裏側の終点(「」の下端)までの1Km弱の単線とのこと。
車庫からは、川側に新たに線路を延伸中で、みんなで線路を釘で打ち付けて工事しているそうな

乗り場は車庫の前なので、そこまでてくてく移動。
敷設中の線路を見ながら、仲間の苦労話を聞かされる。

途中にカンバンがあった。
402
川…というか、対岸の道路に向かって掲げられている「王滝森林鉄道」の文字。

集落から歩いて来ると、このカンバンが見えてから、たどり着くまでが長い
車ならわずか数分なんだけどぉ~

車庫の前に到着。
403
プレハブの事務所(倉庫)があった。

ここで他のスタッフのみなさんと合流、挨拶をする。
(仲間がココのメンバーなのだ)

仲間がスタッフと話をしている最中、オラはあちこち撮りまくる

そんな中、「近々大きなイベントがあるから、ぜひ宣伝してチョーダイ」と言われ、ポストカードを手渡される。
(画像をクリックすると拡大するよん)
404
王滝森林鉄道フェスティバル」だそうな。

コレは3年に1回行われる大々的なイベントだそうで、かなりの人出があるらしい。
王滝村の一大イベント」と言っても過言ではナイとか…。
露店も出て、名の通り「お祭り」になるんだって

2013年は10月6日(日)9時~15時開催。
(お問い合わせ先は0264-48-2134(王滝公民館内))
王滝森林鉄道フェスティバルのサイトはこちらをクリック

体験乗車会や、現役当時の走行シーンも見ることが出来るそうだ。
これはスゴイぞ♪

事務所の窓にも過去のポスターが貼ってあった。
405
写真は現役当時の光景

森林鉄道はちっこくてユニークなデザインの車両が多いので、見ているだけでも楽しい

事務所の中に入ると、線路を敷設・整備中の時の写真が飾ってあった。
406
おぉ、いぇい

…好きだからこそ出来るんだろうなぁ~~。
なかなかの重労働っぽい。

さてさて。

小さな駅にはすでに車両が停まっていた。
407
ぷりち~~~~~~っ

ちっこいディーゼル機関車木造客車の2両編成だ
今日はこれが走るそうな。

列車を反対側から撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
408
カッチョエェ~~~~~~

これぞ森林鉄道」という光景だべ?

動き出すのは13時からとのこと。
まだ1時間弱あるね…

その間に、車庫の中も見学することにした。
409
なんかいろんなのが停まってるぞ♪♪

早速中へ入る。

すると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
410
おぉ、いぇい!!

なんともキミョーなお顔の車両もいるね
機関車・客車・貨車などが保存されている。
現役当時は、車内が床屋の「理髪車」とかもあったそうな

そろそろ時間だ…という頃になり、みんなで日除けのテントやベンチを設営。
雨が降りそうな雲も近くにあったが、ココの日差しは強い…。

ほどなく、お客さんが集まりだした。
411
マニアばっかり集まるのかと思いきや、意外と家族連れが多くてビックリ

森林鉄道もメジャーになったものだ…(しみじみ

テントの下には、受付をするテーブルも設置。
412
ボキン、よろ~~~~~~

体験乗車自体は無料だ。
でも、保存していくにはいろいろ経費が掛かる。
…というワケで、みなさまからの温かい「協力金」を募集しているという次第。

ココで、開始前に試運転をするとの連絡が。
列車はイキオイ良く、管理棟裏側の終点へ向けて走り去って行った。

…!

そうだ、帰って来る時のシーンを撮影しちゃえ
…ってなワケで、一人いそいそと山側に移動(「」の右上側ね)。

線路際に立つと、草むらの中で「ガサッ」と移動する物体が…
おどろいて見つめるも、もう姿は無し。
おそらく、鹿さんあたりがやって来てたのだろう…。

少しして、列車の姿が遠くに見えた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
413
イイねぇ~~~~~~♪♪

これぞ森林鉄道

何枚か撮っていたら、列車が目の前まで来た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
414
カッチョエェ

機関車、ちっこいでしょ
こんなんでも結構馬力はあるよん

さぁ、準備は整った
いよいよ体験乗車会の始まりだぁ~~~~~♪♪

つづき「その5」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その3~ | トップページ | 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その5~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

す、凄いです。
太い丸太を運んでいる昔の写真、迫力ありますね
この茶色の車両は人を運んだんですか?
(すいません、ちょっとボケ気味なので、理解力に問題が。とほほ
なんか、可愛らしいですね

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2013年9月23日 (月) 16時41分

★ ジャネぽこさん

日記の中で走っていた赤茶色の車両は、一般のお客さんを乗せた車両です。
それ以外の車両たちは、資材や工員さんたちを乗せていた模様…

このちっこさが、皆に愛される理由です

投稿: まりりん | 2013年9月23日 (月) 19時50分

可愛いね~。
今でこそ可愛いといえるけど、
現役当時の材木輸送は凛々しい
40年前か~。
つい最近なのに…

投稿: ばんび | 2013年9月24日 (火) 07時19分

★ ばんびさん

40年前がつい最近……

今300歳くらいですかっ

投稿: まりりん | 2013年9月24日 (火) 09時51分

おお~ボチボチ人が集まってきましたね~
客車可愛いです
機関車トーマスのアニーとクララベルだ~~
散髪車…

投稿: mitsumiya | 2013年9月24日 (火) 11時18分

なんともレトロでいい雰囲気の車両

茂みにいるのは鹿さんだよね!
決してクマさんぢゃないよね。

投稿: あめぶる | 2013年9月24日 (火) 12時50分

★ mitsumiyaさん

おぉ確かにアニーとクララベルだ

散髪車、まさにこの客車がベースだったようです。
↓正確には「理髪車」でした…
http://www.modellwagen.com/product/09026.html

投稿: まりりん | 2013年9月24日 (火) 19時57分

★ 師匠ぉ

…熊さんは考えてなかった

投稿: まりりん | 2013年9月24日 (火) 20時23分

みどみどしぃ~山ン中・・・。

体験乗車会の様子 はよう~みたーーい!!


草むらの中で「ガサッ★」と移動する物体が…。
・・・ワタシだよ。

投稿: ひめ子 | 2013年9月25日 (水) 22時00分

★ ひめぽ

体験乗車は次回に出てくる。
もう少しのガマンぢゃーーーっ

草むらの生き物…「ひめブー」だったのか…

投稿: まりりん | 2013年9月25日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その3~ | トップページ | 旅日記 ~「木曽の森林鉄道 2013夏」その5~ »