« 旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その6~ | トップページ | 旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その8~ »

2013年5月 9日 (木)

旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その7~

前回「その6」のつづきーっ!)(「その1」はこちら

さて、いよいよ転車台のショーが始まるぞ
701
今からコレが回るのだ

ガイドのお姉さまの説明とともに、車両がゆっくりと転車台に載った。
そして回転スタート

転車台が動き出した。
702
イイねぇ~~~♪

見学者のみんなから歓声が上がる。
キッズもビックリだぁ~~
(こんなの普段見れナイからね)

見学会なので、景気良く2周回ってくれた
703
車両の横にある小屋みたいな所で操作している。

回転が終わったら、車両は留置線に引き上げて行った。
ありがとぉ~~~~

止まったので、「近寄ってOK!」ということになり、転車台のアップを撮影。
704
ほほぉ~~~~

周囲の線路との接続はこうなっているのか…。
脱線しないように、寸分の狂いもなくレールどうしの位置を合わせてロック(固定)するのも「職人技」なのだろう…。

転車台の次は、車庫の見学だ

まずは、背面にある「扇形機関庫」に停まっている車両たちの解説が始まった。
705
イイ雰囲気だ

右の車両が、天浜線の一般的な車両「TH2100型」だ。
天浜線全16両のうち、14両がこの車両。

左の、同じ色ながら派手な車両は「宝くじ号」といって、イベント用に整備された車両「TH9200型」だ。
座席もリッチ(転換クロスシート)で、貸し切りにすると車内でカラオケも出来る
これは1両しかいない。
(普段は通常運用に混ざって走っている)

早速、宝くじ号に寄ってみた。
706
…近過ぎるだろう。

こんなアングルで撮れる機会なんて、滅多にナイ

もう1枚。
707
イイねぇ~~~♪

床下の配管や、台車の空気バネが見えるアングルってすごくね
あまり汚れていないので、ハッキリ見えるね

さて、次はガイドお姉さまに誘導され、車庫の横の部屋に入る。

そこには…
708
おぉ!いぇい!!

何だ、この部屋ゎ

…昭和30年代で時間が止まったようだ

室内には昔の駅名板設備工具などが展示されている。
みんなの目も、輝きながらあっちこっちキョロキョロ
スゲーぜ、この部屋…。

お姉さまの解説の後、さらに奥の部屋へと進む。

奥の部屋はこんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
709
シヴ過ぎるぅ~~~~~~~っ

それっぽく造られた「レトロ風」などではなく、紛れもナイ「本物」だ
みんな撮影しまくりっ

壁面には…
710
の駅名(ホーロー板)が飾ってある。

ホームの柱に取り付けてあったモノだ。
国鉄時代のデザインだね
駅名も国鉄時代の旧名だ。

入り口側の様子は、こんなカンジ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
711
昔の写真などが展示してある。

展示してある装置や部品の解説が続く。

ふと目の前を見ると…
712
たぶれっとぉ~~~~~

そう、この輪っか状の器具が「タブレット(通行手形)」だ。
駅の構内踏切に置いてあった「タブレットキャッチャー」は、コレを受け止めるためのモノだ。
(この日記の「その5」を参照)

さらに、奥の壁には…
713
おぉ!いぇい!!

超~ナイス
安全第一」でおウチに帰ろう

奥の引き戸から、車庫の内部が見えた。
714
カ~ッチョエェ~~~~~

光と影のコントラストがイイねぇ~~~

さて、ガイドお姉さまの説明も一通り終わったので、みんなで車庫の前に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
715
奥に見えるのが、先ほど通った事務所棟だ。

シヴいねぇ~~。
…ホントに鉄道模型を見ているようだ。

コレで見学会は終~了~
みんなでお姉さまに拍手パチパチ~~

さぁ、駅に戻ろう

来た道をみんなでぞろぞろ歩く。
途中の家の庭にいたワンコにまた吠えられる。
どうも遊んで欲しいようだ
みんなで金網越しに覗きこむ。
ワンコも興味ありげにこっちを見ている…。

駅構内が見渡せる場所に来たので1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
716
イイねぇ~~~~~~♪

こんなのどかな光景、いつまでも残っていて欲しいね

さて、そろそろ終点の掛川駅に行きますか…。

つづき「その8」はこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その6~ | トップページ | 旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その8~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

モデルさながらのクルッと二回転!
かっこいい~

そして展示室?
古いね、いいね。
昭和の油の香りにめまいがするかも^^;
おねいさんもなんだか昭和レトロぉ~

投稿: あめぶる | 2013年5月 9日 (木) 17時54分

★ 師匠ぉ

そうです、ココは油臭いのです
幸い、今回の見学者に「脂臭い」人はイマセンでした

おねいさんは「昭和娘」ですからね~
「平成ギャル」とは比べ物にならないくらい「味」と「深み」がありますよ

投稿: まりりん | 2013年5月 9日 (木) 20時00分

転車台って感動しますね
昭和娘さんの説明が本当に楽しそう。
吠えてる犬はこまちじゃないから…

投稿: ばんび | 2013年5月10日 (金) 14時14分

★ ばんびさん

転車台は、車両にとっての「お立ち台」ですからねぇ~~ 
(…あ、「お回り台」か。

おねいさん、ホントに楽しそうでしたね

投稿: まりりん | 2013年5月10日 (金) 14時34分

私 国鉄時代の鉄道ってどんなんだったか
見た事ないから知らないんだ。
天浜線は そんな私に国鉄時代の鉄道の雰囲気を感じさせてくれそうな所だと思ったぶぅ~♪

投稿: ひめ子 | 2013年5月11日 (土) 23時25分

★ ひめ

天浜線は、「ディーゼルカー王国」と言われた昔の四国の国鉄にと~~~っても良く似ている。
なので、超オススメなのぢゃ

投稿: まりりん | 2013年5月12日 (日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その6~ | トップページ | 旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その8~ »