« プチ旅日記 ~「“高麗”も“巾着田”も地元民しか読めないよ!日和田山ハイキング」2013春~ | トップページ | 旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その7~ »

2013年5月 6日 (月)

旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その6~

前回「その5」のつづきーっ!)(「その1」はこちら

静岡県のローカル私鉄「天竜浜名湖鉄道」に乗った時のおハナシだよん

さて、駅前でおいしいおそばも食べたし、次の目的地を見学するか
再び駅舎に戻る。

パンフなどを見ていた時、この駅の車庫を見学できることが判った。
なので、時間をそれに合わせて行動していた次第

切符売り場で、見学用のきっぷ100円)を買う。
601
びゅーちほーっ

キレイな台紙に、昔ながらの硬い切符(硬券)が入っている、なかなかのモノ

見学会は毎日開催されている。
(詳細は天浜線の公式サイトで確認してね

さっきこの駅で降りた人の大半が、この見学会目当てっぽい。
時間になったので、改札口に集合。
ガイドのお姉さま(駅職員)が登場し、お話を始める。

最初の説明が終わった後、みんなでぞろぞろホームの向こう側へと移動。
602
ココから、駅構内のはずれにある車庫までてくてく歩いて行く。

線路と民家の間にある細い道を歩いて行くと、目の前に大きな塔が見えて来た。
603
給水塔だ

昔は汽車ぽっぽ様(SL)に給水するための設備だったのだが、現在では施設内の給水塔として使用しているそうな。
来る途中にあった「金指(かなさし)」駅のと同じだね
水源はすぐ横にある井戸なので、「ヒジョ~~~~~に助かっています」とのガイドお姉さまのおコトバ。

さて、いよいよ建物のエリアに入るぞ

給水塔と車庫の間に、事務所関連の建物が建っている。
コレらも充分レトロな建築物だ
(ほとんどが国登録有形文化財

ガイドさんの説明を受けながら、建物の間を進む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
604
まるで映画のセットのような雰囲気だ

昔のイナカの小学校のようなカンジもする
鉄道模型の建物で見たことはあるが、本物は初めてだ。

各部屋の解説をしている間に、見学者は写真を撮りまくっている。

まずは、お風呂場
(画像をクリックすると拡大するよん)
605
なつかしいねぇ~~~♪

現在は浴場としては使用していなく、倉庫代わりになっているそうだ。
(鉄道工場などの職場は汚れるため、勤務時間内に入浴も含まれている)

天浜線のヘッドマーク(車両の前面に飾るマーク)が保管されているね~

つづいて…
(画像をクリックすると拡大するよん)
606
国鉄時代の運賃表だ

昭和39年4月1日当時の「尾奈(おな)」駅のモノだ。
この金額ではもう行けないね。
今の運賃は4倍くらいかなぁ…

となりの黒板に書いてあった「あいあい傘」がなつかしい

建物の端っこまで来たので、振り返ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
607
おぉ!いぇい!!

イイねぇ~~~~

見学しているメンバーは意外に一般人が多く、いかにも「」っぽい人は少ない。
家族連れが多いね。

ふと、2階部分を見上げてみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
608
超~~~ナイス♪

使用する側としては、寒さや老朽化などで毎日苦労が絶えナイのだろうけど…。

さて、いよいよメインの車庫に到着した
609
停まってるぅ~~~~

キッズ達がにわかにざわめき始める。

まずは、車庫の前にある転車台(ターンテーブル)で、実際に車両を載せて動かしてくれるそうな

転車台とは、コレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
610
ぐるぐる~~~~~

SLの時代は、進む向きに合わせて機関車も向きを変えていた。
(後ろ向きにSLを走らせるのは、運転士・機関士にとって結構苦痛なのだ)

ディーゼルカーになった今はもう必要のナイ設備になってしまったが、ココでは車庫の構造上、まだまだ現役で動いてもらわねばならない重要な設備なのだ

その車庫のお姿を。
(画像をクリックすると拡大するよん)
611
せんけ~~~~~い

扇形機関庫(せんけいきかんこ)」というタイプの車庫だ。
上から見ると、を広げたようなカタチになっているので、そう呼ばれる。
昔は全国的に見られた構造だ。

車庫の線路が転車台に向かって集中しているので、転車台がないと使い物にならなくなってしまうのだ
それゆえ、転車台が今でも現役で動いている次第

今では、京都の「梅小路蒸気機関車館」のが有名だね

この扇形機関庫の横に、整備用の検修庫(ピット)もあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
612
メカメカしいねぇ~~~~

こちらでは、検査・修理・改造などが行えるようになっている。
線路の下も、もぐって作業が出来るように掘られているね。

さぁ!いよいよ転車台の実演だぁ~

でも、今回はココまで~~~~

つづきを見てねん

つづき「その7」はこちらーっ!

|

« プチ旅日記 ~「“高麗”も“巾着田”も地元民しか読めないよ!日和田山ハイキング」2013春~ | トップページ | 旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その7~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

なんかええなぁ~~~

実際に行ったらもっとワクワクするんだろうね

投稿: piyoko | 2013年5月 6日 (月) 07時26分

★ ピヨガンダム

ココは楽しい~でぇ~~~

ファミリーで来てたママたちも興味津々だったよ

投稿: まりりん | 2013年5月 6日 (月) 12時54分

ここで映画やドラマの撮影をすればいいのにね。
十津川警部はちょっと出番ないかな?
赤字路線だけど、いろんなことやって頑張ってるもんね。
見学料100円はホント安いと思います。

投稿: ばんび | 2013年5月 6日 (月) 18時23分

★ ばんびさん

みんなで宣伝しないと、映画やTVの制作会社に気付いてもらえナイですね

見学料は300円でイイと思います
500円だとファミリーには痛いでしょうから…

それとも、500円で無理やり地元のみかんとお茶も付けてしまうか?

投稿: まりりん | 2013年5月 6日 (月) 19時21分

う~~~ん、行ったことないのに、なぜか懐かしい。
あの、板壁のせいか?
扇形機関庫(ちゃんと、一発で変換できたよ)も、ぐ~~~っ
鉄ちゃんでなくても楽しめそう…

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2013年5月 7日 (火) 11時33分

★ ジャネぽこさん

ココは「レトロ好き」なら老若男女問わず楽しめまっせ~~~

投稿: まりりん | 2013年5月 7日 (火) 13時00分

イナカの小学校・・・・・。
まりちゃん!! その通りだよ♪
読んでて画像見て 「そーーだ!そーーだ!!」って興奮した。(笑)
これだけ楽しめて見学料100円なの?
スタンプも押してるし (スタンプって好き♪) 
硬い切符も良いなぁぁぁ~♡

投稿: ひめ子 | 2013年5月10日 (金) 20時39分

★ ひめ

ぜひ次回は天浜線にいらっしゃい

投稿: まりりん | 2013年5月10日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ旅日記 ~「“高麗”も“巾着田”も地元民しか読めないよ!日和田山ハイキング」2013春~ | トップページ | 旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その7~ »