« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart31」の巻~ | トップページ | プチ旅日記 ~「トーキョー横断、都営地下鉄」2013春~ »

2013年3月 7日 (木)

旅日記 ~「お茶とみかんと天浜線。2013」その3~

前回「その2」のつづきーっ!

静岡県のローカル私鉄「天竜浜名湖鉄道」に乗って「金指(かなさし)」駅で降りてみたぞ
今回は金指駅をリスペクトぉ~~~

列車とホームを一緒に撮ってみた。
(画像をクリックすると拡大するら)
301
イイカンジだねぇ~~~♪♪

このホームのお屋根、コレが国の「登録有形文化財」に指定されている。

手前にその解説があったので、近寄って見てみよう。
302
カンタンに言えば、駅の施設のほとんどが文化財ということ。

戦時中(昭和10~15年)に作られたモノばかりだからね

そのお屋根をいろんなアングルで撮ってみた。
303
中から覗くと、これまたシヴい

戦争中だったので、鉄は使えなかったから木造だ。

はじっこ部分は…
304
ぐっぢょぶ

結構な手仕事ぶりが見てとれる

ホームの中ほどから見てみると…
(画像をクリックすると拡大するんだに)
305
こんなカンジに、ちっこく佇んでいる。

でゎ、駅の全体をご覧いただこう。

まずは、いま列車に乗ってやって来た、新所原(しんじょはら)駅方面を…。
306
事務所(詰所)がイイカンジ~~~

手前のキレイな建物はおトイレ様
うしろの丸い円筒形のは、後ほど…。

ホームと駅舎の間は踏切(構内踏切)になっている。
コレこそがローカル線の醍醐味(だいごみ)

都会の駅では、ほぼ消え去ったからねぇ~~。
(まだ生き残っている所も数駅あるが)

イナカの単線なので、信号機の色が「」の2色しかナイ。
同じ単線上(駅間)に、列車が同方向に2本同時に走ることがナイので、「黄色」は必要ナイのだ。

通路の隅に置いてある花壇がヒジョーに良い
これもローカル線の良いところ

それでは、反対側も見てみよう。
307
う~~ん、何もナイ

昔は貨物の引き込み線があったような雰囲気。
残っている奥の線路も、今は使っていないようだ。

ホームの先端のほうをば…。
308
う~~ん、ローカル駅♪

凝った駅名板・カラフルな観光案内図・花壇…と、イナカの観光地駅の必須アイテムが揃っている

お花たん達もアップで見てみよう。
309
まだ正月だというのに、こんなにキレイに咲いているとゎ…

地元の皆さんの手入れと気配りが感じ取れる
模型のジオラマを作る時も、ぜひ参考にしていただきたい

列車が停まっているウチに、車両もいろいろ撮ってみた。
310
……ほうほう。

この車両の形式は「TH2100型」というのか。
重さは30トン
ディーゼルカーにしては、まぁまぁ軽いほうかな。
平成15年11月に「新潟トランシス」(旧:新潟鐡工)で製造された。
仲間は全部で14両いる。

…お、対向列車新所原行き)がやって来た。
(画像をクリックすると拡大するじゃんな)
311
イイねぇ~~~~~

古い駅に新しい車両。
これぞ「今ドキのローカル線」の光景だ

ちょっとアングルを変えて…
312
なかなかイケるっしょ

駅名板の「かなさし」も、国鉄時代のままのホーロー板Good

さて、列車も出発して行ったので、駅の外へ出よう。

まずは駅舎へ…
313
こぢんまりとした昔のままの駅舎。

改札を出て振り返ると…
314
半分見えなひ…

駅舎の前に増築したのか、なんか中途半端なカンジ。
正面の茶色いアルミの引き戸が、駅の入口。
上に駅名板があるのだが、木製なので遠くからは見えにくい。
左横のドアはお店だったかな?

ローカル駅舎に必須の、公衆電話自販機小さいポストも、もれなく揃っている

さて、この駅のもう一つの文化財を見に行こう

…と言っても、駅舎のすぐ横にある。
315
どどーーーーーーーん

高架貯水槽」だ。

コレは何者かと言うと、「汽車ぽっぽの給水タンク」なのだ。

昔は蒸気機関車(SL)が走っていた。
SLは走るとを消費する。
なので、途中の駅で何回か給水する必要があった。
それの貯水槽というワケ。
昔は全国各地に、当たり前にあったのだ。

ハイ、これで金指駅の見学終わりっ

…さぁ、残り50分、どうしよう

仕方ナイので、近くにあるスーパーへ行って時間つぶしをすることに。
今までお土産買う時間がなかったから、ちょうどイイや

駅前から街道へ向かう。

駅前はこんなカンジ。
316
建物がシヴいよねぇ~~~

いまや映画のセットやテーマパークのように見えてしまう。
本物がニセモノに見えて、どないすんねん

キレイで大きなスーパーに入って、ご当地モノを物色。
そこで気づいた。

「…ココは静岡県だった」

…そう。
豊橋からやって来たので、てっきり「まだ愛知県」だとばかり思っていたのだ。
食べ物って「県民性」が出るから、そういう所で違いが判るんだよねぇ~

なので、自分用の静岡土産を数点購入。

店を出て、そのまま駅に戻る。

ホームに上がり、列車を待っていると…

…あぁ反対側(新所原行き)になんか来たーーーーっ
317
おぉ!いぇい!!

これまたシックな車両でないかぇ
さっき乗った車両よりも古い(レトロな)カンジがする。

調べてみたら、この車両は「TH3000型」といって、1995年(平成7年)に2両製造された。
でも今は、この1両のみの存在。

観光用の「トロッコ列車」を引っ張っていたけど、トロッコ車両に不具合が見つかって運転休止。
それ以来、こうして単独で「孤高の雄」として走っているワケ。

車内設備的には、さっきの「TH2100型」と似ているが、こちらの窓は上下2段になっている。

乗ってみたいなぁ…

でも1両しかいないので、これから乗る列車はコレでナイことは100%確実
案の定、さっきと同じTH2100型がやって来た。

さて、次の目的地に移動開始ぃ~~~~~っ

つづき「その4」はこちらーっ!

|

« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart31」の巻~ | トップページ | プチ旅日記 ~「トーキョー横断、都営地下鉄」2013春~ »

旅と鉄道(05中部)」カテゴリの記事

コメント

(列車本数的に)貴重な列車の対向列車を待ってさらに両方とも見送るなんて贅沢な過ごし方ですね~

>構内踏切
多摩湖線の某交換駅育ちだったなのでいまいち感動が薄いんですぅぅ……

>建物がシヴい
あんな感じのちんまくて箱形の建物なら写真を印刷して箱形に組み立てれば手乗りレトロ建築物が出来そう……
なんて目論んでみたり。。

投稿: sigepe | 2013年3月 7日 (木) 01時49分

★ しげ平

う~~ん、ゼイタクと言われればゼイタクなのかな

構内踏切、昔は下落合・新井薬師・野方・都立家政・井荻などにもたくさんあったぞよ

ペーパーストラクチャー、ぜひ作ってみなはれ

投稿: まりりん | 2013年3月 7日 (木) 14時55分

ず~~っとローカルで暮らしてると
何でもない風景だと思っていたんだけど
映画のセットみたいに見えますですか?
豊橋は愛知県の端っこだから、
静岡との境目が時々わからなくなるのよね。
でもニュースや新聞などは全然ちがうので
天浜線の情報は豊橋ではあまり流れてこないんです。
手乗りクラフトって見てみたいわぁ~

投稿: ばんび | 2013年3月 7日 (木) 18時23分

駅名板・・・懐かしすぎて、涙が。゜゜(´□`。)°゜。
日本の風景ですねぇ・・・。

投稿: みちくさ | 2013年3月 7日 (木) 20時09分

★ ばんびさん

実はウチのJRの最寄り駅の商店街には、ホントに映画のセットのような歓楽街が残っています。
東京最後の秘境かも

県境って、地元の人にしか違いが解りにくいもの。
でも一歩踏み込むと明らかに「ニオイ」が違っていて面白いモノですね
東京にも「埼玉臭いエリア」と「えっ?ココって神奈川ぢゃナイの?!エリア」がありますが、やはり本物とは「ニオイ」が違います。(「千葉臭」ってナイんですよ、ナゼか…)
「行政臭」とでも言えばイイのかな?

投稿: まりりん | 2013年3月 7日 (木) 20時28分

★ みちくささん

昔は日本全国、このホーローの駅名板でしたからねぇ~~~

ちなみに、枠の色(ここでは朱色)は、そこを走っている車両と同じだったんですよ。(東京は6~7色あったッス)
この線も、昔は朱色のディーゼルカーが走っていました

あぁ、ビバぢゃぱん

投稿: まりりん | 2013年3月 7日 (木) 20時33分

金指駅っていろいろと歴史を感じる駅なんだね。
日本各地の駅や駅周辺って特徴があっておもしろい!
・・・もっと鉄道で出掛けてたくさん見てみたいけど 駅が遠くて
まずは車で移動からになるの。
でも来週 平日にお休みの日もらえたら出掛けようと思ってる。

TH3000型の列車さん。
1両しかもう走ってないんだね。
私はTH3000型を実際に見た事も乗った事もないけど 目覚まし時計なら持っている

投稿: たこみ。 | 2013年3月 8日 (金) 05時51分

★ たこみー。

四国なんてナイスな駅の宝庫ぢゃ
いろいろ探索してみぃ~~

TH3000、そっか、持ってるんだよね…

投稿: まりりん | 2013年3月 8日 (金) 10時51分

戦時中に作られた駅舎が今も使われているんですね。びっくり。
しっかりと作ったからこそ、現役なんだね。
近頃の儲ければ良いという輩に、爪の垢を煎じて飲ませたい、なんちて…

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2013年3月 8日 (金) 23時25分

★ ジャネぽこさん

「ビンボー」というのも、モノを大事にする要素だと思います

ウチもビンボーだから、古い家を一生懸命ごまかして住んでまっせ~~~

確かに、古いモノはしっかりと作られたのが多いですね…
最近のモノは、きっと30年も持たナイでしょう…

投稿: まりりん | 2013年3月 9日 (土) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジオラマ日記 ~「プレイバックPart31」の巻~ | トップページ | プチ旅日記 ~「トーキョー横断、都営地下鉄」2013春~ »