« 旅日記 ~「上高地 2012」その5~ | トップページ | 旅日記 ~「上高地 2012」その7~ »

2012年8月23日 (木)

旅日記 ~「上高地 2012」その6~

前回「その5」のつづきーっ!

我々は、ついに「河童橋(かっぱばし)」に到着した
(画像をクリックすると拡大するよん)
601
絶景かな、絶景かな

穂高岳の雄大さを目の当たりにして、チト感動

さて、しばしの休憩の後、次へと進むのだが…

河童橋の先(上流)はこうなっている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
602
右下の黒い■河童橋

左上の「明神池(みょうじんいけ)」までが散策コースだ。
コレからがすごい景色が待っているらしい

だが、同行の友達が、昨夜会ってすぐに一言。
…ゴメン、明日畑の世話をしないとイケナイので、早めに帰りたいんだけど…
市の畑の家庭菜園をやっていて、一週間放ったらかしにしてたため、作物がスゴイ事になっているそうだ。

…ってなワケで、今回はココで引き返すことにした。
靴もトレッキング用のを履いていないので、今回はココが潮時だろう。
初めて来たにしては、軽装なのにだいぶ歩いてしまった…

…ってなワケで、河童橋の周りで写真を撮って戻ることに。
橋の両側でいろいろ撮りまくる。

まずは橋の正面を…
(画像をクリックすると拡大するよん)
603
もうこの時間で本格的な登山の格好をした人々が大勢いる。

コレから登るのか、山中泊で降りてきたのか…
どちらにせよ、この時間にこの格好でココにいることがスゴい

では、橋の全景を。

まずは、右岸側から。
604
右の建物が、さっきの売店。

宿泊や食事も出来るっぽい。

つづいて、左岸側を。
605
橋は、長さも高さもそれほどナイ。

ただ、意外と幅はあるようだ…。

さて、帰りのバスターミナルに移動するか。
左岸を川沿いに歩く。
今まで歩いてきた道が対岸に見える。

5分ほどでバスターミナルに到着。
606
山小屋風のオシャレな造り

行きのバスの運転士さんに言われたとおりに、すぐに窓口に行き、きっぷを見せて帰りのバスの指定を受ける。
直後のバスが8:40発だったので、それに決めた。

…こんなに早い時間だったら予約要らないだろうに

発車まで30分くらいあったので、バスターミナルの周囲を見物。
607
ターミナルには、お土産屋や食堂などが入っている。

シーズン中は賑わうようだ
(TVで観たときは混んでいた)

お土産屋には、長野県なのに、ナゼか山向こうの岐阜県高山の名物「さるぼぼ」のぬいぐるみが売っていた。
事実、高山方面へのバスもココから発着している。

ほどなく、我々の乗るバスがやって来た。
608
…意外と混んでるな

本日2番目のバスなのだが、乗車率は思いのほかイイ
泊まり組みが下山するのだろうか…。

バスは、ほどなく発車。

今まで来た道をゆっくり戻る。
大正池ももやが晴れたので、ハッキリ見える。

あの急坂の「釜トンネル」を降り、下界の俗世間へと戻った。
あとは、黙々と山を降りるだけ。
明るいので、行きに良く見えなかった場所をくまなく眺める。

途中のバス停で、乗ろうとした客の対応で数分間停車する。
これが都会ならみんなイライラするが、そこは運転士さんナイスなアナウンス。

このバスはこういった事のために、時間を充~~分とってありますからね。遅れることはありませんよぉ~~

穏やかな笑顔で話すその光景に、車内からは笑いが…(^艸^)
だからイナカのバスって好き
結局、乗ろうとした客は、すぐに真後ろにやって来た(高山発)松本行きの直行バスに乗り込んでいった…。

バスはやっと発車した。

朝のダムの上に差し掛かった。
609
いやぁ~~~、やっぱスゴいね、ココ

日差しと心地良い揺れのため、しばしウトウト…
やがて、バスは終点の「新島々」駅に到着した。(9:45着)

…朝とは景色が違うぞ

今でも世間では「」なのだが、日差しの角度が違う。
なので、フンイキがまるで違って見える。

バスを降りる。
手足を伸ばして、リラックス

さて、ココからはまた電車に乗り換えるのだが、10:06発とのことなので少し時間がある。

…ってなワケで、行きに気になっていた建物を見ることにした。
610
道路を挟んだ対面にあるこの建物、実は昔の島々駅舎なのだ

災害で廃止になったあと、この地に移築・保存されているのだ~~~

道路を渡って、建物に近づく。
(画像をクリックすると拡大するよん)
611
おぅ!ぷりちーーーっ♪

カワイイ駅舎ではナイかっ

左の駅舎入口上には「旧島々驛舎」と書かれている。
(すべて旧字体を使うなら「舊島々驛舎」なのだが…)

駅舎の中では、地元の野菜や果物・お土産物などが売っていた。
建物の中もちゃんと再現されているっぽい。
(現役時代を知らないもので…

新島々駅の周辺はこんなカンジだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
612
たんぼ、あおあお~~~~~

まさに「緑一色(りゅういーすー)」だ
奥が上高地方面。

さて、あまり時間もナイので、駅に戻ろう。
613
…といっても、目の前だしね

改札を通り、ホームに上がる。
614
早朝には見れなかった、島々駅へと通じていた線路がハッキリ見える

我々が乗る電車はすでに停まっていた。
615
…お、今回の列車にはヘッドマークが付いているっ

地元のサッカーチームの応援用だ。
松本のプロサッカーチームって…
(オラ、知らん。(笑))

発車まで電車をまぢまぢと眺める。

まずは行き先を。
616
電光の行き先表示器とは別に、ステッカーの行き先案内も貼られている。

イチバン英語っぽい「ワンマン」だけが英訳されていないというオチ。
(英語の「One man」は「一人の男」という意味なので、そのままでは通じない)

そして、先頭には…
617
行きの日記で説明した、「自転車専用」の置き場と案内ステッカーがある。
→こちらの日記を参照してね

さて、発車時間だ。
618
信号もだぞ

こんどは早朝と違って各駅停車なので、列車はのんびりと走る。

ちょうど路線の真ん中だろうか、「新村(にいむら)」という駅に着いた。
619
ホームの屋根と松の木が、何ともイイ味を出している

さらに、この駅にはもっとお楽しみスポットがある。

それは…
620
車庫があるのだぁ~~~~♪

しかも、イキナリ目の前に電気機関車ぐゎっ

この機関車、普段はもう使用していない。
昔は貨物を引っ張っていたのだが…

見えやすい手前に置いてくれているこの親切さ
ありがたや、ありがたや…(-人-)

そして、奥の車庫のほうには…
621
青ガエルぅ~~~~~っ

今や超貴重な電車が留置されている。
左の緑色の電車は、元東急電鉄の「5000系」という車両だ。
その丸っこくてぷりちーな形状から、「青ガエル」と呼ばれて親しまれてきた。

長野県他のローカル私鉄に譲渡され、しばらく走っていたのだが、どこも老朽化のために廃車となってしまった…。
いやぁ~、東急東横線大井町線などでよくコレ乗ったよ
お子様の時、ドアの窓にへばりつこうとすると、車体の丸みのせいで足のつま先がドアの裾に思いっきり当たって、よく痛い思いをしたもんだ。
懐かすぃ~~ねぇ~~~♪

余談だが、この青ガエルたんと白い車両の並び、紛れもなく数十年前の「渋谷(しぶや)」駅そのものなのだぁ~よ
京王井の頭線東急東横線
昭和50年代の光景が平成24年に見れるとゎ…

しばしのコーフンタイム(笑)のあと、電車は何事もないかのように発車。
(事実、何もナイのだが。(笑))

駅に停まるごとに乗客が増えていく。
622
休日の朝なので、松本駅前の商店街やデパートに出掛ける地元民が多い。

観光客も、何気に3割以上乗ってるのだが…

ドア脇にあるオレンジ色の整理券発行機がイイねっ

電車は文字通りテコテコ走り、10:35松本駅に到着した。
…あぁ~~、なんか帰って来ちゃったね。(笑)

ココからはまたJR線東京に戻るぞ~~。

でも、その前に腹減ったぁーーーーーーっ

つづき「その7」はこちらーーーっ!!

|

« 旅日記 ~「上高地 2012」その5~ | トップページ | 旅日記 ~「上高地 2012」その7~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

お腹空くよね。夜行でビールとちょっとおつまみ。
ほとんど食べてないから、いつ朝ごはんの休憩するんだろうって思ってた
松本ヤマガFC。昨年、松田選手が急逝して、みんなが泣いたあのチームだよ。サッカー詳しくないけどね。
ホームに松の木があるのって電車の運行を寿いだんだろうか?
桜や、花壇があったりするのもいいと思います。
しばらく電車来なくてもベンチで文庫本読んで居られそう。

投稿: ばんび | 2012年8月23日 (木) 00時33分

★ ばんびさん

この時点までに、ビールとお菓子以外にはパン1個しか食べてません…

ホームに木が生えている駅って、案外あるものです。
ホッとしますね

投稿: まりりん | 2012年8月23日 (木) 10時22分

まりちゃん

さすが鉄だね!
私らには分からんところでテンションね。
さ、お弁当は何をこさえましょうか

投稿: あめぶる | 2012年8月23日 (木) 10時22分

★ 師匠ぉ

鉄スポットは、みんなが見ていないところに存在する…

おべんとは、山菜と鶏肉で~~~~

投稿: まりりん | 2012年8月23日 (木) 12時31分

「明神池散策コース」歩いてみたい。

…8:40には上高地を後にしてたんだね。
駅舎が保存されてるっていいね。
親しまれた場所がなくなるのは寂しいもんだよ。

あの電気機関車の位置は偶然?
それとも見てもらうためなのだろうか。

こうして他県の電車が見れるのって嬉しいし 楽しいなぁ~。

投稿: ひめ子 | 2012年8月23日 (木) 13時49分

★ ひめぽ

上高地、もう1回行って来るどーーーーっ
今度は全部歩いてやるっ

この辺は地形が険しいので、台風が来るとすぐガケ崩れで道や線路がダメになってしまう…
自然の力には逆らえないや。

この機関車、動かしたカンジがしてないので、おそらくずっとココに置いてあるのでは
(それ以前にまだ動くのか?!)
線路の上に架線(電線)もナイでしょ。もう単独では動けないと思う。

地方私鉄はそれぞれ違う味があって楽しいねぇ~~~~

投稿: まりりん | 2012年8月23日 (木) 14時35分

追記  昨日やってたTVの「いい旅夢気分」より、
この日記の方がう~~~~~~~~~~~~~んといい!
朝早く着いたのは正解だったね。
河童橋はTVクルーが付いてても人払いが出来ない程混んでるんだもんね。

投稿: ばんび | 2012年8月23日 (木) 18時07分

バーチャル上高地トラベルとても楽しませて頂きました!!
朝8時に帰途につくのは一見早すぎるように見えますがよく考えたら4時台から松本に滞在していたのですね・・・その上軽いトレッキングまで・・・

>緑一色
綺麗な緑を見ると目が癒されますね~
田んぼがびっしり緑で埋められる夏のこの時期が一番好きだったりします。

>ホームに松
力強くてカッコいいです~!!
有名な近江鉄道の鳥居本駅のホームの樹は可愛いですよね!!(写真でしか見たことありませんがorz)
「東の島々西の鳥居本」・・・なんつって

>東急5000
熊本方面に魔改造されたのがいたような・・・

投稿: sigepe | 2012年8月23日 (木) 18時49分

上高地、魅力的だね

自分だけだったら知らない良さを
この日記で知り、更に
旅が楽しくなるね

また春夏秋冬でいろいろ景色が
違うのだろうね

青ガエル、私も観たい~

投稿: piyoko | 2012年8月23日 (木) 20時00分

ホント、涼しそうですぅ…
川から心地よい風が吹いてきそうですね。
バイクでぶおーんって行きたいですけど、だんなさんのおんぼろバイクだと自然を満喫している皆さんに怒られそう

投稿: みちくさ | 2012年8月23日 (木) 21時24分

★ ばんびさん2

v( ̄(●●) ̄(    @    ) ブヒ

投稿: まりりん | 2012年8月23日 (木) 23時26分

★ しげ平

これがフツーの人だったら、4時間遅く行動開始してたでせう。
だから、朝8時に松本着いて上高地に行き、14時半に松本へ戻ってくる。
ごくフツーの滞在時間だべ~~~~

ホームに樹木、お京阪の萱島駅もなかなかのモンだべ

青ガエルたん、ココはもう結界の外なので魔法が効くからねぇ~~~

投稿: まりりん | 2012年8月23日 (木) 23時32分

★ おピヨ

青ガエルたんなら、渋谷駅のハチ公前に実物置いてあるで~~

投稿: まりりん | 2012年8月23日 (木) 23時33分

★ みちくささん

では、高速降りたら松本駅から電車&バスでのんびり行ってみませう

投稿: まりりん | 2012年8月23日 (木) 23時34分

青ガエルだ~~~!!ナツカし~・・・

小学校の時スタンプラリ-やった時に乗ったような気がする・・

投稿: ゆ-ちゃん(疲労感あり) | 2012年8月24日 (金) 23時30分

★ ゆーちゃんさん

青ガエル、当時はあまり好きではなかったのですが、こうして今見てみるとナカナカのモンですねぇ~~~

スタンプラリー……そっか、地元ですもんね

投稿: まりりん | 2012年8月25日 (土) 14時54分

まりりんさんはじめまして^^
セシルといいます。いつも ポッチと、いいねをありがとうございます^^初コメさせてもらいます(*^-^)
いつも素敵な写真で毎回旅行に行った気分です♪
電車の旅したい

投稿: セシル | 2012年8月25日 (土) 22時27分

通りかかったらなんだか自分の理由が書かれていたのでカキコ。

25日の朝日新聞朝刊に「大正池」がなくなるかも、と言う記事が。どうも原因はあの東電らしい。よく理解できなかったけど水資源の管理がうんちゃらかんちゃらで維持費がかかるとかで、脅しかけているみたい。

あと、やはり今日立ち寄った古本屋で岩波の戦後間もない頃のガイドを立ち読み。やはり水量は豊富で、今と少々違った感じだった。それと興味深いのは、リアにズダ袋満載のボンネットバスが、舗装されていない狭い道を走っている数枚の写真。
よくあれで旧釜トンネルの坂道を登っていけたな〜、と関心させられた。
図書館とかにもあるかもしれないから一読してみて。

勝手ながら今日だけこの名前でうpさせてもらいました。

投稿: 農村マン | 2012年8月26日 (日) 00時26分

★ セシルさん

この日記では はじめまして

気ままな列車旅ばかり書いていますが、気が向いたときにはお立ち寄りください。

列車の旅は、車と違ってプライベート空間はありませんが、それゆえにまた違った楽しみがありますよ
秘訣は、地元のオバチャンの横に座るべし

投稿: まりりん | 2012年8月26日 (日) 01時03分

★ 謎の農村マン

東電は上層部が腐りきってるからねぇ……
(本気で金の事しかアタマにナイみたい)

釜トンネルはもっと調査する必要がありそうだ
シーズンはずしてまた行くべ

投稿: まりりん | 2012年8月26日 (日) 01時07分

まりりんが行く場所は自然に囲まれていて凄く綺麗なところが多いですね
ミュウちゃん癒されるわ~~ん

投稿: みゅう | 2012年8月26日 (日) 19時49分

★ おみぅ

…いやいや、おみぅの近所の景色には何やっても勝てないッス

いつか行ってやるゾ……
(行くと言ったからにはセッタイに行く

投稿: まりりん | 2012年8月26日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「上高地 2012」その5~ | トップページ | 旅日記 ~「上高地 2012」その7~ »