« 旅日記 ~「上高地 2012」その3~ | トップページ | 旅日記 ~「上高地 2012」その5~ »

2012年8月16日 (木)

旅日記 ~「上高地 2012」その4~

前回「その3」のつづきーっ!

いよいよ「上高地(かみこうち)」に着いたぞ

では、スタート

-------------------

6:20ころ、バスは上高地の「大正池(たいしょういけ)」に到着した。
401
いやぁ~~~、やっと着いたッス

バスを降りたら気温15℃
肌寒いので、持ってきた上着を着る。
空気もヒンヤリ。
完全に高原の森の中

はすぐ足もとにあるというので、バス停横の階段を降りる。
すぐに湖畔が見えた

湖畔には多くの人がいた。
402
みんなカメラを持って、じっと何かを待っている

何を待ってるのだろう?
みんなが見ている方向を見てみる。

そこにはあの大正池があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
403
……み、見えなひ

日の出直前なので、もやがすごくて視界がナイ。
池の上には活火山焼岳(やけだけ)」が聳えているのだが、うっすらとしか見えない。

…みんな、もやが晴れるまで待ってるんだぁ。

池の中心のほう(右側)も見てみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
404
……イイ

もやがとっても幻想的で、コレはコレでヒジョーにイイっ
早起きした甲斐があったぞ

…しっかし、ホントに視界が真っ白だ。
動いているものは湖畔の人間だけだ。

…いや、なにか湖面にいるぞ

近づいてきた。
405
カモりん

人慣れしてるので、何の警戒心もなく近づいてくる。
カワイイが、エサをあげてはイケナイ
(禁止されている)

ここで晴れるのをずっと待っていても時間がMOTTAI-NAI!ので、初心者散策コースを歩くことに。

すぐそばに案内板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
406
右上の赤い所が現在地。

そこから左に向かって、川沿いのオレンジ色の道を歩いて行く。
左側にある黒い■に書いてある「河童橋(かっぱばし)」がゴール

ちなみに、この川は「梓川(あずさがわ)」という。
中央線の特急「あずさ」号は、この川の名前から命名された。
(バスが走ってきた道沿いの川も、梓川だよん)

さて、歩こう

まずは湖畔と車道の間の森の中を進む。
(画像をクリックすると拡大するよん)
407
イイねぇ~~~~♪

なんて幻想的なんでしょ
6時間前まであの「トウキョー」にいたとは信じられない。

右にある水上の遊歩道を進む。

てくてく…。

途中で、ふと振り返ってみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
408
これもなかなか♪

どこを見ても画になるねぇ~~~~
朝もやと水の音と鳥たちの鳴き声が素晴らしい

ほどなく、道はまた湖畔に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
409
おぉ!いぇい!!

これだ、これだ
TVとかで見たことあるぞ

水面から生えている立ち枯れた木々たち。
これが大正池の名物

決して「エ●ンゲ●●ン」ぢゃナイぞ

近くに看板があった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
410
…ほうほう。

この下に1mも砂利が埋まってるのかぁ~~~。
それだけ、大雨とかで土砂が流れ込んでくるということ。
自然の力はスゴイっ

またもや道は森の中へ…

少し歩いたら、突然目の前に動くモノ
411
やまばとさんだぁ~~

近づいてもぜ~んぜん逃げない。
なので、写真を撮ろうとトライしたが、チョコマカ動くのでキレイに撮れなかった…。

少し進んだら、湿地帯に出た。
(画像をクリックすると拡大するよん)
412
イイねぇ~~~~~~~っ♪

中に走って行って思いっきり寝転びたいけど、湿地帯なので間違いなく水没する。(笑)

ここで道は左右に分かれる。
順路は左なのだが、右には小さな池があるらしい。
なので、チラッと見に行った。

ものの1分ほどで池に着いた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
413
いやぁ~~~~~~~~~

…言葉にならないね。
ホント、寝ないで旅に出て良かった~

この池はかなりの流量がある。
水は右側にある大正池に流れている。

右側を見てみると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
414
おぉ!カモりんの家族だっ

観光客が集まって「かわいい~~~~」と言いながら見てたら、だんだんこっちに近付いてきた。
そしてみんなの目の前をテコテコ横切って、草むらの巣に帰って行った。
やはりみんな警戒心がナイようだ
みんな写真撮りまくりっ

カモりんたちが消えていった草むらの脇に、看板が建っていた。
415
ほうほう、ココは「田代池(たしろいけ)」というのか。

さて、順路に戻ろう。

先ほどの湿地帯をテコテコ進む。

すると、目の前にこんなものが…
416
立派なクモの巣だ

これほどまでに見事なカタチのデカい巣は久々に見た。
やはり都会ではこんなの見れナイからねぇ~~~。
朝露が付いているのがまた良い

湿地帯を抜けたら、またになった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
417
ココからは見晴らしが利く、比較的まっすぐな道になっている。

…だんだん明るくなってきたぁ~。
そろそろ日が差すぞ

おっしゃさらに行くぞーーーーーーっ

つづき「その5」はこちらーーーっ!!

|

« 旅日記 ~「上高地 2012」その3~ | トップページ | 旅日記 ~「上高地 2012」その5~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

ここが噂の上高地ですか・・・・・・!
流石結界が張ってあるだけあってとても神秘的ですね~!
結界で区切られた場所って無性にワクワクしますね
好奇心が刺激されまくりですw
北朝鮮も然りです。。
板門店で反復横跳びしたいですぅ~

>あずさ
6:08松本発 5052M
て…これではいきなり新宿に帰ってしまいますね。。

>●ヴァ
ウホッ(´д`*)
もう雰囲気からしてテンションが上がりすぎてヤバイです
本当は箱根なんですけどね。。特に立ち枯れた木の画像なんかもう素晴らしいですね(ニヤリ

投稿: sigepe | 2012年8月16日 (木) 00時50分

朝もやの中を進むって期待感にあふれていて
わくわくしますね。でも人が多いね~。
特にいいカメラを構えた中高年。
そんなに写真ばかり撮ってどうする?
本当に素晴らしい光景は心の中にくっきりと焼き付いているよね。
私たちはこうして人様の日記でいろんな風景を見せてもらってるけれど、
実は人柄を見ているのかもしれない。

投稿: ばんび | 2012年8月16日 (木) 01時13分

白いもやが幻想的だね
そのあと、ぱぁ~っとさんが
出てきたらもっと良かったね~

かもりんが可愛い~

梓川から特急「あずさ」の名前が
つけられたんだね~

くもの巣にスパイダーマン
いませんでした?
デカイね~

投稿: piyoko | 2012年8月16日 (木) 09時04分

★ おしげっぺ

どうだ、魔法は使えないだろう…

>板門店で反復横跳び

その日の使用国により、保護されるか射殺されるかが決まります

>6:08松本発 5052M

「あずさ2号」は、かまってくれない男にさっさと見切りをつけて、別の男と新宿から信州へ旅立つ歌よ

現在の「8時ちょうどのあずさ2号」…大月駅で発車のノッチ入れた瞬間です。(笑)

>●ヴァ

アナタのためだけに書いたネタよ

投稿: まりりん | 2012年8月16日 (木) 10時14分

★ ばんびさん

湖畔にいた人数、正直驚きました。
近所のホテルの客たちが、もっと早くから来ていたみたいです…。

旅日記というのは、書く人も写っている人も人柄が出てしまうモノなのですね~

投稿: まりりん | 2012年8月16日 (木) 10時18分

★ おピヨ

あの場所でもやが晴れて山に日が当たるまで待っていたら、少なくてもあと30分は待っていなければならないと思う。

カモりんは結構あちこちにいたよん

特急「あずさ」は、スナックのママの名前が由来ではアリマセン(笑)

スパイダーマンは、茂みに隠れてて見れませんでした。

投稿: まりりん | 2012年8月16日 (木) 10時22分

早朝のモヤモヤはイイよね~。
空気も澄んでて気持ちが落ち着く。

河童橋ってもしかしたら上高地で検索した時に見ちゃった橋かな?
まり日記で大正池の枯れ木の出番を待ってたんだ。
目の前で見たんだね。見てみたいよ。

ヤマバトさんならうちの庭歩いてるよ。
「エ●ンゲ●●ン」…気になって考えた。
残酷な~♪

投稿: ひめ子 | 2012年8月16日 (木) 14時05分

★ ひめぽ

河童橋は、「上高地」といえばまず最初に出てくる光景なので、仕方ナイね・・・

やまばとさん、東京都心にもいるんだけど、ドバトさんのほうが圧倒的に多いので、単体で目の前で見る機会というのは少ない・・・プゥ

投稿: まりりん | 2012年8月16日 (木) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「上高地 2012」その3~ | トップページ | 旅日記 ~「上高地 2012」その5~ »