« 旅日記 ~「上高地 2012」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「上高地 2012」その4~ »

2012年8月13日 (月)

旅日記 ~「上高地 2012」その3~

前回「その2」のつづきーっ!

今回も「上高地(かみこうち)」のおハナシを…。

では、スタート

-------------------

新島々(しんしましま)」駅でバスに乗換えだ

5:20にバスは上高地に向けて発車した。
301
あと1時間ほどで上高地に到着だ

後ろを振り返ると、山の間から太陽が顔を出し始めた。
302
イイねぇ~~~♪

バスは早朝の山道を、集落をつなぐように走り抜けて行く。
303
運転士さんも、早朝なのでおだやかに丁寧にアナウンスしてくれる。

いろいろな注意事項などを聞き、しばしの静寂タイムへ…
バスでも4ヶ国語での自動放送が流れる。
外国人観光客への対応はカンペキだ

…本格的に明るくなってきた。
304
太陽がまぶすぃ…。

夜行列車でずっと目を開けていたので、こうも明るいと目が痛い

ほどなく、バスは大きめな集落に入った。
すると、イキナリ曲がって脇道の狭いところに進入。
…どこに行くんだろう??

…あ、バス停があった。
どうやら、こっちの細い道が昔からあった道っぽい。

ココは「島々(しましま)」。
以前はココの対岸手前まで鉄路が伸びていたそうな。
結構、急峻な谷間の集落だぞ…

バスはすぐにもとの大きな道に戻った。
305
右が島々の集落。正面が上高地方面だ。

だんだん周囲の景色が険しくなる。

しばらくして、川を挟んだ向こう側に奇妙な建物が建ち並び始めた。
306
水力発電所

バスのアナウンスも「~~発電所」などという名前が多くなってきた。

そしてほどなく、またもや変わった建造物が目に…
307
ダムだっ

ココから先はダムがいっぱいあるそうな。
明け方だったのと、まさかダムがあるなんて思ってもいなかったので、写真を撮るのに失敗した…
これは「水殿(みどの)ダム」という。
手前にあった「稲核(いなこき)ダム」は完全に撮影できなかった…。

このダムから少し道を登っていくと…
308
またもやダムが。

山の狭間にポツンと見えるね
バスはこのダムに向かって走っているっぽい。
道は狭く、かなりくねくねしている。
バス同士のすれ違いは大変だろうなぁ…。

そして、バスはトンネルをいくつも抜け、「奈川渡(ながわど)ダム」に到着した。
309
…って、ダムの上を走るのかいっ

これはスゴいっ

ダムに出る直前にも、トンネルの中で道が分岐してたし…
なんかいろいろ変わったのがあって面白いぞ

ダムの上から下流側を見る。
310
おぉ!絶景かな、絶景かな♪

太陽さん、こんにちぽ。

バスの車内にも日差しが入って来た。
311
足元はダム。目の前は山肌の壁面だ。

上流側、つまりダム湖のほうを見る。
312
おぉ!タップリ♪

これだけ高低差があって流量があったら、水力発電にもってこいだ

…ってか、友達が口をポカーンと開けて寝ている。
なんかおマヌケっぽくて笑える。

バスはすぐに長~いトンネルに入る。
そして、しばらく走ると少し見晴らしのイイ空間に到着した。

バスは道から逸れて、大きな駐車場にあるバス停に停車した。
313
ココから数名の観光客が乗り込んできた。

正面を見ると…
314
タクシー乗り場」もあるねぇ~。

ココは「沢渡(さわんど)」という所で、いくつもの大きな駐車場がある。
上高地に行く観光客は、ココでバスかタクシーに乗り換えなければならない。
環境保全のため、マイカーの乗り入れが禁止されているからだ
なので、バスも駐車場にこまめに停車して、乗客を拾って行く。

…わぁ、もっと道が狭くなってきたっ

ココから先はかなり注意して運転しないと危険だ。
マイカーも走っているが、これらの車は上高地には行かない人々だ。
この道、なんと岐阜県の「高山(たかやま)」につながっている…
(松本⇔高山は案外近い)

しばらく進むと、いきなり川の向こう側にスゴい景色が現れた。
315
ガケ崩れだ

下の川がほとんど埋まってるね。
少し前に大雨でガケ崩れが発生して、上高地にいた人々が帰れなくなった事があった。
ガケ崩れは頻繁に起こっているようだ…

ひえぇぇぇ~~~~

この辺では、川原から煙が出ている場所がいくつかある。
そこからは温泉が湧き出ているのだ

かなりワイルドな景色になってきたぞ
もうこの辺は「日本の屋根」の区域だろう。

しばらくして、道が分岐する所にバスは到着した。
316
奥の道が岐阜の高山に抜ける道だ。

高山への道は、橋を渡ってくるりと向きを変えて山に消えて行く。
その道の先に「安房(あぼう)トンネル」という長大トンネルがある。
トンネルのおかげで、高山にはかなり便利に行けるようになったとのこと。
それまでは、とんでもナイ山道(安房峠)を走り抜けていた…。

ただ、この安房トンネル、なんと活火山のすぐ脇(わずか6Km横)を通り抜けているんだって
すんごい所を掘ったモンだ…。

バスは道を曲がらずに、正面にあるトンネルに入って行く。
317
ココは「(かま)トンネル」といい、上高地へ行くただ1本の道だ。

ココのトンネル入り口手前でマイカーは通行止め。
監視員も立っている。 

以前はもっと狭くて低くて急勾配の、日本一険しいトンネルだったそうだが、十数年前に新しくこのトンネルを掘り直したのでかなり楽になったそうな。(左の小さい入り口が旧道)
それでもかなりの急勾配で、バスは一生懸命登って行く。
がむばれっ

トンネルを抜けると、上高地はもすうぐ

バスは黙々と道を進む。
318
…またガケ崩れ発見

この辺は厳しい自然環境なのだなぁ…
自然の力はスゴい

運転士さんが、帰りのバスの乗り方についての注意をアナウンスし始めた。
観光シーズンなので、帰りのバスの便指定は早めに取るように」とのこと。
(帰りのバスはフラッと自由に乗れない。満席だと乗車を断られる。上高地のバスターミナルで便の指定を受ける)
それと、「昨日ものすごい雷雨があったために、今日も午後は雷雨がある可能性が高いので注意するように」とのこと。
高山地帯の雷の強烈さを甘く見るな」とも言っていた。

さぁ、終点はもうすぐだ
319
正面からまぶしい光が見えてきた

窓の外を見ると…
320
緑鮮やかな白樺の木が

わくわく♪

そして道を曲がると視界が開け、が見えた。

バスは池の脇にあるバス停に停車した。
321
到着ぅ~~~~♪

我々は「初心者コース」を選んだので、ココで下車することに。
バスの終点は、もう少し先だ。

このバス停の名は…
322
大正池(たいしょういけ)」。

そう、あの有名な大正池に、ついにやって来たのだっ

わくわく♪

わくわく♪♪

…それにしても涼しい。いや、寒い
途中の道路に表示されていた気温は「15℃」。
つい数時間前まで、「30℃」ありませんでしたっけぇ~~~
さすが高原の早朝(6時20分)。

池は階段のすぐ下にある。
おっしゃ!行くぞーーーーーーっ

つづき「その4」はこちらーーーっ!!

|

« 旅日記 ~「上高地 2012」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「上高地 2012」その4~ »

旅と鉄道(04甲信越)」カテゴリの記事

コメント

きゃー!遂に大正池到着ー。って続くのかいっ!ダムの上を走ったことないすか?天竜川の川沿いの佐久間ダムへ向かう道はトンネルだらけ。20年前は灯りがついてなくて真っ暗。車の前照灯だけが頼り。しかもトンネルがカーブしてたり、勾配がついてたりして、生きた心地がしませんでした。
崖崩れは怖いねえ。小さな落石でも、当たれば車凹んじゃうし。
でも昔に比べたら、道もトンネルも良くなったんだね。
バスの中でのご来光まぶしいっ
続きが楽しみ~。ああ、上高地上高地

投稿: ばんび | 2012年8月13日 (月) 00時32分

またまた良いところで・・
焦らすなぁ~

上高地へ行くまでいろんな景色を
見ながら進んで行くんだね

ダムは近くで見たことなくて・・
ぜひ見てみたいと思ってるんだ

上高地と高山は近いんだね
地図を把握してなかったので
それを聞いて驚いてしまったわ

山と山の間から出てくるは、
昔~父の田舎へ行く途中でよく見た光景で
どこの場所で見ても
そのことを思い出してしまうんだぁ

投稿: piyoko | 2012年8月13日 (月) 05時00分

新島々からバスに乗って1時間でしょ?
上高地までまだまだ距離があるんだね。

な…なんだろ?全然 こちらとは違う場所なんだけど 風景がこちらと似てるような気がしたよ。
お友達が写ってるあの写真。高知に向かう途中にあるダム湖に似てる。
ちなみに私の実家がある田舎道も狭いよ。(笑)
よく軽トラ落ちてる。でも杉の木に引っ掛かって助かるのだ。
あとトンネル。田舎への帰り道は峠を走るんだけど 今年 新しく道路が出来て(主にトンネル道)随分楽になったと両親が言ってた。
昨日 走ったけど、かなり長~~~~いトンネルだったよ。
あ!大正池って問題も抱えてるみたいだけど、とっても素敵
写真撮りた~~~い

投稿: ひめ子 | 2012年8月13日 (月) 13時41分

★ ばんびさん

結構引っ張るべぇ~~~
まぁ、移動中も旅の楽しみの一つなので許してちょ

ダムの上、フツーの生活してたら走りましぇーーーーん

佐久間ダムや黒部ダムは「ダムの王様」ッスよ。
つまり「キングダム」だがや~

さぁ、次回からはホントに上高地の景色だがやーーーー

投稿: まりりん | 2012年8月13日 (月) 21時04分

★ おピヨ

バラエティ番組よりは じらしてナイべ

旅は移動中も大きな楽しみ。
寝てたり、本読んでたり、おしゃべりしてたのではMOTTAI-NAI

高山までは直線距離だと凄く近いんだけど、その間には「日本の屋根」が聳え立っている…
なので景色が美しいんだろうね

山の朝日はいつ見ても美しい

投稿: まりりん | 2012年8月13日 (月) 21時10分

★ ひめぽ

上高地は「日本の中心」といってもおかしくナイ所にあるべ
やっぱ、行くのには「それなりの覚悟」が必要だ

最近の山間の道はどこもキレイに整備されて走りやすくなったね
東京の山奥「奥多摩」も便利になったよ

愛媛であんな景色見てたら、上高地に来る必要ナイねぇ~~~(笑)

投稿: まりりん | 2012年8月13日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「上高地 2012」その2~ | トップページ | 旅日記 ~「上高地 2012」その4~ »