« 離島の旅日記 ~「めんそ~れ、那覇。2006」~ | トップページ | 離島の旅日記 ~「お~りと~り、石垣島。2006」その2~ »

2012年6月14日 (木)

離島の旅日記 ~「お~りと~り、石垣島。2006」その1~

前回「那覇」のつづきーっ!

離島の旅」シリーズだよ~ん
(一部の写真は、クリックすると少し拡大されるよん

今回は、沖縄県の第2の拠点「石垣島(いしがきじま)」編を…。
201
隣の「竹富島(たけとみじま)」から見た石垣島の中心地。

沖縄といえば石垣島を抜きには語れない。
私のお気に入りの島だ

同じ沖縄県でも、本島(那覇)と「八重山(やえやま)列島」(石垣・西表など)では言葉も文化も多少異なる。
例えば、那覇の「めんそ~れ(いらっしゃい)」は、石垣では「お~りと~り」となる。
南風」という字も、本島では「はえ」と読み、石垣では「ぱいかじ」と読むことが多い。
「沖縄」で一括りにせず、別物として考えて接したほうが、各島の本当の姿が見えてくる。

では、スタート

------------------------------

那覇で遊んだあとは、ひこーきに乗って石垣島へ。

石垣島は八重山列島の中心的存在で、生活・観光・行政などの全ての拠点になっている。
なので、まずは石垣島へ行かねば何もスタートできない…。

那覇から360Km離れた石垣島へ到着
202
石垣空港のターミナルビルだ。

ココはチェックインカウンター。

少し引いたアングルで見ると…
203
こんなカンジ。

奥が出入り口。
手前が待合席、右側がおみやげ物売り場だ。

では、右側を見てみよう。
204
島の特産物がたくさん売られている。

奥にはレストランがある。

さらに、右側には…
205
待合席の後ろに軽食スタンドとおみやげ物屋がある。

これが2006年当時の石垣空港の全容だ。
…つまり、これだけしかナイ

空港の知名度の割には設備が小さいのでも有名だった。
滑走路も短く(1500m)、大型機が着陸できないので、ひこーきはいつも混んでいる。
(この頃、移転・拡張計画が動き始めた。2013年3月に移転)
でも、この「ローカルさ」は好きだなぁ~

空港は市街地の隅っこにある。

あっひこーきがやって来た
206
しまむら」に突っ込んで来るぅ~~~~っ

滑走路のすぐ近くまで建物が建っているので、着陸風景を見ていると結構面白い
マックスバリューの駐車場にいると、離陸するひこーきのジェットエンジンの爆音を浴びることが出来るぞ

その、ひこーき達はこんなカンジ。
207
中型ジェット機だ。

羽田からの直行便もこのサイズでやって来る。(このサイズが限界)
着陸した瞬間に、すんごいイキオイで逆噴射が始まる。
ホントに滑走路が短い…

このひこーきが飛んでいた場所はというと…
208
キターーーーーーーーーーーッ

これだこれだ
これぞ、南の楽園

那覇でもキレイだと思っていたが、ココはそんなモンぢゃナイっ
いやぁ~、来て良かった

ちなみに、ココには小学校(八島小学校)が建っていて、教室からこの光景が見られる。
うらやましい…

さて、街の中心部にあるへ行って見よう
209
高速船がいっぱい泊まってるねぇ~。

ココは「離島桟橋(りとうさんばし)」と言い、八重山の各島へ定期便が出ている。
(2012年の現在では、少し西側へ移転されて、大きくキレイになった)

港の目の前は、島の中心部。
アーケード商店街を中心に、周辺にお店がたくさんある。

その中の一軒が目に留まった。
210
間口、狭っ

どう見ても、幅はタタミ1枚分(1.8m)しかナイだろう…

街にはフツーの居酒屋もある。
211
沖縄なのに「北海道夢Jr.(ほっかいどーむ じゅにあ)」

ココは初めて石垣に来た時に毎日通った。
タイムサービスがあるのだが、オリオンビールの発泡酒(生)が、なんと1杯50円
それに、にぎり寿司350円

寿司を2人前つまみながら、生ビールを6杯飲んでも1000円♪
めっちゃ安い

ただ、さすがに儲けが取れなかったのだろう、この写真を見ると発泡酒が1杯100円になっていた。
…そりゃそうだ。

ほかの料理もとってもおいしいので、ココはオススメだ
泡盛も格安なのがあるで~~
(沖縄人は、泡盛は水割りかお湯割りで飲む。ロックで飲む人はいない)

この店を見ると、飲み過ぎてコンビニの前でヘタッて座り込み、スコールに打たれたことを思い出す…

石垣島は二度行った(2003年と2006年)が、泊まったお宿は1軒のみ。

そのお宿は↓コレだ。
212
どうだい?「うちな~」チックだろう

それもそのハズ、古い民家を安宿にしてしまったのだ。
建物にはほとんど手を加えていない。

宿の名は「コスタ・デル・ソル」。
1泊1500円という格安さ
わずか1500円で沖縄の古民家に泊まれるのだから、素晴らしい
(長期滞在すると、1泊750~1000円くらいまで値下げしてくれる)

敷地の入り口は写真の右奥(裏側)、建物の玄関は左側にある靴箱のところ。

建物の中を見ていこう。

上の写真で洗濯物を干してある部分が、廊下(縁側)になっている。
213
ココに最初に荷物を置いた時点で、帰るまでそこが自分の荷物用陣地となる。

左側が部屋だ。

この美女2人は昔の居酒屋のバイト仲間。
奥のちっこいのが、以前書いた屋久島にもいた娘だ。
手前の超美女と石垣島まで、このちっこい娘に会いに来たのさ
(この写真は2003年に撮ったもの)
このちっこい娘は、石垣島にもしばらく滞在していた…。

部屋の中は、ごくフツーな畳敷きの民家のまま。
家の真ん中には神棚とテレビが置かれている。

そこに、木製の2段ベッドがいくつも置かれている。
214
こんなカンジだ。ウシ小屋ではナイ。

ちなみに、この白いカーテンの向こうは女性専用ルーム♪
布1枚隔てた向こう側には…

ココにフトンを敷いて、全員で寝るというワケ。
クーラー&間仕切りはナイ。
だって「ドミトリー」だからだ。
海外ではごくフツーの形式。

当然、イヤでもみんなと仲良くなる
トイレ・シャワー・洗濯機・キッチンはすべて共同。
だって、元民家だもんね。

なので、なんか「友達の実家に遊びに来た」感覚で楽しい
みんなでスーパーに買い出しに行って、一緒にご飯作って食べたりもした。

余談だが、前回の「屋久島」編のときに宿で知り合ったすっちー(CA)と、この宿でグーゼン再会した。
お互いに連絡も取っていないのに…。
ビックリを通り越して「運命」すら感じてしまった

さて、このお宿ではチャリを無料で貸してくれる。
なので、買い物などには大変便利

昼間はチャリが使われていないことが多いので、1日借りて出掛けることにした。

まずはお宿からスタート
215
宿は、このような住宅地にある。

この写真を撮った場所のすぐ右側が、宿の入り口だ。
(なので、夜は静かにっ

まずは、島の中心地を通り抜け、海岸線沿いの道を西へ…

しばらくすると建物も少なくなり、見晴らしが良くなってきた。
左側には、右側にはという景色が続く。

…お、が見える
216
竹富島

ペッタンコだねぇ~~~

サンゴ礁の島なので、高いところがナイ。
石垣島の目の前にあるので、すぐ遊びに行けるよん

途中の民家になんかいるーーーーっ
217
まぢッスかぁ~~~~~~~っ!!

ココ、沖縄だよね?
ナゼに本土のJRのコンテナが…?
通常、この地域のコンテナは、ほとんどが赤い「琉球海運」なのにだ。

たぶん、日本でイチバンはじっこにいるJRコンテナ君だと思う。
(以前、こちらの日記にも書いたので、よろしかったらご参照くだされ)

さらに進んで行くと…
218
…山道になってきた。

チャリを漕ぐ足に力が入る。
汗も出てきた…。

山道を過ぎると…
219
やっと平坦な道に

それにしても、さっきから誰ともすれ違わない。
人も、車も。

ここでヘビやサソリに噛まれたら、おしまいかも…

…お、海岸線に出た
220
静かだねぇ~~。

チョット休憩。
ココには少し人がいる。
なんかホッとする

…それにしても、何でこんなにチャリ漕いでるんだ
もしかして「やっちゃった」系

いや、自分を信じて、更にGo!!

またもや山道を越え、車に抜かされ、車内の人に「チャリこいでる~~っ!」と驚かれ…

2時間掛かって、やっと着いたさぁ~~
221
どうだい、キレイだろ~~~~~っ

ココは「川平湾(かびらわん)」という絶景ポイント。
石垣島最大の観光スポットだ。
観光バスや人もたくさんいる。

とにかく疲れたので、休もう
20Kmもチャリ漕いぢゃったよ…

まずは砂浜へ…
222
まったり♪

目の前の船たちは、「グラスボート」。
船底がガラス張りになっていて、海中の魚やサンゴが見える。
この湾にはたくさんの魚がいて、エサをあげると集まってくる。
それを船から眺めるという作戦

船は2003年に乗ったので、今回はパス。

波打ち際まで行ってみた。
223
いやぁ~~~~、キレイだっ

コレが東京のと同じ海なのかっ?!
大磯ロングビーチ」ぢゃナイよね

前回は美女達と一緒だったのでバタバタ移動してしまったから、今回はココでまったりしよう…。
(…ってか、太モモがパンパンで、しばらくチャリ漕げないというハナシも

つづき「その2」はこちらーーっ!!

|

« 離島の旅日記 ~「めんそ~れ、那覇。2006」~ | トップページ | 離島の旅日記 ~「お~りと~り、石垣島。2006」その2~ »

●離島の旅(小笠原・沖縄)」カテゴリの記事

コメント

トップの写真見てたら、涙が海に溶けていくような気がしました。

投稿: ばんび | 2012年6月14日 (木) 07時10分

沖縄は自然いっぱいださあ~
海はどこまでも青いさ~
自転車の移動は無理さあ~

投稿: あめぶる | 2012年6月14日 (木) 09時52分

★ ばんびさん

実にキレイなところです。
都会で疲れた心も癒してくれます

投稿: まりりん | 2012年6月14日 (木) 11時22分

★ 師匠ぉ

地球というのは本当はこれだけ美しい星なのさぁ~~

チャリの移動はもう出来ないさぁ~
(体力的はだけど、メンド臭くて

のんびり行くさぁ~。
なんくるないさぁ~~~。

投稿: まりりん | 2012年6月14日 (木) 11時25分

今度 友達の息子さんが修学旅行で沖縄行くんだって。
石垣島にも行くって。
おもわず「いいなぁ~」って私が言ったら
友達は「なんで?」って。
行った事がないから私はそう思ったんだけどね。
海外だけでなく日本の行った事のない所へも足を運んでみたい。
で、文化や歴史に触れてみたいな…。

投稿: ひめ子 | 2012年6月14日 (木) 11時54分

★ ひめぽ

「なんで?」って言い返してくるってことは、その素晴らしさを知ってないんだねぇ~。
あとはまったく興味ナイとか。

とりあえず、好奇心を持ってあちこち出歩いて、いろいろ眺めてみんしゃい。
新たな発見がたくさんあるから

投稿: まりりん | 2012年6月14日 (木) 15時32分

古民家の宿・・・なんてノスタルジック
娘にお金がかからなくなったら、だんなとふたりで安宿めぐりのたびに行くのが夢なんですぅ~
なんかいいっ

投稿: みちくさ | 2012年6月14日 (木) 18時05分

★ みちくささん

「古民家の安宿」、聞こえはイイですが、隙間だらけなのでたまぁ~にサソリが…

台風の時にはすんごい事になるそうです

でもの日はサイコーですよん
誰かしら三線(さんしん)持ってますからねぇ~~
夜はみんなでイーヤーサーサー

投稿: まりりん | 2012年6月14日 (木) 18時32分

……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ///・・・2006、2005とすーは本島に行きましたーまたしても∑(=゚ω゚=;)ですね;

屋久島は行きたいな~。

沖縄の人達はいいかたたちで、私も始めて行った時に親しくなったかたたちと、連絡をとったりします^^
飲み屋が安い^^.
あー・・・本とにいいところですね♪美女と一緒で楽しい旅ですね^^行きたくなっちゃった;;

投稿: すー | 2012年6月17日 (日) 11時08分

★ すーちゃん

ホントにすーちゃんとはニアミスばっかり…

ウチの近辺は沖縄人が多く住んでいるので、小さい頃から沖縄には慣れてたよん。
少し前まで、中野駅前の広場では連日集団でエイサーなどの練習をしていて、電車を降りると「イーヤーサーサー」などと聴こえてたよ。
「ココ沖縄か?!」ってなイキオイで…

余談だけど、写真の超美女、呼び名は「すぅ」という。(笑)

投稿: まりりん | 2012年6月17日 (日) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 離島の旅日記 ~「めんそ~れ、那覇。2006」~ | トップページ | 離島の旅日記 ~「お~りと~り、石垣島。2006」その2~ »