« プチ旅日記 ~「…電車来ないぉ。(・д・)ノ おーい 」2012~ | トップページ | グルメ日記 ~「ゲイシャ・ガール。」~ »

2012年4月 5日 (木)

レイアウト日記 ~「駅のある風景1」の巻~

今回は「集合式単線ミニモジュール」(略して「単モジ」)編を…。
01
これは、「特攻野郎Bチーム」の公開展示・運転会用に制作したもの。

コンパクトにまったりとローカル風景などを楽しむために、この「単モジ」が生み出された。
Bチームのオリジナル規格だ
02
ボードのサイズは200mm×200mm。高さは60mm

今回も作り方を詳細にご紹介していこう。
楽して作りたい方、必見だぞよ

まずは地面になる部分に茶色を塗ろう。
03
これは水性塗料の「マホガニー」(こげ茶)を使用した。
(塗料の詳細は後述)

木の地肌が見えている所には、線路(Nゲージ用)が置かれる。
茶色は、ボードの側面にも少し掛かるように塗るのがポイント。

次に、線路を固定しよう。
04
TOMIX(トミックス)製の線路を使用。
曲線の半径はR140mm(外側にはR103mmが1本入っている)。

ポイント部分以外の、レールのつなぎめにある金属ジョイントは外しておこう。(理由は後述)

線路はゴム系のボンドで接着した(ポイントを除く)。
釘は使用していない。
裏側に飛び出て危ないしね

線路がくっついたら、次は手前に駐車場を、奥にはを作っていこう。
でもその前に、隣接する予定のモジュールとの整合性を見ておこう。

今回のモジュールは「」。
それも「全3部構成」で計画されている。
コーナー直線(ホーム部)+コーナー」の組み合わせだ。
(組んだ状態は↓最後の写真を参照)

だが、直線を除いたコーナーどうしでも連結できるように柔軟性を持たせておいた。
05
このように、ホームが無くても違和感なく「信号所」っぽく見えるように配線。

…やるだろう、オラ

では、駐車場と丘の部分を…
06
駐車場はグレーの画用紙を切って、木工ボンドで貼った。

丘は、段ボールを使用。
テキトーに切って、ゴム系ボンドで接着(すぐくっつく)。
今回は2枚を重ね貼り。
固定できたら、段ボールどうしの段差(高低差を付けた場所)を、紙を貼って大雑把に整えておこう。
そうそう、段ボール部分にも茶色を塗っておくのを忘れずに…。

道路面は、この時点から触らないように注意
もし汚したら、もうキレイに落とせないからね。

次に、線路に安定して電気を流すために、レールの外側の側面をハンダ付けしよう。
072
赤い矢印の部分がそうだ。(写真はレール塗装後のお姿)

金属のジョイントにはハンダが付かないので、あらかじめ外しておいて線路を板に接着しておいたからね。
ポイントは、不具合発生時に取り外せるようにしたかったので、ハンダ付けしていない。

ハンダ付けが済んだら、レールを塗装する。
08
塗料は「水性ホビーカラー」を使用。これを筆で塗る。

色は、地面は「マホガニー」、レールは「ウッドブラウン」にした。
レールの色は、好みで「ラスト(さび)」などを使用してもイイ感じに仕上がる

水性塗料は害も少なく、臭くもないので、夜などでも思い立ったらすぐに塗装できるので、タイヘン便利
筆も、水かぬるま湯で洗えばカンタンに塗料が落ちる。
絵の具のような感覚だ
ただし、必ず換気はしておこう。

塗料は「半光沢」なので、「フラットベース」を少量混ぜて「つや消し」にしておいた。
(「ウッドブラウン」のみ。「ラスト」は元からつや消し。「マホガニー」は地面用なのでそのまま塗った)
09
レールの両端の金属ジョイント部分(隣のボードとつなげる、はじっこ部分)は塗らないこと
ジョイントの中に塗料が入ってしまうと、電気が流れなくなってしまうのでね

塗料が乾いたら、レールの上面を磨き出そう。
目の細かい、デザイン画用の砂消しゴム紙ヤスリ(1500番程度)で、優しく擦ろう。
曲線の線路は、外側のレールの内側面にも車輪が当たるので、この部分も電気が取れるように磨いておこう。
あまり擦りすぎると、レールに傷が付いて線路と車輪を傷めるので要注意

これで線路周りの加工は完了。
つづいて、地面の造形に移ろう

木の地肌に茶色を塗っただけだった地面に、「」を撒こう。
10
茶色い面に木工ボンドをそのまま薄く塗り(ゼッタイに水で薄めないこと)、地面用の「パウダー」を撒いた。

地面は好みで何色を使用してもOKだ。
私はTOMIXの「カラーパウダー・ブラウンミックス)」を愛用している。

撒き方のコツは…

1.木工ボンドを原液のまま、指でボードに薄く塗る。
2.大き目の空箱を用意し、箱の上にボードを置き、パウダーをドカッとかける。(ケチらない)
3.パウダーを指でかる~く上から押さえたら、ボードを傾けて、余分なパウダーを全部箱の中に落とす。
4.箱に落ちたパウダーは、タッパーなどの容器に入れておく。

これを、地面を作りたい各場所で繰り返す。
パウダーは、この時点では他のスポンジなどと混ざらないので、まったく無駄が出ない。

乾いた時点で「フーッ」と息をかけて、余分なパウダーを完全に落とす。
この時に上手く撒かれていない部分があったら、追加でボンドを塗ってパウダーを撒いておこう。

これで地面の「」の工事も完了。
いよいよ「緑化 」工事に入る

まず、丘の段差などの、あらゆる「(ふち)」の部分に大きめの草を植えていく。

草はスポンジの「若草色」を使用した。(「ウッドランドシーニクス(KATO)」製)
11
実物の景色を見ればよく解るが、草は大抵こんな「縁」に生えている。

スポンジは、小さくちぎってゴム系ボンドで接着した。
表現したい「季節」によって、草の色は選択しよう。

この時点で、駐車場には(KATO製)をゴム系ボンドで接着して、付近の草の茂みも表現しておいた。
だいぶ出来てきたカンジがするねぇ~~

さぁ、これで「道路」工事と「緑化」第1次工事が完了した。
続いて「植樹」工事に移ろう。
やっぱ、木があるとジオラマに「立体感」が生まれてイイね

木のベースは、製品を使った。
12
ウッドランドシーニクス(KATO」)製の樹木キット(広葉樹)だ。

これの枝を指でつまんで「くねっ」と曲げる。
葉を付けた時にキレイに見えるような曲げ方が宜すぃ。
(…コレは何回かやれば慣れるッス)

葉っぱはコレ。
13
緑色を2種類用意した。
(ピンク色は「(ソメイヨシノ)」。別のモジュールで使用した)

奥の緑色は、ドライフラワー売り場にあったものを流用。
チョー大量に袋に入って「500円」という破格の安さ
だいぶ使わせていただきましたわん

手前の緑とピンクは模型用の市販のスポンジ。

んで、これをゴム系ボンドで木に接着すると…
14
このように樹木らしく仕上がるのだ

さぁ、植樹しよう
15
立体~感~~~

木を植える場所にドリルで穴を開け、ゴム系ボンドで接着・固定した。
製品に付属していた木の土台(根っこの部分)は、仕上がりがリアルぢゃナイので使用していない。

よし、これで「植樹」工事も完了~~
最後に、「草(芝生)を植える」工事が残っている。

今度の草は、少し濃い目の緑色のパウダー(ターフ)を使用した。
緑色は、数種類使用したほうがリアルに見える。
ほんの一手間を掛けるだけで、仕上がりが全然違うよ
料理と一緒だよ。うんうん

草を植えたい部分に木工ボンドの原液を薄く塗り、緑のパウダーをパラパラと撒く。
今度は土と違って、焼きそばたこ焼きに「青のり」を掛けるような繊細さでだ

すると、こうなる。
16
う~~ん、びゅーちほーっ

出来てきたぢゃ~~~ん

木の根元あたりは、日陰で草が生えないので土の面を残しておこう。

これでほぼ完成~~~~

最後に「お化粧」をしてあげよう。
売り物のようにカッチョエェくなるでぇ~~~

おけしょーに使用するのはコレだ。
17
フローリングの補修用」として売られている、木目柄のテープ(シール)だ。

ホームセンターなどで手に入る。1個300円程度。
今回もシックな「ダークブラウン」をチョイス。
Bチームメンバーの単線モジュールは、ほぼこれに合わせてある。

これを「ぺろ~~~~ん」と剥がし、ボードの側面に貼っていく。
結構貼りやすくてカンタンだ。

すると…
18
カ~~~~チョエェ

どうよ?!

2つ上の写真と比べてチョーダイ
まるで完成品を買って来たみたい

んで、電車が走る区間なので、架線柱をゴム系ボンドで接着すれば…
19
どうだい?リアルだろう~

さぁ、これで全て完成~~~~~~っ
どうにかカタチになった

この時点では、90%の完成状態。
まだ駐車場を整備していないからだ。
あと、ホームも隣の直線モジュールから延長されてくるだろうし…

先日(2012年2月)の展示会にはこの状態で出展。
残りは、おいおい追加していくか…。

最後にカッコ付けて撮影してみた。
20
う~~ん。良い

電車は四国の「ことでん」だ。
実際にこんな風景ありそう…

一応、完成予想プランをお見せしておこう。
21
このように3台で1つの駅が出来るようになっている。

他の2台は後日ご紹介しよう

------------------

さて、いかがでしたかな?
参考になったかなぁ~~~?!

ではまた~~~♪♪

つづき「その3」はこちらーーっ!

|

« プチ旅日記 ~「…電車来ないぉ。(・д・)ノ おーい 」2012~ | トップページ | グルメ日記 ~「ゲイシャ・ガール。」~ »

Bトレイン-レイアウト」カテゴリの記事

コメント

いいなあ!実物見たいよお!
名古屋辺りで展示会とかないのかな?

投稿: ばんび | 2012年4月 5日 (木) 01時01分

★ ばんびさん

メーカーがメインの展示会なら丸栄で毎年やってますが…

名古屋周辺だと、やっぱ丸栄くらいかなぁ…

我々は東京のみです。
(一度だけ大阪の展示会にも参加しましたが)

投稿: まりりん | 2012年4月 5日 (木) 02時55分

まりりん様

素敵ですね。
私、何時か、巨大HOジオラマ作るぞー。
はははははは。

アキバのセブです。

投稿: アキバのセブです。 | 2012年4月 5日 (木) 08時27分

1コマ目の画像からテンションMAXで見てますた!やっぱり目線を下げると迫力が違いますね!!(>ω<)
>モジュール
曲線モジュールにポイントを組み込むとゎ珍しいプランですね。
でも格好良すぎるです(≧∇≦)!!!
>ゼッタイに水で薄めないこと
もし薄めちったらどうなってまうざますか・・・
>駐車場
この駐車場から見えるカーブは撮り鉄にとっては堪らないポジションになるんでしょうね~(ニヤ)。。

投稿: sigepe | 2012年4月 5日 (木) 10時07分

手先が器用って、いいですね…

才能とかもあるんでしょうか?


王子も、いつか作れるかしら(*´∇`*)ウンウン

王子が欲しがるから…
今回は見せませんでした(´;ω;`)クスン

投稿: 姫 | 2012年4月 5日 (木) 12時57分

実際に作ってる人や興味のある人には ぜひまりちゃんのブログを
見てもらいたいです。
作ったことがない私でもポイント抑えて詳しく説明しているのが伝わってくるから…。
ホントにね…。すごい
写真見てるように思えるし 動いてるようにすら見える。
あれ? なんか褒めすぎたかいな?ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
まあ。正直な感想なので…。そのまんま受け止めてちょうだい。
ところで 作るのにどれだけ時間掛かるのかな??

投稿: ひめ子 | 2012年4月 5日 (木) 13時34分

やっぱ、師匠と呼ばせてくださ~い
うちの金太郎って、まりちゃんに似てなくね

投稿: あめぶる | 2012年4月 5日 (木) 15時06分

★ アキバのセブさん

私もHOジオラマに手を出しましたが、あまりの大きさに収納場所がなく、すぐに断念しました…。
いくつか作った組み立て式のジオラマは、某メーカーのカタログの表紙にもなり、その後ヤフオクで売られて行きました…。

Bトレだと、これでも20cm角しかないのですから、保管が楽でサイコーです

投稿: まりりん | 2012年4月 5日 (木) 17時48分

★ しげ平。

車両と女性は下から見上げて見るべしっ(イヤーン

ポイント……。
これは、以前作ろうとしていたミニレイアウトのスペースの関係上、いろいろ試行錯誤した結果に生み出されたものであります
TOMIXはレールの規格が優れているせいか、変な加工をすることなくピッタリつながりましたわん

木工ボンド、水で薄めたら…

…いつまで経っても乾かないやんけ。しかも乾燥中にボードが傾いてたら横に流れて行ってまうでー。
そして、乾燥後、パウダーを触ってごらん。ボロボロと剥がれてしまうから。
レールにバラストを撒く時以外は、絶対に水で薄めないこと

ちうさぢょう
マニアが溜まらないように、デッカイ看板建てちゃいましょーか

投稿: まりりん | 2012年4月 5日 (木) 17時51分

★ 姫様

こういうのは、「才能」っていうよりも「センス」だねぇ~

王子も中学生くらいになったらすぐ作れるよ~ん

投稿: まりりん | 2012年4月 5日 (木) 17時52分

★ ひめぽ

そんなに褒めても何も出ないよー

制作時間は、今回のだったら実質で3時間くらいだね~。
でも、塗料やボンドを乾燥させる時間が間に何回も入るから……トータルで4・5日間ってトコでしょーか。

投稿: まりりん | 2012年4月 5日 (木) 17時55分

★ 師匠ぉ

何をおっしゃるっ

師匠ぉに師匠と呼ばれるのは、アリエナーーイ
ダメーーーーーーーっ。

キンタロりん……
まりちゃんは、もっとおめめがパッチリで眉毛が凛々すぃです

投稿: まりりん | 2012年4月 5日 (木) 17時57分

おはよございます。

小さい頃にお城好きだったのでプラモデルのお城をいっぱい作りました。

そん時に緑のパウダーとかも使いました。

またやってみたいと思いつつ・・・

しかし、ジオラマいいですね(^O^)

ボケと突っ込みの天才と思っててけど、違う一面も・・・

では、では

投稿: ぐん太郎 | 2012年4月 6日 (金) 10時03分

★ ぐん様

お城のプラモ……懐かしいですねっ

あれに入ってた緑のパウダー、お子様の時には本気で青海苔だと思っていました

今回のジオラマは超カンタンな部類ですので、この作法を真似て何かちっこいのを作られてみては…?
ケースはダイソーとかで売ってますしね

投稿: まりりん | 2012年4月 6日 (金) 12時06分

すごい!! すごいです!!
とってもわかりやすくて、調べてもさっぱりわからなかった事が解決しました!!
やりたい!作りたい!!(≧∀≦) 植樹、最高に燃えそうです。
これらの材料は模型専門店ならあるんでしょうか、あぁ作りたい!

ここまで楽しそうな世界だったなんて知らなかったです。

投稿: ちゃみぷー | 2012年4月 8日 (日) 03時06分

★ ちゃみぷー

今月末に我々の展示会を行うので、良かったら来てみればぁ~?
詳細は「特攻野郎Bチーム」のサイトに書いてあるッス

これらの材料は、鉄道模型屋さんのほか、ヨドバシカメラ・ユザワヤ・世界堂(画材屋)とかでも売ってるよん

投稿: まりりん | 2012年4月 8日 (日) 12時17分

>これらの材料は、鉄道模型屋さんのほか、ヨドバシカメラ・ユザワヤ・世界堂(画材屋)とかでも売ってるよん


先日ユザワヤさんのオンラインショッピングで粘土の右上に模型のコーナーがあったので、とても気になっていたんです。
まだまだ粘土の練習も足りないので閲覧しなかったのですがサイトさんお邪魔してきます!
ワクワクワクワク

投稿: ちゃみぷー | 2012年4月10日 (火) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ旅日記 ~「…電車来ないぉ。(・д・)ノ おーい 」2012~ | トップページ | グルメ日記 ~「ゲイシャ・ガール。」~ »