« つぶやき日記 ~「エスカレート。」2008~ | トップページ | 「次の交差点を右に」…って。 »

2012年3月 5日 (月)

レイアウト日記 ~「桜のある風景1」の巻~

今回は「集合式単線ミニモジュール」(略して「単モジ」)編を…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1501
これは、「特攻野郎Bチーム」の展示会用に制作したもの。

コンパクトにまったりとローカル風景などを楽しむために、この「単モジ」が生み出された。
Bチームのオリジナル規格だ
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1502
ボードのサイズは200mm×200mm。高さは60mm

今回は作り方を詳細にご紹介していこう。
楽して作りたい方、必見だぞよ

まずは地面になる部分に茶色を塗ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1503
これは水性塗料の「マホガニー」(こげ茶)を使用した。
(塗料の詳細は後述)

木の地肌が見えている所には、線路(Nゲージ用)が置かれる。
茶色は、ボードの側面にも少し掛かるように塗るのがポイント。

次に、線路を固定しよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1504
線路は「TOMIX(トミックス)」製で、線路曲線の半径はR140mm

レールは、60度と30度の2本をつないで90度の曲線にしている。
そのつなぎめにある金属ジョイントは外しておこう。(理由は後述)

線路はゴム系のボンドで接着した。
釘は使用していない。
裏側に飛び出て危ないしね

線路がくっついたら、道路と丘の部分を先に作ろう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1505
道路はグレーの画用紙を切って、木工ボンドで貼った。

丘は、建築用の断熱材「スタイロフォーム」(ウレタンみたいなもの)を使用。
テキトーに切って、木工ボンドで接着(ゴム系ボンドなどは溶けるので使用出来ナイ)。
固定できたら、大雑把にカッターで形を整えておこう。

道路は、この時点から触らないように注意
もし汚したら、もうキレイに落とせナイからね。

次に、線路に電気を供給するための「フィーダー」(電線)を付けよう。
今回はTOMIX線路用の純正品を使用せず、「KATO(カトー)」製のパワーパックに接続出来るようにした。

まずは、レールの外側の側面に導線(今回は抵抗器などの足を使用した)をハンダ付け。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1506
赤い↑矢印の部分がそうだ。

導線を通すために、ドリルで道床に穴を開けておいた。
導線はボードの裏側に出た部分で折り曲げておき、適当な長さで切っておこう。
あとで、そこに電線をハンダ付けする。

曲線レールどうしの接合部分(前述)もハンダ付けしておこう。
金属のジョイントにはハンダが付かないので、あらかじめ外しておいて線路を板に接着しておいたからね。

ハンダ付けが済んだら、レールを塗装する。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1507
塗料は「水性ホビーカラー」を使用。これを筆で塗る。

色は、地面は「マホガニー」、レールは「ウッドブラウン」にした。
レールの色は、好みで「ラスト(さび)」などを使用してもイイ感じに仕上がる

水性塗料は害も少なく、臭くもナイので、夜などでも思い立ったらすぐに塗装出来るので、タイヘン便利
筆も、水かぬるま湯で洗えばカンタンに塗料が落ちる。
絵の具のような感覚だ
ただし、必ず換気はしておこう。

塗料は「半光沢」なので、「フラットベース」を少量混ぜて「つや消し」にしておいた。
(「ウッドブラウン」のみ。「ラスト」は元からつや消し。「マホガニー」は地面用なのでそのまま塗った)

レールの両端の金属ジョイント部分(隣のボードとつなげる、はじっこ部分)は塗らないこと
ジョイントの中に塗料が入ってしまうと、電気が流れなくなってしまうのでね

塗料が乾いたら、レールの上面を磨き出そう。
目の細かい、デザイン画用の砂消しゴム紙ヤスリ(1500番程度)で、優しく擦ろう。
曲線の線路は、外側のレールの内側面にも車輪が当たるので、この部分も電気が取れるように磨いておこう。
あまり擦りすぎると、レールに傷が付いて線路と車輪を傷めるので要注意

磨き出しが終わったら、パワーパック用の電線をハンダ付けしよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1508
裏側に出した導線に、電線をハンダ付け。

2本(・白)の電線同士が触らない(ショートしない)ように注意

ボード下部の、電線を外に出す部分を削っておこう。
上の写真は、右下と右横の2ヶ所を削っている。

これで線路周りの加工は完了。
つづいて、地面の造形に移ろう

木の地肌に茶色を塗っただけだった地面に、「」を撒こう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1509
茶色い面に木工ボンドをそのまま薄く塗り(ゼッタイに水で薄めないこと)、地面用の「パウダー」を撒いた。

地面は好みで何色を使用してもOKだ。
オラはTOMIX製の「カラーパウダー・ブラウンミックス)」を愛用している。

撒き方のコツは…

1.木工ボンドを原液のまま、指でボードに薄く塗る。
2.大きめの空箱を用意し、箱の上にボードを置き、パウダーをドカッとかける。(ケチらない)
3.パウダーを指でかる~く上から押さえたら、ボードを傾けて、余分なパウダーを全部箱の中に落とす。
4.箱に落ちたパウダーは、タッパーなどの容器に入れておく。

これを、地面を作りたい各場所で繰り返す。
パウダーは、この時点では他のスポンジなどと混ざらナイので、まったく無駄が出ない。

乾いた時点で「フーッ」と息をかけて、余分なパウダーを完全に落とす。
この時に上手く撒かれていない部分があったら、追加でボンドを塗ってパウダーを撒いておこう。

これで地面の「」の工事も完了。

ココで、丘の部分にグレーの画用紙を木工ボンドで貼っておいた。

さて、ここいらでいったん「完成予想プラン」を確認しておこう。

今回は「」を架けることにしている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1510
TOMYTECH(トミーテック)」製のレンガ橋だ。

何となくイキオイで買ってしまった一品。
だが、使い道に困っていろいろ検討し、めでたくココに収まることになった次第

半完成品なので、チョット組み立てるだけですぐに使えるのがウレシイ

この橋をボードに置いてみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1511
うん、大体上手くつながるね 良し良し

ココで、どういう風に完成させるかを考えておこう。
木や草・人の配置などなど…
チョット楽しい時間でもある

プランもまとまったので、次に進もう。

丘の工事に移る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1512
丘の地面の部分に茶色を塗った。

真ん中のグレー部分は道路に、下の部分はコンクリート壁になる。

茶色い部分に土を撒く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1513
これで、地面と同じカンジになった

は~い、これで完全に「土」は完了~~
いよいよ「緑化 」工事に入る

まず、橋の橋脚を、ゴム系ボンドでボードに接着しよう。
くっついたら、橋脚の周囲と、あらゆる「(ふち)」の部分に大きめの草を植えていく。

草はスポンジの「若草色」を使用した。(「ウッドランドシーニクス(KATO)」製)
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1514
実物の景色を見ればよく解るが、草は大抵こんな「」に生えている。

スポンジは、小さくちぎってゴム系ボンドで接着した。
表現したい「季節」によって、草の色は選択しよう。
(イチバン手前の濃い緑色の部分はフライング(笑)。 先に素材のテストをしたため。後で登場する)

この時点で、道路にはガードレール(KATO製)をゴム系ボンドで接着し、道路の中央に黄色いラインを貼っておいた。(後述)
だいぶ出来てきたカンジがするねぇ~~

各箇所の状態も見てみよう。

丘の部分のアップを。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1515
まぁ、こんなカンジに草は生えるだろう

橋の真下に来る部分には生えないと思うでしょ?
うん、生えないよ。(笑)

では、ナゼ接着したのか。
…それは「つなぎ目(隙間)を隠す」ためさ。
ジオラマでいちばん重要なのは「下地を見せない」「つなぎ目を隠す」の2点。
我々Bチームでは、通称「ハゲ隠し」と呼んでいる

つなぎ目を隠すとカッコ良く見えるから。
ウソだと思うのなら、試してごらん

丘の裏側も見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1516
…をぉ、おしり丸出し

こちら側は後で化粧板を貼るので、このままでイイのだ
この写真1枚で、このモジュールの構造と素材の全てが解ってしまうね

次に道路部分を…
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1517
だいぶカッチョエェ~っしょ

ちょっとしたパーツ1つで、リアルさはグッと増すのだ

さて、先ほどの黄色いセンターラインについて解説しよう。
これは「ICテープ」「レトラライン」「デザインテープ」等と呼ばれている、カラーのテープだ。

こんなカンジの商品だ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1518
このようなカタツムリの大群が、画材屋さんに並んでいる。

その中の、黄色が道路に使える。
太さは、0.5mm(一般的なライン)、1.0mm(太めのセンターラインやホームの黄線)、1.5mm(横断歩道や停止線)の3種類があれば便利。
1個350円程度。長さは8~20mもある

余談だが、のテープもある。これはブルートレインなどの帯にも良さそうだ
建物のサッシ部分などにも使えるね

んで、センターラインのところにある赤い矢印部分は、なんぢゃらほい
これは、わざとボードの側面にまでテープを貼っているのを示しているのだ。

…何でか

それは、後で剥がれない(めくれない)ようにするためなのさぁ~~

さぁ、これで「道路」工事と「緑化」第1次工事が完了した。
続いて「植樹」工事に移ろう。
やっぱ、木があるとジオラマに「立体感」が生まれてイイね

木のベースは、製品を使った。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1519
ウッドランドシーニクス(KATO」)製の樹木キット(広葉樹)だ。

これの枝を指でつまんで「くねっ」と曲げる。
葉を付けた時にキレイに見えるような曲げ方が宜すぃ。
(…コレは何回かやれば慣れるッス)

葉っぱはコレ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1520
緑色を2種類、ピンク色を1種類用意した。

奥の緑色は、ドライフラワー売り場にあったモノ(苔)を流用。
チョー大量に袋に入って「500円」という破格の安さ
だいぶ使わせていただきましたわん

手前の緑とピンクは模型用の市販のスポンジ。

んで、これをゴム系ボンドで木に接着すると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1521
このように樹木らしく仕上がるのだ

ピンクは「(ソメイヨシノ)」を表現。

さぁ、植樹しよう
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1522
春だねぇ~~~

木を植える場所にドリルで穴を開け、ゴム系ボンドで接着・固定した。
製品に付属していた木の土台(根っこの部分)は、仕上がりがリアルぢゃナイので使用していない。

…あ、これには緑の木は植えてナイね。
(他のジオラマ用だった…

よし、これで「植樹」工事も完了~~
最後に、「草(芝生)を植える」工事が残っている。

今度の草は、少し濃い目の緑色のパウダー(ターフ)を使用した。
緑色は、数種類使用したほうがリアルに見える。
ほんの一手間を掛けるだけで、仕上がりが全然違うよ
料理と一緒だよ。うんうん

草を植えたい部分に木工ボンドの原液を薄く塗り、緑のパウダーをパラパラと撒く。
今度は土と違って、焼きそばたこ焼きに「青のり」を掛けるような繊細さでだ

すると、こうなる。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1523
う~~ん、びゅーちほーっ

出来てきたぢゃ~~~ん

木の根元辺りは、日陰で草が生えナイので土の面を残しておこう。
丘の斜面にも、ドライフラワーの草を木工ボンドで接着しておいた。

これでほぼ完成~~~~

最後に「お化粧」をしてあげよう。
売り物のようにカッチョエェくなるでぇ~~~

おけしょーに使用するのはコレだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1524
フローリングの補修用」として売られている、木目柄のテープ(シール)だ。

ホームセンターなどで手に入る。1個270円程度。
今回はシックな「ダークブラウン」をチョイス。
Bチームメンバーの単線モジュールは、ほぼこれに合わせてある。

これを「ぺろ~~~~ん」と剥がし、ボードの側面に貼っていく。
結構貼りやすくてカンタンだ。

すると…
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1525
カ~~~~チョエェ

どうよ

2つ上の写真と比べてチョーダイ
まるで完成品を買って来たみたい

んで、放ったらかしになっていた、道路の黄色い線はというと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1526
スッキリ

ご覧のように、木目テープに中に入ったので、多少のことではめくれナイようになった。

こうしておかないと、数ヶ月もすればゼッタイ「ぺろりぃ~~ん」とめくれ上がってしまうのでね

さぁ、最後の総仕上げだ

いよいよ橋を設置する。
線路の保守が出来るように、接着はしないで橋脚にハメ込む(載せる)だけだ。

橋を置いて、道路の表面にグレーの画用紙を貼って色調を他の道と合わせる。
橋の道には、歩道用の白線を「ぴ~~~~っ」と貼ってあげる。

んで、各所に車と人をゴム系ボンドで接着すれば…
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1527
どうだいリアルだろう~

人形は、「花見に来た人たち」というテーマで配置してある。
橋の上から桜を見下ろす人、桜の前に佇むオッサン、花見デート中のかっぽー、などなど…。
人形の配置にはゼッタイ「テーマ」が必要。
これだけでも完成度が大きく変わる。

さぁ、これで全て完成~~~~~~っ

全景はこうだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1528
まぁ、どうにかカタチになった

この時点では、95%の完成状態。
それはまだ「の花」を植えていないからだ。
あと、橋の端面も処理してナイし…

先日の展示会にはこの状態で出展。
残りは、おいおい追加していくか…。

------------------

追記(2016年3月

ペアとなる新作「桜のある風景2」が完成したので、それに合わせての花を追加した。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1529
コレで、春らしい色味が増した

あとは、裏側の木目シールを緑の画用紙に貼り替えて、緑化するだけだ。
…橋の端面はイイっか

------------------

最後にカッコ付けて撮影してみた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1530
う~~ん。良い

電車は四国の「ことでん」だ。
実際には、こんな景色はナイだろうけど…

もういっちょ
単線ミニモジュールレイアウト・コーナー桜1-1531
秩父鉄道風にしてみた

車両は「なんちゃって」のウソ電だけど、フンイキ出ているっしょ
長瀞(ながとろ)」辺りをイメージ。

------------------

さて、いかがでした
参考になったかなぁ~~~

もうすぐ本物の桜が咲き始めるころ。
それまではコレ見て花見してて~~~~ん

ではまた~~~♪♪

つづき「桜のある風景2」はこちらーっ!

|

« つぶやき日記 ~「エスカレート。」2008~ | トップページ | 「次の交差点を右に」…って。 »

Bトレイン-レイアウト」カテゴリの記事

コメント

欲しい………。
これは一度作る楽しさを感じてしまったら
どっぷりハマりそう
コツコツ作業が以外と?好きな私
できるかな?

投稿: ひめ子 | 2012年3月 5日 (月) 12時33分

せんぱ~~~~~い 

すばらしい~~~(*^ー゚)bグッジョブ!!

ブログってこういうふうに書くのね
テツモってこうやって作るのね
材料も作り方も、細かいコツやツボまですっごく ていねぇ~
なんか自分にも作れそうな気がします、材料も持ってるのあるし
表にあまり見えてこない日陰の草の生え具合や、通電のことまで考えての塗装や組み立て、完成後に起きる剥がれの予防まで考えてるなんて…
センパイすごすぎる
これって、はっきり言って教科書じゃん┐(´-`)┌
出版してください~

投稿: あめぶる | 2012年3月 5日 (月) 13時20分

★ ひめぽちゃん

誰でもカンタンに出来るよ~~ん

小さいサイズのが楽でイイね
このブログの「Bトレ-ジオラマ」カテゴリをのぞいてごらん
実際に小学生が1時間くらいで似たようなの作ってるしぃ~

投稿: まりりん | 2012年3月 5日 (月) 14時21分

★ 師匠ぉ

各模型誌にも同じような解説集はあるのですが、専門用語が多過ぎて、初心者にはハードルが高いものばっかりなので、まりりんが「おっしゃ」と「初心者のためのカンタン手抜き制作編」を書いてみました

特殊な材料・工具は一切使用しておりません。
ノッポさんに毛が生えた程度です

やっぱ、読んだ人が「オラも作ってみたーいっ」って思うようにならなければ、真の解説本とは言えないでせう…

ドールハウスの庭も、作り方はおんなじですわよ~ん オホホ....

投稿: まりりん | 2012年3月 5日 (月) 14時28分

どうでもいい事ですが・・・・

スタイロフォーム、近くのホームセンターに行くと、畳一畳分位のデカイのしか売ってないんですの・・・・
お値段も結構張るんですの・・・(´∧ヽ)ヨヨヨ

投稿: sigepe | 2012年3月 5日 (月) 18時13分

★ しげぺん

おひさぁ~

スタイロフォームは大工さんから端切れをもらったんでつ。
無かったら「はっぽーすちろーる」や「だんぼぅる」でも可。

とにかく、安く作りませう。
西友のKY作戦のように。

投稿: まりりん | 2012年3月 5日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つぶやき日記 ~「エスカレート。」2008~ | トップページ | 「次の交差点を右に」…って。 »