« 旅日記 ~「まったり、のんびり。万葉線」2011~ | トップページ | ジオラマ日記 ~「あぁ、みちのく。」の巻~ »

2011年11月28日 (月)

旅日記 ~「アイトラムに愛捕らむ:万葉線2」2011~

(前回「万葉線:越ノ潟駅」のつづきーっ!)

越の潟、まったりのんびり大作戦」の後は、高岡駅方面へ戻り、城端(じょうはな)の貨物列車を撮りに行くことに…。
(この富山シリーズの日記は、実際の行動とは順番が逆に連載されているので、ご注意を)

万葉線「越ノ潟(こしのかた)」駅周辺でまったりタイム
51
駅の目の前の渡し船(フェリー)乗り場はサイコーだ

すぐ横に建設中のつり橋「新湊大橋」も見事だ。
52
完成したら、ドライブデートスポットになっちゃったりするんだろうなぁ…。ゼッタイ

いったん、駅のホームに戻る。
ホームから、線路のはじっこと船着き場を見る。
53
ジオラマに良さそうな光景だ

ホームの先端を見る。
54
先っぽは延長された跡があるねぇ…。

良く見ると、ホームの右側には線路を剥がした跡が…。

1面2線だった駅を、1面で2両(2編成)停まれるように改造したっぽい。
ダイヤ(臨時電車)調整とかで、ホームに2編成を停められるようにしたのかな?
それともワンマンカー対策?

さて、車に乗って移動しようと思っていたら、踏切が鳴りだした。
次の電車がやって来るようだ。

…あ、なんか来た。
55
おぉ!カッチョエェーーーーーっ!!

なんだこの赤い電車ゎ?!

カッチョエェのが停車した。
56
う~ん、右の自販機と同じくらい目立ってる。(笑)

…ってか、デザイン、カブッてる?!

お客も降りたので、近寄ってまぢまぢ眺めてみることに。
57
まぁるいのぉ~~。

…そっか。
こう言ってはなんだが、「こんなへっぽこなローカル路面電車」に、こんなカッチョエェ最新デザインのライトレール車両がいるとは思わなかった。

スゲェぜ、富山

万葉線は開業10周年なのかぁ~。
緑色のステッカーが赤い車体に似合ってるね

前のほうにも行ってみよう。
58
う~ん、な香り

ヨーロッパの路面電車のフンイキでいっぱいだ
色と形のせいか、スイスの車両っぽい。

この車両、形式は「MLRV1000アイトラム)」という。
「MLRV」の意味は、車体の窓上に書いてあった。

誰もいないので、車内も見てみよう。
59
運転席と客席の床の高さの違うこと…

振り返ってみた。
60
低床車両って、最近のバスと雰囲気が似てるね。

外に出て、中間部分を見てみる。
61
窓と外板に段差がナイから、キレイなラインが出ててカッチョエェ

…あ、船が着いて乗客がやって来た。
62
新しい車両と若いファミリー」って、絵になる組み合わせだね

そろそろ出発の時間になるので、ホームを出て、電車の反対側に移動した。
63
比較的新しいモノの多い風景の中に、年季の入ったホームが「一人」…。

若者を見守る「ご隠居さま」のようだ

電車が発車したので、我々も車に乗り込む。
そして線路に沿って高岡駅方面へ移動。

隣の駅前に着いた。
この駅の名は「海王丸(かいおうまる)」という。
…そう、ココはあの大きな帆船「海王丸」の本拠地なのだ。

今日は停泊していなかった…。

またもや踏切が鳴った。
しばし待つ。

電車が来た
64
おぉまたもやカッチョエェやつ

この線路、どう見ても工場の敷地の間を走りぬけている貨物線っぽい…。
イイねぇ~、こういう雰囲気
(実際は、富山地方鉄道「射水(いみず)」の譲渡区間だ)

電車は駅に停車。
65
このすぐ左側がホームだ。

ココからは工場群の中の道路を進む。
ほどなく、先ほど(前回の日記)の併用軌道に戻って来た。
66
あれぇ~、またもや赤いファッションリーダー

そんなにたくさんいるんだぁ…。

なぁ~んとなく、大昔の東急「たまでん」の「ペコちゃん(いもむし)」っぽいイメージも…。
意外と富山って、おされだなぁ~

…こんなカンジで「アイトラムに愛捕らむ」出会いは終了した。
路面電車もイイねっ

つづきはこちらーっ!

|

« 旅日記 ~「まったり、のんびり。万葉線」2011~ | トップページ | ジオラマ日記 ~「あぁ、みちのく。」の巻~ »

旅と鉄道(06北陸)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅日記 ~「まったり、のんびり。万葉線」2011~ | トップページ | ジオラマ日記 ~「あぁ、みちのく。」の巻~ »