« お知らせ ~「特攻野郎Bチーム・公開展示・運転会」2011秋~ | トップページ | 旅日記 ~「山を飛び谷を越え、ぼくらの町へやってきた:城端線」2011~ »

2011年11月 3日 (木)

実物日記 ~「またあったらイイな、どこでもドア:小田急F-Train」2011~

今回は、すばらしくも悲運だった列車を…

平日夜の静かな小田急線「成城学園前(せいじょうがくえんまえ)」駅…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9001
カッチョエェ~~~~

回送で停車中の、美しく光るロマンスカー「MSE」を撮ったりして、急行新宿(しんじゅく)」行きが来るのを待っていた。

そろそろやって来そうだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9002
23時近いので、どちらのホームもガラガラだ。

列車接近アナウンスが流れる。

そして、そいつは突然現れた。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9003
あーーーーっ!!

温泉」+「まほうのみず」の後だったので、心の準備が出来ていなく、慌てふためいてしまった…。

その名は、小田急線に現れたナイスな列車「F-Train(エフトレイン)」だ

川崎市にオープンした「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」を記念してラッピングされた。
「白(銀)の車体に水色帯」の通勤電車の中での、この存在はキョーレツだ

当然、そのまま終点の新宿駅まで乗ることに。
走行中に車内を撮影。

そして、新宿駅で下車と同時に外観の撮影開始。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9004
むりやりぃ~~~~

この時はデジカメを持っていなかったので、仕事で持たされているiphoneで何とか撮影。

混んでいるし停車時間も短いので、急いで撮った。
周りの客も撮りまくっている…。

前面には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9005
せいぞろりぃ~~~~~

ご覧のように、主要なキャラクターが勢揃い

側面は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9006
おぉ、いぇい

いきなり「ドラえもん

しかも、横のドアは「どこでもドア」になっているという、この凝りよう
10両編成の半分のドア(20ヶ所)が、どこでもドアになっている。

先頭のどこでもドアの横は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9007
チンプイ」と「バケル君」だね。

この2作品は、オラはほとんど読んだことがナイ。

そして、さらに後ろに目を移すと…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9008
オバケのQ太郎」と「キテレツ大百科(コロ助)」ナリ~♪

この2作品はTVでガンガン観た

さらに右は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9009
エスパー魔美」と「ウメ星デンカ」。

ウメ星デンカ」は観た事がナイ。

先頭車のオシリの部分は…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9010
パワッチ

パーマン」だ

後ろの車両には「キテレツ」等がいるねぇ~。

子供だけでなく、大人まで大注目の列車だ

では、車内を見てみよう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9011
こちらも藤子ワールド全開だ

中吊り広告部分には、ミュージアムのポスターが吊ってある。

ドア上の鴨居(かもい)部分には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9012
ドラえもんのキャラクターの解説が。

荷棚上の広告ポスター部分にも、いろいろなキャラクターが掲載されている。

つり革には…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9013
各キャラクターのシンボルマークが

なかなかニクい演出

さらに、ドアには…
(画像をクリックすると拡大するよん)
小田急Fトレイン2011-9014
気をつけてねーーーーーーっ

これがオラ的にはイチバン「ツボ」だった

ドラミちゃん、カワユス

途中の「下北沢(しもきたざわ)」駅から乗って来て斜め前に座ったオニーチャン、相当ビックリしたらしい。
隣にいた仲間の外国人たちに、一生懸命熱く「Doraemon」等と各キャラクターの解説をしていた。
(「コロ助」を「Ninja Hattori-kun」と言っていたのは許容範囲としよう…

外国人達もだんだんその気になって、車内で写真を撮りまくっていたオラの姿を見て、同じように写真を撮りだした

あの「しょこけし」先生も、車内から写メ送ったら「きゃーーーーーっ」とハイテンション

…なのに、なのに、なのにーっ!!

この超ナイスな夢の列車、なんと東京都からクレームが入って「都内走行禁止」になってしまったのだっ
何でも、これは「全面広告車両」の扱いになるらしい。
東京都屋外広告物条例」に抵触したとか。

しかも、広告を貼ってもイイ面積を「はるかにオーバーしている」とのこと。
つまり「都条例違反」。

…ナゼ

西武鉄道には「銀河鉄道999」や「埼玉西武ライオンズ」のラッピング列車がある。
都内の豊島区・練馬区・西東京市等を走っているぞ…
それと、りんかい線の「ガチャピン&ムック」もね。
(実は、西武のラッピング電車は車体の色を上手く利用していて、全面がラッピングにならないようにしている。「メーテルの髪→車体の黄色のまま」とかね)

この「Fトレイン」は、ミュージアム側からは一切広告費をもらっていなく、小田急が自分で制作したものとのこと。
それ故か、「広告列車に該当しない」として、東京都に事前に「相談(申請)」に行かなかったらしい…。
なので、都の職員が「ヘソを曲げた」ような格好となり、今回の騒動に至ったということらしい。

…というワケで、本来ならば来年(2012年)までだった予定が、急遽9月30日限りで「終了」となった次第。
8月3日から走り出して、わずか2ヶ月という短命。

ヒジョーにMOTTAI-NAI

シンタロー氏(都知事)の「ツルの一声」で特例が効かなかったのだろうか…
今回だけは特別だぞ」ってね。

これだけ全世界から愛されているキャラの列車を、単にそんな「条例」の枠内だけで規制してしまうとは…。
確かに、一度「例外」を認めてしまうと、後で大変複雑な問題に進展して行くのは解るけど。

まぁ、今回は「小田急スタッフの落ち度(確認不足)」ということで片付くみたい。
小田急側も謝罪しているし。
ただ、車内のデザインは「そのまま継続」とのこと

再度、キチンと申請&調整して、別デザインでイイのでラッピング車両を走らせていただきたい

期待していま~~~~~す

|

« お知らせ ~「特攻野郎Bチーム・公開展示・運転会」2011秋~ | トップページ | 旅日記 ~「山を飛び谷を越え、ぼくらの町へやってきた:城端線」2011~ »

旅と鉄道(14小田急・箱根・江ノ電)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ ~「特攻野郎Bチーム・公開展示・運転会」2011秋~ | トップページ | 旅日記 ~「山を飛び谷を越え、ぼくらの町へやってきた:城端線」2011~ »