« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その19:敦煌・柳園駅からウルムチへ~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その21:烏魯木斉・ウイグル人街を歩く~ »

2011年8月22日 (月)

海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その20:吐魯番から烏魯木斉へ~

前回「その19」からのつづきーっ!
その1「香港」その10「広州」その20「ウルムチ」その30「北京」
その40「ウーメオ」その50「ミュンヘン」その60「セルベール」
その70「アテネ」その80「イスタンブール」その90「クアラルンプール」

このシリーズは、香港からスタートし、中国・ロシア・北欧・南欧と進み、ユーラシア大陸最西端のポルトガルのロカ岬までの極貧鉄道旅行。

注:文中の地名等のふり仮名は、ひらがなは日本語読み、カタカナは北京語(普通話)読みなのだ
ふり仮名がない名称は、前回までの日記を参照されたし。

街の地図こちらをクリック

-----------------------------------

1996年6月8日(土):晴れ

 → (吐魯番(とるふぁん:Tulufan)) → 烏魯木斉(ウールームーチー:Wulumuqi)

今日は車掌によって起こされる。

…んまだ終点ぢゃナイぞ??

車掌に「吐魯番(トゥールーファン:ウイグル語では「トゥルパン」)」駅で降りるものと思われていたからだ。
まだ眠いよぉ~。
朝早いぢゃナイかぁ…。

でも、昨日のバスで一緒だった29歳の彼はここで下車するとのことなので、お別れの挨拶に部屋にやって来た。
なので、ちょうど良かったのかもしれない…

列車は吐魯番駅に到着した。
我々はこのまま終点の「烏魯木斉(ウールームーチー)」駅まで乗車する。

--------------------------

 おまけ 

いきなり「おまけコーナー」で何だが(笑)、このシリーズではよくトルファンの画像を流用している。
2006年7月に、35日間に亘るシルクロード一人旅を行った。
その時の画像を使用して、1996年当時に撮れなかった画像の代わりとして補っているのだ。
(1996年はアナログカメラだったので、撮れる枚数に制限があったのだ…

トルファンもすごい魅力的な所なので、1996年には寄ってナイのだが、ちょっとご紹介したい。

トルファンは、盆地にあるオアシス都市。
昼夜・夏冬の気温の差が激しく、雨がほとんど降らない。
1年に3日も降ればイイ」と言われているくらいだ。
あまりに暑いので、昔は「火州」と呼ばれていた。

街中は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2001
(2006年撮影)
道路上にあるのは「ぶどう棚」だ。

実際に、とても美味しいブドウがなっていて、つまみ食いも出来る
トルファンは、ブドウの一大産地だ。

こんなオアシス都市も、一歩外に出れば過酷な環境が待っている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2002
(2006年撮影)
燃えてるぜっ

これは「火焔山(かえんざん)」と呼ばれる場所。
日本でも「西遊記(芭蕉扇)」や「ドラゴンボール(牛魔王のフライパン山)」で有名だ

あまりに暑すぎて草も生えない。

熱気のゆらめきが、まるで火焔(炎のゆらめき)のように見えることから、この名が付いた。
実際、燃えていても何のフシギもナイ。

それだけ暑い。…いや、熱い

前回の日記の道路は、この写真を撮った位置から左を見た道だ。

火焔山からさらに進むと、こんな景色が待っている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2003
(2006年撮影)
いやぁ~、「ここ、火星?」ってなくらいの岩砂漠。

緑色はどこにも無い。

さらに…
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2004
(2006年撮影)
ゼッタイ地球ぢゃぁ無ぇ…ここ。

外は暑いけど湿気がナイので、車の中はエアコン無しでも充分。
エアコンを付けると、かえって具合が悪くなる。

…まぁ、ほんの40℃ちょいくらいだしぃ~

トルファンからしばらく離れた所に、湖がある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2005
(2006年撮影)
艾丁(アイティン)」と言う塩湖だ。 (_´д`) アイティ~ン

ここは何気に海抜マイナス154mで、世界第2位の低地だ

本来ならば、周囲一帯は水没するくらいの水があるハズ。
(「」と言うよりも「」に近いだろう)
だけど、あまりの乾燥地帯のために、水が干上がってしまったのだ

写真の中心に見える、白っぽい帯状の地面は「湖面」だ。
水中の塩分が表面で固まっているので、白く見える。

見た目は水分が無く歩けそうなのだが、数メートルも進むと、突然ぬかるみに腰まで突っ込む

…そう、地面の下には水分がまだあるのだ。

なので、何も知らないではしゃいでいる観光客をよくダマす、「悪~いウイグル人ガイド」(笑)がいる。
オラはTVで知っていたので、ダマされなかった。
ガイド氏(タクシーの運ちゃん)は、つまらなそうにしていた

ちなみに、ここは物音が一切しない

車の音も、飛行機の音も、鳥の音も、虫の音も…
一瞬、「耳が聴こえなくなったか」くらいの錯覚を覚える。

聴こえるのは、自分の心臓と呼吸の音、湖面の土が乾いて割れる「パキッ」という小さな音だけ。

こんなフシギな場所が、地球上にあるんだ…

最後に、もう1枚。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2006
(2006年撮影)
街の外れにあるモスク(礼拝所)の「蘇公塔(スーコンター)」。

もうこの一帯はイスラーム文化圏だ。
民族も、ムスリム(イスラム教徒)のウイグル族が多い。
仏教徒(漢民族)は、そんなにいない。

ここは死ぬほど暑かった…。
(建物までは日陰がナイ。)

誰も歩いてナイでしょ だって、死んじゃうから

道路に生卵を割ると、卵焼きが出来るよ~♪」と地元の民はみんな言う。
確かに、これなら焼ける…。

道路(アスファルト)の表面は80℃以上だろう。
間違っても裸足で歩くなよっ!」とも言っていた。
即ヤケドだ

他にも魅力的な場所がたくさんのトルファン、一度行ってみることを強くオススメする。

でも、「暑さ対策」だけはナメて掛からないように

いつかトルファンの日記を、このブログに書くか…
追記2006年のトルファン日記シリーズを書いたのでこちらをクリックして読んでね

 おまけ ここまで 

--------------------------

列車は吐魯番駅を出発した。

海面以下の盆地のため、ここからはずっと上り坂だ。
列車の速度は、みるみる遅くなる。
ウルムチまでは183Kmの旅。

岩砂漠の中をゆっくり登り、やがて列車は終点の烏魯木斉駅に近付いた。
突然、目の前に巨大な都市が見えてくる。

ウルムチは「新疆(しんきょう)ウイグル自治区」の区都。
石油資源等も豊富なので、北京から2800Kmも離れた辺境の地に、一大都市が築かれつつある。
ウルムチも開発の手が入り始めた。

ちなみに、ウルムチは世界(ユーラシア大陸)で最も内陸にある都市だ。

つまり、「海から世界一遠い都市」なのだ

列車はゆっくりと烏魯木斉駅に到着した。
ホームに降り、改札へと向かう。

駅舎を出て、振り返る。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2007
(2006年撮影)
にぎやかぁ~~~~~~~っ

これは2006年の写真なので駅舎やバスが近代的だけど、駅前の雰囲気はあまり変わらず。

駅名もそうだが、新疆ウイグル自治区に入ると、漢字の他にウイグル語で書かれた看板や標識がたくさん目に入る。
駅舎の中央上部に赤く漢字で「烏魯木斉」と書かれた左隣に書かれている、ゴニョゴニョした文字「ئۈرۈمچى」がウイグル語(アラビア文字)だ。
どちらも「ウルムチ」と書かれていて、読んだら一緒だ
(アラビア文字は右から読む

さぁ、いよいよ「中央アジア」に来たゾ

わくわく 

早速、宿を探さねばならない。

ガイドブックを眺めると、「駅からすぐの交差点に安宿がある」と書いてある。
とりあえず、そこへ行くことに。

駅前の林(公園)をぐるっと迂回し、大きい道路に出る。

すると、目の前に大きいロータリー交差点があり、お目当ての安宿(ホテル)が「どでーん」と建っている。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2008
(2006年撮影)
ち、近い…

これも2006年の写真なので、高架道路が出来て見えづらくなっているが、正面の青い看板のビルが、その安宿だ。
この場所から後ろに振り返ると、木々を挟んで駅がある。

お宿に到着。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2009
(2006年撮影)
新疆飯店(シンチアン ファンティエン)」と言う。

見た目は立派だなぁ…。

右隣にはレストラン(北京ダック屋)や雑貨の売店もある。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2010
(2006年撮影)
えー、結構高いんぢゃナイの

とりあえず、フロントに行って、安い部屋の交渉をする。
3人部屋が無かったので、4人部屋に泊ることにした。
1人1泊30元(400円)。
まぁ、イイんでない

部屋に行こうとしたら、ロビーで漢民族の美女英語で声を掛けられる。
1階にある旅行社のおねぃさんだそうだ

そのままロビーの奥にあるオフィスへ拉致される。(笑)

オマエら、美女の誘惑に弱過ぎぃ~
…って、オラもか

おねぃさん曰く、「ヘヴンレイクに行かない」。
ヘヴンレイク、つまり「天池(てんち:ティェンチー)」と言う、絶景の湖のことだ。

予備知識が無かったので、天池はまったくのルート外だったのだが、お店のパンフやポスターを見ているうちに、何かムラムラと…。
結局、キレイなポスターと美女の笑顔に負けて、天池ツアーに申し込んだ。(笑)

バカだねぇ…

2泊3日で250元だそうだ。
辺境の地にしては高いが、容易に再訪出来る場所ではナイ

ここは金額を無視してでも行ってみましょ

ちなみに、天池はここにあるそうな。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2011
(2019年のグーグルマップより)
山の中ぁ~~~~

…ウルムチ駅
…天池

旅行社から解放されたので、部屋に行き、昼寝をする。
今朝は早く起こされちゃったからねぇ…。

このお宿の中は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2012
(2006年撮影)
廊下を挟んで左右に部屋がある。

その途中に、共同の(お湯がたまにしか出ない)シャワー給湯室と(暗くて臭い)トイレがある。
…あ、グレードの良い部屋は、ちゃんと一般的に室内に風呂とトイレがあるからね~。

廊下に置いてある白いツボは「タンつぼ」だ。
日本では病院以外は絶滅してしまった、貴重なアイテムだ

ひたすら真っ直ぐで長い廊下だ…。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2013
(2006年撮影)
外の明かりがマヴスィぜ

何となく病院っぽい造り…。 

部屋の中は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2014
(2006年撮影)
必要最低限のものは揃っている。

この写真は2人部屋だけど、4人部屋も基本的には同じ。

TVはチャンネルも多く、意外と楽しめる
冷蔵庫とクーラーはナイ。
まだ「モノを冷やす」という習慣がナイからだ。

イスもあった。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2015
(2006年撮影)
悪くないですな

床にある魔法瓶にはお湯が入っている。
なので、いつでもお茶を飲むことが出来る
カップラーメンも食べられるので、嬉しいアイテムだ
(お湯は自分で給湯室に行って汲んで来る)

ベッドは、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2016
(2006年撮影)
サッパリ

シーツはマメに洗濯されているので、多少のシミ・汚れはあれど、至って清潔

ただ、「虫さん」には要注意。

ちなみに、ここのお宿は電話にも要注意。
2回泊って、2回とも攻撃を受けた。
(深夜の娼婦電話攻撃&電話機内に乾いた○ッキーがギッシリ詰まっていた)

窓からの景色は、こんな感じ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2017
(1996年撮影)
ひろびろぉぉぉ~~~~~ぅ

道路の突き当たりの木々の奥にチラッと見える建物が、烏魯木斉駅。

市街地は右斜め後ろ側だ。
(つまり背中の方ね)

ちなみに、この10年後の景色はこうだ。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2018
(2006年撮影)
きんだいかーーーーーーーっ

高架道路が出来、ビルが林立し、すっかり雰囲気が変わっている。

駅舎も立派なビルに建て替えられているし…。
左の白いビルだけが当時のままか。

さて、昼寝もしたので、おそとに出るか

お金が減った(ツアー代が払えない)ので、近くの銀行で両替しようとしたら「ここでは出来ないので南門の中国銀行に行ってくれ」と言われた。
なので、「南門(ナンメン)」と言う所にある中国銀行へ行くことにした。
(オラ、この時に「門 men」の発音をマスターした。中国語の「e」は、口を横に開けて「」に近い発音をする)

地図を見ながらテキトーにテコテコ歩く。

みなさんも一緒に地図をご覧いただこう。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その38・ウルムチの地図-3808
(1996年当時の地図を撮影)
中央を上下に走る大きな道路は、まだ工事中だった…。

.ウルムチ駅
.新疆飯店
.二道橋市場(バザール)
.自治区政府幹部招待所(トルディーさんが紹介してくれた宿)
.テングリモスク(南門モスク)
.漢民族の繁華街
.紅山地区(旅行社・郵便局)

からへ行くよん

都会なので人が多い。
久々の人の波で、ちょっと具合が…
東京育ちのオラなのに

途中で、ウイグル人街みたいな一角に出た。(地図ののエリア)

ここは特に賑やかだ
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2019
(2006年撮影)
色の洪水…

女性用の衣類や雑貨等の店舗が入っている、雑居ビルらしい。

それにしても、色々な顔立ちの人がいる。
漢民族系・モンゴル系・ロシア系・トルコ系…

ホントに中国国内かここ。

そして、特に言えることは「美人が多い」ということ。

色々な民族の血が混ざった結果か、中央アジアから東欧には絶世の美女が多い。
それも、日本人にはゼッタイにいないような美女度だ。
碧眼(緑の眼)の美女」だっているよ

比較的多く見られる顔立ちは「広末涼子」タイプ。
結構あちこちにヒロスエはいる。(笑)
ヒロスエも、こちらでは「フツーの女子」だ。

ちなみに、このお店の前では、中国語は一切聞こえて来ない。
全てウイグル語やカザフ語等の、少数民族の言葉だ。

銀行に到着。(地図ののすぐそば)

地方では、両替出来る銀行が少なくて難儀する…。

ここで2万円を両替。

中国の地方の街では、高額紙幣(100元・50元)が使えない所が多い。
物価が激安」、「おつりを持っていない」、「銀行にくずしに行かなければならなく不便」、「月収が100元程度」が主な理由。
なので、5・10・20元札を多めにもらう。
2011年の今では、こんなことはナイ)

2万円分(1480元)って~ことは、ウルムチの人の「年収」分を、今持っているということだ

なので、すぐさま慎重に帰宅の途につく。(笑)

お宿に戻り、旅行社でツアー代金を支払う。
これで少し安心

部屋に戻り、みんなでしゃべる。

そして、17時頃に隣のレストランで夕食を摂る。
薄めの味でGood
最近、地域柄か、濃い味付けばっかりだったので…。

満足して部屋に戻ると、「部屋にもう1人泊りに来る」とのこと。

そっか、4人部屋だしねぇ…

そして、その人はやって来た。
痩せていて背の高い、パキスタン人(らしい)だった。

…何かお互いに落ち着かない。

言葉も通じないしぃ~。
(彼は英語が話せなかった)

へっぽこシャワーを浴びて、少し寝る……も、21時頃に目覚めてしまった。

外の売店にジュースを買いに行く。
(画像をクリックすると拡大するよん)
ユーラシア大陸鉄道横断旅行 Go West!1996その20・吐魯番から烏魯木斉へ-2020
(2002年撮影)
ちえんりぃーーーーーーぱおっ

健力宝(チエンリーパオ)」と言う、中国ではメジャーなスポーツドリンク。
オレンジ味に炭酸が入っていて、「薄めのファンタオレンジ」といった感じで、ヒジョーに美味しい
(この後、すっかり健力宝にハマる

まだ日暮れ時なので、また少ししゃべりますか…

ちなみに、今日の日没は北京時間22時
新疆ウイグル自治区の時間(新疆時間)だと20時
2時間の時差がある。
(国家は認めていなく、非公式)

眠くなってきた…

おやすみんみ~~~~ん

…ってか、夜中に大声で電話しているパキ君、ウルセーぞっ!!
(今思えば、娼婦攻撃を食らっていたのかも…

つづき「その21」はこちらーっ!

|

« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その19:敦煌・柳園駅からウルムチへ~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その21:烏魯木斉・ウイグル人街を歩く~ »

▼ユーラシア大陸横断鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

このシリーズ、
毎回見てると海外に本当に行きたくなりますw
(--)トオクヘイキタイ・・・
>ぶどう
こんなスバラシイ道があるならすぐにでも移住しようかと一瞬思いましたが、2枚目の画像を見てやめました。。
>火焔山
本当にココはあの上海や北京がある国と同じ国なのか信じられない景色ですね。。
>タンつぼ
なぜホテルの廊下にこんな物が・・・・?
世界は面白いですね・・・
>10年後
なんだかSF映画やA列車みたいな時間感覚です。。
高鉄事故以来こんなに急に発展していって大丈夫なのかと心配でもありますが。。
逆にこんなに急激に発展できる中国も凄いです!∑(・Д・)

次回も正期待w!(・∀・O)ワクワクテカテカ

※最後の顔文字君は気になさらないで下さい(笑)

投稿: sigepe | 2011年8月22日 (月) 00時32分

トルファンのぶどう道、実はココ1本だけです。
あとはフツーの道。
このぶどう道は、頻繁に行われる「ぶどうの博覧会」会場用に整備されているのであります

たんつぼ、ちうごくでは必需品です。
日本人は道端で立ちションや吐いたりしますが、ちうごく人は滅多にしない。その代わり、タンを吐いたり食べカスを捨てるのは男女とも何のためらいもナイ…。
文化が違えば、習慣も違うのです。ハイ

ちうごくが急速に発展できるのは、「強制移住」と「強制労働」が簡単に可能だからです。
市街地に地下鉄を作るのも、3年もあれば完成してしまいます。
強制立ち退きは2週間程度で完了するので…。

この先は素晴らしい場所「天池」へ出掛けるゾ
こうご期待

投稿: まりりん | 2011年8月22日 (月) 09時52分

あぁ…。今回の日記は内容が濃かった。
というより 知らない事が多かったので ずっと鉛筆握ってた。(笑)
おまけのコーナーより。
シルクロード一人旅したんだ…。なんかこういうこと知るとまりちゃんは凄い人だなぁ…って思ってしまう。
旅をしたこともだけど…なんか人として強さを持ってるっというか。
…うまく表現できないや。(笑)
なので話しに戻ろう。
1996年のウルムチ駅の写真。
ビルが少ないせいか 奥の赤い岩砂漠?が一緒に写ってておもしろい街にも見える。合成写真みたい。

美女が多いみたいだけど 美男子はいないの?
日本の女性は他国の男性から見ると どう思われてるんだろう…。

はぁ~。また長居しちゃった。うけけけけけけ♪

投稿: ひめ子 | 2012年8月10日 (金) 16時46分

★ ひめぽ

シルクロード一人旅。
コレばかりはフツーの日本人女性は無理だろう…。
西洋人女性とは出会ったが。
彼女は英語が母国語なので、とりあえずは対処できるからね。

食あたりは当たり前。
激しい腹痛にうなされながら、言葉も通じない宿に一人泊まっている孤独と不安…
そこで出会う日本人は、なんと輝かしいことか

何度となく助けられたよ

これを乗り越えられたら、日本で起きてることなんて小さな問題に過ぎない

ウイグル…というか、西アジア~東欧には信じられないほどの美女&イケメンがたくさんいるよ
日本のテレビ見てキャーキャー言ってるのがバカらしくなるほどだ

日本女性は世界でモテる。
これは間違いナイ

投稿: まりりん | 2012年8月10日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その19:敦煌・柳園駅からウルムチへ~ | トップページ | 海外旅日記 ~「Go West!ユーラシア大陸横断鉄道旅行1996」その21:烏魯木斉・ウイグル人街を歩く~ »